LLP法(有限責任事業組合契約に関する法律)   

2005年 05月 26日

 今日のお勉強です。
 平成17年4月17日成立、5月6日公布されたLLP法です。

 LLP(Limited Liability Partnership)=有限責任事業組合です。

 ①出資者の有限責任、
 ②内部自治原則、
 ③構成員課税    の3要素を満たす事業体です。

2.有限責任事業組合の要件
 ①債権者保護のため、金銭その他の財産による出資時点での全額払込み
 ②労務などによる出資はだめだが、対価としての支給はOK。
 ③登記や名称に「有限責任事業組合」とすること。
 ④財務諸表の作成・備置
 ⑤債権者は財務諸表と組合契約書の閲覧・謄写の請求を営業時間中いつでもできる。
 ⑥組合員への分配に制限を設ける、
 ⑦第三者に対する組合員の損害賠償責任を定める
 ⑧組合員の持分譲渡には組合員全員の承認を必要

3.内部自治
 ①利益・損失の分配は、当事者間で自由に決めることができ、出資額の多寡に関係ない。

4.パススルー税制 
 ①LLPに生じた所得には法人税は課されず、組合員の所得として課税。
 ②利益・損失を出資者に配分(出資額を限度)
 ③LLPが社員に実際に配当しなかったとしても、組合員段階で課税。
 ④LLP自体が取引の主体となることはできず、LLPは業務執行者名義では取引可能。
 

# by expresstax | 2005-05-26 00:28 | お仕事

タカノフルーツパーラー   

2005年 05月 20日

 新宿の高野フルーツパーラーで軽食をとりました。

d0054704_2140332.jpg

 相方が選んだマスクメロンジュースは、マスクメロン100%という優れものジュースです。

 こっくり濃いメロンジュースは確かにおいしいのですが、まだ冷え切っていません。
 ストローで探ると、氷のようなものが下に重なっていました。
 この値段で、氷たくさんだったら、お客は怒るよね、といいながら飲んでいると、なんと、その氷と思っていたのは、メロンジュースを凍らせた氷だったのです。シャーベットのようなメロンジュースが徐々に溶けて、メロンジュースはほどよい冷たさになって、それはおいしいジュースになりました。

 氷を入れたのでは味が薄くなってしまう。
 といって冷え切ったメロンを使うのでは、甘みが十分にでないのかもしれない。
 100%の味を確保するために。驚きの心遣いでした。

 ケースに並ぶケーキもフルーツコンポーネントも、安くはないけれど、とても美しい素材をてんこもり、盛りつけて、もう、お得感、満載なのです。

 きっとこのお店は、フルーツが好きで好きでたまらない社員さん達が、フルーツの大好きな大好きなお客様のことだけを思って、毎日毎日工夫しているんだろうなあ、と思います。

 そんな嬉しい気持ちのお仕事、いいなあ、と嬉しくなったのでした。
 

# by expresstax | 2005-05-20 21:34 | プロフェッショナル

税理士会支部研修へ   

2005年 05月 15日

 山梨の税理士会さんで、平成17年度の税制改正の講演をやることになりました。

 税理士会さんの支部研修でお話するのは、初めてではありませんが、今回お招きいただいたのは、ご当地の支部研修部長に就任なさった税理士仲間です。

 ひところニフティやネットで、税務や経理についてわいわいやっていた仲間が、だんだん重職に就いていかれます。
 でも、気持ちは昔とかわらずに、ハンドルネームこそ使わないものの、あうんの呼吸でおつきあいします。日頃はオンラインでのやりとりですが、お会いすれば、その場で、オフラインミーティングです。

 今回は、現地の弊社顧問先様にもご挨拶にいくことができそうです。
 講演に行く、とお伝えしたら、とても喜んでご出席なさりたい勢いでしたが、税理士先生対象だと申し上げたら、ちょっと残念がって、でも、終わる時間に会場までお迎えいただけるとのこと、ありがとうございます。

 人のご縁と、地のご縁、いずれも大切に、大切に、させていただきたいと思います。

# by expresstax | 2005-05-15 16:10 | お仕事