弊社は26日が仕事納め、
 27日から新年4日まで冬休みに入っています。
 
 ちなみに、弊社の場合は、休日は、原則としてお役所と一緒。
 夏休みを交代でとるのも、お役所に合わせているからです。
 税務調査通知を受けたり、さまざまにお役所対応が必要な弊社の宿命です。

 ただ、お正月は、例年、民間企業に合わせて1日程度遅れていたのですが、今年は、なぜか、お役所と一緒に5日の仕事始めになりました。
 なんせ、連休続き、なのに、お仕事はてんこもり、やるしかないじゃん、ということのようです。

 でも私ばかりはお休みともいかず、
 閉まった事務所の中で、ひとりごそごそお仕事をしていると、 
 今日は、以前お世話になったコンサルタントの先生から、お電話がありました。
 銀行さんだけでなく、今日もお仕事をしている会社様も多いようです。

 工場移転して、特定資産買換の圧縮記帳を適用する法人様のご相談です。

 大規模の売却が実現したにもかかわらず、
 経理の税理士先生が、税務特例にあまり得手でないということで、
 適切なアドバイスを、というわけです。
 
 もちろん弊社の大得意分野ですので、
 お役に立てるのであれば、なにより。

 さっそくお正月明けに、担当役員様と一緒に、弊社にお越しいただくことになりました。

 ☆  ☆  ☆

 買換や交換など、課税繰延制度は、

 個人は、対価をなかったものとみなして、
 法人は、圧縮限度額まで圧縮損を計上することで、

 課税の繰延をするのです。
========================
 法人の特定資産買換の圧縮限度額は、次の算式によって計算します。

(算式) 圧縮限度額=圧縮基礎取得価額×差益割合×80/100

(注)
1   圧縮基礎取得価額とは、買換資産の取得価額又は譲渡資産の譲渡対価の額のうちいずれか少ない金額をいいます。

2   差益割合={譲渡対価-(譲渡資産の帳簿価額+譲渡経費)}÷譲渡対価
========================

 法人は、言葉が差益割合などテクニカルタームで、わかりにくいですが、
 売価と買換取得価額のいずれか小さい方の8割を超える部分だけに譲渡があったものとして利益の課税繰り延べする、という意味で、個人も法人も同じなのです。

 ポイントは、圧縮基礎価額の設定が、買換最大利用枠になることです。

 圧縮基礎価額は、つまり、譲渡額と買換取得資産の価額のいずれか小さい額としますから、
 買換取得価額は、譲渡価額と同じか、それ以上でないと、最大利用はできません。

 先に譲渡し、後で買換資産取得する場合は、
 圧縮特別勘定を設定して、仮の取得予定額で、圧縮損算定しますが、
 これは、当然、売価以上にするのが、定石。

 それも工場移転であれば、実際の取得は、土地・建物・附属設備・機械装置・構築物等々、
 有利に対応させていくのがポイントです。

 ☆   ☆   ☆

 お仕事一区切りのあと、
 悪友と、恒例、年末の東京ツアー。

 行きたかった和田倉橋の光都TOKYOは、昨日で終わってしまったようでしたので、
 新宿サザンライトと銘打ったイルミネーションの海の新宿サザンテラスへ。
d0054704_013412.jpg


















d0054704_2111738.jpg















 新宿タカシマヤさんのイルミネーションサーカスです。
 これもまた、楽しく綺麗でした。
d0054704_017125.jpg 
by expresstax | 2008-12-29 23:40 | お客様
 税理士の友人の話しです。
 許可を得て掲載します。
 
 顧問先様がこの数ヶ月で売上が激減し、
 銀行返済ができなくなり、
 その相談が相次いでいるというのです。

 1件2件ではない、
 顧問料の見直しまでお話の遡上に上っているそうです。

 年末になって、ちょっと一息つきそうだが、ということでした。

 確かに、大企業のリストラが大きく報道され、
 下請企業の整理が当然に進み、
 消費にお金がまったく回らなくなれば、
 中小企業にはひとたまりもありません。
  
 これは、来年さらに本格化することなのでしょう。

 資産整理関連の相談が発端でしたが、
 とにかくがんばろうね!

 ☆  ☆  ☆

 弊社で、資金や資産の整理や見直し、組み替えのご相談が急増しているのは、
 こうした状況の裏返しなのだと思います。

 また、株価や不動産価格の下落状況から、
 手ぐすねひいて、価格推移を見守って、
 「買い」の体制に入っているお客様たちもいます。
 まだ待て、をお伝えしています。

 ミニバブルといわれた時期に、
 価格引上げを断行し、多額の設備更新を実施され、体制を整えて頂いたお客様は、
 比較的のんびりなさっていたりします。
 
 しかし、流れは速いのです。

 特に、55%の所得税、40%の法人税、50%の相続税は、
 利益や資産からダイレクトに流出する最大のコストです。
 この防衛は、内部見直しから可能ですから、さらに深耕していただきます。

 来る確定申告や会社決算、相続税申告では、
 収入を最大化し、コストを下げ、手元資金を厚くして、
 いかに激変に対応するかの方向を、さらに固めて頂くことになるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 12月中旬に通りかかった、
 神田駿河台道灌通りの太田姫稲荷神社です。
d0054704_11541617.jpg














 ご近所の方でしょうか、参拝されていました。
d0054704_11551656.jpg















 私も参拝し、手帳に御朱印もいただきました。
 今年1年を元気に送らせていただいたこと、
 お客様のお元気をいただけたこと、ありがとうございました。
d0054704_11555173.jpg
by expresstax | 2008-12-28 23:41 | お仕事
 配偶者の税額軽減(相法19の2、32、相規1の6、16)のことが話題になりました。
 相続での配偶者さんへの相続税優遇策です。

 ちょっとここで確認しておきましょね。

 配偶者の税額軽減額=   
    相続税の総額×①と②の少ない方の額÷全員の課税価格の合計額
① 課税価格のうち配偶者の法定相続分(1億6,000万円に満たないときは1億6,000万円)
② 配偶者の相続する課税価格


 算式ですと、ちょっとくしゃくしゃしていますが、
 これをまとめちゃうと、

 配偶者の税額軽減とは、 
 被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が、
 1億6千万円と、配偶者の法定相続分相当額の、どちらか多い額まで、
 相続税がかからない、
となります。
 それが何十億円でも、です。

 てことは、例えば相続人が配偶者さんだけで、
 遺産取得者も配偶者さんだけだったら、
 法定相続分は、100%ですから、
 相続税全額の配偶者税額軽減が適用されて、
 相続税額はゼロ、なんですね。

 とにかく、配偶者って、そもそも同世代相続なんだから、
 せめて法定相続分までの取得については、
 配偶者のその後の生活のためにを守ってあげようよ、
 だって、同世代配偶者は、どうせすぐまた相続になって、
 相続税はきちんと払うことになるんだから、
 という趣旨なんですね。

 算式で見ちゃうとうっかりしちゃうかも知れませんが、
 法の趣旨を考えれば、すっきり理解できるんじゃないでしょか。

 この「法の趣旨」って、受験参考書でも、むりくり暗記させられたと思いますが、
 実務でこそ、この法の趣旨の理解が大事なんですね。

 うーみゅ、んじゃ、相続対策っていらないのね、となりそうですが、
 おっとどっこい、実務では、そうは終わりません。
 インカムリッチ・ストックリッチのご夫婦だったら、
 単純にお相手に財産がわたって良いのか、悪いのか、なんてことだってあるんです。
 そしてそこからが、資産税の税理士の腕の見せ所。
 え、どうするの?って?
 それはお楽しみ。

 ☆   ☆   ☆

 日の落ちた夕暮れの空です。
 左にわず~かに、富士山の頭が見えています。
 と、ちょっとメランコリック、です。
d0054704_0133143.jpg
by expresstax | 2008-09-23 23:49 | 相続・贈与
 23日の朝日新聞朝刊1面トップに、相続税の取得者課税方式の記事が掲載されました。

 また今朝の日経では、事業承継円滑化法の省令内容が書かれていましたが、課税価格の減額のように書いてます。日経記者は、理解できていないようです。

 ご覧になっていた方が多く、お客さまからの質問が続いています。

 これからは、こうした報道が増えるでしょう。

 国税さんから、各プレスに、極力報道すべしと、指示が出ているのでしょう。

 来年3月に国会を通る法律を今年10月1日から施行して、納税者から、また憲法違反を言い立てられるのを回避する策のようです。

 つまり、10月1日施行は、相続税の納税猶予制度導入という、一見減税導入に見せて、
 取得者課税方式と抱き合わせの増税措置を、同時導入するということではないでしょうか。

 注意して見守っていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 土日は原稿書きでカンヅメです。
 
 通りかかった多摩川べりで、なんと、プチ花火大会。
 数人の通行人の人たちと、かぶりつきで見ちゃいました。
d0054704_0264747.jpg















 大きい尺玉もあがりました。
 素人さんでは無理でしょう。

 8月の多摩川花火大会の予行演習かしらん?
 花火職人さんの実務研修かしらん?
 高島屋のレストランから彼女さんに見えるように、アニバーサリーイベントかしらん?
 とかとか、
 想像しちゃいましたとさ。(^^) 
by expresstax | 2008-07-27 23:33 | 相続・贈与
 不動産会社様の社員研修にお伺いしました。
 相続税についての講演です。

 研修では、新人さんからベテランまで、とても熱心にお聞き頂けました。
 新人さんは、多少、振り落としてしまったかもしれませんが、ごめんなさい。

 でも、今年は、土地の実勢価格が下がっているのに、路線価が、公示価格に沿って上昇してしまい、いわゆる地価の逆転現象が起きてしまうかも知れないこと。

 さらに平成21年度相続税制改正で、仕組みそのものが改編されるかもしれないこと。

 今年は、資産オーナー様の相続税の問題は、大波乱です。

 この時期に、不動産のご担当者様が、相続税について認識を深めて、
 資産オーナー様への的確なサポートをしていただけるのは、
 とても大切なことです。

 ぜひ、資産オーナー様達へのお力になって差し上げて下さい。
 ありがとうございました。

  ☆   ☆   ☆

 会場は、横浜駅からすぐのSTビルにある会社様のセミナールームです。
 
 1987年築といいうことですが、とても良いビルです。
 日本ビルファンド投資法人さんと戸田建設さんのジョイントのビルのようで、
 相当なリニューアルがあったのかもしれません。
d0054704_9262927.jpg













 ビルの手前の公開空地の広場は工事中。
 earthscapeさんという会社さんがランドスケープの改修を担当しているそうですが、


 これが
d0054704_935314.jpg










 こうなるんだそうです。
d0054704_9355696.jpg








 施工前でも、十分、ビルとしての格式はあるのでしょうが、
 オープンスペースのない近隣に
 人々が語らい休める場所を創り出すのだとか。
 日本ビルファンドさん、がんばってるなあ、と思いました。
 こういうの、すごく好きです。
by expresstax | 2008-06-06 23:21 | プロフェッショナル

黄金株

 自社株の贈与に関連して、種類株の手続きが待っています。

 自社株を贈与して、社長様は、経営を順次、後継者様に委譲していただきます。

 大所高所から後継者様を指導していただきながら、会社の永続的発展を図ります。
 
 事業承継とは、ただ引き継ぐだけではだめなのです。

 会長様と後継者様が、ともに力と知恵を合わせて、一族のご発展のための仕組みをつくっていただきます。
 
 その引き継ぎのための、方策として、会長様に、黄金株、つまり、会社法108条の八号規定の拒否権株をお持ち頂きます。
 ただ、司法書士先生のご指示のとおりにすると、大変なことがわかりました。
 税務を配慮して、こちらから、方策を提案させていただきます。

============================
八  株主総会において決議すべき事項のうち、当該決議のほか、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決議があることを必要とするもの
============================
 さらに、問題は内容です。
 
 黄金株を持って頂くのはいいのですが、
 簡単に拒否権が発動されると、会社はデッドロックに陥ります。
 何でもかんでも反対されてしまうと、会社は行きも戻りもならなくなります。

 後継者様もそこは心配なはずです。
 そのために、拒否権発動できる議決内容に制限をつけることもできます。(同条2項八号)
 
 しかし、後継者様は、あえて、制限をつけない選択をされました。
 
 本当に、後継者様が、いかに、会長様を信頼されているかが、よくわかりました。

 信頼関係の厚い、素晴らしいバトンタッチです。
 前向きな経営の文化は、さすがでした。

 今日はよくお話合いいただいて、目安をつけることができました。

 確定申告が終わりましたら、さっそく法的手続きに入ります。

 ☆  ☆   ☆

 メールが来ました。

 「多摩川の水のそばはいいよ、天気もいいし、今度、散歩に来ようよ」

 目の前に多摩川の水面が、春の光にキラキラ輝く様子が、広がるようでした。

 うん。
 きっと、行こうね。

 確定申告が終わったら、
 きっとね。
by expresstax | 2008-03-13 23:31 | 相続・贈与
 ご近所のOさんからのご質問です。
 
 お知り合いの方が先月2月に亡くなられたそうです。
 まだ、昨年の確定申告をする前だということで、ご相続人であるお嬢様が、
 3月15日までに確定申告が必要だということで、
 顧問の先生から、矢の催促で、
 涙に暮れながら、資料整理をなさっているというのです。

 訳も分からんのに、かわいそうだ、とOさんは心配になって、
 そんなものなのかと、私を見つけてお尋ねになったというわけです。

 Oさんは、退職後も公益法人の理事さんを務めて、未だにご活躍中。
 お世話焼き精神は、健在なようです。

 もちろん、法律はそんなに血も涙もないものではないのです。

 前年の確定申告をできずに3月15日までに亡くなった場合、
 相続人様は、被相続人様の前年所得をよく調べて、
 亡くなった日から4ヶ月以内、この場合は、6月の応答日までに
 確定申告をすればよいのです。(所得税法124条)

 さらに、当年分の確定申告は、
 2月に亡くなったのであれば、今年1月1日から2月のご逝去の日までの所得として、
 相続人様がご逝去の日からやはり4ヶ月以内である6月の応答日までに
 確定申告します。(所得税法125条)これを「準確定申告」といいます。

 つまり、前年の申告書と一緒に、
 当年の亡くなった日までの準確定申告を、4ヶ月以内に、同時に出せばよいのです。

 前年所得と当年所得は、前受や前払、未収・未払など、関連がありますから、一連で計算することまで配慮しているといえます。

 Oさんにそのお話をして、後で、条文のプリントをお届けしました。
 「そうなの!じゃ、無理することないよね!6月までにやればいいんだよね!
 教えてやらなくちゃ!」とたいそう喜ばれました。

 でもね、こうも考えて下さい。
 法人は決算日から2ヶ月以内が法定申告期限ですが、
 個人は、翌年3月15日が法定申告期限。
 
 個人の場合は、法人のように、経理帳簿体制が確立していないし、
 10種類の各種所得の計算は、法人より複雑。
 その分、ふだんでも、3ヶ月半の、申告期限の余裕をみているのです。

 ましてや、申告のご本人様が亡くなられた場合には、
 さらに余裕をみて、4ヶ月の期間を置く、
 というのは、自然な法律の配慮なのですね。

 おつらい時期に、大変な思いをなさっているお知り合い様のお嬢様が、
 ご無事に安心していただけますように、Oさんにお願いしました。

 ☆   ☆   ☆

 今日は、雛祭りということで、
 事務所のそばの赤坂雪華堂小さんの道明寺と桜餅をおやつにいただきました。
 
 夜は、そのノリで、小懐石ですが、これのデザートも道明寺。本日2個目です。
 甘さを抑えたつぶあん、桜漬がちょこっと桜の葉の間にはさまった、おいしい道明寺は、
 実は手作りだったそうで、感激でした。
by expresstax | 2008-03-03 23:48 | 相続・贈与

初詣

 お正月の門松と去年のお札のお炊きあげ、そして初詣ご祈祷、というわけで、今年も明治神宮に行ってきました。 
d0054704_2325562.jpg


 例年よりとても遅い初詣だったためか、人もまばら。
 特にご祈祷所では、少人数で、じっくりとご祈祷をいただきました。

 ご祈祷のあとは、いつものように事務所の全員分のお守りをいただきます。

 今年も心身健全守りにしました。
 女性は赤、男性は紫の袋です。
d0054704_23301643.jpg
 

 心身、つまり、身体だけでなく、心も健全でいることは、我々専門家としては、とても大切です。

 法を犯す、人を謀る、嘘をつくなど、心がダークサイドに落ちてしまうと、お客さまを、ご自身を、家族や愛する人までも、ずたずたに切り裂いてしまうことになるでしょう。

 心のバランスを健全に保つ、その基軸をしっかりと打ち立てましょう。
 
 お客さまが今年一年、ますますご成功いただけますように、
 事務所のみんなが今年一年、元気に健全にがんばれますように、
 心から祈ります。
by expresstax | 2008-01-20 23:22 | 折りにふれて

千代田区新年交歓会

 今日は、千代田区の新年交歓会でした。
 石川雅己区長高山はじめ区議会議長をはじめ、各界の方々のご参加です。

 私は平成14年以来拝命している千代田区議会の政務調査審査会の審査委員としてお招きをいただきました。

 私の従前事務所は渋谷区で、委員の中では一人だけ千代田区外で、議長さんたちからは「気にしないでください」とは言われていたものの、いささか座りが悪かったのです。
 今回、千代田区に事務所を構えたこと、これもご縁だろうかと、不思議な気持ちです。
 また、千代田区に来たことで、区議会事務局の方々にも喜んで頂きました。

 来週成人式を迎える新成人さんによる初々しい司会、芸大OBの弦楽四重奏のミニコンサート、各界の方々による鏡割りなど、千代田区らしい、手作り感溢れる心のこもった交歓会です。

 内閣官房長官、芸能人やスポーツ選手と並んで、連合町会長さんや保護司会長さん、生活保護委員長さん、長寿会会長さんなど、区政の縁の下の力持ちの方々が多数木槌を打っての鏡割りは、感動的でした。
 私も、樽酒と千代田区章入りの子年の桝をいただきました。

d0054704_0455488.jpg


 千代田区は、今年もますます、全国の自治体の先頭を走っていただきたいと願っています。
by expresstax | 2008-01-07 23:23 | 折りにふれて
 エクスプレスの新移転先が決定しました。

 経営資産セミナーにご参加くださったお客さまには、先行してお伝えしました。

 正式には、改めて告知しますが、平成19年11月9日が移転予定日です。

住所:〒100-0014 
    東京都千代田区永田町2丁目14番3号 赤坂東急プラザビル7階

     電話:03(3595)8221㈹   fax.:03(3595)8222

 東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅徒歩1分
 東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町」駅徒歩2分

d0054704_23491623.jpg




d0054704_2350134.gif












 お客さまのアクセスと、社員さんの通勤を考え、移転プロジェクトチームメンバーが、雨の日も風の日も、猛暑の日も、物件を見て回り、検討に検討を重ねた結果です。

 住所は永田町、東京のど真ん中、東京でも、3A(スリーエー=赤坂・青山・麻布)と呼ばれる一等地。写真の後ろに見えるのは、衆参議院議長公邸、各大使館です。
 赤坂見附駅前ですので、山手線内側では、最多路線利用、
 特に、永田町駅からは、地下鉄出口直結。
 JR山手線各駅からでも、タクシーで1千円代、です。

 ビルは、1~3階が赤坂東急プラザ、左側上層がエクセル東急ホテル、右側上層がオフィスビルで、弊社はビル部分に入ります。
 古いピンクストライプのホテルビルは、「軍艦パジャマ」と呼ばれて、東京で育った人にはおなじみでしょう。

 渋谷から地域が変わることで、電話も、税理士会所属支部も変わります。

 開業以来慣れ親しんだ旧電話番号は、11月9日以降は、移転案内番号になります。
 独立して、まだNTTが窓口対応だったころ、窓口の担当女性が、「女性の貴女が独立するの?応援するわ!」と、1週間かけて確保してくれた良番でした。

 固定電話の電話番号は、番号売買もされているくらいに、なんだかだいっても、ビジネスでは最重要。

 今は、窓口がなくなって、116で機械的に3候補くらいが上がって、その中から選択せざるを得ないということでしたので、今度は良番は無理かな、と心配でした。

 が!
 新しい番号は、良い番号です。下1の続き数字です。 ほんとにラッキーです。
 FAXも良い番号がとれました。
 さらに局番は、最近のは5千番や6千番ばかりなのに、ちゃんと3千番。
 古くからその局電だったというイメージになります。
 ありがたいです。
 移転プロジェクトメンバーのIさんががんばってくれたお陰です。
 感謝します。
 
 いよいよ移転スケジュールが本格化します。
 これから、たいへんだけど、社員のみなさん、がんばろうね。
 そして、新しい事務所を、よろしくお願いします。
by expresstax | 2007-10-13 23:18 | 提言

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax