<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

9月の終わりとお泊まり合宿

 9月も終わり。 
 何ということでしょう。。。。

 ☆  ☆  ☆

 友人が東京のスクーリングに出席するというので、
 我が家が宿泊所になりました。
 
 新たな世界にチャレンジして学ぶって、すごいことです。
 尊敬します。がんばれ!!

 ☆  ☆  ☆

 1日は我が家、2日目はマンションのゲストルームを確保しました。
 
 1日目の夜は、以前から狙っていた韓国料理屋さんに出撃。
 野菜たっぷりの焼肉を堪能しました。
 韓国は世界で一番野菜を食べる国なのだそうですが、
 いろいろな種類の葉っぱにお肉を巻くと、いくらでも食べてしまえます。
 いろんなおかずが沢山ついてくるところも、本場と同じです。
 余った野菜は、お土産に持たせてくれたので、
 翌朝のサラダにしました。(^^ゞ
d0054704_19054351.jpg












 


 ご飯のあとは、マンションの44階のラウンジで、お茶をします。
 バー方式になっているので、
 注文すると、バーテンダーさんが飲み物を作って持ってきてくれます。
 管理組合の運営なので、コーヒーは200円とか、 
 価格はとてもリーズナブルです。
d0054704_19090969.jpg








  







 2日目は、マンションのゲストルームでの宿泊です。
 最上階の洋室のお部屋は超人気でアウト、和室をリザーブしました。(>_<)

 友人が、ホットプレートで腕を振るってくれたお料理でお腹いっぱいになった後、
 パジャマだのお風呂セットだの抱えて、
 いそいそと、ゲストルームに向かいました。

 九条家の茶室をモデルに再現して、
 マンション内に戸建てを作ってしまっています。
 右手に玄関、露地を進んで右下に、茶室のにじり口が見えます。
 檜のお風呂に入り、ざこ寝お布団でわちゃわちゃと、ぐっすり眠りましたとさ。
 枕投げはしませんでしたよ。(^^ゞ
d0054704_00514451.jpg




































by expresstax | 2016-09-30 23:09 | 折りにふれて  

台風、そして赤坂氷川祭と吉宗公

 台風16号は、無事通過でしょうか。
 
 九州まで遺産分割協議にいらした相続人様から、
 何とか、台風は逃れたと、ご連絡をいただきました。
 ありがとうございます。
 お帰りまで、お気をつけて、お願いします。

 ☆  ☆  ☆

 今年は赤坂氷川祭の本祭、当たり年でした。

 お天気が心配だったのですが、
 我々の山車巡行日は、晴天でした。

 9月16日金の宵宮神輿の巡行から始まって、18日神幸祭の本祭まで、
 赤坂は完全交通規制、お祭一色になります。

 さらに今年は徳川吉宗公300年とかで、17日は吉宗公まで登場するとあって、
 と言っても暴れん坊将軍の松平健さんだそうですが、
 赤坂氷川山車保存会会員の弊社も、17日に、勇んで参加しました。

 我々が引いたのは日本武尊(ヤマトタケルノミコト)山車です。
 九州討伐の際に、美少女に扮して忍び込み、熊襲建の兄弟を誅伐したそうで、
 衣を被っています。カラクリが立ち上がると、かなりの身長です。
 左の山車は、猩々(ショウジョウ)です。
d0054704_0343792.jpg
























 配られた保存会のてぬぐいとパンフです。
 去年までは、お茶とおにぎりも配布され、
 その前は、マキシムのお弁当が配布された年もありましたが、
 お祭りがメジャーになるに従って、手薄く(?)シンプルになりました。
 てぬぐいは、毎年新しいデザインです。
d0054704_02515100.jpg


























  今年は弊社メンバーのMさんも参加。
ハチマキを巻くのに苦労していたら、美しい赤坂芸者さんが手伝ってくれました。おー。
d0054704_0141866.jpg
























 上手くできないと、さらに師匠らしい方が交代してやってくれました。おー。
d0054704_0162359.jpg



























 Mさんの勇姿です。どやっ。
d0054704_0194674.jpg 




















 登場しました。松平健さん、もとい、吉宗公、です。(^_^)
 手前の女性のお小姓さんは、お馬さんのおシモのお世話係みたいです。(^^;;;
d0054704_0552411.jpg

by expresstax | 2016-09-20 23:24 | 相続・贈与  

防災訓練

 先週のこと、自宅マンションで、防災訓練がありました。
 これまでなかなか参加できなかったのですが、
 さすがに、30年以内には大震災が来る、とチマタで言われて、
 今年は参加することにしました。

 大規模なタワーマンションですので、防災対策も、規範となるレベルと思います。
 備忘のために、書いてみます。

 ☆  ☆  ☆

 朝10時。
 館内放送で、災害発生が告知され、
 「室内に待機してください。」のアナウンスがあります。
 日本語のあと、英語で繰り返されます。
 ゆっくりのキングスイングリッシュで、災害時は聞きやすそうです。(^_^)

 制震構造なので、ヘタに屋外に飛び出るより、屋内待機が原則です。
 ここが崩れるようなら、東京は壊滅、との前提です。

 次に、1階ラウンジに防災訓練の召集が掛けられます。
 非常時は、内階段で下りるのでしょうが、訓練では、エレベータで下りちゃいます。

 1回ラウンジには、数十人の住民が集まっていました。
 前に並んでいるのが、コンシェルジュさんたちと、ビル管理の防災担当さん、
 マンションの防災センターの担当者さんたち、警備員さん、業者さん、消防隊さんです。
d0054704_2271842.jpg























 チームに分かれて見学コースに行きます。

 東京消防庁の消防車の開陳、説明です。
 25kgという消防服(酸素ボンベを入れると更に数十キロ)の試着や、
 横・後ろの魔法の整理箱のような消防車をじろじろと見学させてもらいました。
 火事でない交通事故の時は、後ろの消防ホースを外して、金属断裁機などを登載するそうです。
 あの運転台に、乗りたかったです。。。(^^ゞ
d0054704_2294384.jpg























 中庭の池に設置された炎をめがけて、水を仕込んだ消火器で狙い撃ちします。
 意外に気持ちよく飛び、狙いは的中します。
 本番では、こうはいかないのでしょうが。(^^ゞ
d0054704_22154253.jpg






















 待望のヘリポート見学です。
 44階から階段を上って、初めて、本当の最上階に上がりました。

 正しくは、レスキューポートなんですね。
 ヘリポートは「H」のマーク付きで、5トンもあるヘリコプターが着陸できますが、
 レスキューポートは写真のような「R」のマークで、この上でヘリがホバリングして
 患者などを縄ばしごなどで、引き上げます。
 ホバリングだけでも、相当な風圧なので、このマーク付きのところでないとホバリングできないそうです。
d0054704_22235676.jpg 























 右手に、レスキューポートのナンバリング、
 左コーナーに+2とある(ボクが跳ねている後ろ)のは、
 通常の規模より+2単位大きいスペースを意味して、
 上空のヘリから、場所の視認と、ホバリング運転の目安にするのだそうです。

 お向かいのアークヒルズは、古いビルですが、成田ピストンのヘリポートがあります。
 片道3万円とかで、エルメスブランドのヘリが発着していますね。
 分譲マンションで、ヘリポートは少ないと聞きますが、
 ヘリの轟音を考えれば、当然なのでしょうね。
d0054704_22305098.jpg





















 最上階とあって、景色は抜群。
 事務所ビルは、手前の赤坂サカスに遮られて見えませんでした。(>_<);;
d0054704_2358897.jpg























 皇居方面です。
 事務所の執務室東側窓からの景色に近いです。
 ここからはスカイツリーも見えます。
d0054704_002016.jpg

























 この後は、地下集会場で、AED(自動体外式除細動器)の使い方の指導がありました。
 AEDとは、A:Automated(オートメイティッド=自動化された)、E:External(エクスターナル=体外式の)、D:Defibrillator(デフィブリレイター=除細動器)です。
d0054704_0371710.jpg

































 倒れている人を見たら、
1.声をかけて、肩を叩き、意識の確認。
2.大声で応援を頼んで、119番通報とAEDを探してもらうよう依頼
3.呼吸がなかったら、胸部圧迫。少なくとも5cm深く押さえ、100回/分は、かなり強く速いペースです。

 医療ドラマで、アメリカの映画の曲、”Staying Alive”(ステインアライブ)の、
 「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ステインアライブ、ステインアライブ♪」と怯える子供に歌いながら押させて、
 胸部圧迫の心肺蘇生に成功する、というのがあり、あんなペースかと思っていたら(^^ゞ
 もっと、全然速いです。
 
4.AEDが届いたら、電源を入れ、患者の上衣を脱がせ、電気パッドを右胸上と左脇腹に装着、心電図解析、
必要なら離れて電気ショック1回、すぐ胸部圧迫、人工呼吸、
 パッドに装着部の絵が描いてあり、音声メッセージが流れるので、慌てていても、使えるようになっています。

5.意識が戻ったら、回復体位を取らせます。
 回復体位とは、患者の身体を左を下にして、手足を伸ばして寝る体位です。
 胃の内容物の逆流による窒息防止なのだそうです。

 次は、マンションのベランダの隔壁を破ります。
 避難ばしごのないベランダから、あるベランダへ移動するためなので、
 ベランダの両側が、コンクリート壁の我が家は、見学に回りました。
 小学生君が、お鍋で隔壁をたたき割りますが、相当苦戦しています。
 この後、トンカチを使った弟君が、あっけなくブチ割り、お兄ちゃん、口惜しそうでした。
 トンカチの方が、力が点に集中するので、割りやすいのでしょう。
d0054704_047739.jpg
  






















 最後は、マンションの備蓄品の説明と試食会でした。
 500戸以上に1200人居住として、災害時には、一人当たり、
 ミネラルウォーター1.5㍑×3本、カンパン1缶、マジックライス2食、缶詰食品1缶が配布されます。
 これらが備蓄倉庫に保管され、期限切れの数ヶ月前くらいには、無料分配もされます。

 説明のあとは、マジックライス、つまりお水やお湯で食べられるご飯=ドライカレー・五目ご飯、チャーハン、
 缶詰食品=いわし蒲焼き・つくねタレの試食がありました。
 マジックライスは、そこそこおいしく、喉が渇かないように薄味がいいよね、とか、
 言い合いながら食べました。
 お水や備蓄品、防災用品は、自宅でも、事務所でも準備していますが、
 食品までは、期限の問題があり、なかなか揃えません。
 それに合わせて、こうした配給があると、安心です、が。。。(^^ゞ
 d0054704_0494717.jpg

by expresstax | 2016-09-13 23:56 | 提言  

小手ですが、よろしいでしょうか。そして和のコンサート

 このところ、
 「これまで大手税理士法人に依頼していたのだけど」
 という言葉から始まるご依頼とご契約が続いています。

 それぞれ、立派な会社様やお客様たちです。
 ありがとうございます。
 
 お客様が「大手税理士法人」とおっしゃる基準は、
 大人数の税理士法人の意味だったり、
 ネット上で「相続専門」を謳った大人数の法人の意味だったり、
 丸の内や大手町に事務所を構えた大規模法人の意味だったり、
 さまざまのようです。

 ホームページもない、
 広告もしていない、
 少人数で、
 メジャーな立地にもない、
 押しも押されもしない立派な「小手(こて?)」の弊社です。

 弊社は「小手」ですが、よろしいのでしょうか、と冗談交じりにお答えしています。

 本当は、現在の税理士法人さんに、ご不満の点を改めていただくのが一番いいのです。
 その点も、何度も、念をおさせていただき、アドバイスさせて戴きます。

 それでもやはり、ということで、顧問契約やコンサル契約に至る経緯は、
 現在の税理士の業界の問題が潜んでいるように思います。

 でも、尋ね訪ねて頂いて、ご依頼をいただいたからには、
 ご依頼をいただいた意味のあるように、お役に立たせて頂きたいと思います。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 ボランティアで伺っている赤坂の高齢者さんのアクティビティは、
 この日は、恒例、和のコンサートでした。
 三味線の組み立てのレクチャーや、笛の音色の違いなど、楽しく教わりました。
 演奏者は、全員芸大出身者さんたちです。すごいですね。
d0054704_214524.jpg




























 

by expresstax | 2016-09-12 23:07 | 税理士  

ハンコは委ねない、そしてキックオフ

 ご相続のお客様が遺産分割が完了し、名義変更を進め、
 分割協議書や相続税の申告書にご捺印いただき、
 納付書をお渡しして納税していただく、いよいよご相続も大団円です。

 と、女性のご相続人様たちが、実印を押捺する時に、
 我々に実印をお渡しになりました。
 いえいえ、ご自身で押して下さい、と印鑑をお戻ししましたら、
 びっくりなさっています。
 銀行などでは、印影が不明瞭ではいけない、と、行員さんにお預けすることが多いようです。

 ☆  ☆  ☆

 実印は、絶対に誰かに預けたり、代わりに押してもらったりしてはなりません。
 内容を確認して、ご自身で、確信をもって押すのが実印です。

 自分で押せば、文章をちゃんと読み、
 不明点は、作成者に質問し、
 不都合な箇所は、訂正を要求できるでしょう。

 印影明瞭に押すのは、慣れですから、
 自分でいつも押していれば、上手に押せるようになります。

 そうですか、と、相続人様は、
 ゆっくりと、しっかりと、見事に押して頂き、
 お互いに印影を確認なさってお喜びになりました。

 ☆  ☆  ☆

 女性はえてして、法律は苦手、契約書は難しくて、という方が多いようです。
 成人して自分の実印を持つようになっても、
 ハンコを押す場面では、人に頼り、また頼らせる専門家もいたのかもしれません。

 でも、ご相続の後、資産を承継し、活かし、管理し、発展させるのは、
 ご自身です。
 今後、ご自身やご自身の財産を守るのは、法律です。
 そして日本では、署名とハンコが、法律上のご自身そのものと扱われます。

 それは絶対に人に委ねてはいけません。
 税理士にさえ、委ねてはいけないのです。

 我々は、お側でこそ、ずっとお支えしますが、
 主人公は、お客様ご自身なのです。
 お客様が、ご自身の人生と財産の主人公となっていただくことなのです。

 ☆  ☆  ☆

 たくさんの、たくさんの大ハンコ大会でした。
 お疲れだったと思いますが、これで一段落。
 ゆっくりお休みくださいね。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 キックオフミーティングをやりました。
 このところ、ご新規の契約が立て続けで、どのキックオフがどの案件だったのか、
 ちょっと分からなくなっていますが、どうでしょう。

 久しぶりにニューオータニの鉄板焼きの石心亭さんに伺いました。
 ロゼシャンパンでガンバロー!の乾杯です。
d0054704_035511.jpg





















 石心亭さんは、ベテランのコックさんが多いのですが、
 今日は、若いコックさんが、テキパキとカッコいいパフォーマンスを披露してくれました。
 鉄板は230度だそうで、同じ方法で家庭でやっても難しそうです。
 ごちそうさまでした。
d0054704_0624100.jpg



 





















 井伊家から伏見宮家と継がれた緑溢れる庭園のお池には、
 大きな鯉、がまの穂、左下に蓮の花。
 のどかな時間です。
d0054704_0111313.jpg






























 

by expresstax | 2016-09-07 23:27 | 法律  

お客様のご相続、そして藪蘭

 お客様が亡くなられ、葬儀に参列しました。
 お具合がよろしくないと伺っていて、今年の暑さを心配していました。
 驚いて、一、二もなくお伺いしました。
 
 大きな斎場に多くの方々が、参列なさっていました。
 当初にお客様をご紹介下さった会社の社長様たちもご一緒くださいました。
 ありがとうございました。

 齢90歳で亡くなられたご当主様の以前のお写真が、会場に展示されていました。
 大きな土地の地主様であり、地域や檀家の役職でご活躍なさっていた頃の
 とても精悍なお姿は、まぶしいほどです。
 
 すがるように泣いていらした奥様のご様子に、胸が塞がりました。
 これからは、奥様と、後継者様たちと、手を取り合って、
 跡を継いでいただかねばなりません。

 ご冥福をお祈りしながら、我々も、
 お支え申し上げる決意を固めました。
 
 どうか、安らかなご冥福をお祈りします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの公開空地は、藪蘭が満開、一色です。
d0054704_1624378.jpg




























 可愛い紫の小花たちです。
d0054704_16272621.jpg

 
 

































 

by expresstax | 2016-09-02 23:20 | 相続・贈与