税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 顧問先企業様の社内研修に伺いました。

 先日の研修とは別部署の新年度管理職様たちの研修です。

 今回は、実務重視でお話しをさせていただきました。
 さすがに、管理職さまたち、大変熱心にお聞き下さいました。

 経済の変動の激しい現況で、お役目はますます大きくなります。
 ご活躍頂けますように、お祈りしています。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所隣の豊川稲荷さんの緋寒桜の開花が始まりました。
 一分咲きというところでしょうか。
d0054704_15211741.jpg
by expresstax | 2017-02-21 23:50 | パブリッシング
 昨日の2月15日21時、日経CNBさんの、夜エクスプレスにコメンテーターとして出演しました。

 ☆  ☆  ☆

 日経CNBCさんは、日経新聞社さんと米国のNBCさんがタイアップして展開している24時間マーケット・経済専門チャンネル、
 スタジオは、大手町の日経新聞社さんのビル内です。

 以前も、日経チャンネルマーケッツ「マーケッツのツボ」に出演しましたが、
 今回は、水曜日21:15からの「夜エクスプレス」<マネーコーナー>での、
 アンカー直居敦エグゼクティブプロデューサーさんの質問へのコメンテーターを担当しました。

 テーマは、税制全体の流れと、平成29年度税制改正で導入される海外移住者への規制です。

 私の前は、大和証券の投資戦略部担当部長の木野内栄治さんと直居さんの
 トランプ大統領をめぐる世界の投資市場について、お話しでした。

 お二人のテンポのいいやりとりは小気味よく、とても勉強になりました。

 ありがとうございました。















 

 
by expresstax | 2017-02-16 23:26 | パブリッシング

企業様研修・1

 顧問先企業様の社員研修に伺いました。

 例年、新年度の始まる前に、
 担当者様、管理者様たち対象で、行います。

 今年は、テーマに応じて、各部を越えて、ご出席くださいました。
 
 回答が出ていない問題が多い、というより、
 法律や取扱基準自体が、古く、未整備といわざるを得ない分野です。
 コンプライアンスをいうなら、基準そのものが、適正でなければなりません。

 その未整備で混乱した実務に放り込まれた現場の担当者様たちのお骨折りは、
 いかばかりかと思います。

 質問もたくさんいただき、活発な意見交換になりました。

 皆様の熱意が溢れ、
 とても頼もしく感じながら、お話しさせていただきました。

 ありがとうございました。
by expresstax | 2017-02-15 23:17 | パブリッシング
 先日、役所調査のことを書きましたが、
 別なお客様の不動産物件の現地調査と役所調査です。

 不動産物件の場合、現地とその管轄のお役所は、通常は数駅しか離れていないので、
 同日で行くのがスケジュールとなります。

 この日は、都内に散在する複数の物件の現地と、その管轄役所を回ります。

 全部、測量図はありますので、七つ道具は持たず、
 メンバーのMさんと、勇んで出かけたものの、
 とにかく、全物件で、都内を1周するほど、それぞれが離れています。

 駅から駅へ乗り継いで、
 途中、駅~現地~駅~役所が、めちゃ不効率なところは、
 駅~現地~タクシー~役所~駅、と、
 タクシーも利用します。

 アイフォン名人のMさんが、楽で、早くて、安い道順をさくさくと調べて、
 リードしてくれます。

 お昼は、M区役所の職員食堂を利用してみました。
 安いし、意外に美味しいことを発見しました。

 ほどんど弥次喜多道中でしたが、
 前回調査と合わせて、調査の手順と要領をMさんが覚えてくれましたので、
 これからは、手分けして動けそうだね、と、
 ほこほこと帰ってきました。

 今日は一日、お疲れ様。
 ゆっくり休んでね。
by expresstax | 2017-02-13 23:00 | 財産評価

雪の中の役所調査

 雪です。
 下から吹き上げるように、雪が舞い上がってきます。
 赤坂御用地の向こうの西新宿も、消失しています。
d0054704_5415223.jpg
 




















 ☆  ☆  ☆

 こんな日ですが、横殴りの雪にヒキながら、予定の役所調査に出かけました。
 日程がパツパツなので、雪でも、嵐でも、予定のずらしようがないのです。

 役所調査といっても、今回は特別です。

 〇〇の評価をするのに、通常の〇〇での評価方法では、億単位の評価額となってしまいます。
 減額は可能ですが、限度があります。

 では、鑑定か、とも考えていたのですが、
 
 この間、親しくさせて頂いている国税OBのS先生から、
 〇〇な場合は、〇〇の評価を採用できるんだよ、とサジェストいただきました。

 えーーーっっ!
 そんなことは、どこにも書かれていません。
 でも、通達を読むと、確かに、そうも読めます。

 参考書やネットで調べると、あるわあるわ、全然違うことが、わんさか。

 アドバイスにしたがって、お役所に直撃調査です。

 ☆  ☆  ☆

 お役所は、雪のためか、ほとんど来所客もないようで、
 お役人さん、すぐ出てきてくれて、とても丁寧に対応してくれました。

 そして、しらべていただくと、
 結果、数十万円となります。
 
 でも、ん?
 それって、〇〇ですよね、とさらにツッコんで伺うと、

 当管区内には、〇〇〇ません!と、お役人さんは、断言。

 ん-。ちょっと割り切れないまま、

 いやー、〇.〇億円のが、〇十万円になったのだから、と
 ブチブチ思いながら、一定の成果として帰りました。

 が、お役所から、追って連絡が来ました。
 〇〇〇でした!と。

 今度は、詳しく調べて下さっていました。
 雪の日ならでは、だったかもしれません。

 伺ったデータで計算すると、
 おー! 〇万円に落ちました。

 その差、〇.〇億円以上です。
 ありがとうございます!!
 お役人さんがそこにいたら、ハグしちゃったでしょう。

 というより、お教え下さったS先生、さまさま、です。
 ありがとうございました。

 お客様に報告できる日が楽しみです。(^^)v














 
 
 
 
by expresstax | 2017-02-10 23:38 | 財産評価
 育休中の事務所メンバーKさんが、Nくんと一緒に、事務所に来てくれました。
 ありがとうございました。

 Nくん、前回と比べて、おっきくなりました。
 首も据わって、寝顔も、名前の通り、武将のように、堂々としています。(^^)/

 目を覚まして、写真に入ってくれました。ありがとね。
d0054704_1291137.jpg


 


















 そして。
 なんと、認証保育所の申請が通ったとのこと。
 おめでとぉぉぉ~~!

 これで、弊社は救われます。(T_T);;;

 安倍内閣の肝いりの、一億総活躍政策の
 待機児童解消加速化の流れが、ちょうど間に合ってくれたのでしょうか。

 それにしても、働きながらのお母さんは、三重、四重のご苦労がつきまといますが、
 でも、まずは、第一歩。

 Kさんの素晴らしい人生と、
 Nくんたちの未来のための
 そのご苦労が、必ず実を結ぶよう、
 我々も、一緒にがんばらねば!と思います。

 どんどん、大きくなって。
 また会おうね!


















 
by expresstax | 2017-02-08 23:24 | 事務所
 今年も、日本法令さんから、「よくわかる平成29年度税制改正と実務の徹底対策」を発刊しました。

 今日から大手書店さん、2月10日には、全国書店に並びます。
 今年も、日本最速版です。(^^)/
 弊社は、松木税理士、藤森税理士、飯塚が担当しました。(^^)(^^)(^^)/
 弊社顧問先様には、贈呈本をお贈りしますので、お待ち下さい。

d0054704_1852288.jpg
by expresstax | 2017-02-07 23:54 | パブリッシング
 先日、弊社の相続税申告が増えて、というお話しをしましたら、
 「やはり、基礎控除が下がったために、
 申告するようになった人が増えているんですか?」と聞かれました。

 ☆  ☆  ☆

 相続税は、平成27年1月1日以後亡くなられた人は、
 それまで5千万円+1千万円×法定相続人数 だった非課税枠(基礎控除)が、
      3千万円+600万円×法定相続人数に、下がり、
 相続人が2人だと、課税対象遺産4,200万円で、相続税申告しなくちゃいけなくなる、という
 「相続税の大衆課税時代」になったと言われます。

 ☆  ☆  ☆

 確かに、平成28年12月15日に国税庁が発表した「平成27年分の相続税の申告状況について」によれば、
 全死亡者129万人のうち、相続税のかかった人は10万3千人で平成26年の倍増、
 課税割合は8.0%で、平成26年の4.4%から激増、
 そして納税額も、5千億円増加しています。
 
 でも、被相続人ひとりあたりの課税価格は2億400万円から1億4,126万円に減少
 税額も、2,473万円から1,756万円に減少、
 というところを見ると、

 確かに、申告義務あり、として増加した人達4万6千人は、
 非課税枠が下がって、新たな課税層といえるでしょう。

 全国平均で8.0%ですが、
 東京国税局(東京・千葉・神奈川・山梨)管内では、12.7%に上っています。
 平成26年では、7.5%でした。

 東京都だけのデータは出ていませんが、
 東京23区内のデータが出れば、もっと大きな数字になるでしょう。  
d0054704_20111189.gif
 















 ☆  ☆  ☆

 でも。
 弊社に限れば、旧制度で非課税枠以下だったけど、
 新制度だから申告義務が生じた、という方は、
 実は、一人もいらっしゃらず、
 全員、旧制度でも課税対象だった方達です。
 
 つまり、相続税増税を、ストレートに受けているお客様たちです。

 5千億円増加した納税額の、主な負担者は、
 新たに課税された人ではなくて、
 元々課税対象で、
 基礎控除が下がって、適用限界税率が上がって、
 税負担が激増してしまった方々です。
 
 このお客様達に、なんとか、お力にならねば、と
 がんばっています。

 ☆  ☆  ☆

 とてもよく晴れた夕暮れ。

 執務室の窓の左端に、
 丹沢の山々の向こうに、富士山がシルエットで、現れました。
d0054704_20344796.jpg











 
 
by expresstax | 2017-02-03 23:14 | 相続・贈与