タグ:樹々の表情 ( 267 ) タグの人気記事

 先日、財産ドック様のセミナーの最後の質疑応答でお受けしたご質問がありました。
 その場で、簡単にお答えしたのですが、
 でも、ちょっと食い足りないなあ、という気がして、
 頭の中で、ぐるぐると考えていました。

 と、そうだ!とあるアイディアを思いつきました。

 主催者様に、ご質問者様のご連絡先を伺い、
 すぐに電話でご連絡をとらせていただきました。

 弊社でも、似た事例はやっていますが、
 ご質問のケースではまだ応用したことはありませんし、
 おそらく他にも事例はないのではないかと思いますが、
 これは理論上も実務上も、可能と思います。

 チャレンジしてみていただけますでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 実務家の方々とのセミナーを担当させていただく、
 これが、醍醐味です。

 実務家の方々から上がってくるご質問は、
 まさに、いまそこにある課題です。
 そして、これからも続々と起きてくる課題です。

 実務家の方々と、共に考え、悩み、新たな解決法を編み出していく、
 そして成功して、お客様にお喜びいただく、
 その解決こそが、実務の要求なのです。
 
 空理空論のお勉強を、何百万時間やっていただいても意味はなく、
 既に知っている知識を、講師が知った顔で、ただお伝えするだけでは、
 価値を生みません。

 価値を生み出す、価値あるブレインストーミングの機会をまたいただきました。
 ありがとうございました。

 がんばりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの庭園にクリスマスローズがどんどん開花していますが、
 18階の空中庭園のあちこちにも、赤や白のクリスマスローズが開いていました。
 どんどん温かくなりますね。
d0054704_23204475.jpg






































 
by expresstax | 2016-02-18 23:05 | 法人税
 財産ドック様のセミナー講演に伺いました。
 東京駅前の会場、テーマは、「資産対策としての法人化」です。
 
 財産ドック様は、不動産業者様の勉強会。
 この超繁忙期に、多数ご出席いただき、3人席でびっしり。
 素晴らしい熱意です。ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 本屋さんで売られている法人化の書籍は、
 起業=アーリービジネスステージとしての法人化がほとんどです。

 資産対策の必要な資産家様は、日本ではマイナリティですから、
 書籍で書かれた法人化をやると、8割がた、間違った法人化をしてしまうようです。

 そんなことから、商号(会社名)の付け方、登記目的、資本設定、
 機関設計等々、お話しをさせていただくと、
 あちこちから、えーーーっ、ざわざわ、えーーーっ、ざわざわ、と反応が返ってきます。

 既に法人化して数十年たっても、その実が上がっていない法人様が、とても多いので、
 今回は、ご聴講戴いているのが、プロ中のプロさんですから、
 バシバシとお話しさせていただきました。(スミマセン)

 また、実が上がらない原因のひとつには、
 法人化や税務を、数字でシミュレート(試算)しないことにあります。

 今回は、エクセル表を持ち込んで、その説明もさせていただきました。

 これだけ、税制改正で税率や控除率が、年々変わり、
 また数年先の税率や控除率が、税制改正で先行法制化されていく時代には、
 既存のソフトでは、とても将来シミュレートにキャッチアップできません。

 関数を使えば、エクセルなどでも随意にシミュレーションはできるのですから、
 試算やプランニング、実行後の予実管理を徹底していただくためにも、
 ぜひ、お客様のために工夫して差し上げて下さい。

 係数で考える脳とクセを作ることが、資産経営の条件なのです。

 時間延長してのお話しにもかかわらず、さらに質問をたくさんいただき、
 また講演時間後のご相談のアポイントもいただき、 
 ありがとうございました。

 たいへんな時期をがんばっていらっしゃるプロの皆様の姿を拝見すると、
 こちらも励まされます。
 お客様たちのために、がんばりましょう!

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所エントランスに、クリスマスローズがたくさん花開き始めました。
 右に赤く、左に白く咲いた花がみえます。
d0054704_13363588.jpg

























 赤い花をアップで撮りました。みんな酷寒のこの時期に、耐えるように下を向いて咲くんですよね。
d0054704_13391077.jpg
 































 
by expresstax | 2016-02-16 23:03 | パブリッシング
 お客様がアパートを新築、それも、この赤坂です。

 土地の取得の契約の段階からアテンドさせていただいて、
 とうとう完成したのです。
 みんなでわいわい、お散歩がてら、見学に行きました。

 場所は、赤坂でも一等地。
 隣地や付近には、三井さんや三菱さん、森トラさんの最高ラインマンションが建ち並びます。

 実は、お寺やお墓がたくさんある地域です。
 そんなところに、高級マンションが?ですって?
 ちっ、ちっ、ちっ。(^_^)b それでは都心のシロートさんです。

 都心の一等地の、一番地盤のいい、一番格式ある場所は、
 昔は寺社仏閣、そして大名屋敷が構えられました。
 大名屋敷の近くには、大名を守るお寺さんや神社さんがデデーンと構え
 寺社は戸籍を掌握するだけでなく、大名の趣味や政治の場として活用された茶道は、
 お寺さんの茶室で形成されていきましたから、
 寺町が権勢をふるいました。
 その寺社や大名屋敷や近隣が、古い高級住宅地として形成されます。
 
 逆に、お寺さんがそばにない高級住宅地、例えば田園調布などは、
 大正期に都市開発の発想から新しく開発された後発の住宅地です。

 ☆  ☆  ☆
 
 赤坂の語源は茜坂。昔は江戸湾が一望、日の出が拝めたそうです。
 洪積層を地盤とするこの地域は、おそらく昔は、海への突端だったのでしょう。
 虎ノ門や日比谷から東は、海だったそうで、
 江戸城は、侵略されにくい内灘の海っぺりに建てたそうですから、
 それを取り囲んだ青山・赤坂の坂は、海へと続く坂道です。

 周囲には、こんな崖がごろごろあります。
 向こうに見えているのが、三井不動産さんの43階建てのパークコート赤坂ザタワーです。
 あちらにはまた、薬研坂という、雪が降ると交通ストップになるすさまじい坂道があります。 
d0054704_15192695.jpg

















 ☆  ☆  ☆

 すごい崖の連続にびっくりしながら、
 空き地に迷い込みました。
 もちろんどなたかの所有地なのでしょうが、ほとんど放置されています。
 ふと足下を見ると、あら、ふきのとう。
 ご近所の皆様の楽しみになっているのかもしれませんね。
 しかし、このふきのとうのために、所有者さんは、どれだけ固定資産税を払っていることでしょう。。。
d0054704_19344274.jpg








































 
by expresstax | 2016-02-04 23:51 | お客様
 顧問先様の親御様が、亡くなられました。
 お通夜ご葬儀に、担当メンバーと一緒に駆けつけました。
 お客様をご紹介くださった弁護士先生もご出席くださっていました。 

 長い介護を成し遂げられた後継者様達のお悲しみと涙のご挨拶は、
 胸を締め付けました。 

 子供の頃、怪我をして帰っても、これだけで済んでよかったね、と、
 いつも、よかったね、よかったね、と言われて育った、 
 これからは、神様のお手伝いをして過ごしてくれるだろう、
 涙ながらにご報告下さいました。

 祭壇のお写真は、光があたり、お元気なときの、にこやかで晴れやかな表情で、
 とてもお美しく、優しい親御様そのままでした。

 どうか、安らかに、
 そして、お言葉通り、神様のおそばで、お幸せにお過ごしいただけますように、
 お祈りしました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの空中庭園の緑も、紅葉しています。
 吹き抜けの光があたって、まさに天空のようです。
d0054704_103926.jpg
by expresstax | 2015-12-03 23:54 | 相続・贈与
 ご相続の遺産分割協議と相続税の申告書のご捺印が終わりました。

 10月までの相続税申告は、平成26年開始相続で、旧相続税制で申告していましたが、
 11月以後は、平成27年1月相続税増税後の新税制での申告です。

 相続税の非課税枠(基礎控除)が下がり、
 最高税率が引き上がりました。
 
 最高税率でなくても、
 非課税枠が少なくなったことで、適用限界税率が、上がっています。
 まさに増税です。

 ☆  ☆  ☆

 それを前提に、協議や税務のご検討を進めていただいてきました。

 いろいろお大変だったと思います。
 でも、これで、一区切り。
 次の、展開に、がんばっていきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 接客室を出るところで、
 クリスマスツリーの恒例、「福サンタ」を、お一人お一人に、取って頂きました。
 相続人様たちのお顔が、ふわっとほころびました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの入口には、山野の木々や草花が植栽されています。

 七実の木に、たくさんの実がなりました。
d0054704_1872628.jpg 






























 こちらは、ソヨゴの真っ赤な実です。
 秋も、最後ですね。
d0054704_1883212.jpg
by expresstax | 2015-12-02 23:55 | 相続・贈与
 法人化をご検討中のお客様とのお話しです。

 役員報酬額を決めるのに、
 勤務時間や業務内容によって、どうしたらいいか、

 お知り合い様が、お知り合い様の会社での役員報酬について、
 税務調査で否認を受けてしまったそうなのです。

 ☆  ☆  ☆
 
 こうした金額認定の問題では、とてもよく出てくるご質問なのですが、
 会社からの報酬が、低いか高いかは、
 その法人の利益やその役員様の貢献度により、
 個別に検討して決めて頂くべきものです。

 役員は、法人との委任契約により、その経営責任の遂行の対価として、報酬を得ます。
 従業員(労働者)は、雇用契約により、その労働への対価として、給料を得ます。

 その基準は、全く違います。

 一番汗をかいた人が、一番エラくて、一番高い対価を得るなら、
 会社で、お掃除のおばちゃんが一番高い報酬になるでしょう。

 もしかしたら、お客様やお知り合い様の誤解の原因は、
 個人事業者時代に、
 ご家族が家族従業員=事業専従者としてお給料を受けていたときと、
 混同しているのじゃないか、という意見がでました。

 青色事業専従者は、まさに事業に専従して、
 その必要経費となる給与額は、
 
「労務に従事した期間、労務の性質及びその提供の程度、
 その事業の種類及び規模、
 その事業と同種の事業でその規模が類似するものが支給する給与の状況
 他の使用人が支払を受ける給与の状況
 その事業の収益の状況に照らしその労務の対価として相当であると認められるもの」
 (所得税法57条、所得税法施行令164条)
 とされています。

 これは、そもそも生計一で、同じ家族でポケットも一緒、
 そんな中で、給与ったって、お手盛り。そのままじゃ認めにくいよね、
 だけど、具体的にこうした労働をしているから、適正額は経費として認めるよ、という制度です。

 この家族従業員の給与必要経費算入額の問題と、
 家族であれ、会社法上の取締役の経営責任を負う家族役員の報酬が、
 
 どうも、ごちゃ混ぜになっているのではないでしょうか。

 あるいは、ごちゃまぜになっているのをいいことに、
 お知り合い様の会社の場合も、
 税務調査の場で、調査官が「ふっかけ・ゆさぶり」をして、
 あたかも、役員報酬も、労働の従事度合いで決めねば、という空気を醸しているのではないでしょうか。

 もちろん、役員という以上、名目だけの、なんら経営に後見しない役員では、論外。
 昔、野村沙知代事件なんてのもありましたが、
 いかに役員といえど、架空給与は、完全な脱税です。
 
 ☆  ☆  ☆

 中小企業の会計については、以前にもこのブログで書いた記憶がありますが、
 特に、数字に関すること、基準に関すること、税務上は認定に関わる部分については、
 しっかりとその法律の意味と、税務上の考え方を理解していただくことだと思います。

 そうして、胸を張ってどんどん発展していける、
 素晴らしい法人を築いていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの公開空地の庭園は、黄色いツワブキが満開になっています。
 年ごとに、背丈が高くなっています。
d0054704_1262191.jpg


 


























 
 
by expresstax | 2015-10-28 23:37 | 提言
 法人のマイナンバー通知書である「法人番号指定通知書」が弊社にも届きました。

 指定年月日は10月5日、発行者は、国税庁長官となっています。
 国税庁が、法人番号の付番機関とされているからだそうです。
 コピーすると、右上に「複写」のアブリ字が浮かびます。

 13桁、4数字毎に区切られていますので、何か分類があるのでしょうね。
 よい人、よい子は、いい波が向く、と読んじゃいました。 (我田引水(^^ゞ)

 でも、宛名の右下に、#◎◎◎の8桁の数字、
 左下に、ローマ字と7桁の数字。
 これは何でございましょう。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 さて、この法人マイナンバーは、国税庁のトップページに行くと、
 右上に国税庁法人番号公表サイトのリンクがあります。
 今日、10月26日の夕方から公表が始まっており、
 会社名や所在地などから、検索できるようになっています。

 公表されているのは、法人番号と商号、所在地です。

 誰でも見ることができるため、今後、知らない法人が登場したときのチェックなどに使えますね。
 例えば、ここで所在地をチェックして、商業登記簿を取得すれば、
 これまでのように、
 会社の制限事項や、代表者の住所、設立日、取締役全員の氏名等、
 モロモロのことが把握できます。
 
 これまで、本店所在地が、会社創業地の社長の自宅だったり、
 営業上の本社所在地でない会社などもありましたから、
 商業登記簿を取得するのに、ラクになったといえます。

 じゃ、ここで出てるから、実在の会社かどうかは、断定できません。
 その点は、注意してくださいね。

 また、シンプルな商号の法人は、同じ名前が、ドバドバと引っかかってきますから、
 これは所在地と照合するしかないでしょう。

 それに、東京市麹町区なんて所在地の法人があるのを見ると、
 登記が更正されていないと、ほんとに古いままの名称や所在地表記になるんですね。

 というわけで、マイナンバーの波が、ひたひたと、足下まで来ています。

 ☆  ☆  ☆

 個人のマイナンバーは、ほとんどが11月送達になるそうです。

 こないだ聞いて、港区は25万人もいるんだから大変なんだね-、と言ってたら、
 平成27年4月1日現在で、
 世田谷区は89万人、練馬区は72万人、とか、人口の多い市区町村は、たくさんあって、
 港区は、実は21万人、全国でも50番目でした。
 人口の多い区ほど、マイナンバー送達も、それは大変な作業でしょう。

 個人マイナンバーは、簡易書留で配達されて、転送不可、
 不在の場合は、再配達はがきが郵便受けに入れられ、保管期間(7日間)は、
 再配達日指定が可能です。土日でも再配達してくれますから、
 注意してみておきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 赤坂見附交番の冬桜です。
 10月初旬から咲いています。
 今年は、冬が早いのでしょうか。
d0054704_1433486.jpg 
 
 
 
by expresstax | 2015-10-26 23:46 | 経営
 ご質問をいただきました。
 ありがとうございます。

 日本年金機構から「厚生年金保険・健康保険の加入について」の書類が届いた。
 強制加入だそうだが、自分の会社は、これまで加入していなかった。
 加入しなければ、立入検査をするとまで書いてある。
 加入したら会社の費用負担が大変となるが、どうしたらいいだろう、とのご質問です。

 本来は、社会保険労務士先生にお尋ねいただくべきで、
 また、会社の費用負担との相関は、顧問の税理士先生にお尋ねいただくべきことなのでしょうが、
 あるいは、お尋ねいただいた上で、
 サードオピニオンで、弊社にお聞きになったのかも知れませんね。

 ヘタなお答えをしたら、社労士の先生方から、職権侵害と、お叱りを受けそうですので、
 お答えできる範囲でお答えしました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 法律では、法人は、厚生年金と健康保険は、皆加入制です。

 法律=厚生年金保険法6条1項・健康保険法3条3項で、
 全ての法人事業所は、加入が義務づけられています。

 にも関わらず、これまでの長い歴史の中で、
 法人が、全部が全部、加入しなくても、ズルズルで済んでいたんですが、
 旧シャホチョーに象徴されるズボラな体質「も」持っていた(スミマセン)厚生労働省さんが、
 ようやく仕事をせざるを得なくなって、
 加入促進が謳われ始めました。

 もちろん、法律なのですから、さくさく手続するのが本来なのでしょうが、
 ただ、この事業者加入促進も、経緯があるようです。

 加入について検討するにあたって、この経緯も押さえた方がいいように思いますので、
 これについては、また今度。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 事務所エントランス植栽のツワブキにどんどんつぼみがついてきました。
 これが咲き始めると、晩秋ですね。。。
d0054704_19394997.jpg
by expresstax | 2015-10-19 23:32 | 経営
 改正マイナンバー法が今日、平成27年9月3日に衆議院で成立しました。
 預金・医療・自治体でのマイナンバー利用拡大を可能とする改正です。
 正しくは、「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」といいます。

 平成27年2月26日付で内閣府大臣官房番号制度担当室からリリースされた
 改正法律案(概要)<マイナンバー法改正部分>がわかりやすくまとめられています。

 特に、預金口座での利用については、
 
① 預金保険機構等によるペイオフのための預貯金額の合算において、マイナンバーの利用を可能とする。
② 金融機関に対する社会保障制度における資力調査や税務調査でマイナンバーが付された預金情報を効率的に利用できるようにする。」

 と、思い切り、税務調査利用が謳われています。

 つまり、国税通則法等を改正して、金融機関が税務当局からの照会に効率的に対応することができるよう、預金情報をマイナンバーにより検索可能な状態で管理する義務が課されます。

 口座設定時の番号記載義務付けはなく、
 本人同意でなければ、「ひもつけ」もない、という建前になっていますが、

 今回改正で、金融機関はマイナンバーのデータベース化を行う義務が生じますから、
 預金者・債務者は、金融機関からマイナンバーの告知を求められることになるのでしょう。

 預金にマイナンバーをベースに、預金等の「名寄せ」が行われ、
 課税当局が、各個人や法人の資産把握できるようになるには、あっという間なのではないでしょうか。
 
 法律附則12条4項では、施行後3年、つまり平成30年を目途に見直しして、
 所要の措置(=附番ひもづけ義務化促進でしょう)するとしていますから、
 そこまで、そしてそれからが問題です。

 法文を読んでいて気になるのは、「政府は~必要があると認めるときは、」という文言が多用されていることです。
 
 法律の改変や、施行の裁量性の政府主導が読み取れて、なんだかなあ、と思っています。

 ☆  ☆  ☆

 一方、昨日9月2日の日経新聞によれば、改正民法「民法の一部を改正する法律案」の審議は、見送りになったようです。
 安保法案の審議に吹き飛ばされました。

 ただ、論点が残っているのではないため、遅かれ早かれ、改正は行われるはずであり、
 また、改正内容そのものより、改正されている分野のご理解が経営上、大変重要ですので、
 押さえておいていただきたい項目ではあるのです。

 来週のお客様セミナーの時間配分を、どうしようかと考え中です。

 ☆  ☆  ☆

 ビルの空中中庭に大きな白い擬宝珠が咲いています。
 地上の擬宝珠はとっくに終わっているのに、
 不思議に満開、それに、大きいですね。
d0054704_0401589.jpg
by expresstax | 2015-09-03 23:41 | 法律
 来週に迫った弊社事務所セミナーの準備に、ホテルの担当者さんが打合せに来てくれました。
 ありがとうございました。

 先の東京オリンピックの時に建てられたホテルです。
 今度の2020年東京オリンピックのお話しで、大盛り上がりになりました。

 ☆  ☆  ☆

 オリンピックのエンブレム騒動で、決定が白紙撤回されて、
 イギリスのBBC放送が、「ぶざま」と報じたと、報じられました。

 BBCのページに行くと、
 ”Tuesday's developments cap an awkward month for the organisers.”
 というくだりがあり、
 「ぶざま」と訳されたのは、この”awkward”(=オークワド=ぶざまな・不器用な・下手な)のようです。

 エンブレム問題に限らず、国立競技場問題も、
 選定以前から、予算越えの見積が出されていたのに、
 露呈するまで、誰も真面目に調整しようとしていなかったこと、
 インフレは、日本政府の政策なのに、
 建築費の値上がりを予定に入れない素人計画ぶりと施主JSCの調整能力のなさ、など、
 
 日本の最大の「売り」 だったはずの「卓越した建築技術」と「卓越したデザイン」の、両方で、
 「ぶざま」なていたらくを世界にさらしました。

 これじゃ、「クールジャパン」(=かっこいい日本)どころか、「狂うジャパン」だ、と
 ネットで揶揄されてもしょうがないのでしょう。

 ホテル担当者さんは、こうしたことの一つ一つに、神経をすり減らさねばならないのですから、
 これは大変です。

 9月1日に新国立競技場の設計施工の公募が始まったそうです。

 オリンピックを巡っての、裏話のあれこれをお聴きして、
 とても勉強になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 メンバーから、書籍室に呼ばれました。 
 なんと、シクラメンの花が一輪、咲いたのです。

 お客様が、毎年冬に贈って下さるシクラメンを、メンバーが大切に大切に育ててくれています。
 開花は、メンバーのみなさんの丹精のお蔭ですが、
 8月のシクラメンとは、まさに、狂い咲きなのでしょうね。
 がんばれ~~!
d0054704_0384774.jpg




































 


 
by expresstax | 2015-09-02 23:50 | 経営

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax