<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 この時期は、国税さんの新事務年度とあって、新発遣通達などが、ぼろぼろリリースされてきます。
 こちらは、追いかけるので、ふーふーいっています。

 ☆  ☆  ☆

 そんな中のひとつ、
、「『内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律(国外財産調書関係)の取扱いについて』の一部改正について(法令解釈通達)」」という長~い名前の通達と、
 
 でもこりゃ読みにくかろう、とちょっと分かりやすくしたFAQが出てきました。

 ☆  ☆  ☆

 中身を見る前に、そもそもの改正のプロセス、押さえておいた方がよさそうです。

 これまで、所得で2千万円超の、通称フローリッチの人は、「財産債務明細書」を提出してね、という制度がありました。

 その年12月31日現在の所有資産と負債の一覧明細書を、
 翌年3月15日までに確定申告書と一緒に提出しなければならない、とされていました。(所法232条)

 ところが、平成28年1月1日以後は、この所得税法232条は、ばっさり削除。

 そして、「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」(略して国外送金法)という、
 いわゆるクロボ(クロスボーダー=海外取引)税制に取り込まれました。

 ☆  ☆  ☆

 この改正を、そもそも条文で辿ると、ですね。

 平成27年3月法律第9号「所得税法等の一部を改正する法律」の中で、
 第1条の所得税法の改正のとこで、232条が削除されて、
 第11条で、国外送金法改正が、挿入されてるんです。

 この11条の中で、国外送金法1条の(法律の)「目的」を、

 それまでの「対外取引及び国外にある資産の国税当局による把握に資するため」を、
 「対外取引並びに財産及び債務の国税当局による把握に資するため」と、
 シャラっと替えてしまって、その6条の2で、「財産債務調書の提出」を新設しています。

 これまでのような単なる国内の所得税の手続の一部じゃないんだよ、というんですね。

 つまり、所得税でも相続税でも、全世界課税の仕組みをとっている日本での税金の体系を、

 国外も国内も、富裕層については、
 毎年末現在で、全世界の資産を全部報告させる、
 という制度に改組する、

 だからこそ、所得税法の一部にちょこんと入れるんではなくて、
 単に、クロボ税制の一部に並べる、というのでもなくて、
 統合して全資産を捕捉できるようにしたんですね。

 ☆  ☆  ☆

 そのため、
 国税当局が、国外財産だけでなく、国内財産債務の把握もしやすいように、
 国外分と、国内分の調書を作ることになります。

 提出義務があるのは、

 「国外財産調書」は、国外に時価5千万円超持ってる人、
  つまり、収入がなくても、国外に財産を持ってるストックリッチさんが対象。

 「国内財産調書」は、所得で2千万円超で、財産時価が3億円以上か有価証券等が1億円以上の人。 
  つまり、フロー&ストック両方リッチさんに限定、です。

 どう変わるのかな~、相続税申告並みに財産評価するのかな~、面倒だとやだな~、
 どこまでチェックされるのかな~、と
 心配なさっていたと思いますが、

 資産を持つ人にとっては、大事な制度改正ですので、
 ちょっと細かく、見ていきましょうか。

 と、今日は、ここまで。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 母校の高校野球の甲子園出場が決まりました。 
 去年に続いて、2年連続です。

 今季県内無敗を記録して、ノーシードの新設校さんとの決勝戦では、
 順当に勝ってくれたようです。

 ただ、甲子園までは、4年に1回のオリンピックベースで進むんですが、
 参加することに意義があるとばかりのオリンピック精神か、
 初戦敗退、なかなか進めません。
 地元では強いけど、外に出ると。。。というお山の大将です。

 でも今年はかなり調子がいいようですので、
 後輩諸君。
 ここは一番、がんばって、
 東京でモタモタやってるへなちょこ先輩に渇を入れてくれたまえ、ね。


















 

 
by expresstax | 2015-07-29 23:32 | 税制改正
 先日のお客様のご相談です。

 借入で賃貸マンションを建てれば、相続税対策となる、と、
 税理士さんの講演で聞いた。
 ついては、自分も、相続税対策を行いたい、
 そのためには、絶対に借入金が必要だ、と。

 都心の高立地のご自宅と既存アパートの建て替えをご検討とのことでしたが、
 ちょっと待って下さい。

 お客様は、まだ60代前半。
 これからの人生が、まだまだ待っています。

 ☆  ☆  ☆

 借入金と、資産の評価額と借家権借地権の減額の差額を利用した相続税対策は、
 税務専門家さんたちが、得意とするところですが、
 
 借入金はせめて20年くらいでは完済したいところでしょう。
 その頃には、建物は、中古要修繕物件です。

 税務専門家さんたちがいう、評価の逆ざや効果など、吹き飛んでいます。

 反対に、いくら相続税が少なくなるからといって、
 借入金を多額に残されたとしたら、
 後継者様から見れば、「親父、勘弁してくれよ!!」と悲鳴が上がるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 まだまだ、人生これからのお客様が、
 必要なのは、現在の資産を活かして、しっかり稼いで儲けて、
 充実した人生を送っていただくことです。

 その先の将来で、引き継げる資産と、引き継ぎたい後継者様のお気持ちがあれば、
 資産を再生産する仕組みを後継者様に引き継がせて差し上げること。

 でも、大事なのは、20年、30年後の相続税対策ではなく、
 20年、30年間の、ご自身のお幸せな人生です。
 
 まずは、ライフプランから描いていただいて、
 ご自身の幸せのために、資産の計画を建てることです。

 問題の筋道の順番を、ちょっとだけ原則に戻していただけるようにお願いします。
 それでこそが、我々がお手伝いする本領分野です。

 お客様は、借入金に、まだこだわっていらっしゃいましたが、
 もういちど、よくよく検討してください。
 そのうえで、ぜひ一緒に、がんばっていきましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 暑中見舞いをいただきました。

 すばらしい桃です。
 とても甘く、みんなでおいしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_22263614.jpg
















 いつもお世話になっている先生からいただきました。
 みんなでおやつにいただきます。
 ありがとうございました。
d0054704_2227355.jpg

























 ご相談のお客様からお土産にいただきました。
 お気遣いをいただき、ありがとうございます。
 さっそく取り組んで参りましょう。
 ありがとうございました。
d0054704_23191171.jpg


















































 
 
by expresstax | 2015-07-28 23:05 | 相続・贈与
 週刊東洋経済2015年8月1日号にコメントが掲載されました。
 「これからの相続」特集号です。

 特集全体をどのようにするかの取材をいただき、
 遺産分割の方法について、コメントを掲載していただきました。
 編集のY様、ありがとうございました。
d0054704_21434098.jpg


















 ☆  ☆  ☆

 お客様からお土産にいただきました。いつもの美味しい生クッキーです。
 財産改善、どんどん進めて戴き、とても嬉しく拝見しています。
 ありがとうございました。
d0054704_2212554.jpg



















 経営会議の際に、フルーツのゼリーをお持ち戴きました。
 お心遣いをありがとうございます。
d0054704_23222245.jpg
by expresstax | 2015-07-27 23:37 | パブリッシング
 東京税理士協同組合様の講演に伺いました。
 テーマは、相続対策です。
 
 もう第6弾、つまり6回目、最初の贈与の講演から数えると7回目です。

 新宿のエルタワー30階の会場には、
 猛暑の中、雷まで轟く中(>_<);;、多くの税理士先生方のご出席をいただき、 
 また、とても熱心にお聞きいただきました。

 休み時間と講演後には、多くの先生方がご質問とご相談をくださいました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ところで、講演の中で触れた、
 上場株式の譲渡損失と非上場株式の譲渡益の通算、
 上場株式の前年以前からの譲渡損失の繰越控除額を、
 当年の非上場株式の譲渡益から控除する点について、

 適用できないのではないか、とのご質問をいただきました。
 ありがとうございます。

 これは、現時点、つまり、平成27年12月31日までの譲渡については、可能なのです。

 ☆  ☆  ☆

 上場株式と非上場株式の譲渡損益の内部通算については、旧措法37の10、
 上場株式の繰越譲渡損失の、非上場株式の譲渡益からの控除については旧措法37の12の2、で、
 規定しています。

 確かに、平成25年度税制改正により、来年の平成28年1月1日以後の譲渡については、
 旧法では、株式等としていた規定を、
 一般株式等と上場株式等とに別区分し(新措法37の10、新措法37の11)
 内部通算ができなくなりますから、おっしゃるとおりになるのですが、

 これまで、そして、今年に関しては有効です。
 念のために、条文をもう一度、辿って頂ければと思います。

 国税さんのタックスアンサーでは、まだ現行法で説明されていますね。
 株式等の譲渡損失(赤字)の取扱い
 
 上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除


 現行法では、
  株式等=上場株式・非上場株式もごちゃまぜ
  上場株式等=上場株式等
 というくくりになっているのがわかりますね。

 ☆  ☆  ☆

 事業承継の局面で、
 後継者に、先代が自社株を譲渡するような場合に生じる多額の株式譲渡益について、

 過年度の上場株式譲渡損が繰り越されている場合には、
 今年中なら、差引計算ができ、
 来年以降は、一般株式等と上場株式等では、別区分され、内部通算アクセス不可となり、
 同じシチュエーションでも、アウトになってしまいますから、
 
 該当するケースでは、年内勝負となります。
 
 大事なポイントですから、よく確認していただけますよう、お願いします。

 ありがとうございました。
by expresstax | 2015-07-24 23:33 | パブリッシング
 賃貸不動産経営管理士研修の講演に伺いました。
 いつものように、税務の担当です。

 中央大学駿河台記念館の2階大会議室です。
 とても熱心にお聴きいただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講師控え室では、会場の様子が、リアルタイムで映されます。
 これは、前のコマの、建築担当の先生の研修の様子です。
 前から後ろから、監視カメラのように映されますから、
 受講生さんも大変です。(^^)
 はい、講師のこちらも、大変でしたが。(^^ゞ
d0054704_01543100.jpg
by expresstax | 2015-07-23 23:44 | パブリッシング
 全国賃貸住宅新聞2015年7月13日号に取材記事が掲載されました。
 
 テーマは、与党・自民党の「家族の絆を守る特命委員会」による、
 遺言による相続を対象に、相続税負担を軽減する「遺言控除」の新設を要望する方針についてです。

 同会委員長の古川俊治参議院議員は、
 同紙の取材に対し、
 「相続する資産額にもよるが公正証書遺言を作るのには、約10万円の費用がかかるため、作成に抵抗を覚える人が多い。遺言控除が遺言作成のモチベーションになればいい」と、
 増える相続争いの抑制のために、遺言作成を促進したい考えを示したとのことです。

 「家族の絆を守る特命委員会」は、
 非嫡出子(婚外子)の相続分を嫡出子と平等とする最高裁判決や民法改正を不満として、
 現在の婚姻制度を保護しようと結成されたものです。

 家族への素朴な愛情や想いは、誰しも疑うところはない感情でしょうが、
 とはいえ、各人の人生のあり方について、
 その人その人が、自分にとって幸せと思える人生を選択する自由と、その選択権は、
 必ず保証されねばならないでしょう。

 それをどのように位置づけるかは、法制度と政治制度のうえで、極めて根源的な問題です。

 単に遺言控除が税務上有利かどうかという問題に留めず、
 注意深く見守っていきたいと思います。

 ☆  ☆  ☆

 元赤プリの東京ガーデンテラスの建築工事が進んでいます。

 左が、東京ガーデンテラスのオフィス・ホテル棟、
 右のタワークレーン1機でがんばってるのが住宅棟です。
 オフィス棟や住宅棟にも、それぞれ名前がつくのでしょうが、
 まだ決まっていないのかな。
d0054704_2154536.jpg






















 ちなみに、建ち上がるとこうなるようです。
d0054704_215594.jpg






















































 
 
by expresstax | 2015-07-22 23:41 | パブリッシング
 先日、テレビで、「認知症は治る」という番組があり、録画しました。

 国際福祉大学の竹内孝仁先生の理論で、
 各自治体が取組始めているそうです。

 宮崎県小林市では、竹内理論の実践の結果、実に、認知症患者のうち89%が回復、
 それも、80%は、完全回復したというのです。(@_@)
 
 認知症予防に、減塩・禁煙・有酸素運動が効果があるというのは、以前ここにも書きました。

 でも、予防や、進行を遅らせることはできても、
 投薬などによらないかぎり、また投薬をしても、回復は難しいのかと思っていました。

 ところが、竹内理論によれば、
 水+食事+運動+排便を励行することで、
 徘徊や妄想・暴力・異食などの認知症の症状に効果があり、

 特に、摂水が重要であるとされています。
 小柄なご老人でも、1日1.5リットル以上飲むことだそうです。

 テレビ番組では、徘徊で屋根にまで登ったりしていたおじいさんが、
 摂水やマシントレーニングを続ける中で、めきめきと回復し、
 今では、ケアセンターで、他の認知症患者さんの摂水の記録係を務めるようになったと紹介されていました。

 8割の完全回復というのは、すごい記録です。番組で、竹内先生は、半年あれば回復できると語っていました。

 もしこれが本当にできるのなら、
 その半年は、介護者さんたちのお手間は大変でしょうが、また、そのために負担の増加を嫌った介護業界からの批判もあるようですが、
 将来は、劇的に、財政負担の軽減になるでしょう。

 現在の増税の理由は、社会福祉なのですから、
 日本の財政回復のためにも、もっと研究していただいて、
 この介護が進んでいければと願います。

 このところ、認知症問題や基礎体力作り、熱中症対策について調べてきて、
 キーワードは、これですね。

 水を飲もう!

 あ、自分は今は、毎日ほぼ2リットルくらい、飲んでいます。(^^ゞ
 え、それでも、その程度か、って?
 はい。。。。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 先日来、お野菜を下さっているお客様から、また追加のお野菜が届きました。
 ありがとうございます!

 たっくさんのトマトと枝豆です。
 ご当主様の愛情をいっぱい受けて、つやつやです。
d0054704_355077.jpg
 

































 たっくさんのキュウリです。これで全体の半分です。
 曲がったのは、別品種だそうで、とてもおいしいです。
 ありがとうございました。
d0054704_3563758.jpg

by expresstax | 2015-07-21 23:21 | 提言
 ご相談のお客様から質問をいただきました。
 ありがとうございます。

 親御様が遺言を書いたかどうか、調べられるだろうか、というものです。

 自筆証書遺言は無理ですが、公正証書遺言と秘密証書遺言なら、
 全国の公証役場のどこで作ったものでも、
 全国のどこの公証役場からでも、検索ができます。

 でもそれは、遺言者が亡くなって、相続人様が、遺言があるかないか、わからないときです。
 相続人であれば、検索依頼ができます。

 でも、推定相続人様とはいえ、遺言者がご存命のときに、検索依頼ができるのか?
 公証人先生に聞いたら、「そんなの、親に聞きゃいいじゃない」とでも言われそうです。

 はい、答えは、本人存命中は、本人以外は、検索不可、です。

 でも、なぜ、こんなご質問が出たかというと、
 もう、親御様が認知症になられて、意思能力喪失、
 後見人が立てられているからです。

 したがって、後見人であれば、検索依頼が可能とのことですから、
 お願いしている専門職後見人の先生に、頼んでみましょう、ということになりました。

 大変ですが、ひとつひとつ、確認して進めていきましょうね。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお中元をいただきました。
 ありがとうございました。

 ブールミッシュのガトーオーガナッシュの詰め合わせをいただきました。
 いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。
 みんなでおやつにいただきます。ありがとうございました。
d0054704_6291969.jpg
















 お土産にシュークリームをお持ち下さいました。
 お気遣い、ありがとうございます。今後とも、力を合わせて参りましょう。
d0054704_6303016.jpg















 冨士桜高原麦酒をお送り頂きました。
 貴重なものを、いつもほんとうにありがとうございます。
 暑気払いに、いただくようにします。ありがとうございました。
d0054704_6324136.jpg













 

 
 
by expresstax | 2015-07-17 23:12 | 相続・贈与
 月刊税理平成27年7月号で、
 「9号買換の改正と適用対象地域の判断ポイント」と題した論稿を掲載していましたが、

 地域について、ご当地の読者の先生からご指摘をいただきました。このブログも読んでいて下さっているとのことでした。
 申し訳ありません。そして、ありがとうございます!
 
 古い法律や地図を元に、データをアップツーデートしていくことは、
 お役所も、とても大変なのだと思いますが、
 改正地域再生法でも同様に地域指定されるので、
 ここは一番、内閣府さんとか、どこぞのお役所が「現時点版」を作ってくれないものかしらん、
 と思っています。
 
 それまでは、叩き台として、思い切り叩いていただいて、
 読者の先生方と力を合わせて、アップデート版を作っていければ、
 とても嬉しいです。
 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様が、経営会議の際に、招福キャッシュボールペンをお土産にお持ちくださいました。
 なんと、ボールペンの軸に、本物の紙幣の裁断片(シュレッド片)が入っています。
 財務省さんの売店で限定販売なのだそうです。
 さっそく接客室に、お客様用ペンとして置かせて戴きます。
 貴重なものをありがとうございました。
d0054704_67961.jpg





















 一緒にお持ち下さった銀座木村やさんのパンです。
 ありがとうございました!
d0054704_6846100.jpg
































 
 
by expresstax | 2015-07-16 23:41 | パブリッシング
 一昨日の講演をお聴き戴いたプロの方からご連絡をいただきました。
 ありがとうございました。

 講演の中でお話しした相続税の大衆課税化の影響についてです。

 講演で強調させていただいたのは、
 特に、遺産額が少ない状況にもかかわらず、期限内に遺産分割と申告を間に合わせなければならない、
 しかし専門家に多くを払ってお願いすることもできない、という「新たな課税層」の方々の問題です。

 相続税がかからなければ、とりあえず、時間の制約がないため、それなりにじっくり検討することもできるでしょう。

 しかし、それまで民法や税法に触れる機会が持てなかった多くの相続人様にとって、
 相続税の申告期限という時間制限の中で、
 遺言の執行や遺産分割など法的手続と税務申告・納税を行うという課題を遂行しなければなりません。

 「相続専門」「低報酬」を謳うプロが、どこまで時間を割いて手間暇かけて、お世話してくれるのか。
 
 例えば、えいやっ、で、不動産を全部、共有にしてしまう遺産分割、
 債務や、残された母上の介護や、身体の弱い子の生活の手当を考慮しない遺産分割、などなど。

 これまでも、やっつけ仕事の専門家のお仕事の後始末が、たびたび弊社に持ち込まれてきました。
 講演でお話しした「共有=共憂」問題は、その最たるものです。
  
 今後、相続税の大衆課税化といわれる中で、こうした問題があちこちで噴出するのは、
 目に見えています。

 資産運用のコンサルタントさんたちが積極的に相続問題に取り組んで、
 お客様が後顧の憂いないように、問題解決していけるよう、
 直接間接に、ぜひにともお力になって差し上げていただけますように、
 お願いしたいと思います。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお中元をいただいています。
 お心尽くしを、ありがとうございます。

 とても可愛い、お菓子とお花のアレンジメントの花かごをいただきました。
 事務所がパッと華やぎました。ありがとうございました。
d0054704_22261625.jpg




















 最中タイプのお吸い物のセットをいただきました。
 お弁当と一緒に、みんなでおいしくいただいています。ありがとうございます。
d0054704_2221324.jpg

















 宇治の玉露とお煎茶をいただきました。
 いつも、ご配慮をありがとうございます。
d0054704_22224898.jpg
























 尊敬する先生から、ビールとジュースの詰め合わせをいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_22235336.jpg
















 お取引先様から、今治のタオルをいただきました。
 お心遣い、ありがとうございます。
d0054704_22274512.jpg


























 これは先日カタログでいただいて、選んだメロンと、いただいたブドウを
 おやつにいただいたときの写真です。ありがとうございました。
 バックの汚いのは、私の机のデスクシートです。(>_<);;
d0054704_22303090.jpg
by expresstax | 2015-07-15 23:52 | 相続・贈与

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax