<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

平成26年度改正税法公布と税務代理権限証書記載、そして桜は満開   

2014年 03月 31日

 平成26年度税制改正法が公布されました

 法律自体は、3月20日に参議院を通過して成立していたんですが、
 公布は、官報への掲載によってされ、それが今日だったのです。

 そして、公布日は、3月31日の今日、施行日は、多くが4月1日となっていますが、
 各税目や改正内容によりバラバラですから、要注意です。
 公布日には、閣議決定された政令(施行令)や大臣決定である省令(施行規則)も公布されます。

 ☆  ☆  ☆

 今年の改正法「所得税法等の一部を改正する法律」の中に、国税通則法の改正がありました。
 税務調査の事前通知(国税通則法74条の9)についての改正です。

 第5項が追加されて、
 「5 納税義務者に税務代理人がある場合において、該納税義務者の同意がある場合として財務省令で定める場合に該当するときは、当該納税義務者への第1項の規定による通知(=税務調査の事前通知)は、当該税務代理人にすれば足りる。」と。

 今日の官報によれば、
 財務省令第11条の2 (税務代理人がある場合における納税義務者に対する調査の事前通知)
 上記の「財務省令で定める場合は、税務代理権限証書に、納税義務者への調査の通知は同項第二号に規定する税務代理人に対してすれば足りる旨の記載がある場合とする。」となっています。

 内容は、昨年の税制改正大綱にあったことそのままで、新しい内容はありません。
 また、施行期日も、平成26年7月1日(所得税法等の一部を改正する法律附則第1条一)であることも、
 税制改正大綱通りです。

 つまり、平成25年1月1日以降、税務調査の事前通知は、納税者と税務代理人に行われることになったけど、平成26年7月1日以降は、税務代理権限証書に、納税義務者への調査の通知は税務代理人に対してすれば足りる旨の記載があれば、納税者に通知をしなくていいよ、となるわけです。

 これは、平成25年以降、通則法改正で、税務調査事前通知を納税者に直接しなくちゃいけなくなったけど、やってみたら調査目的等の説明やらなんちゃらで、税務調査官さんにとって、手間と時間がかかって、けっこ、大変だった、能率悪くて調査件数は3割も減るし、やってらんね~! という国税さん内部での意見があったのではないかと推測します。

 ☆  ☆  ☆

 昨年12月の税制改正大綱段階で、法改正は明らかだったので、
 弊社では、ソッコー、

 施行日の平成26年7月1日からではなく、
 税制改正大綱以後、提出する申告書に添付する税務代理権限証書に、
 調査の事前通知は、税務代理人にしてね!(^_^)b
 という文言(この通りじゃないですが(^^ゞ)を入れちゃっています。
 この3月提出の所得税の確定申告書の全ての税務代理権限証書も同様です。

 というわけで、ちと気が早い税務代理権限証書付きの申告書が、各所轄さんに届けられています。

 弊社が担当したお客様への税務調査の事前通知は、
 東京局管内では、お客様に直接、というのは、皆無でした。
 でも、他の国税局での申告では、過去に何件か納税者に直接通知ということはありましたから、
 これはいわば、先取りの牽制です。

 ということで、お客様を守るためなら、何でも、いち早くやってみよう!の弊社流です。

 ☆  ☆  ☆

 3月が終わり。
 明日から4月。
 桜が美しく開いています。

 自宅マンションの公開空地のしだれ桜です。後ろの白いレンギョウも満開です。
 右に見えるのが、今年から解体建替が始まるATT(赤坂ツインタワー)です。
d0054704_2385662.jpg

















 弁慶堀の桜です。右後ろに曳き家された三角屋根の赤坂プリンス旧館、旧李王家東京邸が見えます。
d0054704_2434443.jpg
















 事務所から見える赤坂御用地の赤坂御苑の桜です。
 その手前が秋篠宮邸です。
 赤坂御用地は、でも、桜は少ないです。
 去年の4月、事務所移転の際に、新事務所でお花見会をやろうかと話していたんですが、
 御用地の桜は少ないのでやめちゃった経緯があります。
d0054704_245753.jpg




























 
 


 
 

 

 
 

by expresstax | 2014-03-31 23:43 | 税制改正

相続税「小規模宅地特例-実務で迷いがちな複雑・難解事例の適用判断」を発刊しました。   

2014年 03月 28日

 清文社より相続税の土地減額特例制度である「小規模宅地特例-実務で迷いがちな複雑・難解事例の適用判断」を出版致しました。
d0054704_0205093.jpg

















 平成26年の相続税路線価上昇、平成27年度以降の相続税増税、大衆課税化のなかで、
 小規模宅地等の特例により居住・事業用地の8割・5割の評価減ができるかどうかが、
 相続税負担に大きな明暗を分けることになります。

 本書は、平成27年度改正までの最新の制度内容を解説し、
 また、めまぐるしい改正の原因ともなってきた関連判決を整理し、
 事例については税理士事務所所長と税理士事務所新人1年生職員君との、かけあい漫才風の会話形式とすることで、
 複雑になった制度を身近に理解し、特例を最も有利に適用していただけるように工夫しました。

 事例の部分は、以前、出版社「ぎょうせい」さんの税務専門誌「月刊税理」に2年間連載した
 「ミユキ先生と山田君の小規模宅地特例落ちてはいけない落とし穴」を、
 組み直したり新規に書き下ろしたものです。

 基本的には、税務専門家向けですが、事例などを面白おかしく盛り込んだことで、
 一般の方にも読みやすくなっているのではないか、と思います。(^^ゞ 

 短い期間の中で、一緒に突貫工事でサポートして下さった清文社のご担当編集者様に心から感謝申し上げます。m(_ _)m

 また、確定申告直前に、バタバタで執筆していた自分を支えてくれた事務所メンバーの皆様、
 ありがとうございました。m(_ _)m

 ただ、ですね。
 訂正箇所があり、正誤表を付けていただきました。(>_<);;;
 申し訳ありません。m(_ _)m
 
 ご意見ご批判をいっぱいいただいて、今後の自分の成長の糧にさせていただければと思います。
 よろしくお願いします。m(_ _)m










 

by expresstax | 2014-03-28 23:55 | パブリッシング

税理士先生の復代理、そして春の花々   

2014年 03月 27日

 税理士先生のお客様の復代理のお仕事です。これまで単発の案件で復代理を務めることは何度もありましたが、包括的にお受けするのは初めてです。
 ご高齢になられた先生の、これまで大切に守ってこられたお客様たちのお仕事をお手伝いすることになりました。

 税理士の世界は平均年齢が60歳とも65歳とも言われる業界です。
 そもそもが、国税をリタイアされてから税理士登録する先生が多かった時代もあるのですから、
 それは仕方がないことでしょう。

 そうした先生方が、70代、80代と、高齢となり、お仕事が難しくなり、
 毎年ドラスティックに変わる税制にキャッチアップするのも骨が折れるようになって、
 でも手塩にかけたお客様を簡単に放り出すことはできない。

 では、最近増えている他の税理士法人へM&Aで渡してしまうことも、
 お客様への愛着から選びがたい。

 何より、受け皿となる税理士法人へ譲って、
 どんな担当者が、どんな指導をしてくれるのか、
 受け皿法人が大きいほど、経験の浅い新人が担当するのは目に見えているのだから、
 そんな選択はする気にならない。

 そんな悩みが、かなり共通項で存在しているようです。

 とりあえず、この事務所なら、顔と考え方のわかった税理士たちが直接担当してくれて、
 十分な経験のもとに、大変な部分はみんな受け持ってくれて、
 顧問先との関係では、生涯、自分の復代理として自分の立場と名前を押し立ててくれる。
 何より、拡大路線で顧客を奪い取っていくようなガツガツした税理士達ではなさそうだ。

 そんなご判断で、先生からのご信頼に繋がってきているように思います。
 つまり、弊社のノホホンさ加減を気に入っていただいたような。(^^ゞ

 でも、それで良いのだと思います。

 大切なのは、先生の顧問先様のご発展と、顧問先様と先生の信頼関係です。
 そのために、非力ながら弊社がお役に立てれば、それで十分なのです。

 先生の顧問先様の会社様に同道して、ご挨拶が進みます。
 先生が、大切に関与なさってきたことがよくわかります。
 顧問先様からみれば、いわばダブルで税理士事務所を使えるのですから、 
 これは喜んで頂けます。

 あくまで弊社は、復代理です。
 復代理だからこそ、お受けするのです。
 先生の手足となって、支えて参りますから、
 先生も、これからもぜひ、お元気にお元気に、陣頭に立って下さい。
 
 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 
 春の雨は、少し肌寒く、でも季節の背中を押していきます。
 事務所ビルの公開空地の植栽に、緑がよみがえってきます。
 クリスマスローズが開いています。
d0054704_1403842.jpg





















 クロッカスのようです。やあ、今年も元気に開いたね。
d0054704_1454341.jpg














 白もくれんです。花びらが、雨の中で散っています。
d0054704_155895.jpg




































 
  
 

by expresstax | 2014-03-27 23:36 | 税理士

公示地価アップは相続税アップ、固定資産税のこっそり増税、そして豊川稲荷の桜   

2014年 03月 26日

 先日、平成26年1月1日の地価公示価格が公表されました。
 三大都市圏は、ほぼ上昇、
 東京区部では、1割近い上昇地も続出しています。

 過去の地価が上がったの下がったのを取りざたしても、
 昨日は雨だった晴れだったと言ってるのと同じで、全く意味はありません。

 が、問題なのは、この地価公示価格をベースに、相続税路線価が、ほぼその8割で決定されることです。
 平成27年から相続税の非課税枠縮小や税率引き上げで増税になることが決まっていますが、
 上昇地の所有者の平成26年の相続税は、確実に増税になります。
 知らない間に、勝手に増税されていきます。

 ☆  ☆  ☆

 また、今年の土地の税金で忘れてならないのは、
 土地の固定資産税の負担調整で、また固定資産税負担が増えることです。
 負担調整措置で、地価が下がろうが、上がろうが、概ね5%ずつ上昇するのがお約束なのですが、
 中でも、住宅地で負担水準(時価への追いつき度合)が約85%超の土地は、
 平成26年度には負担調整が外れてしまうために、100%水準までがっつり引き上げられます。
 
 これは既に平成24年度の税制改正により、既に決められてたことです。

 というより、住宅地について、平成24年25年は負担調整の据置措置を入れるが、
 平成26年度については言及していない、

 そのため、結果的に平成26年度は住宅地のみ増税となるという、
 大変、インケンに、こっそりとわかりにくく仕込まれていたものです。

 負担調整が8割を越えるような都心部の住宅地が、この影響をモロに受けることになりますから、
 都心部の住宅所有者、Jリートや不動産ファンドの財務数字を直撃することになります。 

 先週木曜日3月20日発行の事務所ニュースでお伝えして、
 今日付のFanetのコラムにも掲載していただきました。

 今年の固定資産税は、要注意です。
 4月1日から各自治体の固定資産税閲覧が始まります。
 チェックしてください。

 ☆  ☆  ☆

 豊川稲荷の緋寒桜が満開になっています。これは3月24日のものです。
d0054704_0221413.jpg














 そして、3月26日。満開です。
d0054704_1532538.jpg























 

 

by expresstax | 2014-03-26 23:55 | 固定資産税

「朝倉洋子さんお疲れさま会」、そして赤坂見附のもくれん   

2014年 03月 25日

 朝倉洋子先生のお疲れ様会が開催されました。
 朝倉先生が、日本税務会計学会副会長を退任されたことへのお疲れさま会です。

 司会の藤曲先生と、呼びかけ人の山本守之先生の愛情たっぷりのご挨拶からスタートしました。
 いつも黒い服を召されている朝倉先生の黒い服でない姿を見たいとの来賓の祝辞のあとの鏡開き。
 朝倉先生は、ここでしっかり赤いハッピ姿になって、さっそく「要望」が叶えられました。 
d0054704_201125.jpg
 
















 余興には、税理士先生たちの「ゆがみバンド」の演奏。
 青木先生のドラムスや歌姫の先生のソロも入って、ノリノリでした。
d0054704_20152396.jpg














 お土産に朝倉先生の新刊本「税務情報の開示請求と活用法」と、
 学芸大学のマッターホーンのチョコを持たせて頂きました。
 ありがとうございました。
d0054704_20365784.jpg






















 個人的に花束を準備していきましたら、他の研究会の先生たちと一緒に、
 朝倉先生に直接花束贈呈をすることができました。
 ありがとうございました。

 日本の租税判例研究とデータベースの構築を担ってこられた朝倉先生の功績はあまりにも大きく、
 朝倉先生が、切り拓き、道ならしをし、舗装してくださった道を、
 我々は、あたりまえのように、高速で走行していくことができます。

 本当は、先生の拓かれた道の千分の一でも、我々が新たな道を開いていかねばならないのに、
 まだまだ、朝倉先生のずっと後ろに続くだけで精一杯、
 それさえ、不出来なままでいることが、申し訳なく思います。

 これからも、ぜひとも、先頭で導いて頂けますよう、
 お願いします。

 ☆  ☆  ☆

 ところで、同じテーブルの先生から、このブログがしばらく更新をしていなかったことで、
 「滞らないように」、とのお言葉をいただいてしまいました。
 申し訳ありません! m(_ _)m
 確定申告後、バテてしまっていましたが、鋭意、また復活します。。。(^^ゞ
 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 昼間はとても暖かくなりました。

 赤坂見附ビックカメラ前の白木蓮(もくれん)とピンクの木蓮が満開です。
 赤木蓮は、もっと濃い色の種類があるはずなので、紅白木蓮とはいえないのでしょうが。
 今はマグノリアといった方がわかりやすいかもしれませんが、
 白木蓮は、ハンカチ花とも呼ぶそうで、3月の卒業式のシーズンに花開きます。
d0054704_20285677.jpg
 

by expresstax | 2014-03-25 20:00 | 税理士

平成26年度税制改正法成立、そしてありがとうございました。   

2014年 03月 24日

 平成26年度税制改正法が、3月20日に参議院で成立しました。
 「所得税法等の一部を改正する法律」です。

 公布は月末になるんでしょうか。
 いえ、政令を待っているもので。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 ご相談にお越し頂いたお客様がお礼にと贈って下さいました。
 お気遣いをいただき、ありがとうございます。
 でも、お気になさらず、どんどんお尋ねください。
 ご相談は、早め、早めに、ぜひとも、です。
d0054704_20502487.jpg



















 

by expresstax | 2014-03-24 23:27 | 税制改正

企業様講演、そして確定申告終了待ちのご相談   

2014年 03月 18日

 確定申告が昨夜で終わったことが、遠い昔のことのようです。

 今朝は、さっそく企業様講演に伺いました。
 年度末ですので、本当はもっと早い時期がご希望だと思うのですが、
 弊社の事情を察して、今日まで伸ばして設定して下さいました。
 ありがとうございます。

 確定申告作業を進めながらレジュメ作りをして、
 今日は、風邪喉でお話しさせていただきましたが、
 また、不思議に、2時間の講演中、一度も咳は出ませんでした。
 聞きにくい声で申し訳なかったのですが、咳がでなかったことでちょっとほっとしました。(> <ゞ
 

 午後事務所に戻ると、さっそくのご相続のご相談者様のご来所です。
 確定申告が終わってからと、やはりお待ち頂いて、今日のお約束になっていました。
 ありがとうございます。
 進めて参ります。
















 
 

by expresstax | 2014-03-18 23:49 | パブリッシング

確定申告完了、そして預貯金マイナンバー導入検討へ、さらにバナナブレッド   

2014年 03月 17日

 確定申告最終日。

 全員で、ほぼ土日突貫工事状態で取り組んできて、
 なんとか間に合わせました。
 今年の「特需」である贈与と譲渡。これをハズすことはできません。
 事務所メンバーの頑張りと、
 最後まで粘って検討なさったお客様に、感謝します。
 ありがとうございました。

 完了後、事務所メンバーの退社後からが、
 自分達自身の確定申告です。
 夜っぴてかかって何とか仕上げて送信しました。
 これも恒例です。
 お疲れ様でした。

 ☆  ☆  ☆
 
 今年から贈与税の電子申告が可能になりました。
 一方で、金融機関預貯金にマイナンバー導入検討の報道が。
 既定路線ですね。

 資金贈与がマイナンバーで捕捉されるようになったら、
 税務申告さえ、要らなくなるのかもしれません。。。。

 ☆  ☆  ☆

 お客様が、お土産にキャピトル東急ホテルの
 ORIGAMI(オリガミ)のバナナブレッドをお持ち下さいました。
 以前、ORIGAMIが赤坂東急プラザの地下に疎開していた頃
 ときどき事務所のおやつにいただいていた懐かしい味です。
 いいものが、こうして守られていくというのは素晴らしいです。
 ありがとうございました。
d0054704_155266.jpg


















 

by expresstax | 2014-03-17 23:39 | 確定申告

相続や贈与で個人年金受給権を取得した人の雑所得は軽減計算   

2014年 03月 13日

 相続や贈与で個人年金受給権を取得した人は、
 年金の支払が開始されると、受け取る年金額と被相続人や贈与者の負担金額の差額=利益は、
 雑所得として総合課税されます。

 保険会社から送られてくる年金支払い通知書で、その金額は確認できるんですが、
 その差額で、確定申告しちゃうと、ソンなんですね。

 もらう年金が、相続や贈与で引き継いだ者である場合は、
 相続や贈与のときに既に相続税や贈与税が課税されています。

 その課税済みの年金を実際に取得するときに、さらに所得税課税されると、
 そりゃ二重課税だろ-!と、裁判で争われて、裁判官も、そりゃそうだね、と
 平成22年7月6日の最高裁判決で、国が負け、
 その年の10月に、二重課税をなくすための税務取扱変更をしたんです。

 これが、「相続等に係る生命保険契約等に基づく年金(以下「保険年金」といいます。)の税務上の取扱いを変更」です。

 受給期間の残存年数ベースで、単位数で徐々に割合計算をしていく調整計算は、
 最初は、なんのこっちゃ、と思うでしょうが、
 お役人さんが、頭をヒネって、つくった計算式です。

 ☆  ☆  ☆

 お父さんが、ほんとは自分でもらうために個人年金契約していて、
 受け取らずに亡くなった場合などが、これに該当してきます。
 
 そして、忘れもしない、
 平成22年4月から、
 定期金の相続税評価が、それまでのざっくり低額評価から、
 返戻金評価へと厳格化するという税制改正が行われ、
 駈け込みで年金契約と贈与が行われました。

 あのとき贈与された受給年金の所得税申告も、
 この相続等保険年金の計算調整をします。

 確定申告では、保険会社から送られてきた通知書をベースに、
 ごちょごちょと悶絶しながら調整計算をするというわけです。

 でも、問題なのは、保険会社によっては、該当年金であるにも関わらず、
 対応が遅れ、支払通知書に必要な情報が記載されていないところがあることです。
 外資系はきっちりしてますが、国内系保険会社は、対応が遅いです。む。

 そんなわけで、中には、過去の通知書を出し直せ!とやりなおして、
 更正の請求(税金の還付要求)をしなくちゃならないケースもあります。
 
 5年までは取り戻しができますから、
 確定申告が終わったら、保険会社をツツいて、出させましょう、ということになりました。

 がんばりましょう。。。。
 

 

by expresstax | 2014-03-13 23:58 | 確定申告

確定申告勝ちウナギ   

2014年 03月 12日

 お昼は、恒例、確定申告勝ちウナギ大会です。
 
 今年は赤坂ふきぬきさんの鰻重の出前、
 特大ウナギを奮発してくれました。
 一人前みたいですが、みんなのぶんもありますよ。
d0054704_23595917.jpg
 

by expresstax | 2014-03-12 23:57 | 事務所