<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

税務研究会特別事例研究「遺産分割」東京会場、そして神宮の花火大会

 税務研究会さんの「遺産分割」テーマでのセミナーが始まりました。
 吉本覚先生を講師に迎えたこのセミナーの第1回は東京会場です。

 テーマがテーマ、さらに有料とあって、 
 普段の駿河台記念館2階360名用大会議室を満杯にする事例検討会に比べ、
 受講者は、減少しますね。
 ただ、受講者は、大手事務所さんや資産税では著名な先生方が、大勢参加下さっています。
 ありがとうございます。

 ☆  ☆  ☆

 遺産分割は、基本的には、法律マター。
 弁護士先生の職掌に係る部分が多く、
 前提となるのは、家事審判や家裁判決だったりします。

 でも、例えば
 小規模宅地の選択宅地の同意取得の取扱や
 更正の請求等の相続法・通則法がらみの手続は、
 税理士が注意義務・助言義務を負う分野です。

 吉本先生は、そうした私法(民法等)と税法の狭間の部分を、
 とても丁寧に解明してくれます。

 議論も、様々に行われ、充実した検討会になりました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 今年も、神宮の花火大会がありました。
 
 いそいそといろんなツマミを買い込んで、
 花火鑑賞にいそしみました。
 いろいろな花火で盛り上がって、うっかり撮ったのはビデオばかり。
 こんどスクショできたらアップします。スミマセン。(^^ゞ;;
by expresstax | 2017-09-21 23:15 | パブリッシング

贈与税の特例本が増刷されました。

 贈与税の特例本が増刷されました。

 中央経済社さんの
 税理士のための相続税の実務Q&Aシリーズ「贈与税の各種特例 」。

 平成26年9月に発刊したものです。
 まだ贈与税制改正途上、相続税増税前夜、
 結婚子育て資金贈与特例などは、このあと創設されていますので、
 内容は既に不足ですが、読まれているとのことで、
 改訂なしの増刷です。
 申し訳なくもありますが、とてもありがたいことです。
 新制度と合わせて、ご確認下さい。
 編集のY様、ありがとうございました。
d0054704_2371752.jpg 
by expresstax | 2017-09-20 23:06 | パブリッシング

税理士先生からのご報告、そして赤坂祭り

 以前ご相談にお越しになった先生から、ご報告をいただきました。
 ありがとうございます。

 その後、他事務所さんの税務申告について、更正の請求を行ったところ、
 請求通り、1億円に近い還付の決定通知を受けることができたとのこと。
 
 おめでとうございます!!
 先生の粘り強い研究とお仕事と、お客様への信念の成果ですね。
 難しい局面を、がんばって切り拓かれました。
 素晴らしいです。

 弊社が何ほどのこともできませんでしたのに、
 ご報告をいただけて、弊社も、みんなで嬉しく、喝采しました。

 ありがとうございます。

 ☆   ☆   ☆

 今年も来ました赤坂祭り。
 本祭の人形山車は雨で残念でしたが、
 宵宮はスイング赤坂で、赤坂一ツ木通りは、交通規制で、テントのお店が一杯に出店しました。
 御神輿でなくても、押し合いへし合いです。

 夕食の後、ぶらりぶらりと歩いて、
 三陸の牡蠣とホタテのお店に釘付け。
 ゲンコツのような大きなホタテを、頬張りました。
 おいしかったね~。
d0054704_125789.jpg
by expresstax | 2017-09-18 23:53 | 税理士

大規模地積宅地評価のあれこれ、そしてお客様のお野菜

 編集者様がお見えになり、いろいろお話しを伺った折に、
 ご質問をいただきました。

 平成30年から広大地評価が廃止されて、地積規模の大きな宅地の評価が適用されますが、
 その地積規模の大きな宅地の評価方法について、いろいろな意見が出ているとか。
 
 特に、地積規模の大きな宅地の評価では、
 広大地評価では適用されなかった開発を了した宅地=既にマンション等が建った宅地についても
 要件を満たせば、減額が適用されることで、
 不適切ではないか、との意見があるとか。

 うーん、ですね。
 通達改正に関わった担当官さんたちが、どこまでを想定しているのかは、分かりませんが、

 例えば、既にマンションが建っていても、
 建替が今後の課題、というケースが増えています。
 その時に、三大都市圏であれば、500㎡以上ならやはり建築要件が問われるので、
 そこは、地積規模の大きな宅地を宅地として見るときに、
 一定の制限がかかることを想定しているのかも知れません。

 もう一つ、弊社のお客様の土地で、
 東京23区内で、接道部正面路線沿いの用途地域では指定容積率300%ですが、
 土地のほとんどの部分は、200%の住宅地域に所在するという土地があります。

 これについては、相続税の試算を行うときに、
 地積規模の大きな宅地の適用できないかも、と仕方なく保守的に試算しているのですが、
 でも、とても不合理です。

 そのあたりが、通達になる段階で、どのように取り扱われるのか、
 そんな疑問も編集者様にお伝えしました。

 いずれにせよ、そろそろパブコメの結果とか、改正通達で明確にされることと思いますが、
 相続税等への影響が大きいだけに、
 気になるところです。

 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 ご相続のお客様のところに、相続税の最終報告にお伺いしました。
 遺産分割を確定していただき、
 今後の固定資産税や譲渡した場合の税制について確認していただきながら、
 最終確定をしていただきました。
 お疲れ様でした。

 ☆  ☆  ☆

 終わって、ちょっとほっとした状態で、
 もう一度、ご自宅周辺の確認をさせていただきました。

 お作りになっている畑の一部に、
 鈴なりのキゥイが。
d0054704_131553.jpg 


















 また隅の方には茗荷が。
 香り高い茗荷が、掘り起こされます。

 お嫁に行ったお嬢様が、しばらくはスーパーで買う野菜に慣れず、大変だったとのこと。
 ほんとうに、ご自宅で新鮮なお野菜をいただいていたら、
 外の野菜はいただけなくなりそうです。
d0054704_142481.jpg


























 感激してあれこれ拝見していたら、
 なんと、ひょうたんカボチャや茗荷や枝豆をお土産に持たせて下さいました。
 もうしわけありません。
 ありがとうございます。
 おいしくいただきます。
by expresstax | 2017-09-15 23:11 | 税制改正

お客様からのご紹介、そして夕焼け

 お客様がご相続のお客様をご紹介下さいました。
 お客様とは学校以来の数十年のご友人とのこと。

 大切な方をご紹介いただけたこと、ありがとうございます。

 また、被相続人様は、まさに日本の歴史を担ってこられた方です。
 相続人様ご自身が、専門家でもいらっしゃりながら、
 あえて同業の弊社にご依頼下さいました。
 光栄です。

 ご紹介いただいたご信頼に報いることができますように、 
 選んで任せて頂いた甲斐のありますように、
 最善を尽くして、精一杯、担当させて頂きます。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所の西の空が真っ赤でした。
 秋です。
 アイフォンカメラで自分の腕では、上手に写せず、PC画面の映り込みまで入っています。
 でもあまりに綺麗で、つい見とれてしまいました。
d0054704_21112282.jpg
by expresstax | 2017-09-12 23:55 | お客様

朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社

 NHKの朝ドラの「ひよっこ」がそろそろ終わり、大団円を迎えます。

 朝ドラは、この最近のテーマはほとんど事業承継。
 お客様との話題にも登場します。
 それに付いていこうと、この10年ほど、録画をして、ずっと見ています。

 「ひよっこ」は、特に、舞台が赤坂になってからは、
 「あそこからあそこまで行くのに、氷川神社の脇を通はずないじゃん」とか、
 ツッコミを入れながら、ご当地感覚バリバリで、楽しく見ていました。

 すずふり亭の鈴子さんこと宮本信子の、

 「私はね、とにかくね、偉そうにする奴が一番嫌いなのよ、
 赤坂っ子の特色だね!」

 という台詞に、その通り!と 膝を打ったりしてました。

 もうじき終わり、舞台もかわってしまうのかと思うと、残念です。

 ☆  ☆  ☆

 洋食屋のすずふり亭は架空のお店だそうですが、
 鈴降神社は実在です。

 赤坂4丁目の、とんかつの末吉さんの先にあるので、お昼休みに、
 しばらく前に、行ってきました。

 看板が出ています。
d0054704_23533141.jpg






















 とても小さなお社です。
 お賽銭箱は、10円玉数枚で満杯になりそうです。
 元は、大きなお社が関東大震災で破災し、赤坂氷川神社に合祀したので、小さな祠だけ残したのだとか。
 その元々のお社は、信長の本能寺の変で三河に帰ろうとする家康が道に迷い、
 鈴の音を頼りに伊賀の人々に救われ、
 江戸幕府を開いてからは、功を称えて四谷に伊賀の人々を招いて住まわせ伊賀同心組とした、
 それで鈴降稲荷と名付けられたとか、です。
 同時に進行している大河ドラマ「直虎」の徳川家康と重ねてみると面白いですね。
d0054704_23544079.jpg
by expresstax | 2017-09-08 21:55 | 折りにふれて

怒濤の相続税申告、そして秋のぶどうをありがとうございました。


 相変わらず、怒濤のようなご相続の申告に追われています。

 どんな小さな論点も、すべて洗い出し、説明書・意見書を添付し、
 相続税のチェックリストと33条の2の書面添付も行います。

 この数年前からの相続の大きな流れは、
 今年、ますます激流のようです。

 メンバーみんなで頑張りました。
 
 最後の提出まで完了させて、ようやく帰宅します。
 頑張ったね!
 お疲れ様!

 ☆  ☆  ☆

 秋のぶどうをいただきました。
 とても大きな房のピオーネとシャインマスカットです。
 甘く、おいしくいただきました。
 ありがとうございました。


d0054704_23465731.jpg
by expresstax | 2017-09-05 23:35 | 事務所