タグ:プロ ( 275 ) タグの人気記事

手付金のマネーカウンター

 不動産売買契約の場です。
 売買契約書や重要事項説明書を読み上げ確認のうえ、捺印、
 そして手付金の支払いを行います。

 手付金の支払は、現金で、とのことで、帯封された札束が持ち込まれました。
 ここで、マネーカウンターが登場します。
 帯から外して、カウンターにかけると、バラバラと自動でカウントし、
 右の窓に枚数が表示されていきます。
 100枚になったことを確認して、束を移していきます。
d0054704_1557678.jpg





















 数え終わって、仲介業者さんが、自分たちの仲介手数料を天引きして、
 売主に渡します。
 売主から、準備された領収書を渡して、完了です。
 
 以前は小切手での決済も多かったと思うのですが、
 手付金は現金、
 残金は至急振込、というのが通常なのだそうです。

 お疲れ様でした。
by expresstax | 2017-10-02 23:24 | 譲渡

税理士先生からのご報告、そして赤坂祭り

 以前ご相談にお越しになった先生から、ご報告をいただきました。
 ありがとうございます。

 その後、他事務所さんの税務申告について、更正の請求を行ったところ、
 請求通り、1億円に近い還付の決定通知を受けることができたとのこと。
 
 おめでとうございます!!
 先生の粘り強い研究とお仕事と、お客様への信念の成果ですね。
 難しい局面を、がんばって切り拓かれました。
 素晴らしいです。

 弊社が何ほどのこともできませんでしたのに、
 ご報告をいただけて、弊社も、みんなで嬉しく、喝采しました。

 ありがとうございます。

 ☆   ☆   ☆

 今年も来ました赤坂祭り。
 本祭の人形山車は雨で残念でしたが、
 宵宮はスイング赤坂で、赤坂一ツ木通りは、交通規制で、テントのお店が一杯に出店しました。
 御神輿でなくても、押し合いへし合いです。

 夕食の後、ぶらりぶらりと歩いて、
 三陸の牡蠣とホタテのお店に釘付け。
 ゲンコツのような大きなホタテを、頬張りました。
 おいしかったね~。
d0054704_125789.jpg
by expresstax | 2017-09-18 23:53 | 税理士

税務研究会東京会場資産税事例検討会

 税務研究会税理士懇話会の東京会場の資産税事例検討会に伺いました。
 司会進行役です。
 弊社の松木税理士も、受講者に入りました。
 ちょっとこそばゆいです。(^^ゞ

 講師は、与良秀雄先生です。

 与良先生は、各事例、バンバン板書をしながらお話しなさいます。
 お身体通りの大胆な板書は、大好評です。

 特に、資産税の事例は、言葉と文章だけでは誤認が生じがちです。
 それを図解し、考えの道筋を表記することで、明解に判断ができるようになります。
 素晴らしいです。

 ご質問の中で、税理士法に関することがありました。

 税理士法人を親子税理士で社員を構成していて、
 親税理士のご逝去で社員1名になってしまうと、
 6か月で法人解散を強いられる(税理士法48条の18)、
 しかし小規模宅地の特例で特定同族会社事業用宅地等に該当するためには、
 10か月の申告期限まで法人を継続しなければならない、
 とのご質問です。
==========================
税理士法48条18
2  税理士法人は、前項の規定による場合のほか、社員が一人になり、そのなつた日から引き続き六月間その社員が二人以上にならなかつた場合においても、その六月を経過した時に解散する。
==========================

 確かに酷なことですが、
 これは税理士法を書き直してもらうよう税理士会に建議するか、
 親税理士様のご容態がよろしくない、追加の社員税理士の就任が難しい、という場合は、
 事前に個人成の手続を進めるか、しか
 方法はなさそうです。

 また、一般社団法人に関するご質問をいただいて、
 与良先生から振られて、急遽、私がお答えする場面がありました。

 資産税の分野では、
 回答が確定していることなど、
 半分もないように思います。

 顧問の先生方と、受講者の方々と、
 知恵を力を合わせて解決していくんだ、と強く感じました。

 ありがとうございました。
by expresstax | 2017-08-08 23:00 | パブリッシング

税務研究会福岡会場法人税事例検討会

 税務研究会税理士懇話会の福岡会場は、法人税事例検討会。
 講師は、石黒邦夫先生です。

 石黒先生のご講義にご一緒するのは、2回目。
 法人税から所得税までを広くご解説いただきました。

 事例の中で地主に安心してもらいながら土地賃借する方法についての問題がありましたが、
 無償返還届出書を利用するのは、あくまで税務上の問題。
 現在なら定期借地権契約すれば、地主にも借地人にも良いのに、と思いましたら、
 福岡では、あまり借地契約自体がないとのこと。
 だから無償返還や定期借地がピンと来ないのだそうです。
 地域差が大きいのだなあ、と驚きました。

 積極的なご質問をたくさんいただき、とても嬉しかったです。
 石黒先生、受講の先生方、ありがとうございました。
by expresstax | 2017-07-21 23:12 | パブリッシング

税務研究会東京会場資産税事例検討会

 税務研究会税理士懇話会の東京会場の資産税事例検討会に伺いました。

 講師は、与良秀雄先生です。
会場は、お茶の水の駿河台記念館の2階大会議室。びっしりのご聴講です。

 大宮会場では、活発な質問が続出した名義資産問題は、
  東京会場では、ほとんどご質問なし。
  与良先生と顔を見合わせてしまいました。

  それでも、さすがに東京会場。
 たくさんのご質問をいただきました。

 小規模宅地特例で、不動産所得以外の準事業のご質問が出たりしましたが、
 明確に区分すべきことでしょう。

  ありがとうございました。
by expresstax | 2017-07-05 23:04 | パブリッシング

Jアラート

 自宅マンションの管理組合と管理会社からの通知が入っていました。
 「Jアラート」についての周知文です。
 早い対応です。
d0054704_2002061.jpg






















  
 北朝鮮の弾道ミサイル発射が実行され、
 日本に飛来する可能性が現実化してきました。

 Jアラートの仕組みは、内閣官房国民保護ポータルサイトで見て頂いた方がいいですが、

 わずか10分で到達してしまうというミサイルを避けようもないでしょうし、

 内閣官房が書いているように、
1.屋外なら、頑丈な建物や地下・地下鉄・地下街に逃げ込む
2.建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る、
3.屋内なら、窓から離れる、窓のない部屋に移動する、
 としても、

 実際にミサイルが直撃したら、物陰に身を隠そうが、何したって無理! ですよね。

 昨年、飯村大使に教えて頂いたジオポリティカルリスクが、いよいよ現実のものになるのかと、
 身震いする思いがしますが、

 お客様たちも、どうか、お気をつけて。



 

 
 
by expresstax | 2017-05-29 23:40 | 提言

銀行を騙った詐欺、そしてありがとうございました。

 ご相続のご相談のお客様にお越し戴きました。
 準確定申告をようやく完了し、
 まだまだ相続手続が続きます。

 と、遺されたお母様のところに、
 大手M銀行K支店を名乗って電話があったそうです。
 曰く、預金の名義変更が必要だ、名義変更にはお金がかかるので、
 ついてはお宅に伺いたい、と。

 その銀行とお父様とは取引がなかったそうで、
 たまたまその場で対応せずに、やり過ごすことができたそうですが。

 こんな詐欺があるのですね。
 お嬢様たちのお話しをうかがって、我々もビックリしました。

 ☆  ☆  ☆

 もちろん、金融機関が自宅に来て名義変更手続をしたり、
 そのために高額な手数料を取ったりすることは、絶対にありません。
 必ず本店の相続センターなどが一括受付して、郵便や窓口でのみ対応します。

 それにしても、不慣れな相続について、
 高齢の奥様がまことしやかに説明を受ければ、
 うっかりお金を渡してしまう、ということもありそうです。
 
 オレオレ詐欺も、
 役所や税務署や金融機関などを装って、
 手口、語り口もますます巧妙になっています。

 今後の対応策も、お話しさせていただきました。

 これからもいろいろなことがあるでしょう。
 そんなときは、連絡を密にして、
 力を合わせて、お母様とご資産をお守りしていきましょう。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 税理士先生から、走り新茶をお贈りいただきました。
 やわらかく、でも鮮やかな香りを贅沢にいただきました。
 毎年、ほんとうにありがとうございます。
d0054704_2404562.jpg



















 お客様からお土産にいただいたバウムクーヘンです。
 ありがとうございます。
 連休中のお仕事の合間に、美味しくいただきました。
d0054704_2434447.jpg



























 産休明けにメンバーのKさんが事務所に贈ってくれました。
 大変な時期に、却ってお気遣いをいただいて、ありがとうございます。
 とてもおいしいどら焼きでした。
d0054704_253637.jpg




























 お客様をご訪問した際にお土産をいただきました。
 鈴屋さんの栗甘納豆です。
 お気遣いを、ありがとうございました。
d0054704_2545434.jpg































 ご相談のお客様がお持ち下さったKIHACHIさんのウェハースのお菓子です。
 さっそくおいしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_257144.jpg




































 松木代表のツーリングのお土産、四国のハタダ栗タルトです。
 ご無事なご帰還、おめでとうございます(^^)。
 贈っていただいた新茶で、おやつにいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_2595847.jpg
 
 
by expresstax | 2017-05-09 23:23 | 相続・贈与

文科省の誤送信と日本の子の読解力、そして豆苗

 日経新聞によれば、
 文部科学省が10日、人事異動案を、人事課の担当者が
 誤って全職員にメールで一斉送信していたとのこと。 
 かなりナーバスな資料も一緒だったとのことですが、
 笑っちゃうのは、その先です。
 「人事課は、秘匿性の高い重要情報は担当部局内でもメールを使わず、
 紙の資料でやりとりすることを決めた。」と。ちゃんちゃん。

 ☆  ☆  ☆

 なんだかなあ、と思っていたら、
 日本の子供の2015年の国際的な学習到達度調査(PISA〈ピザ〉)で、
 読解力が低下しているとの記事を見ました。

 文科省いわく、問題表示や解答が紙での筆記からコンピューターの使用に変わったことが原因とのことですが、
 それが、何だかなあ、です。

 日本の子は科学や数学は上位なのに、コンピュータ関連や考える力が弱いようで、
 これは、学校教育のせいなんでしょうね。
 つまり、学校教育の設備と、指導者(教師)のコンピュータリテラシーと。

 ニッポンって、明治以降、世界に比べて教育が進んでる、と思い込んでいたのですが、
 その錯覚がヘシ折られました。

 と、ここで先の文科省のメール事故と結びつくんじゃなかろかと。

 日本のお役人さん、
 マイナンバーの適正管理なんて、できるんでしょうか。
 一抹の不安を感じるのは、自分だけでしょうか。。。。
 
 ☆  ☆  ☆

 家で、食べてしまった後で、ザンギリ頭になった豆苗に
 お水をやって日なたに置いておいたら、
 また元気に育ってきました。
 まだまだ伸びそうです。(^^ゞ
d0054704_185947.jpg

 




















 

 
by expresstax | 2017-01-10 23:59 | マイナンバー

賃貸不動産経営管理士協議会総会、そして赤坂御用地のテント

 賃貸不動産経営管理士協議会様の第5回定時総会に出席しました。
 毎年、この賃貸不動産経営管理士研修の税務の講師を担当しています。
 
 今年度から、
1.不動産管理事務所での賃貸不動産経営管理士
  又は実務6年以上者の設置義務付け
2.オーナーへの管理受託契約には、賃貸不動産経営管理士証提示、
 説明、書面、記名捺印を義務化

 つまり、売買仲介での宅建士に近い位置づけになるのです。

 そして賃貸不動産経営管理士となるには、試験合格が必要で、
 平成30年6月30日までは経過措置として、
 今年から特例試験が実施されます。

 そんなわけで、定時総会は、会員各社様、意気軒昂の懇親会でした。
 おめでとうございます。
d0054704_01284003.jpg
















 特に、この秋の試験では、
 これまでの3倍の受験申込だそうで、
 理事の皆様たちは大喜びでしたが、
 でもこれは、大変なことです。

 事務局の皆様は、受験者激増とあって、
 会場手配やその他モロモロ、大変なご苦労になるでしょう。
 
 でも、嬉しいです!!
 と、胸を張ってる皆様は、なんと頼もしいことでしょう。
 
 がんばってくださいね!

 ☆  ☆  ☆

 秋の園遊会にむけて、
 赤坂御用地の赤坂御苑の準備が始まりました。
 11月1日だそうですが、
 晴れるといいですね。
d0054704_01390312.jpg


























 

by expresstax | 2016-10-26 23:16 | プロフェッショナル

フロントはトップが。そして大キノコ

 ある専門家先生の事務所にお電話しました。
 お客様がご相談に伺うので、
 その前に、ちょっとした質問をさせていただくためです。

 もうその事務所さんでは、大々先生と大先生は退いて、
 若い先生が所長をなさっています。

 ところが、お呼びした大先生が、サクッと電話口に出られ、
 質問にさくさく応えて下さり、
 その後の実務の指示も下さいました。

 ☆  ☆  ☆

 よくある大きな事務所さんでは、
 フロント窓口を若い職員さんに担当させ、
 キャリアの厚い幹部職員さんやトップは、
 マネージメントにあたっているようです。

 このところ、「大手法人」さんから移ってこられるお客様のお話を伺うと、
 フラストレーションの原因の一つが、この問題にあるようでした。

 担当する先生が、「個人商店」よろしく、
 事務所上司たちがが持っているはずのぶ厚い経験値や、
 実務知、暗黙知を集めることをせず、
 自分だけの歴史の浅い経験値でお客様に対応してしまうパターンです。

 大規模法人は、それだけの莫大な知の集合があってこその大手の価値なのですが、
 個人商店の集合体になってしまうとしたら。

 もったいないなあ、と思います。
 
 先の専門家事務所の方式にちょっと見習って、
 大手の法人さんも、
 実務経験の厚い幹部を、毎回でなくてもいいから極力フロントに出せる、
 経験の浅い職員さんと経験の厚い上司がチームで対応して、
 最善のお客様サービスをしつつ、一挙一頭足を学べるOJTとする 

 そんな仕組みを取り入れられたらいいのに、ですが、
 いや、そんなこと、とっくにやってる、とも言われそうで、
 やっぱり大変なことなのだろうなあ、と思い返したりしています。

 ☆  ☆  ☆

 いえね、
 弊社は、確信犯の「小手」ですから、
 全員の「よってたかって方式」で、
 お客様に、事務所の最高レベルをご提供するのが身上ですので、
 その点は、ご安心を。

 ☆  ☆  ☆

 雨の中、道を歩いていたら、街路樹に白いものが。
 ん?
d0054704_00274546.jpg















 よく見ると、直径10cmほどの大きなキノコです。
 裏から撮ったところです。
 すごい生え方をするものですね。
d0054704_00292394.jpg











 
 
 











 
 

by expresstax | 2016-10-21 23:09 | プロフェッショナル