資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

出張、出張・・・

 今年もあと2か月。
 予定がパツパツになってきています。
 新規のアポを入れるのに、四苦八苦です。

 この日も出張。
 朝飛び出ていって、その日のうちにトンボ返りします。

 帰りに、静岡駅で途中下車して、
 懐かし、静岡おでんを食べようということになりました。
 懐かしがってるのは、静岡出身の私だけですが。

 以前行った青葉おでん街は、お休み。
 そこで、すぐ近くの青葉横町に向かいました。
d0054704_00593562.jpg


















どこに入ろうか、迷いつつ、えいやっと、暖簾を押します。
8人も座ったら満杯になりそうなお店に、
おかみさんが一人で切り盛り、
大きなおでん鍋がどどーん、と鎮座しています。
d0054704_00594880.jpg













  
 



はしから、全種類注文。(^^ゞ
玉子にモツにはんぺんにがんもに大根に、と懐かしいおでん種のオールスターキャストが、
真っ黒いおでんスープの中で、真っ黒く煮えています。

東京で、「白はんぺん」と言ったら、
「白はんぺんはヘンだ、はんぺんは白いモノだ」と訂正されて、
東京には黒はんぺんがないんだとショックを受けたり。

魚屋さんで10枚50円くらいで売られてるのに、
お土産で買ったら500円もしたのに、呆れかえったり。

関西生まれ東京育ちの代表に、そんなウンチクを垂れて、
真っ黒く煮えたおでんに、ダシ粉や青のりをてんこ盛りかけて、
大きな口でパクつく「静岡おでん=しぞーかおでん」のお作法を伝授したり、

お隣のカップルと、ワイワイ盛り上がったり、
おかみさんのサービスのリンゴのチーズサンドに感激したり。
d0054704_01013195.jpg


















ごちそうさまでした。
さあ、帰ろう!



















# by expresstax | 2017-11-01 23:53 | お仕事

ご相続財産からの寄附、そして埼玉スーパーアリーナ

 先日のこと、ご相続のお客様から寄附のお話しが起こりました。
 
 被相続人様が関わっておられた公益法人様への寄附を、
 今から遺産分割に盛り込みたいと。
 素晴らしいお話しです。

 申告期限は迫っていますが、
 ご趣旨はなにより。
 ご相続人様たちのご意向はぜひとも活かしていただきたいところです。

 寄附を受ける公益法人さんは、相続税の非課税規定該当ですから、
 期限までに、ご寄付の実施と証明書の取得をしていただくようお願いし、
 遺産分割協議書の改訂を行って頂き、
 申告書に盛り込む準備をしました。第14表です。

 と、公益法人さんから送っていただいた受領証は、
 所得税法78条2項3号の、つまり寄附金控除の証明をする受領証です。

 あらあら、コレジャナイ、ので、
 相続税の非課税、
 つまり租税特別措置法70条1項の証明書となる受領証に、
 再発行していただけるように相続人様に連絡しました。

 相続人様、びっくりして、直接公益法人さんの本部まで赴いて下さったそうで、
 再発行していただくことになりました。

 ただ、これまでその公益法人さんが受けてきた寄附は所得税の寄附がほとんどで、
 相続税非課税寄附については前例がなく、
 公益法人さんの顧問の先生が、「たぶんこれでいいはず」という証明書に
 急遽作成してくださったそうです。

 できれば、租税特別措置法70条と、ダイレクトに記載していただければ、
 モアベターだったのですが、
 でも、この受領証で添付書類とすることにしました。

 こうして無事、相続税申告に間に合わせることができました。
 ありがとうございました。

☆  ☆  ☆

 さいたまスーパーアリーナ前の公園は、
 けやきのイルミネーションが、冷たい空気の中に美しく映えていました。
 心は、アツアツです。
d0054704_23563042.jpg
































 

# by expresstax | 2017-10-25 23:01 | 相続・贈与

日本経済新聞に掲載されました。そして赤坂インターシティエアー

 日本経済新聞平成29年10月18日夕刊に取材記事が掲載されました。
 マネー欄、相続税の小規模宅地の特例についての特集のうち、
 「『同居』の定義 気をつけて」です。
 (日経ネットでは、有料会員限定記事です。)

 相続税の小規模宅地の特定居住用宅地の8割減額の特例は、
 同居親族が相続すれば適用可能、と簡単に理解されていますが、
 相続直前要件、
 居住継続要件、
 相続遺贈取得要件と、過去に比べ、複数要件で厳しくなっています。

 一方、親の土地に子が家を建て、親と同居してたりするのを、
 ダメ、と誤解するケースもあるようです。

 記者のO様とは、お話しが弾みました。
 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 先月オープンした赤坂インターシティAIRに行ってきました。

 自宅からは徒歩5分ほどで、
 赤坂一丁目地区市街地再開発、新日鉄興和さんの
 地上38階、高さ200m越えの大規模ビルです。
 NTTドコモさんが、テナントとして集結したとのことです。
 
 写真は正面が新築成った赤坂インターシティAIR、
 右が以前からの興和さんの赤坂インターシティです。
 カラーで統一感があります。
 その向こうは、アメリカ大使館です。

 赤坂インターシティAIRの中層部は、賃貸レジデンスが入っています。
 分譲と違ってあまり大きなお部屋はないようですが、
 溜池山王駅直結、お部屋は天高2.9m、緑地眺望というのは、良いですね~。(^^)
d0054704_1353163.jpg 




















 コンセプト通り、緑地が豊富です。
 水と、緑と、遊歩道が、今の赤坂の開発の基本になっています。
 オフィスワーカーさんがまったりとお昼をしてました。(^^)
 広い公開空地の緑地は、グリーンベルトとして虎ノ門ヒルズまで延ばすそうです。
d0054704_138035.jpg




















 
# by expresstax | 2017-10-20 23:40 | パブリッシング



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism