税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax
 桝添さんが辞表を提出したとかで、一連の問題に決着がついたようです。
 
 世の中は、参議院と都知事選挙で、また頭一杯になるのでしょうが、
 JOCの2億3千万円の資金や東京都の18億円は、
 クレヨンしんちゃん騒動の蔭で、どうなっちゃったのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 トップというのは、
 24時間働いて、
 24時間考えて、
 何を見ても、何を食べても、何に触れても、
 24時間、全身全霊、渾身の力を振り絞って、経営をやってくものなので、
 9時5時の時間観念や金銭観念だけでは行動できません。
 いわば24時間が「公」なので、公私混同もないのです。

 それがトップであることの証明です。
 その重い荷を背負って奮闘するのがトップです。

 ☆  ☆  ☆

 それでも、公職にあるからには、

 それなりの身辺の整理整頓、
 つまり、トップであるほど、「身綺麗にする」ことが必要だったはずでした。

 ☆  ☆  ☆
 
 側近の補佐官さんたちは、
 ただ、一緒に視察旅行して、一緒に美術館を巡って、
 トップが変われば、瞬間、隊列の向きを変える赤い兵隊さんたちでしょうが、

 トップ自身が無我夢中でなりふりかまわず、整理整頓できなくても、
 身辺の側近さんや家族は、
 例えば子供の漫画本の、そのお金がどこから出ているか、
 心配するくらいでなければ、お役目は果たせません。
 
 最後、誰も守ってくれない結果になったのは、
 なぜだったのでしょう。
 なかなか切ないものですねぇ。。。。

 ☆  ☆  ☆

 溜池の国際ビル周辺のアメリカデイゴの花が、真っ盛りです。
d0054704_10531566.jpg

























 この真っ赤な花が咲くと、夏ですね。
d0054704_10545852.jpg

 



























 右から、キョウチクトウと、シャクナゲと、アメリカデイゴの、
 夏の花の揃い踏みです。
d0054704_10565962.jpg
 



 
 



































 
by expresstax | 2016-06-15 23:02 | プロフェッショナル
 税理士懇話会様講演第2日目は大阪です。
 
 広島からその足で大阪に向かいました。
 大阪会場は、既に満員で、お申込をお断りしているとのことでした。

 さて、問題は、お申込書に申込者が書いて下さった事前質疑です。
 大阪では、5人の先生方からいただいていました。
 これも、事例解説の合間に入れなければなりませんが、
 事例解説だけで、3時間の持ち時間は既にパツパツ。
 
 広島では、ご質問の先生に直接質問文をお読みいただきましたが、
 時間がありません。
 大阪では、事前に質問文を配布して、回答のみさせていただきました。

 最後のところが、ご質問が入り乱れて、中締め状態になりましたが、
 それも、大阪の先生方の熱心さの表れですね。
 ご相談の列がずらりとできて、鬼塚先生と一緒に対応させていただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 大阪入りして、また綿密な打合せです。(^^ゞ
 通天閣のだるまやの串揚げや、おうどん。
 とても楽しく頂きました。
 また税務についてのいろいろな視点について、ご教授いただき、
 目からウロコ、ぼろぼろです。
 
 ありがとうございました。

  通天閣をバックにしての鬼塚先生、I支局長様との写真です。(^^ゞ
d0054704_1122927.jpg
by expresstax | 2016-06-03 23:46 | パブリッシング
 税務研究会様の税理士懇話会拡大セミナーを、
 広島-大阪-東京-名古屋-福岡で開催、
 テーマは、「厳選!資産税事例研究 小規模模宅地特例編」。
~税理士が悩んだ事例を元国税当局担当官と専門家が検討~です。
 国税出身の鬼塚太美先生と私とで担当します。

 鬼塚先生は、国税庁審理室や評価企画官室、税務署長・国税不服審判所所長などを歴任なさり、
 資産税では第一人者の先生です。
 法律ベースで条文から丁寧にご説明下さる解説はとても明解で、私は大ファンです。

 今回は、光栄にも、鬼塚先生のお供をさせていただく機会をいただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 まずは広島会場。
 前日から、鬼塚先生と税務研究会担当者様と一緒に広島に向かい、
 綿密な打合せ(つまり、吞み、食べ(^^;ゞ)をして、臨みました。
 はい、打合せに、広島の新鮮なお魚やみっちゃんのお好み焼きが登場したのはいうまでもありません。

 懇話会会員先生たちからの質問事例をベースに、
 鬼塚先生がご回答くださるのを、飯塚が司会兼実務点のツッコミ役を勤めました。

 また、講義出席者様からのご質問を事前質疑として受け付けていましたから、
 それには、飯塚が回答させていただき、鬼塚先生のコメントを仰ぐという流れです。

 小規模宅地特例の事例については、
 その宅地の権利関係や親族の身分関係、利用関係の時系列での判断が極めて重要です。
 予め、弊社でパワーポイントに事例を図解に落とす作業を担当しました。
 これには、弊社Mさんが大活躍で、パワーポイントを作成してくれました。
 広島会場は、映写ができなかったので、配布させていただきました。

 ほとんど、実験のような今回の講演スタイルでしたので、
 どうなるか、予測不能でしたが、(^^ゞ
 ご出席の先生方は、とても熱心にご聴講くださいました。
 
 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 宿泊ホテルからの広島の街並みです。
 瀬戸内海、そして原爆ドームも見えます。
 アメリカ大統領オバマさんの訪問から6日。静かです。
 こんなに美しい平野と河と山の街に、エノラ・ゲイは爆弾を落としたのですね。(-_-)#
d0054704_10372828.jpg
by expresstax | 2016-06-02 23:53 | パブリッシング
 港区さんの高齢者さんアクティビティの今年のバスハイクは、マヨテラスと神代植物公園です。

 港区さんがチャーターしてくれた小型バスに乗り込み、お菓子を配って、
 出発します。
 我々ボランティアは、揃いのTシャツを着て、お世話をさせていただきます。

 まずは、仙川のキューピーマヨネーズさんのマヨテラス見学です。
 仙川工場跡地が、地元のみなさんが名残惜しんで、
 マヨテラスという研究所兼マヨネーズ博物館になったのだそうです。

 マヨネーズ型の木枠のスペースから、美人の研究員さんが案内してくれて、
 この後は、工場説明や、キッチンでのドレッシングサラダ試食会がありました。
 帰りは、お土産にマヨネーズと乾燥ドレッシングをいただきましたよ。
d0054704_9344672.jpg















 お昼は、深大寺そばで会食。
 行者にんにくやタラの芽の天ぷらなど、山菜たっぷりです。

 そしていざ、神代植物公園へ。
 バラ園は翌日までの開催でしたから、
 広い公園内を、自由に、散策しました。
 とてもいいお天気で、杖や車いすの方にも負担の少ない
 いいバスハイクになりました。
 ありがとうございました。
d0054704_9375576.jpg








 











 
by expresstax | 2016-05-27 23:05 | ボランティア
 紀尾井町テラスがオープンして、
 7月オープンの紀尾井町カンファランスも、受付が始まりました。
 紀尾井町カンファレンスは、紀尾井町ガーデンテラスの3~4階部分の貸し会議室です。
 みんなでわちゃわちゃと、見学に行ってきました。

 いい会場だったら、弊社のお客様セミナーの会場として予約しちゃおう、というコンタンです。(^^ゞ
d0054704_19435750.jpg




















 弁慶堀をわたって。
d0054704_19451354.jpg




















 4階に上がると、そこには、曳き家した旧李王邸をリニューアルしたクラシックホテルがありました。
d0054704_2034245.jpg


























 
 ドアを入ると、カンファランスの広々とした受付です。
d0054704_2071698.jpg

























 会議室はこんな感じです。
 天井が高いのは、さすがです。折り上げもいいですね。
d0054704_20123592.jpg


























 弊社ビルも見えるお部屋もあります。
d0054704_20144926.jpg























 一通り、観覧して、ちょうどランチタイム。
 紀尾井テラスのエリックサウスというカレー屋さんに繰り出して、本場のインド料理を堪能してきました。(^^ゞ (ぉぃ)

 ☆  ☆  ☆

 メンバーの意見としては、新しくて天井が高くて良いけれど、
 お客様のお水の提供がペットボトルで、というのは、とか、
 椅子が堅いので、1時間以上座るのはお客様にはおつらいだろう、とか、
 ケーキサービスが下のディーン&デルーカではいかがなものか、とか、
 かなり辛口の批評が出されました。(^^;)

 継続して検討することになりました。
 ご案内いただいた担当者様、ありがとうございました。













 
by expresstax | 2016-05-18 23:28 | パブリッシング
 日経新聞が消費税の8→10%増税を再延期と報道しました。

 以前にも議論していましたが
 熊本地震もあって
 やっぱり、です。

 延期の期間が問題ですが、これから影響を検討してから決める、
 発表はサミット後と。

 ところが、その後、共同通信の報道で、
 安倍首相が、麻生さんのご子息の結婚式の場で、全否定したと。
 おいおい、と、
 麻生さんちの大豪邸までチェックして、
 おー、これなら、自宅で結婚式できますね~、と感心。

 ☆  ☆  ☆

 はて、どっちが正しいのか、ブログに書きながら、
 アップロードをストップしていました。

 が、再延期なんですよね。やっぱり。

 発表しちゃうと影響が大きいし、
 なんたって、法律改正しなくちゃならないし、
 発表の時期を見てる、だけで、
 そうだろうなあ、と議論。

 事務所メンバーが
 消費税の軽減税率の今日の外部研修を申し込んでいました。

 業界としての対応について、ご専門の先生からご説明いただけるのだろうね、と
 出席してもらいましたが、
 講義は、平成33年導入のインボイス方式のご説明だったそうです。
 主催者さんと講師の先生で、もう少し連携が取れないと、
 つらいですね、と研修報告を受けて、思いました。

 ☆  ☆  ☆

 平成23年度の税制改正の時も、
 結局、税制改正大綱の改正案を切り分けて法改正。
 改正本で、嘘書いちゃったなあ、(>_<)::ゞなんてことがあったのを
 思い出しました。

 政策や法律で動く我々は、
 スタンスをとって、検証しながら動かなくちゃ、ね、と。 

 ☆  ☆  ☆

 大きな地震でしたね。
 ジムの大浴場にいましたので、めちゃ、焦りました。(>_<);;
 
 終わって、今度は、自宅マンションのエレベータが止まっていないか、
 電話で防災センターに確認。
 動いていると聞いて、ほっとして帰宅しました。

 ☆  ☆  ☆

 先週の5月10日、元赤プリの東京ガーデンテラス紀尾井町のうち、
 商業店舗の紀尾井町テラスが先行オープンしました。

 丹下健三さんの設計による旧赤プリ時代
 最後のクリスマスツリー、 
 大震災のあった平成20年からの解体工事、 
 そして死亡事故もあった建築工事を経て、
 完工しました。

 ☆  ☆  ☆

 さっそくランチ時に、紀尾井町テラスに行ってみました。

 前庭です。
 青森のねぶたのような飾り付けが見えていたので、オープン用のハリボテかなと思ったら、
 ちゃんと定置されたオブジェでした。(^^ゞ
 うん、こゆのを減価償却資産といいます。(^^) 
d0054704_0505328.jpg 























 ホテル入口ですね。
 ザ・プリンスギャラリー・東京紀尾井町ですね。
d0054704_751068.jpg


























 紀尾井町テラスのレストランからです。
 2階レストランは、長蛇の列で、とても入れなかったのですが、
 1階は、レストランと目視しにくいのでしょうか、すんなり入れました。
 3階・4階のレストランは、7月オープンだそうです。

 ウチの事務所ビル(黒いの)は、オブジェに隠れて頭だけ見えています。
d0054704_735814.jpg































 








 
by expresstax | 2016-05-16 23:56 | 消費税
 おやつのイチゴ用に練乳ミルクを買いに行くと、
 なんと、「被災地工場は休止」で、在庫限りで提供休止、とありました。

 ネットで調べたら、森永乳業のグループ会社の熊本乳業さんが、
 被災地で、被害はないものの、工場の操業停止とありました。
 大変です。がんばってほしいものです。 
d0054704_19423796.jpg


























 ☆  ☆  ☆

 被災地といえば、
 以前、ふるさと納税がスタートした平成20年頃から、すぐにふるさと納税を始めました。
 南三陸町さんにも、ふるさと納税して、
 生牡蠣2キロやゲンコツほどのホタテ貝がたっくさん、トロ箱一杯送られてきて、
 びっくり仰天、とても消化しきれず、ご近所に配ったりしていたことがありました。
 その頃の返礼品の写真です。当時のガラケーで撮っています。
d0054704_204126.jpg






















 
 ところが、東日本大震災が起き、南三陸町は被災して壊滅状態になり、
 あの、牡蠣やホタテを送ってくれた業者さんはどうなったかと調べたら、 
 ホームページも、震災前のまま長い間停止されていて、
 とてもショックを受けました。

 それからは、とてもつらくて、ふるさと納税はストップ。
 南三陸町を始め、自治体さんに直接寄附を送金するようにしていました。

 一昨年頃から、またふるさと納税を再開しましたが、
 被災地支援って、どうするのがベストなのか、
 いつも考えています。

 ☆  ☆  ☆

 新茶の季節になって、お客様が送って下さいました。
 ありがとうございます。

 4月に、公認会計士の先生が送って下さいました。
 八十八夜前の走り新茶です。
 柔らかな芽は、手摘みしか摘めません。
 とても貴重なものを、いつも、本当にありがとうございます。
d0054704_2019166.jpg






























 お客様が、新茶を、お手紙を添えて送って下さいました。
 新茶は、本当に生きる力をいただく気がします。
 こちらこそ、お心遣いをありがとうございます。
d0054704_20211321.jpg
by expresstax | 2016-05-09 23:30 | 経営
 法務局での登記申請でのことです。

 不動産登記申請書に添付する資料に、住民票を添付することがありますが、

 司法書士先生のお話では、個人番号(個人マイナンバー)記載した住民票ではアウト、
 法務局は受け付けてくれないので、住民票を取得するときに、注意してもらってね、とのことでした。
 ありがとうございます。

法務省局ホームページより=================
 平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の利用が開始されていますが,不動産登記の手続においては個人番号を利用することはできません(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27条)第19条「特定個人情報の提供の制限」参照)。
 そのため,不動産登記の申請には,個人番号の記載がない住民票の写し等を添付してください(個人番号の記載がある住民票の写し等は添付しないでください。)。
============================

 じゃ、申請者が、番号印字されちゃった住民票をマスキング(消し込んで)提出したら?
 というのもダメ、
 当然、マスキングをしていない状態で提出されたものを登記官がマスキング処理するのも勘弁して、
 とういうことです。
 
 うーむ、マイナンバーってば、使えないところの方が多くないかぁ、なんだかなあ、ですが、

 税務でも、「マイナンバーの記載を要しない書類の一覧」(平成28年度税制改正ですね。)が
 国税庁から発表されています。
 使わない書類がおびただしい数あります。

 ☆  ☆  ☆

 行政がムリクリ強制するより、
 支払調書や源泉徴収事務を通じて、
 金融機関や民間企業に、個人番号を徴収させて、
 法人番号経由で、管理していく、
 
 所得税の源泉徴収の制度のようにですね、
 国の事務負担とリスク負担を、
 民間企業の事務負担とリスク負担に転嫁して、

 平成30年目途に、金融の紐付けレールを敷くまでは、
 さりげなく浸透を図ろうか、というオモワクでしょうか。。。
 法人番号についての告知もガシガシ始まっています。

 というわけで、弊社事務所ニュース平成28年4月30日号では、
 マイナンバーの目指すもの、というテーマでご報告しました。

 フィンテックが進行し、記入済申告書の時代は、もう目の前まで来ています。
 末尾に、「危機感を持つのは、税理士だけでしょうか。」と書かせていただきました。

 ☆  ☆  ☆

 GW中は、他のメンバー全員はお休み、
 自分だけお仕事モードで、連キューしています(T_T);;。
 いえ、自業自得で、もごもご。

 金融機関さんから電話をいただいて、お互いに大変ですね、ご同輩、という気持ちになります。
 お客様は、空いた都内で、ホテルも百貨店ものんびりできる、とご連絡を頂きました。
 ありがとうございます。

 ☆  ☆  ☆

 為替と日経平均株価がせめぎあって、エラいことですね。。。
 こちらがノホホンとしているときに急襲をかけられてる、とかなんとか。
 どう展開していくでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 平成28年4月から、迎賓館赤坂離宮が、一般公開されています。
 今日は、菅官房長官まで視察にいらしたようで。
 噴水が大きく立ち上がり、参観客の姿が見えます。
d0054704_16595919.jpg




























 パンして見たら、なんと御苑のお池に水草が増殖していました。
d0054704_171153.jpg



























 わずか10日ばかり前の写真では、ほとんど見えません。
 すごい勢いです。これからの季節、大変ですね。
d0054704_1724831.jpg
by expresstax | 2016-05-02 23:04 | マイナンバー
 聖路加メディローカスさんに伺いました。
 
 聖路加国際病院さんが、大手町に作った会員制のクリニックで、
 最高度の医療機器と、外来診療やフィットネスにも対応して、
 多国籍のワーカーも視野にしたクリニックとのご説明でした。
d0054704_157471.jpg




















 1901年からスタートした聖路加病院の歴史や品々が展示されています。
d0054704_159254.jpg























 大手町フィナンシャルシティにあるクリニックは、
 広いロビーやラウンジ、広い廊下、ゆったりした検査室等、さすがの設備です。

 ただ、明石町の本院の文字通りホスピタリティ溢れた温かさとは、
 ちょっと違う印象を受けましたが、
 そこは、大手町なので、ということなのかもしれませんね。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 明日から、大型連休です。メガGWというそうです。
 が。
 自分は、ジム通いとパソコンはりつき虫で、汲々(キューキュー)として過ごします。(T_T);;


 そんなわけで、連休中もゴソゴソやってますので、(>_<);;
 何かありましたら、いつでもご連絡下さいませませ。
 以上、業務連絡です。(^^;ゞ
 
by expresstax | 2016-04-28 23:53 | プロフェッショナル
 日本税務会計学会の研修に出席しました。
 国外転出時課税について、税理士の菅野真美先生の講義です。
 菅野先生は、国外転出時課税について、ご本も書いておられます。
d0054704_1429460.jpg













 ☆  ☆  ☆ 

 平成27年度税制改正で導入された国外転出時課税については、
 弊社事務所ニュース平成27年1月5日号、6月30日号でお伝えしていましたが、

 平成28年度改正で贈与や相続の場合にもこの譲渡税がかかる場合の調整措置が入っていました。

 この3月15日が、納税管理人をおいていた場合の確定申告の期限ですから、
 昨年7月の制度開始以降、平成27年中に、
 他の事務所さんでは、実務ベースで、どういった事例が進行しているのか、
 気になっていました。

 研修では、
 2月5日の中島孝一先生の学会報告でも指摘されていた
 納税猶予を受けない場合の減額措置が限定され、
 さらに納税猶予期間中の譲渡について、二重課税の調整が行われない点についても、
 触れていただきました。

  制度は、本人出国の場合の本人出国パターン(国外転出時課税、)
 国外にいる非居住者が、資産家の親から贈与を受ける贈与パターン(国外贈与時課税、)
 国外にいる非居住者が、資産家の親から相続を受ける相続パターン(国外相続時課税)、の
 3パターンありますが、

 このうち、有価証券等を1億円以上持つ親なんて、日本全国膨大な数、いると思ううんですが、
 相続人が非居住者だと、みんなこの課税の対象となってしまう国外相続時課税が問題です。

 非居住相続人が有価証券等を相続するかしないか、相続から4ヶ月以内に決めなければならないこと、
 非居住相続人が承継するなら、時価で譲渡したという準確定申告し、
 納税猶予を使う場合は、担保差入し、
 未分割なら、法定分で、準確定申告し、担保差入しての納税猶予手続をすることになります。
 かなり無茶なスケジュールになります。

 有価証券等が事業会社の自社株で、含みのある会社なら、
 親族が海外を担当して、なんて今どき当たり前で、
 社長の相続そのものがお家の一大事なのに、
 納税猶予の場合は、4ヶ月内に自社株の株券発行の定款変更特別決議し、担保差入し、なんてのは、
 さらに事実上無茶で、

 相続権のある人を一人でも海外に出すときは、
 社長様は、自分がいつ何時倒れても対処できる体制を作ってからでなくちゃ、となります。

 菅野先生のご報告では、
 この相続パターンについて、注意を喚起していただきました。

 また、贈与者が譲渡税課税を受けて、非居住受贈者が贈与税課税を受ける、国の両手取り、
 納税猶予期間中に、贈与や相続した有価証券等を譲渡した場合の二重課税は、
 相変わらず残ります。

 ☆  ☆  ☆

 そもそも、国外転出時課税は、
 アメリカ・ドイツ・フランス・カナダ・イギリスなどが導入していた
 ExitTax(エグジット・タックス=出国税)に習っています。

 でも、これらの国々での出国税は、移住や国籍離脱、永住権放棄者に対するものであり、
 本国課税から、完全に逃避されてしまう場合に、振り下ろされる宝刀です。

 なのに日本ではそれを、国外転出するだけで対象としてしまったために、
 こんな無茶で、窮屈で、面倒で、複雑な制度にしてしまい、、
 バグフィックス(法制度の不備への補完)も、まだ中途半端、という様相です。
 
 何故、こんなヒステリックな制度を作ったのか、
 それが日本のお役人の生真面目さ故、だけなのか、と
 お話しを伺いながら、思うところ、大、でした。

 菅野先生、示唆に富んだご報告をありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 高齢者さんのアクティビティで、木目込み細工をやりました。
 一緒に参加させていただいて、悪戦苦闘して作りました。(^^;ゞ
 最近は、一緒に参加して楽しんでしまい、あまりボランティアできていない気がします。(^^;ゞ
 しじみの貝殻に、布を貼り付けて、巻いて作って、ストラップになりました。
 大きい方は北海道の網走のシジミで、日本で一番大きい品種なのだそうです。
 箱は、講師を担当下さったボランティアのM先生からの支給品です。
 ありがとうございました。
d0054704_1439104.jpg
















 
 
by expresstax | 2016-04-27 23:42 | 国際課税