タグ:事業承継 ( 3 ) タグの人気記事

 大塚家具の資産管理会社についての報道がありました

 大塚家具の前会長勝久氏が、現社長久美子氏の資産管理会社に対し、15億円の社債償還を請求し、
 請求通りに支払を命じた東京地裁判決が下されたという内容です(日本経済新聞平成28年4月11日)。 

 72歳の前会長勝久氏と、48歳の長女で現社長久美子氏との確執は熾烈で、
 結果的に、久美子氏が、大塚家具の経営権を握ったことも、
 さんざ報道されていました。
 その後の話なのでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 平成20年4月、前会長勝久氏は
 大塚家具の資産管理会社「ききょう企画」に、保有する大塚家具株式130万株を譲渡、
 しかし資産管理会社には買取代金を支払う資金はない、のでしょうから、
 代金の未払金額15億円を、借入とせずに、
 資産管理会社の15億円の償還期限5年の社債を引き受ける形をとったのでしょう。

 会社への貸付金とすれば、利息は前会長の雑所得として総合課税、最高税率当時で50%です。
 それが社債利息として受け取れば、20%の源泉分離、申告不要、
 という税金メリットも考えたかもしれません。

 そして、平成25年4月、社債の償還期限5年を迎えたのでしょう。

 社債を継続する場合は、通常は、再起債して、引受人は、再度引き受ける形で継続します。

 でも、親と子が仲良しさんだったからかどうか、
 というより資産管理会社の関与専門家がルーズだったからかどうか、
 きちんとした再起債や償還期限延長の手続を踏んでいなかったようです。

 そして、平成27年3月の株主総会での委任状争奪戦になって、
 前会長は大塚家具経営の筆頭から撤退、
 なら、あの期限切れの社債を償還せよ、と娘に要求するに至ったのでしょう。

 社長久美子氏側は、報道によれば、
 「一連のスキームは相続対策の一環で、
 償還期限は自然に延長されるとの合意があった」と主張しました。

 が、判決が「書面による手続きではなく、法的な拘束力のある正式な合意ではない」と判断して、
 資産管理会社に支払を命じたのは、当然の結論です。

 ☆  ☆  ☆

 たまたま、平成28年1月1日以後、
 同族会社が発行した社債の利子で
 その同族会社の判定の基礎となった株主等が支払いを受けるものは、
 利子所得ではあっても、総合課税の対象とされることとなっています。(租税特別措置法第3条1項四号)

 私募債での「節税」封じとして平成25年、26年改正法での導入された制度ですが、
 今回の資産管理会社さんの社債は、金額的に少人数私募債ではないものの、同族会社でしょうからこの規制の対象です。
 この改正が償還請求のきっかけだったのか、どうか。
 
 いや、仲違いして、まして親が追い出されちゃったんだから、
 損も得もなく、返せ、ってことじゃないの?
 相続対策なんか、吹き飛ばすんだろ、
 というのが、弊社内の下馬評です。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 自宅マンションの中庭の枝垂れ(しだれ)桜の花が、
 たくさん萼から落ちていました。
 花弁が多く、淡色の薄い花びらは、とてもはかなげです。

 ひろって、ガラス器に水を張り、浮かべました。(^^ゞ
 どこまで生きるかな。
d0054704_14544972.jpg































 

 
by expresstax | 2016-04-11 23:28 | 経営
 お客様の後継者様が、会社の立て直しと資産改善を進めています。

 数年前、弊社が顧問を担当し始めた頃は、
 ご当主様と、後継者様の経営方針が激突。

 大変なご資産家様ご一族、ご資産を築き上げ守り抜いてきたご当主様でした。

 しかしそのときは、借金してでも大きな箱物を残したいとするご当主様と、
 「借金は絶対に負いたくない」との後継者様。

 ほとんど親子喧嘩の様相でした。

 でも、その後、後継者様は、
 ほとんど無借金で新たな事業を興し、身を粉にして働きました。

 そして、なんと、従前の大きな年商に匹敵するほどの事業規模にまで大きくしてしまったのです。

 当初は、決算書さえご覧になったことがなかった後継者様は、
 弊社で、担当税理士とマンツーマンで会計財務を学ばれ、
 経営計画書を作り、予実管理を詳細データのもとに進めます。

 「今年は、もっと伸ばします。」
 今日の決算経営会議では、弊社作成の決算報告書をごらんになりながら、
 後継者様は、そう宣言して、具体数値を掲げられました。
 もう、追い越し追い越せです。

 ご当主様はといえば、当初は距離をおいていらっしゃいましたが、
 後継者様が、雨の日も厳寒の日も酷暑の日も、黙々とがんばっていらっしゃるのをごらんになって、
 見かねるように、少しずつ、お手伝いをなさるようになり、

 今では、後継者様のがんばりに目を細めて喜びながら、
 奥様とご一緒に、応援をしてくださるようになりました。

 後継者様は、実績を作り、結果を出し、がんばり続けたことで、
 言葉ではなく、ご当主様を、心底納得させてしまったのです。

 ああ、親子様だなあ、と思います。
 ずっとおそばで拝見しながら、感動を頂いてきました。

 資産の改善は、もっともっと進めて頂かなければなりません。
 課題は山積みです。
 一筋縄ではいかない問題ばかりです。

 でも、この親子様なら、困難な問題も、
 必ずや解決なさるに違いない、と思います。

 顧問税理士としての光栄をいただきながら、
 我々が、これからも精一杯、お支えします。  

 どうか、心おきなく、全速力で邁進なさってください。

 ☆  ☆  ☆

 土日の青山の国際連合大学本部UNUの前は、
 ファーマーズマーケットとして、産直野菜のテントが並びます。
d0054704_0472630.jpg  




























 農水省音頭の六本木ヒルズやアークヒルズのヒルズマルシェや赤坂のサカスマルシェとは違うのですね。
d0054704_049449.jpg
by expresstax | 2014-01-22 23:15 | お客様
 今年も赤坂氷川祭り。

 今年は、100年ぶりにお披露目になった日本武尊(やまとたけるのみこと)の山車(だし)を引きました。昨年は、神武天皇山車でした。
 赤坂新町五丁目町会が保存していた日本武尊の人形は、嘉永6(1859)年につくられたものだそうです。熊襲退治の女装姿で、あでやかなお人形です。
 自分の故郷の近くの草薙神社に奉られていた、親近感のあった日本武尊とちょっとイメージが違いました。

 今年は3台の山車が、アークヒルズ、元赤坂の赤坂Kタワー、赤坂Bizタワーと各3箇所より同時出発、赤坂通りで3台の山車と神輿1基が集結し、赤坂氷川神社まで連合巡行します。

 集合場所のアークヒルズのカラヤン広場で、ハッピやてぬぐい・お茶・おにぎり・終わった後のお弁当券をもらいます。
 ハッピを着込んで、おにぎりで腹ごしらえします。
 今年は、震災ステッカーはありません。
d0054704_0262823.jpg















 これが日本武尊の江戸山車です。
 虎ノ門1丁目の一部も、氷川神社の氏子なんです。
d0054704_0272473.jpg















 スペイン坂からいざ、出発です。
d0054704_0283572.jpg

















 六本木の高速道路高架下をくぐります。お人形が、下にひっこんでますよね。
 電線や木の枝、歩道橋を避けて、人力のからくりで、上げ下げしているのです。

 山車の一番前を引いているのが、氷川神社宮司の惠川さんです。
d0054704_0384990.jpg

















 宮司さんの息子さんが、早稲田で勉強中に神主の資格もとって、日販さんに就職、
 その後宮司の事業承継のために神社に戻り、
 江戸山車を復活させる保存会を組織したという、
 今の赤坂の街作りの素晴らしい仕掛け人です。
 親の事業を継ぐだけではなく、親の時代を凌駕するくらいのパワーを出して、
 本当の事業承継(発展)ができるんだという、見本のような人生を送っておられます。

 赤坂衆議院議員宿舎の前を進みます。奥まった26階建が宿舎です。
 地方議員さんの宿舎ですから町会には関心が薄いかもしれんせんね。
 そういえば、赤坂サカスに議員の海江田さんが来てましたね。1区ですもんね。
d0054704_041597.jpg
















 HSBC(香港上海銀行)の赤坂支店は、撤退してカラになっていました。
d0054704_0421623.jpg

















 この後、赤坂サカスで、猩々山車・二人翁山車と合流。
 3台での堂々たる連合山車に、御神輿が続いて、赤坂氷川神社に帰還(宮入り)しました。

 ユーチューブに日本武尊山車が掲載されていました。(音がでます。)
 我々も、ちょろっと登場します。(^^ゞ


 まるまる4時間。よく歩き、よく引きました。
 暑かったけど、楽しかったです。
 町会のみなさま、惠川さん、ずっと一緒に歩いたおばちゃま、
 ありがとうございました。
by expresstax | 2012-09-22 23:21 | 折りにふれて

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax