税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 日経新聞の水曜日朝刊には、M&Iという特集があります。
 松木飯塚ではありません。(バキ) 「マネーアンドインベストメント=お金と投資」です。
 6月25日号は、相続税の小規模宅地の減額特例の特集ということで、
 取材記事を掲載していただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 最近、バタバタしていて、あまりブログに書けずにいますが、
 もうちょっと、がんばります。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの緑のアプローチ部分に大きくぎゅーんとネギボウズ風のつぼみが伸びてきました。
 6月10日の状態です。
d0054704_1162379.jpg


















 開きましたね。はい、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)です。
 「アガパンサス」ともいうそうです。ギリシャ語で、「可愛い花」という意味だそうです。
d0054704_122532.jpg 
























 公開空地の庭園にも。こちらは白です。白い紫君子蘭って。。。
 向こうに紫もありますね。
d0054704_03531950.jpg


by expresstax | 2014-06-25 23:29 | パブリッシング
 賃貸不動産経営管理士研修のDVDを協議会さんから送っていただきました。
 先日、スタジオ収録したものです。
 ありがとうございました。
 あ、これは講演会場でのDVD研修用のですから、非売品です。(^^ゞ
d0054704_18342097.jpg

 

















 ご相談が続きます。
 遠方からはるばるご足労をおかけします。
 ありがとうございました。
 お疲れだったと思います。
 東京でゆっくりなさってくださいね。
















 
by expresstax | 2014-06-20 23:22 | パブリッシング
 先日ここでも書いた消費税増税の転嫁違反対策。
 公正取引委員会がパリミキを初め、違反企業の公開まで始めていますが、
 今日、その取組状況をのレクがでました。

 公取は、平成25年度に20万社への大規模書面調査実施、
 指導件数1,232件、勧告件数1件(これはパリミキですね)。
 
 経産省は、転嫁Gメン(転化対策調査官)を全国に474名配置、
 公取と合同書面調査15万社。
 小売り事業者等を、転嫁Gメンがパトロール。

 次の10%への増税もあるので、ここはビッチリ押さえておこう、という意気込みですね。

 ☆  ☆  ☆

 以前お世話になった金融のプロがご挨拶にきてくださいました。
 金融周りの驚きの状況もお伺いしました。
 そうだったのですか!!
 六本木の栄むらさんの狸だんごをおもちくださいました。グルメですね。
 ありがとうございました。
d0054704_025481.jpg
by expresstax | 2014-06-19 23:50 | 消費税
 平成26年6月6日、行政不服審査法関連三法案が参議院で可決・成立しました。

 50年ぶりの改正だそうです。
 これにより審査請求期間が現行の60日から3ヶ月に延長されます。
 また、納税者の選択により「異議申立て」を経ずに、直接「審査請求」が可能になります。
 国税関係で審査請求する事案は少ないかもしれませんが、

 固定資産税の評価額の審査請求期間も3ヶ月になりますから、
 これは大きいですね!!

 公布日(国会での成立後、官報公示日)これから2年内に施行されるそうですが、
 5年たったら見直し、なども盛り込まれています。

 行政関係で、手続の簡明化、納税者有利に進むのはウェルカムですよね。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお土産をいただきました。真っ赤なフルーツトマトです。
 ありがとうございます。
d0054704_0183095.jpg


















 黒大奴という貴重なお菓子をお持ちいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_15544528.jpg





















 クッキーのセットをお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
d0054704_0202234.jpg




























  
by expresstax | 2014-06-17 23:22 | 法律
 消費税増税についての転嫁違反、公正取引委員会が実名で違反企業を公表したんですね。

 以下yomiuriネットからです。
=========================
 眼鏡販売店の「パリミキ」や「メガネの三城」を展開する三城(東京)が、一部の店舗の賃借料に消費増税分(3%)を上乗せしないよう貸主側に通知したとして、公正取引委員会は12日、消費税転嫁対策特別措置法に基づき、増税分の支払いや再発防止などを勧告した。

 公取委によると、同社は昨年10月、店舗の賃貸借契約を結んでいる607事業者のうち、賃借料を消費税込みで契約していた37都府県の127事業者に対し、今年4月の増税後も賃借料を据え置くよう文書で通知した。増税分は貸主側の負担となるため、公取委は同社の通知が、同法で禁じる大規模小売業者による消費税の転嫁拒否(買いたたき)にあたると認定した。

 同社からの通知に応じなかった6事業者を除く121事業者の賃借料は、月額計約5000万円で、貸主側の増税分の負担は計約150万円に上るという。
=========================

 3月払いの4月分家賃を、増税後(8%)とすべきを増税前(5%)と誤解したり、とのてんやわんやは、
 ここでも取り上げたことがありましたが、
 37都府県の127のビルオーナーに家賃据え置きを強要するというのは、
 そもそも消費税転嫁対策特別措置法の特定供給事業者が資本金3億円以下など
 弱者を基準にしているのですから、会社ぐるみであるのは歴然でしょう。

 勧告を受けたのは、眼鏡事業の(株)三城であり、持株会社三城ホールディングスの子会社です。
 上場持株会社へのファイアーウォールが働いてはいますが、
 同社の税務顧問や監査法人が相談を受けていたら、忠告するのは当然ですから、
 勝手に会社がやったのも見え見えです。

 
 来週17日には、山形市立病院済生館が、医療用品の取引業者に対する転嫁法違反で
 公取の勧告を受けるそうです。

 転嫁Gメンが積極的に調査しているそうで、
 コンプライアンス=法令遵守時代です。

 
 東日本大震災が起きるや
 ビルオーナーである弊社のお客様に
 速攻、家賃半額を通知してきた火事場泥棒のような上場企業がありましたが、
 もちろんオーナー様は、決然と蹴って、そのままで終わりました。

 パリミキでも、泣き寝入りしたのが121事業者にしても、
 6事業者が応じなかったとありますから、
 それがせめてもの救いですね。

 ☆  ☆  ☆

 今日ではないのですが、故桂宮様のご記帳に伺いました。
 徒歩1分で行けそうでしたので。
 赤坂御用地に入るのは初めてでした。
 皇宮警察の警官が、バッキンガム宮殿の衛兵のように微動だにせず直立警護していたのが印象的でした。
 中の写真は撮れません。、
d0054704_0262857.jpg



















 ☆  ☆  ☆
 
 それから、青山通りのアジサイを。
d0054704_1324418.jpg






















 5月29日は、まだこんな感じでした。
 雨で、鮮やかになってきたんですね。
d0054704_13263662.jpg
by expresstax | 2014-06-13 23:41 | 消費税
 市街化調整区域のご相続でてんやわんやです。

 お役所の担当官さん、
 建築士先生、
 司法書士先生、
 登記官さんなど、
 ご専門家を総動員して知恵を集めます。

 過去に関わった専門家さんたちの道筋に、
 うっかり進んでしまっていたら、どんでん返しになるところでした。
 水際で食い止められそうで、幸いでした。

 がんばっていきましょう!!

 ☆  ☆  ☆

 外堀通りの溜池そばのアメリカデイゴがつぼみを付け始めました。
 これが開けば、もう、夏です。
d0054704_1251381.jpg























 事務所ビルエントランス前のガクアジサイも開き始めました。
d0054704_1263569.jpg









































 
by expresstax | 2014-06-09 23:21 | 相続・贈与
 ご相続に関わっていらっしゃる税理士先生からご相談をいただきました。
 ありがとうございます。

 不動産所有の会社株と不動産物件を相続したのが、
 会社経営も不動産賃貸経営も、相続人様は全くの未経験のご令嬢。
 相続手続と物件の更新や名義変更手続きで、大パニックになってしまったそうです。
 まして不動産は、それぞれ事業物件なのですから、
 その管理のストレスは、一般人にはハンパではないはずです。

 法人を解散してしまって個人成りした方がよいだろうか、というご相談でしたが、
 個人成りの手続を、業者さんとの対応でパニックになっているお嬢様に
 今の段階でご提案するのは、おかわいそうに思います。

 個人成りしたって、持ち続けるならば、不動産管理は継続しなければなりません。
 まずは、管理の負担から解放してあげるのが最優先。
 管理のプロにお願いしてしまって、オーナーは、一切表に立たずに済むようにしてあげてください。
 テナントや取引業者に一面識もなくても、賃貸経営は可能です。
 オーナーは、通帳と管理業者さんの月次レポートだけみていればよい、という状態にできるのです。

 外部業者さんへの管理料はかかるでしょうが、それはコストとして割り切るのも財産判断です。
 ご相続人様が、自分に不向きな方法を継続してしまうのは、人生として不幸なことです。
 
 税理士先生には、状況を理解して動いてくれる賃貸管理のプロをご紹介することになりました。

 ☆  ☆  ☆

 まずは、現在のパニックの消火活動をして、
 落ち着いてきたら、現在の状況で継続してもよし、
 個人成りしてもよし、
 それでも負担だったら、不動産を売却してキャッシュに換えてしまってセイセイするもよし、
 ゆっくり考えていただければ、よいことです。

 案外、経営が好きだ、という才能に気付くかもしれず、
 あるいは、相続財産からは自由になりたいと願うかもしれず、
 相続人様ご自身が、自分の大事な人生として、
 じっくりゆっくりお決めになっていただけるよう、
 先生は、おそばでしっかり寄り添って差し上げて下さい。

 それに、今回は貸付不動産のようですから大丈夫と思いますが、
 相続直後、相続税の申告期限(ご逝去日から10ヶ月)までの資産の組換えや変更は、
 場合によっては、相続税の減額特例である小規模宅地特例で不利益になることもあります。
 組換えや変更は、せめて一周忌明けぐらいまではよくよく検討して、
 拙速にならないようにしてください。

 少しクールダウンしていただいて、
 ご相続後の大変な時期を、安心して乗り切っていただけるように、
 お願いします。

 
 ☆  ☆  ☆

 親御様から財産経営についての引継や教育を受けていなかった、突然のご相続。
 今後、こうしたケースは、もっと増えるでしょう。

 相続人様にとって、いくら財産価値があっても、その後、管理ができるかどうかは別問題です。
 親御様は、嬉しいはずだ、と思っていたとしても、重荷にしかならない財産は多いのです。

 でも、それも、相続人様のご性格やライフプラン次第。
 あわてずに、大切に解決していくしかありません。

 それに、そんな場合のサポートの仕組みは、周囲のプロにとって大事なビジネスになるはずなのですが。
 どうなのでしょうね。

 ☆  ☆  ☆

 大雨です。

 1日飛び回って、夜、ジムに行きました。
 もうトレーニングの時間がないので、大浴場にザブン!
 ジムのお風呂は、アメニティフリー(バスローブやバスタオル、シャンプーや基礎化粧品が備え付け)で、
 手ぶらでも行けてしまう各種サウナ付きの石風呂です。
 お風呂で手足を伸ばし、サウナで汗を流すだけでも、リラックスできるので、
 雨の日は空いていることをよいことに、まったりしてきました。(^^ゞ















 
 
 
 
 
 
 
by expresstax | 2014-06-06 23:07 | 相続・贈与
 ご相続のご遺産の現地調査に伺いました。
 1泊2日で、現地の全行程を完了させます。

 現地を確認させていただきながら、
 数多いご所有地を特定する作業、
 法令上の制限についての役所調査等々、課題は山積みです。

 再確認が難しい遠隔地の現地調査は、
 現場現場で、瞬間で確実に過不足なく掌握していかなければなりません。
 

 それでも炎天下の暑い中を、ご相続人様たちのご協力を得て、 
 何とか、終了した矢先、
 なんと、ご近所で火災発生。

 みんなでそちらの方向に向かうと、きな臭い匂いがしてきました。
 たちまち、消防車のけたたましいサイレンが近づいてきます。

 ご近所の家屋の台所付近と屋根付近の隙間から煙が漏れているのがわかりました。
 細いホースを手にふらふらと外に出てきたその家のおばあさんを発見するや、
 ご相続人様たちは、消防士さんを大声で呼び、
 おばあさんと、そしてご家族を保護してもらいました。

 古い家は、たちまち大黒煙を発し、裏手からは炎が吹き出しました。
 煙が漏れ始めてから、全体が黒煙に包まれるまでは、あっという間です。

 風上へ風上へと移動して避難しました。
 少し落ち着いた状態になってから、元の場所に戻り、
 我々は帰京の途につきました。
 ご親族様の敷地に熱風が及ばないか、心配でした。

 ほんとうに、現地調査では、何が起こるかわかりません。

 それにしても、いざ、火事と分かったときのご相続人様達の行動は果敢でした。
 互いを励まし、全体を確認しながら、瞬時に的確に判断し、行動する。
 素晴らしいことでした。

 お亡くなりになった後の相続業務の受任でしたから、
 我々は、被相続人様にお会いできていないのですが、

 もし被相続人様がごらんになったら、
 この相続人様達のご様子をしかと見届けて、
 どれだけ心強いことと思っていただけたでしょう。

 どうか、ご安心ください。
 お育てになった後継者様たちは、こんなに立派に素晴らしく後をお継ぎになっています。
 これからも、何があろうと、どんな状況でも、
 変わらず果敢に、的確に、力を合わせてご一族を支え、進んで下さるでしょう。
 そんな気持ちで、被相続人様にご報告したい思います。

 相続人様達には、大変お世話になりました。
 お疲れになったことと思います。
 どうかゆっくり休まれて、またがんばっていきましょう。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 丹精なさっているお庭はまるでイングリッシュガーデンでした。写真を撮らせて頂きました。
d0054704_0542574.jpg























 

 
 
by expresstax | 2014-06-05 00:55 | 相続・贈与
 お客様からのご相続の緊急のご依頼がありました。
 困りぬいて、あちこちにご相談になってのご依頼です。
 複雑な問題が錯綜しています。

 でも、弊社の業務も、かなりのパッツパツ、オーバフローです。
 無責任になってはいけないと、迷いながら、辞退の旨をご連絡しました。

 でも、メンバーの一言がガツンと効きました。
 「ウチだから、頼っていらしたんですよね。」

 お客様からも連絡をいただきました。
 やはり、お願いできないかと。相続人様全員の意思だと。
 

 意を決して、受任申し上げることになりました。
 最善を尽くして、何とかやり抜いていきたいと思います。
 お客様も最大のご尽力をお約束くださいました。

 ありがとうございます。
 がんばっていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 お祝いをしていただきました。
 オータニのケーキです。
d0054704_11839.jpg

















 お花もいただきました。ありがとうございました。
d0054704_113554.jpg































 
by expresstax | 2014-06-02 23:40 | 相続・贈与