税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

タグ:お客様 ( 386 ) タグの人気記事

 確定申告が終わったとたんに、
 堰を切ったように、お客様からのご相談が始まりました。
 
 顧問契約をお待ち頂いていたお客様からの、ご契約締結のご連絡もいただきました。
 ありがとうございます。

 待ち構えて下さっていたのでしょうか。
 お待たせして、申し訳ありませんでした。

 がんがん、対応させていただきます。(^^)/

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルエントランスの植え込みに、
 なんと蕗(フキ)の花が伸び伸びと咲いていました。 
 周囲にふきのとうがないかと探しましたが、ここだけのようです。
 ツワブキは、前から植栽されていたようですが、 
 この蕗は、どこからか飛んできたのでしょうか。
d0054704_1926343.jpg
by expresstax | 2015-03-17 23:05 | 確定申告
 1月中頃から、一気にご相談が入っています。

 このブログをご覧戴いた方、、講演受講していただいた方、ご紹介の方、きっかけは様々ですが、
 お電話で、ご相談やご面談のご依頼が続きます。

 ありがとうございます。

 確定申告が近いので、そのためかなあ、とも話していたのですが、
 ご相談内容は、確定申告とは関係なく、
 それまで積もりに積もり、悩みに悩んでのお困りごとのようで、
 それぞれ、長い歴史の中で、複雑を極めておられます。

 でも、きっかけはどうでも、
 困り抜いた問題から、専門家にコンタクトして、
 一歩でも踏み出せば、それは大きな前進になります。

 もう初回相談を経て、解決に着手なさるお客様も出てきました。
 
 がんばっていきましょう!

 ☆  ☆  ☆

 ご相談の際に、お土産をお持ち下さいます。
 ご心配は無用ですと、申し上げるのですが、お心遣いいただき、
 感謝に堪えません。
 ありがとうございます。

 樫木の樽の洋酒のケーキをお持ちいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_1454893.jpg



 

 
















 ラデュレのマカロンをお持ち戴きました。
 ありがとうございました。
d0054704_1483455.jpg

















 デメルのザッハトルテをいただきました。
 ありがとうございます。
d0054704_1494319.jpg


















 ブールミッシュのパウンドケーキをいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_14122426.jpg


















 源吉兆庵の干し柿のお菓子をいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_14144190.jpg


















 虎屋の羊羹をいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_14212551.jpg




























 おぐら春秋というおいしいお煎餅のセットをおもちいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_14243592.jpg


















 伊砂文様の伊砂久二雄氏の羊の風呂敷と京都のあぶらとり紙、千寿せんべい
 京都北山のお菓子をお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
d0054704_1915269.jpg























d0054704_14361659.jpg
















 文明堂さんのバウムクーヘンをおもちくだだいました。
 ありがとうございます。
d0054704_1858837.jpg
 
by expresstax | 2015-02-12 23:53 | お客様
 平成27年度税制改正大綱で、一番の注目ポイントは、
 財産債務調書(現「財産債務の明細書」)ですね。

 罰金の加減規定が入ることと、提出義務者の要件が変わることで、影響が大きいだろうと思っていますが、
 どうなるんだろー、と、チマタで議論が分かれているそうです。

 大綱には、こう書かれています。
====================
 現行の提出基準である「その年分の所得金額が2千万円超であることに加え、「その年の12 月31 日において有する財産の価額の合計額が3億円以上であること、または、同日において有する国外転出をする場合の譲渡所得等の特例の対象資産の価額の合計額が1億円以上であること」を提出基準とする。
====================

 この「加え」を、「かつ」と読むのか、「または」と読むのかによって、
 適用対象者が、全く変わってしまいます。

 現行は、「所得金額が2千万円超」という所得基準のみ。

 それに加え、資産基準を適用するんですから、

1. 「かつ」と読めば、「所得2千万円超」かつ「資産3億円以上」
 または、「所得2千万円超」かつ「有価証券等で1億円以上」となります。

 つまり、所得2千万円超でも、資産8千万円の人は、
 これまでは提出義務があったけど、改正後は、出さなくて良いよ、となります。

 もちろん、
 この調書は、資産所有者をアブリ出すためにやってるんだから、
 資産1億円以下なんぞ、対象から外してしまおう、ということなら、
 1も、アリでしょう。
 政府税調の資料には、「かつ」と明記されています。

 でも。

2. 「加え」を、 所得基準での対象者のカテゴリに、資産基準の対象者のカテゴリを加える、と読めば、
 所得基準と資産基準を両方適用する、となり、
 日本語としては、「または」という意味になりますね。

 つまり、所得が年金と株式配当と株式譲渡益で、分離課税で2千万円以下、
 でも、株式で10億円持ってる、という典型的な資産家を、
 これまでは取りこぼしてきちゃったのを、
 改正後は、両方の基準でアミをかけるのさっ、ということになります。

 もし、1のように、所得基準「かつ」資産基準としてしまうと、

 この「申告不要で一見低所得、実は資産家」層を、
 またも取りこぼしてしまうことになるからです。

 国外財産調書を出させて、マイナンバー法を整備して、 
 出国税課税の資料として捕捉していく、という流れからは、
 資産家の取りこぼし防止なんじゃないかなあ、と思うんですが、

 どうなんでしょうね。(^^)

 もちろん、1であれば、税理士として、お客様のためにも、ウェルカムですが。

 そのうち法案が出てくれば、明らかになりますが、
 それじゃ、既に対象期間がスタートしているに、
 お客様に早くお伝えすることができなません。

 こんなワイワイ議論も、実務家としては、必要と思うんです。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 お正月ということで、お客様がお花を贈って下さいました。

 素晴らしく香り高い飾り花です。
 ありがとうございました。
d0054704_3304171.jpg
 
 























 素晴らしいシクラメンをいただきました。
 お正月の羽子板の羽根のような色を、と、選んで下さったとのこと。
 とても美しいシクラメンです。 ありがとうございました。
d0054704_33232100.jpg


























 こちらは、ビル1階ロビーの正月飾りです。
 後ろが、豊川稲荷さん。まだまだ初詣でごった返しています。
d0054704_0145780.jpg
by expresstax | 2015-01-07 23:52 | 税制改正
日経新聞平成26年12月26日朝刊2面「迫真秒読み相続増税(5)守るのは家族の絆」に掲載されました。

 弊社のお客様が登場して、ご資産のことまでお話しになったようで、
 ちょっとハラハラしていますが、

 記者の方が今年9月発刊の贈与本をとてもよく読んで下さって、

 心を通わせる贈与と贈与式など、相続対策をきっかけに、
 財産だけでなく、家族の絆を守っていくのだ、とまとめてくれました。

 記者のG様、D様、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 昨日のクリスマスケーキです。
 が、あまりウェルカムとは言えないお年頃ですのに、半強制でいただきました。(^^ゞ
d0054704_324478.jpg




 

 

 


















 
by expresstax | 2014-12-26 23:09 | パブリッシング
 税制改正のポイントが並んできています。

 今のところ。

1.法人税
  実効税率ベースで、2.4%台引き下げ
  中小法人軽減税率2年延長
  受取配当の益金不算入制度の課税対象拡大
     5%未満→8割課税、25~33%未満5割→8割課税
  法人の繰越欠損金見直し
  法人事業税の外形標準課税を2年で2倍に

2.所得税・住民税
  出国時課税制度創設
  NISA投資枠100万円→120万円
  子供版NISA新設
  住宅ローン減税延長
  ふるさと納税拡充

3.相続税・贈与税
  相続税基礎控除引き下げ・最高税率引き上げ(平成25年度税制確定)
  贈与税最高税率引き上げ、子・孫への贈与は税率緩和(平成25年度税制確定)
  特定居住用の小規模宅地の減額特例適用面積を拡充240㎡→330㎡(平成25年度税制確定)
  相続税の未成年者控除等増額(平成25年度税制確定)
  子育て資金一括贈与非課税制度創設
  教育資金の一括贈与非課税制度延長
  住宅取得資金贈与の非課税枠拡充(平成28年10月から?)
  みどりの贈与特例創設(?)

4.固定資産税
  空家の小規模住宅地特例廃止(?)
  小規模住宅地特例見直し?
  商業地の負担水準軽減措置廃止案は、見送り


 8月に出されていた各省庁の税制改正要望のサバイバルゲームも佳境です。

 ☆  ☆  ☆

 各省庁からの税制改正要望は、毎年8月に提出されます。
 そして税制調査会の審議が開始し、
 新規の項目の提案や廃止の提案も交えて、
 マルだのバツだの△だので、税収と絡ませて攻防戦が展開され、
 税制改正大綱に決着していきます。

 ほぼ半年の改正案決定プロセスは、
 提案する省庁や、利害関係者にとって、その法案のサバイバルゲーム。

 最後にたどりつく項目は、その政権と財務当局の政策意図とパワーバランスの反映です。
 

 ☆  ☆  ☆

 天地(あめつち)のはじめの神々の場所という表現がぴったりな美しい海と島々です。
d0054704_4403130.jpg





















 高さ234mの福岡タワーです。平成元年築とのことですから既に築26年。
 この美しさは、ガラス張りならではです。
 ところで、全日本タワー協議会に加盟しているタワーは20あるそうですが、
 東京スカイツリーは入っていません。なぜなのでしょうね。
d0054704_443696.jpg


















 キャナルシティのイルミネーションです。
d0054704_45547.jpg























 大濠公園の広大な池は、元入り江の干潟を黒田長政が外堀として整備したそうです。
 美しい公園です。
 水鳥が多数いる中、岸辺に一本足で立つ白い鳥が。
 鶴だ!とカメラを向けた瞬間、飛び立ってしまいました。
 この地域は「舞鶴」と呼ばれるそうですが、本当に鶴がいるんですね。
d0054704_554310.jpg























 黒田如水・長政の広大な福岡城址、これは多聞櫓です。
 巨大な石垣が幾重にも多数そびえているのに、建物がほとんど残っていないので、
 太平洋戦争の戦災かと思ったら、明治維新で取り壊されたそうです。
 旧幕府勢力の殲滅への新政府の徹底ぶりに驚きました。
 現在は、再建復興計画が進んでいるそうです。
d0054704_511224.jpg

















 空港はクリスマスモードです。
d0054704_5134647.jpg



















 キティちゃんの大きなクリスマスツリーがありました。
 キティちゃんが飛行機(ANAカラーですね。(^^))に乗っています。
d0054704_5155212.jpg









































 羽田空港のLEDの誘導灯がイルミネーションのようです。
 LEDは、省エネとなるだけでなく、都市のあらゆる光景を変えていきます。
d0054704_5202845.jpg

















 お客様が、お土産に持たせて下さいました。
 クリスマスの可愛いセットと、ご実家のお庭のダイダイです。

 御案内いただき、お疲れだったと思います。
 ありがとうございました。

 Merry Christmas!
d0054704_5175822.jpg

 
by expresstax | 2014-12-24 23:53 | 税制改正
 ご相続のお客様のところに、分厚い封書が届いたとのことで転送していただきました。

 拝見すると、「相続税の申告等についての御案内」です。
 分厚い申告書類と、相続税申告の手引きや簡易判定シートが同封されています。

 これは、お客様が、相続税がかかると、税務署から目されているからです。
 税務署さんは、以前の相続実績や所得税申告等で、
 故人の財産概要は、既に掌握済み。
 そのうえで、ABC分析のうえで、相続税がかかるか、かからないか、ボーダーライン上か、
 分類、いざ亡くなったら、この分類に応じて、書類を送ってきます。

 書類は、亡くなった日から概ね4~5ヶ月後に送付されます。
 亡くなった人に、生前に所得があったら相続人が所得税の準確定申告をしていますから、
 その準確定申告も確認しながら、準確定申告の相続人代表宛に送られます。

 基本的に、この書類が来たら、
 母さんは、遺産少ないと思ってたけど、という場合も、
 念のためにチェックして下さい。

 税務署は、相続税がかかりそうだ、というデータを元に送っています。
 故人の財産について、相続人様はご存じないのは、仕方がないのですが、
 一番知らないのは、税理士(トホホ) であり、
 実は、一番知っているのは、データベースを既に持っている国税さんです。

 ☆  ☆  ☆

 「お尋ねには」、
 「相続税の基礎控除額に満たない場合等は、
 相続税を納付する必要がない場合には、申告書の提出の必要はありませんが、
 申告の要否を確認させていただくために、同封の判定シートの回答欄に該当事項を記入し
 てマルマル日までにご回答くださいますように・・」となっています。

 「相続についてのお尋ね(相続税の簡易判定シート)」でまずはチェック。

 これが非課税範囲内であれば、お尋ね簡易判定シートを提出すれば、完了です。

 そして、非課税枠は越えるけど、配偶者の税額軽減や小規模宅地の特例で、
 非課税枠内となる場合は、申告義務が生じます。

 ご相続から10ヶ月以内の期限内の遺産分割確定内容の申告書として提出すれば、もう、安心。
 特に税理士を代理人として税務代理権限証書と一緒に提出していれば、
 その後の全ての通知は、税理士経由で行われます。

 一方、
 遺言書や遺産分割の期限内完了で、
 配偶者の税額軽減や小規模宅地の特例を適用すれば、どうせ非課税枠内なんだから、と、
 税務署から言われてから提出すればいいや、というのも、ひとつの判断です。

 特例適用でゼロになるなら、期限後でも、延滞税も加算税も生じないからです。

 ただし、その場合は、代理人=税理士をたてていないので、
 国税さんのお尋ねや通知や電話は、全部納税者にダイレクトに行われます。

 対応は、相続人様でよく相談すべきでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 冬の夕方の空気の澄んだ日。
 事務所の窓から、富士山のシルエットがくっきりと見えました。
d0054704_229354.jpg
 
by expresstax | 2014-12-23 23:36 | 相続・贈与
 先週のこと、事務所でお客様の贈与式が行われました。

 ご家族でお集まりいただいて、

 贈与財産の詳細のご説明、
 小学生さんが契約書の読み上げ、
 感謝の言葉を述べていただいて、
 会議室に弊社からの花束をお持ちすると、歓声があがりました。

 とっても素敵なご家族の、とっても素敵な贈与のお手伝いをさせて頂いて、
 我々も嬉しくなってしまいました。

 ありがとうございました。


 ☆  ☆  ☆

 贈って、贈られて、助けて助けられて、一緒に幸せになれる、
 人のとってもシンプルな心のキャッチボール、
 それが贈与です。

 でも、こと、日本での贈与では、税金がついて回り、
 相続税を将来軽くするために、おじいちゃまが贈与したことにして、通帳を何冊も作っちゃったり、
 非課税範囲だったら、もらって当たり前じゃん、と呟くパラサイト君が育っちゃったり、
 相続税の税務調査で、国税さんから、尋問されて、
 贈与を受けているのに、「贈与受けてません!」と反射的に答えちゃう相続人様がいたり、
 贈与だったのかどうかで、裁判沙汰になっちゃったり、
 とっても、おかしな状態になっています。

 ☆  ☆  ☆

 贈与は、「あげるよ、もらいます」の諾成契約だ、という民法の説明をする専門家がいますが、
 それは、ヘン。
 贈与は、「あげるよ、もらいます、ありがとうございます」
 これで初めて成立するんです。

 親と子と孫。

 税務調査で聞かれたときに、

 特に親が資産家だったら、
 贈与受けてません!なんて答えは、ちょっとヘン。

 親にはあの本を買ってもらい、この服も買ってもらい、良い学校にも行かせてもらい、
 ほんとうに、よくしてもらいました。
 ありがたいことでした。
 それが、何か?

 というのが正答でしょう。

 ☆  ☆  ☆

 長男さんが住宅ローンと子育てで大変、というときに、
 お母様が支援して差し上げた。
 二人は、他の兄弟に知られたらまずい、とばかりに内緒のコッソリ贈与。

 そのコッソリ贈与が、お母様のご逝去後に、相続税申告の過程で他の兄弟に分かってしまい、
 そんなことは知らなかった、それは特別受益じゃないか!と、すったもんだの争続に発展。

 
 ☆  ☆  ☆

 いろいろ相続の、特に税務調査の現場を経験してきて、
 何かヘンだぞ、と感じてきました。
 これは何とかしなくちゃ、
 ということで、始めたのが、贈与式です。

 素晴らしい贈与が、想い出深い、ご家族の歴史になるように、
 そんな気持ちから始めた贈与式です。
 これまでにも、多くのお客様の贈与式を執り行わせて頂いてきました。

 これからも、お客様の素敵な贈与に、
 ずっとずっとご一緒できたらいいな、と思います。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様がお土産をお持ち下さいました。
 ありがとうございました。

 貴重な和菓子をお持ちいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_1153411.jpg





















 なつかしい干し芋をお持ち下さいました。
 しっとりとやわらかな珍しいものです。これは一人分。楽しくいただきました。
d0054704_117885.jpg























 神楽坂の楽山さんのお銘茶をお持ち下さいました。
 楽しみにいただきます。ありがとうございます。
d0054704_1262682.jpg
























 フロインドリーブさんのクリスマスのシトーレンをいただきました。
 毎年、本当にありがとうございます。
d0054704_1194352.jpg









































 

 
 
 

 
by expresstax | 2014-12-22 23:08 | 相続・贈与
 午前中に、平成27年度税制改正大綱決定が年明け1月9日とのことだったが、
 年内になる、とのお話しが飛び込んできました。

 情報を交換しあっているうちに、年内最終日になりそうだ、
 最終日って、仕事納めの26日か?とやっていて、 
 どうも、12月30日、というのが、着地点になりました。

 年内12月26日に緊急経済対策案をまとめ、
 30日に税制改正大綱決定、
 年明け1月9日に補正予算案閣議決定、
 14日には予算案を閣議決定というスケジュールになりそうだとのことです。
 
 財務省主税局さんは、「正月はないものと思っている」とコメントしているそうですが、
 はい、我々のお正月も、なくなりそうです。(>_<);;;;

 
 ☆  ☆  ☆

 お客様のご自宅を訪問しました。
 お庭の素晴らしい紅葉です。
d0054704_2572538.jpg
by expresstax | 2014-12-10 23:40 | 税制改正

「想い出草」

 お客様のお嬢様が、「想い出草」という小冊子をお持ち下さいました。
 ありがとうございました。

 お父様に先立たれたお母様が、夜も日もなく慨嘆し、
 数年経って、ようやくお気持ちを取り戻され、
 その想いを、子や孫に伝えたいと、したためたとのことでした。
d0054704_20545655.jpg
















 冊子には、お父様が残されたノートをもとに、奥様の文章が、
 縦糸と横糸のように、美しく紡ぎ合って、お二人の生涯を織り出していきます。

 学徒出陣、出兵、従軍、敗戦、帰還、お母様との出会い、情熱に溢れた文通、それぞれの想いの日記・・・。

 その後お父様は、スーパーエリートへの道を駆け上っていき、
 日本の有数の財界人との交流を重ねつつ、
 トップクラスの職業人としての実績を築いていかれました。
 その後、退職、闘病、そして死。

 そのさまを、お母様は、ほとばしるかの筆致で描かれていました。
 読み進めながら、その想いに、何度も何度も、胸を塞がれました。

 関与させて頂いた税理士として、これほどの人生に、ともに歩かせて頂いた光栄を、しかと受け止めて、 
 お母様と、ご家族のご将来に、また、共に手を結びながら、歩を合わせながら、
 さらにさらに、お支え申し上げていきたいと決意しました。

 ありがとうございました。



























 
 
 

 
by expresstax | 2014-12-09 23:42 | お客様

クリスマスツリー点灯!

 事務所のクリスマスツリーをメンバーが飾ってくれました。
 光ファイバーが点灯すると、玄関口が鮮やかになりました。

 今年も、チョコサンタさんもオーナメントに仲間入りしました。
 チョコサンタさんは、「福サンタ」として、ご来所くださるお客様にもらわれていきます。
 
 この日も、お客様とご一緒に小学生のお孫様が来所なさいました。
 お菓子の詰め合わせをお土産に、帰りには、しっかり福サンタさんをお持ち戴きました。
 (実は、先に帰られた取材の記者さんには、渡しそびれてしまいました。すみません。)

 今年も、ご来所下さるお客様に、お幸せをお持ち帰りいただけますように。
d0054704_117699.jpg
 

































 弊社赤坂センタービル1階ロビーにも、大きなクリスマスツリーがそびえています。
 公開空地とその向こうの豊川稲荷の紅葉を窓にして、美しいロビーです。
d0054704_1205414.jpg























 大きいですねー。
d0054704_1585454.jpg
by expresstax | 2014-11-27 23:09 | 事務所