<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

時代錯誤の金融機関の相続手続、そしてシクラメンをありがとうございました。

 ご相続の名義変更の手続きを進めていますが、
 金融機関関連の話です。

 しばらく前迄は、預金や有価証券の名義変更の手続きについて、
 各支店窓口担当だったので、
 そもそも、「相続」という言葉が通じかったり、
 残高証明書というと、企業さんの決算用と同じに月末現在で作成されてしまったり、
 戸籍謄本や関連書類の必要数や、取扱が、担当者さんごと、バラバラだったり、
 混迷を極めていました。

 さすがに、高齢社会に突入して、亡くなる方が激増して、
 この数年は、各金融機関さんは、「相続センター」を設置。

 支店窓口には一切手を出させないで、相続関連は、相続センター直結、
 証券会社さんなどは、「相続キット」とかの冊子を、
 連絡すると、さくっと送ってきて、すぐ手続着手、
 戸籍謄本も、たくさんの通数をとらなくても、
 原本を見せれば、確認のうえ、コピーをとってその場で返却。
 口座名寄せ調査、残高証明書の発行から、名義変更のための分割協議書書式等々、
 かなり、合理化されました。

 そもそも、被相続人様とおつきあいしていた金融機関さんからすれば、
 相続手続により、新たに、相続人様とのおつきあいが始まります。

 ここは一番、相続人様のご事情に合わせて、スピード処理で便宜を図ることで、
 相続人様に安心していただき、気に入っていただき、
 次の取引にも繋げようというビジネスチャンス。
 これを逃すテはないはずだからです。

 それでも、各金融機関によって、書式はバラバラ、手続システムもバラバラ、
 多くの金融機関取引の残高証明取得や、名義変更を一斉に進めなければなりませんから、
 これも何とかならないかしらん、と思いつつ、
 まあ、昔より、マシですから、とお客様と慰め合っていました、ところ。
 トンデモ金融機関が登場しました。

 手続は、全部、営業担当者経由でなければならな~い、
 その営業担当者さんは、相続手続は初めてとのことで、
 入口からもたもたと、タイムロス。
 戸籍謄本は、原本を提出せ~い、返却は不可であ~る、
 どうしても返してほしければ、手続終了後に返却するから、
 ウチの手続は、最後にすべ~し、との、
 石器時代のような証券会社です。
 大手資本の冠をかぶって、しかし、この時代錯誤です。

 初めは他行との違いにとまどっていらした相続人様も、途中からご立腹。
 もう、解約直結です。 

 申請時点で現物確認をして、写しをとったら、
 金融機関にずっと原本を留め置く必要はないだろうと、
 お話しをしても、「そうなっている」の一点張り。
 交渉の末、全手続を2日で完了させて、返却してくることになりました。

 が。
 賢くないなあ、と思います。

 というより、賢いか賢くないか別として、

 ここは、金融庁さんか、銀行協会さん、証券業協会さんあたりが音頭をとって、
 相続手続関連一式の統一書式でもつくって指導して、
 各金融機関に徹底したら、よほど、生産性があがるのではないでしょうか。

 年間死亡者数は激増の一途。
 なんとか、考えてほしいと思うのであります。(-_-)b

 ☆  ☆  ☆

 お客様が、今年もシクラメンを贈って下さいました。
 素晴らしい彩りが、事務所を明るくしてくれました。
 ありがとうございました。
d0054704_1054834.jpg

























 
 
 
 
by expresstax | 2014-11-28 23:22 | 相続・贈与

クリスマスツリー点灯!

 事務所のクリスマスツリーをメンバーが飾ってくれました。
 光ファイバーが点灯すると、玄関口が鮮やかになりました。

 今年も、チョコサンタさんもオーナメントに仲間入りしました。
 チョコサンタさんは、「福サンタ」として、ご来所くださるお客様にもらわれていきます。
 
 この日も、お客様とご一緒に小学生のお孫様が来所なさいました。
 お菓子の詰め合わせをお土産に、帰りには、しっかり福サンタさんをお持ち戴きました。
 (実は、先に帰られた取材の記者さんには、渡しそびれてしまいました。すみません。)

 今年も、ご来所下さるお客様に、お幸せをお持ち帰りいただけますように。
d0054704_117699.jpg
 

































 弊社赤坂センタービル1階ロビーにも、大きなクリスマスツリーがそびえています。
 公開空地とその向こうの豊川稲荷の紅葉を窓にして、美しいロビーです。
d0054704_1205414.jpg























 大きいですねー。
d0054704_1585454.jpg
by expresstax | 2014-11-27 23:09 | 事務所

平成27年度税制改正大綱は1月9日予定

 国会解散総選挙で進行していた税制調査会がストップ。
 12月上旬に予定されていた平成27年度税制改正大綱の決定は、
 平成27年1月9日になるそうです。

 実は1月10日に予定していた講演で、
 主催者様から平成27年度税制改正についての報告を希望されていましたので、
 大綱決定の前後で、どうなるかとハラハラしていました。
 途中である程度は公表されるので、それなりの見通しはつきますが、
 こうなるでしょう、なんて天気予報をしても、意味がないからです。

 とはいえ、前日の決定とは。

  平成27年度税制改正大綱は、
 法人税・所得税の課税ベース拡大=増税が、どこまで入るか、入らないのか、がポイントと聞いています。
 相続税・所得税の増税は規定路線としても、
 贈与税の緩和が、これも、どこまで入るのか、入らないのか。

 流れを見守りましょう。

 ☆  ☆  ☆

 
 
by expresstax | 2014-11-26 23:07 | 税制改正

遺産分割協議は長丁場、そしてプルデンシャルタワーのクリスマスツリー

 ご相続人様たちにお集まりいただき、遺産分割協議を行って戴きました。

 ほぼ、協議内容は議論を尽くして、最終確認です。
 我々は、アテンドして、サポートします。
 午後から始まって、終了は、なんと夜9時過ぎ。

 海外ご赴任の相続人様に一時帰国していただいて、
 この日に完了しなければならないという至上課題があったからです。

 議論は、国内在住の相続人様が中心となって取りまとめ、
 全員CCメールで、絶えず情報を共有化しながら、進めてきましたから、
 内容は、全員ほぼご了解済みなのですが、

 改めてご遺産内容のご説明や、各資産の評価方法、
 ご選択いただかねばならない論点を報告し、検討していただきます。

 限られた時間であっても、
 徹頭徹尾、ご説明申し上げて、全員様によくご理解、ご判断いただかねばならないからです。
 これがおろそかになると、後日、ご相続人様が承継財産を抱えて、
 とまどってしまうことになります。

 相続とは、単にご遺産を取得していただくことではなく、
 取得したご遺産を、各人が、所有者としてさらにまた、発展させていただく道筋を作ることだからです。

 時間の途中には、金融機関の担当者さんに入って戴いて、
 免責的債務引受の手続を行って戴きます。

 弊社会議室は、椅子を増加して、満杯です。
 それでも、皆様は、きちんと説明を聞き、ご納得いただいてからは、
 大ハンコ大会です。

 債務や抵当権変更関連の書類が完了して、金融機関さんがお帰りになると、
 遺産分けの内容の最終確認のうえ、財産目録を仕上げて、分割協議書、
 さらに、各金融機関や証券会社さんの書類が山積み。
 それぞれに、署名、捺印を、バケツリレーよろしく、
 書類リレーでまた、大ハンコ大会です。

 書類を完成させて写しをいただき、完了と言いたいところですが、
 ご相続人様たちは、これで終わりません。

 承継したご資産の今後の整理や費用負担・毎年の税金等々、
 検討が始まります。

 弊社が予め準備していた、たたき台試算をもとに、対策をご提示しました。

 これについても、最後に選択や合意をいただき、
 最後の大ハンコ大会を展開して、完了となりました。

 ☆  ☆  ☆

 相続の手続はもちろん重要ですが、
 ご相続人様達にとって、最も関心が高いのは、今後のことです。
 
 ご家族やご家族のご資産の発展への途上で、
 相続は、その一つのプロセスに過ぎないともいえます。
 そのレールを、無事に安全に敷かねば、「相い続く」ことはできません。

 大変長い時間を、皆様が、よくがんばって下さいました。
 お疲れだったと思います。
 どうか、今日は、ゆっくりお休み下さい。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 夜、遅くなってしまってからの、外堀通り。
 プルデンシャルタワーのクリスマスツリーが、寒気の中で、
 ビルのガラスに、映り込みながら、煌煌と輝いていました。
d0054704_131639.jpg  































 
by expresstax | 2014-11-25 23:34

お客様セミナー開催!

 事務所のお客様セミナーを開催しました。
 会場は、ホテルニューオータニのザ・メイン16階の、
 オータニの庭園と赤坂御用地を一望し、お向かいに弊社執務室も見え、
 晴れた日には、富士山が正面に見えるという会場です。

 今の体制になって初めての事務所セミナーですから。
 ホテルの宴会場担当者さんやお花屋さん、講師の先生と、細かく打合せのうえで臨みました。
 司会は弊社藤森税理士、冒頭ご挨拶は代表松木税理士、受付は古笛さんが担当です。 
 
 ご招待申し上げたのは、弊社顧問先様と、設立以来、弊社にご支援下さっている方々です。
 1時間も前からいらしたお客様もいて、全員お揃いいただき、感激しました。

 セミナーは2部構成です。

 第1部は、医師であり、住職でもあられる與芝眞彰先生の
 「医師として僧侶としてー高齢者医療への提言と事業の承継」です。

 與芝先生は、世界的な肝臓病専門医として昭和大学附属病院長や東京高輪病院長を歴任され、
 高輪松光寺第二十世住職としてご活躍中ですが、
 名高いB型肝炎訴訟で、患者原告団が当時の厚生省を相手取って、地裁敗訴だったところ、
 與芝先生の意見書により、高裁で逆転勝訴、最高裁勝訴へと繋がったことは、つとに有名です。
 
 今回は、高齢化社会での医療の問題だけでなく、
 医師そして僧侶としてのお立場から、手腕を振るわれている病院経営改革や寺院経営改革、
 ご自身が、医師であり住職であったご先代先生から同じ立場を引継ぎ、
 さらに、お子様が、それぞれ住職に、医師になられ、
 事業家業の承継を見事に成し遂げてこられた経緯についても
 我々が心配してしまうほど、詳しくお話しくださいました。
 ありがとうございました。

 休憩時間には、ホテル自慢のケーキとお茶でくつろいでいただき、
 第2部は、飯塚が「相続税増税を控えて相続対策としての任意後見・信託と一般社団法人の活用」について
 ご報告しました。

 後見や信託、一般社団など、相続対策として極めて重要かつ有効ですが、
 法制度が走り始めながら、刻一刻その取扱が変わってきています。
 お客様にご活用いただくにあたってのご理解をいただくよい機会と思い、
 弊社の業務での、様々な実務の蓄積から、
 一般の場ではお話しされにくい部分も含めて解説させていただきました。

 セミナーの途中から雨が降り始め、傘のご用意をさせていただき、
 お花のお土産をお持ち戴きました。

 最初のセミナーではありながらも、
 お客様が、とても暖かく、熱心にご参加くださり、
 とても感動しました。

 不行き届きが多々あったと思いますが、
 また経験を積み重ねて、より良い場をご提供できるように、努力していたきたいと思います。
 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 会場までお土産をお持ちくださったお客様がいらっしゃいました。
 お気遣いをありがとうございました。
d0054704_16373169.jpg



















 ヌーボーをお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
d0054704_16423827.jpg



 
 












 
by expresstax | 2014-11-20 23:34 | パブリッシング

土地保有特定会社の判断基準、そして冬桜

 講演の際にご質問をいただきました。
 ありがとうございました。

 タイムリーでしたので、週刊ビル経営さんの平成26年11月17日号のコラム税務Q&Aに掲載してもらいました。

 ご質問は、ウチの会社の株式評価について、顧問税理士から、
 土地の割合が50%以上だから、土地保有特定会社となり、
 株価が高額となると言われてしまった。
 何か良い方法はあるか、というものです。

 ええと、それはちょっと誤解です。
 土地保有特定特定会社は、大会社でも、土地の割合が70%以上の場合に該当し、
 小会社は90%以上で特定の場合に該当するだけです。
 土地割合が70%未満であれば、いずれにせよ非該当です。

 株式保有割合は50%以上で判定しますから、それとの勘違いかもしれません。
 顧問税理士の先生に、もう一度、よく確認してみてください。
 
 また、特定会社に該当し、相続や贈与が近い場合は、
 資産構成を見直すなどが望まれます。

 ただ、不自然な借入などで合理性のない資産取得をして割合を薄めるような希釈行為をすると、
 国税さんから租税回避と認定されることもありえますから、注意して、
 会社の健全な発展を計画化してください。

 ☆  ☆  ☆

 もう少し詳しく書くと、

1.土地保有特定会社
 会社の資産のうち土地がほとんどの会社の自社株評価は、
 土地を直接保有しているのと同様に考え、
 純資産価額方式で評価します(財産評価基本通達189-4)。

 都心部の社歴の長い不動産所有法人の場合、一般的に高額な株価となるでしょう。

 土地の割合がほとんどかどうかは、
 「土地等の相続税評価額÷総資産の相続税評価額」の割合で計算し、
 会社の規模ごとに、次のように判定します。
  (1)大会社 70%以上
  (2)中会社 90%以上
  (3)小会社(ビル貸付業の場合)
   ①総資産価額10億円以上  70%以上
   ② 〃   5千万円以上   90%以上
   ③5千万円未満        特定会社とならない

2.株式保有特定会社

 会社規模にかかわらず、
 「株式の相続税評価額÷総資産の相続税評価額」の割合50%以上の会社は、
 会社の資産のうち株式等がほとんどの持株会社に近いと考え、
 S1+S2方式と呼ばれる評価額と、純資産価額方式のいずれか低い額で評価します。
 (財産評価基本通達189(2))

 S1+S2方式とは、
 S2で株式や配当金のみを純資産価額で評価し、
 S1でその他資産を類似業種方式等を加味した原則方式で評価し、合算する
  という修正方式による計算をいいます。

 平成25年の吉野工業所事件の納税者勝訴で、
 大会社はそれまで25%以上で株式保有特定会社になっていたのが改正されたものです。
 
 故田中角栄さんの相続の際に、
 子会社所有の土地の評価が低すぎると認定されて、
 親会社の株式割合が25%の壁を突破して、
 その親会社株を持っていた角栄さんの相続税が大激増した、
 なんて話題も過去にありました。

3.特定評価会社に該当する場合の対処法

 土地保有割合がたまたま、71%であるなどの状況で相続が開始すると、
 上記のような高額な自社株評価を受ける事態となります。

 自社株価の評価方式については、各事業年度、十分気をつけて経営を行う必要があります。

 例えば、土地保有割合や株式保有割合が高い場合は、
 借入等でも他の資産を取得すれば、保有割合は下がります。

 しかし一方、贈与や相続の予定もないのに、自社株価のコントロールのために、
 必要もないものを取得したり、無理な借入等を継続して金利をダダ漏れさせたりは、
 賢明とはいえません。

 あるいは、贈与や相続の直前に、ドタバタっっと、不自然に資産構成を変えても、

 国税さんは、小手先でイジって税逃れしようとしてもダメだぜ!と、

 「課税時期前において合理的な理由もなく評価会社の資産構成に変動があり、
 その変動が特定評価会社と判定されることを免れるためのものと認められるときは、
 その変動はなかったものとして当該判定を行うものとする。」
と、

 がっつり書いています。(財産評価基本通達189)

 税理士先生に、よくご確認とご相談のうえ、堅実な自社株対策をしてください。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 そんな人間界のナマいお話しとは関わりなく、
 赤坂見附の交番脇の冬桜が、寒風のなかで、今年も咲きました。
 また、会えたね。がんばるね。
d0054704_012744.jpg




























 
by expresstax | 2014-11-19 23:25 | 自社株

消費税10%は平成29年4月に、衆議院解散総選挙に

 消費税10%は平成29年4月に、衆議院解散総選挙へと、安倍首相の発表がありました。
 消費税再延長はなく、景気判断条項も付さない、とのことですが、
 これで、平成24年度の消費税制改正については、書き直されることになります。

 通常なら12月上旬には、税制改正大綱で平成27年度改正の方向が出されるのですが、
 解散総選挙ということで、どうなるでしょうか。
by expresstax | 2014-11-18 23:29 | 税制改正

お客様の取引への立会、そしてクリスマスツリー

 お客様の不動産売買のご契約に立ち会いました。
 
 売主会社の役員さんたち、仲介業者さんたち等ずらりと並んで、こちらは買主です。
 
 重要事項説明書の読み上げ、売買契約書の読み上げが丁寧に続きます。
 昨今は、重要事項説明書等の記載事項が、コンプライアンス重視の中で、
 大変に詳細に規定されるようになりました。

 土壌汚染調査など、一つ一つが仲介業者さんの業務として義務づけられて、
 例えば土壌汚染は、過去の住宅地図履歴から調査したりするんですね。

 立会ということで、税理士として意見を述べたりもしますが、
 でも、勉強になることの方が多いです。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 自宅マンションエントランスのクリスマスツリーが、今年も飾られました。
 エントランスロビーは天井高9mですから、
 ツリーの大きさがわかります。
d0054704_2144280.jpg


















 これは、ツリーのセッティング中にたまたま通りかかったときのもの。
 プロの人たちが数人がかりで組み立てていました。
d0054704_2153754.jpg















































  
 
by expresstax | 2014-11-17 23:42 | 税理士

ビル経営者協会様講演、そして渋谷の再開発

 ビル経営者協会様の講演に伺いました。
 テーマは相続税対策です。

 多くのビルオーナー様達がご参加下さり、とても熱心に聞いて戴きました。
 ありがとうございました。

 講演の後は、会員の皆様の懇親会にお招きいただきました。
 渋谷のロゴスキーさんです。
 美味しいロシア料理とワインをおなかいっぱいいただきました。
 ありがとうございました。

 この渋谷東急プラザも、再開発で来年(平成27年)3月には取り毀しにかかり、
 その前に、この正面にある東急東横店南館も消滅するとのことでした。
d0054704_081842.jpg 
















 来年3月までの命の渋谷東急プラザです。
d0054704_091143.jpg


 

 












 渋谷で開業し、桜ヶ丘→道玄坂と移転しながら、15年間も渋谷でお世話になりました。
 立ち退き移転した最後の事務所ビルは、建て替えられ、現在は東急さんの渋谷プレイスになっています。
 どんどん、様変わりしていきます。
 感無量です。
by expresstax | 2014-11-14 23:58 | パブリッシング

社内研修、そして国立演芸場

 今月の社内研修は、弊社Kさんによる「ちょこっとだけ英会話シリーズ」と、
 日本税理士会連合会の「社会保障・税番号制度」マルチメディア研修です。
 講師は青木丈先生たちです。

 ホワイトボードをスクリーンにして、プロジェクタで映写しましたが、
 日税連の画面は、拡大等ができず、ちょい不便です。
 でも、これからも、所内研修で大いに活用しましょう。
d0054704_0425193.jpg
















 ☆  ☆  ☆

 港区の皆様と国立演芸場に行ってきました。
 国立劇場の反対側が演芸場です。
d0054704_0343426.jpg




















 演芸場の中は、とても綺麗です。
 思いっきり大笑いしてきました。
 笑うのも、拍手するのも、芸人さんへの応援になります。

 テレビで名の売れた芸人さんの媚びを売るかのテレビしゃべりの高座より、
 テレビ露出のない芸人さんたちの体当たりの歯切れのいい高座が、観客をぐいぐい引っ張ります。
 素晴らしい!唸ってしまいました。
d0054704_0332318.jpg 























 事務所へのお土産は、人形焼きと演芸場名入りのお酒です。
d0054704_0371292.jpg
by expresstax | 2014-11-13 23:17 | 研究


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧