タグ:相続 ( 387 ) タグの人気記事

ご相続財産からの寄附、そして埼玉スーパーアリーナ

 先日のこと、ご相続のお客様から寄附のお話しが起こりました。
 
 被相続人様が関わっておられた公益法人様への寄附を、
 今から遺産分割に盛り込みたいと。
 素晴らしいお話しです。

 申告期限は迫っていますが、
 ご趣旨はなにより。
 ご相続人様たちのご意向はぜひとも活かしていただきたいところです。

 寄附を受ける公益法人さんは、相続税の非課税規定該当ですから、
 期限までに、ご寄付の実施と証明書の取得をしていただくようお願いし、
 遺産分割協議書の改訂を行って頂き、
 申告書に盛り込む準備をしました。第14表です。

 と、公益法人さんから送っていただいた受領証は、
 所得税法78条2項3号の、つまり寄附金控除の証明をする受領証です。

 あらあら、コレジャナイ、ので、
 相続税の非課税、
 つまり租税特別措置法70条1項の証明書となる受領証に、
 再発行していただけるように相続人様に連絡しました。

 相続人様、びっくりして、直接公益法人さんの本部まで赴いて下さったそうで、
 再発行していただくことになりました。

 ただ、これまでその公益法人さんが受けてきた寄附は所得税の寄附がほとんどで、
 相続税非課税寄附については前例がなく、
 公益法人さんの顧問の先生が、「たぶんこれでいいはず」という証明書に
 急遽作成してくださったそうです。

 できれば、租税特別措置法70条と、ダイレクトに記載していただければ、
 モアベターだったのですが、
 でも、この受領証で添付書類とすることにしました。

 こうして無事、相続税申告に間に合わせることができました。
 ありがとうございました。

☆  ☆  ☆

 さいたまスーパーアリーナ前の公園は、
 けやきのイルミネーションが、冷たい空気の中に美しく映えていました。
 心は、アツアツです。
d0054704_23563042.jpg
































 

by expresstax | 2017-10-25 23:01 | 相続・贈与

日本経済新聞に掲載されました。そして赤坂インターシティエアー

 日本経済新聞平成29年10月18日夕刊に取材記事が掲載されました。
 マネー欄、相続税の小規模宅地の特例についての特集のうち、
 「『同居』の定義 気をつけて」です。
 (日経ネットでは、有料会員限定記事です。)

 相続税の小規模宅地の特定居住用宅地の8割減額の特例は、
 同居親族が相続すれば適用可能、と簡単に理解されていますが、
 相続直前要件、
 居住継続要件、
 相続遺贈取得要件と、過去に比べ、複数要件で厳しくなっています。

 一方、親の土地に子が家を建て、親と同居してたりするのを、
 ダメ、と誤解するケースもあるようです。

 記者のO様とは、お話しが弾みました。
 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 先月オープンした赤坂インターシティAIRに行ってきました。

 自宅からは徒歩5分ほどで、
 赤坂一丁目地区市街地再開発、新日鉄興和さんの
 地上38階、高さ200m越えの大規模ビルです。
 NTTドコモさんが、テナントとして集結したとのことです。
 
 写真は正面が新築成った赤坂インターシティAIR、
 右が以前からの興和さんの赤坂インターシティです。
 カラーで統一感があります。
 その向こうは、アメリカ大使館です。

 赤坂インターシティAIRの中層部は、賃貸レジデンスが入っています。
 分譲と違ってあまり大きなお部屋はないようですが、
 溜池山王駅直結、お部屋は天高2.9m、緑地眺望というのは、良いですね~。(^^)
d0054704_1353163.jpg 




















 コンセプト通り、緑地が豊富です。
 水と、緑と、遊歩道が、今の赤坂の開発の基本になっています。
 オフィスワーカーさんがまったりとお昼をしてました。(^^)
 広い公開空地の緑地は、グリーンベルトとして虎ノ門ヒルズまで延ばすそうです。
d0054704_138035.jpg




















 
by expresstax | 2017-10-20 23:40 | パブリッシング

税務研究会特別事例研究「遺産分割」大阪会場、そしてお土産

 税務研究会さんの「遺産分割」テーマでのセミナーの第5回大阪会場です。
 吉本覚先生による遺産分割と税務の関連についての事例についての検討会は、
 東京-福岡-広島-名古屋と周り、
 大阪会場は、ファイナルオーラスです。(^^)

 吉本先生のご解説は、回を追うごとに丁寧に深まります。
 講演時間がタイトになりますが、
 重要な事例は、じっくりご解説いただき、
 読んでいただければよろしいものは、さくっと、進めて頂くことにお願いしましたところ、

 本当に、じっくりと深耕して噛んで含めるようにご説明いただき、
 感激しました。

 大阪の先生方にも、とてもよろしかったと思います。

 その分、時間が押して、最後、駆け足になりましたが、
 ご質問のお時間を除けば、なんとか、時間内に全問終わりホッとしました。

 先生方が、税法務の最も重要な事案に、
 果敢に取り組んで頂いているご様子が、うかがわれ、
 素晴らしいことだなあ、と実感しました。

 吉本先生、ご聴講の先生方、
 お疲れ様でした。
 そして、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りの新幹線に乗る前に、
 吉本先生と税研担当者様と 
 ワイワイと、お土産探しに行きました。

 ホームに上がる前に、たこ焼きのくくるさんの前を通過し、
 後ろ髪をひかれながら大阪を後にしました。
 外がカリカリ、中がとろっとしたとてもおいしいたこ焼きです。
 次回、買おうっと。(^^ゞ
by expresstax | 2017-10-18 23:45 | パブリッシング

税務研究会特別事例研究「遺産分割」名古屋会場

 税務研究会さんの「遺産分割」テーマでのセミナーの第4回は名古屋会場です。
 吉本覚先生が、遺産分割と税務の関連についての事例を丁寧に解析して下さいます。

 名古屋会場は、ご出席の先生が多く、
 ご質問も活発に戴けました。

 遺産分割協議の調製は、弁護士先生の職掌に係りますが、
 配偶者税額軽減や小規模宅地特例の適用については、
 税理士の助言義務や注意義務の分野です。
 特例適用により税負担が大きく変わり、
 それが遺産分割の如何にかかるのですから、
 遺産分割と税務が、切り離されたときに、
 残念な事件が起きてしまいます。

 活発な議論を、ありがとうございました。



 
by expresstax | 2017-10-17 23:44 | パブリッシング

「目的別生前贈与のポイントと活用事例」を発刊しました。

 書籍「目的別生前贈与のポイントと活用事例」を新日本法規出版様から発刊しました。

 贈与や相続対策について
 関与先様からご相談を受ける税務専門家の先生方が、
 どのようにお客様にご提案し、ご指導し、
 実務として成功させていくかを取りまとめました。

 日本税理士会連合会の推薦を受け、
 会長の推薦のお言葉を巻頭に戴きました。
 ありがとうございます。
d0054704_2135458.jpg 
 
 
by expresstax | 2017-10-12 23:03 | パブリッシング

贈与税の特例本が増刷されました。

 贈与税の特例本が増刷されました。

 中央経済社さんの
 税理士のための相続税の実務Q&Aシリーズ「贈与税の各種特例 」。

 平成26年9月に発刊したものです。
 まだ贈与税制改正途上、相続税増税前夜、
 結婚子育て資金贈与特例などは、このあと創設されていますので、
 内容は既に不足ですが、読まれているとのことで、
 改訂なしの増刷です。
 申し訳なくもありますが、とてもありがたいことです。
 新制度と合わせて、ご確認下さい。
 編集のY様、ありがとうございました。
d0054704_2371752.jpg 
by expresstax | 2017-09-20 23:06 | パブリッシング

お客様からのご紹介、そして夕焼け

 お客様がご相続のお客様をご紹介下さいました。
 お客様とは学校以来の数十年のご友人とのこと。

 大切な方をご紹介いただけたこと、ありがとうございます。

 また、被相続人様は、まさに日本の歴史を担ってこられた方です。
 相続人様ご自身が、専門家でもいらっしゃりながら、
 あえて同業の弊社にご依頼下さいました。
 光栄です。

 ご紹介いただいたご信頼に報いることができますように、 
 選んで任せて頂いた甲斐のありますように、
 最善を尽くして、精一杯、担当させて頂きます。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所の西の空が真っ赤でした。
 秋です。
 アイフォンカメラで自分の腕では、上手に写せず、PC画面の映り込みまで入っています。
 でもあまりに綺麗で、つい見とれてしまいました。
d0054704_21112282.jpg
by expresstax | 2017-09-12 23:55 | お客様

怒濤の相続税申告、そして秋のぶどうをありがとうございました。


 相変わらず、怒濤のようなご相続の申告に追われています。

 どんな小さな論点も、すべて洗い出し、説明書・意見書を添付し、
 相続税のチェックリストと33条の2の書面添付も行います。

 この数年前からの相続の大きな流れは、
 今年、ますます激流のようです。

 メンバーみんなで頑張りました。
 
 最後の提出まで完了させて、ようやく帰宅します。
 頑張ったね!
 お疲れ様!

 ☆  ☆  ☆

 秋のぶどうをいただきました。
 とても大きな房のピオーネとシャインマスカットです。
 甘く、おいしくいただきました。
 ありがとうございました。


d0054704_23465731.jpg
by expresstax | 2017-09-05 23:35 | 事務所

ご葬儀、そして赤坂氷川保存会

 先日のこと、顧問先様のご当主様がお亡くなりになりました。
 お通夜、告別式と参列しました。

 ご葬儀は、ご自宅で執り行われました。
 最近は、葬祭場でのご葬儀がほとんどですので、
 ご自宅でのご葬儀に出席するのは、とても久しぶりのことでした。
 ご自宅も、お庭も、とても広いからこそできることです。
 
 お取引先やロータリークラブ、地元のご近隣様など、
 多くの方々が、葬儀の裏方を務め、参列なさいました。

 暑い日でしたが、森のようなお庭の緑は濃く、庭の葉陰を渡る風は涼しく、
 長い治療の末でのご当主様を、静かに、厳かにお見送りしているようでした。

 ご縁をいただいて、
 後継者様の育成や、ご資産の改善に取り組んでいただいてきて、
 今では、立派に後継体制ができました。
 
 それでも、これからは益々の重責が、ご遺族にかかってきます。

 今後も、我々がお側で、精一杯お支え申し上げて参ります。

 必ずや、ご当主様に、安心していただけるように、頑張って参りましょう。
 どうか、ご当主様も、一緒に見守って差し上げて下さい。

 心より、ご冥福をお祈りします。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂氷川山車保存会の定時総会がありました。
 昨年の本祭についても、報告されました。
 10年に及ぶ保存会の成果が確認されました。

 平成29年度の事業計画の決議を経て、
 懇親会に入りました。

 ちょうど、NHKの朝ドラでも、赤坂の洋食屋さんが舞台になりそうで、
 ますます赤坂の歴史が元気になるといいですね、と話しました。
d0054704_1213260.jpg
by expresstax | 2017-05-31 23:30 | 相続・贈与

老人ホーム入所後相続空き自宅の譲渡、そしてしながわ水族館

 先日、老人ホーム入所後相続での小規模宅地特例について書きましたら、
 老人ホームがらみで、譲渡の話が途中だよ~、と言われてしまいました。
 申し訳ありません。m(_ _)m

 以前、相続空き実家譲渡の3千万円譲渡特例について取材を受けた際の話題です。

 一人暮らしの親御様が要介護状態になって、老人ホームに入られた。
 入所後、亡くなられて、空き実家を売却することになった。
 その際に、この空き家譲渡3千万円特別控除特例は適用できるのか?

 答は、バツです。

 空家譲渡特例の他の要件を満たしていても、
 空いていた自宅は、死亡直前に被相続人が居住していた家屋とならないため、特例適用不可であり、
 住まなくなって3年間の規定もないため、老人ホームへの転居後3年以内でも不可となります。

 老人ホームに入所することが、自宅の変更になるかどうかについては、
 公式見解は出ていないようですが。
 老人ホームに住民票を移すことや24時間・365日の居住の実態から見て、
 生活の本拠の移転として扱われるのが一般的のようです。

 が、老人ホームでも特別養護老人ホームの場合は、
 老人のための福祉施設でしかなく、そこをその老人の住居であると考えるのは適当ではない、とする考え方もあるようです(弊社加入税理士懇話会での事例回答)。
 
 相続税の小規模宅地特例では、老人ホーム入所後も、介護認定等を条件に、入所前自宅を居住用と認める扱いがされています(租税特別措置法69の4)が、所得税ではこうした規定はありません。

 もちろん、親御様が、老人ホームに入所して3年以内に、存命中に自宅を譲渡するなら、自分の自宅の譲渡として、3千万円特別控除を適用することができます(租税特別措置法35条2項二号)。
 
 親御様が一人暮らししていて老人ホームに移ろうか、というとき、
 もし自宅を将来譲渡する可能性があるなら、存命中に入所3年以内に決断した方がいい、
 ということは言えそうです。

  ☆  ☆  ☆

 ボランティアで参加している港区の高齢者さんのアクティビティは、
 今回は、しながわ水族館へのバスハイクでした。
d0054704_19372796.jpg


















 
 
by expresstax | 2017-05-24 23:42 | 譲渡