<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 今日は、赤坂御苑では秋の園遊会。

 青山通りから外堀通りまで、装甲車が並び、交通規制。
 警邏の警官が、うようよしています。
 近隣のビルの屋上にも警官たちが配備されています。
 
 弊社には、例のごとくお達しが来て、窓スクリーンを下げよ、と。
 弊社の窓からは、赤坂御苑の園遊会が上空から一望できてしまうからです。

 そのため、今日は一日スクリーンを下げ、
 事務所執務室も接客室も、どよ~ん、としていました。

 ☆  ☆  ☆

 ご来所いただいたお客様に、お部屋が暗いことを謝りますと、
 「あの頃」を思い出したと、厳しい表情をなさいました。

 灯火管制のことかと伺いましたら、そうではない、と。

 まだ太平洋戦争前、東京の市電が走っていた頃、
 皇居周辺にさしかかると、市電の窓のスクリーンを下ろすこととされていたそうです。
 そして二重橋までさしかかると、車内で、乗客は一斉に起立。

 そんな情景を、この接客室のスクリーンで思い出したと。

 そして、その後の集団疎開と飢餓、東京大空襲、敗戦。 
 由緒のあるご家系でありながら、ご実家を空襲で焼かれ、親戚を転々とした日々。。。。

 大変だった時代の想い出を、問わず語りに、お話し下さいました。

 華やかな園遊会が繰り広げられるそのときに、

 戦後日本を見事に築き上げ、
 素晴らしい技術で事業のご成功を成し遂げてこられたお客様の
 幼少からの、それも、おそらくはこの最近は秘めていらしただろうお気持ちに触れ、
 胸が一杯になりました。
 
 我々は、お聞きすることしかできません。
 お聞きして、これから精一杯お役に立とうとすることしかできません。

 それでもお話しいただけて、とても嬉しく思いました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 先日掲載した赤坂見附交差点脇のユリです。
 近づいて、アップで写してみました。
d0054704_312151.jpg  
 
 
























 
by expresstax | 2013-10-31 23:11 | お客様
 週刊エコノミスト2013年11月5日号に掲載されました。
 「相続とお金のトラブル」特集号です。
 
 相続による不動産共有の問題とその解決法について担当しました。

 相続そのものが激増し、
 相続税の大衆課税が始まれば、
 相続を抱えながら、なかなか専門家の助けを得られず、
 共有、ならぬ「共憂」相続へとなだれ込んでいくケースが増えるのではないかと懸念されます。

 トラブルが、1件でも防止できますように、
 そして万一、トラブルになってしまった場合に、
 なんとか早期に解決に進んでいただけるますように。

 編集のO様、ライターのM様が、とてもよくまとめてくださいました。
 ありがとうございました。
d0054704_052793.jpg
by expresstax | 2013-10-29 23:57 | パブリッシング
 先週の土曜日は、台風が懸念されながら、なんとかそれたものの。

 雨の中、不動産オーナー様、それも女性オーナー様限定対象のセミナーが開催されました。
 テーマは女性と二次相続です。
 お足元の悪いところ、それでも多くの方がご出席くださり、ありがとうございました。

 前半は、私から相続の基礎や税制の女性にとっての特有の問題や解決について
 パワポでご報告させていただき、
 後半は、お菓子が配られて、質疑方式となりました。

 事前の質問募集はしていませんでしたから、
 主催者様が、質問が途切れたときの質問(サクラかな?)を準備なさったりしていましたが、
 始まると、あちらからも、こちらからも、質問が飛び出しました。

 相続権のご質問、 
 相続税の国外居住者課税のご質問、
 土地の評価のご質問、
 小規模宅地の特例のご質問、
 株式評価のご質問。。。
 とても良い質問ばかりです。
 挙手が続きますから、順番に質問をいただきます。

 ホワイトボードを使って、ご説明しますと、
 関連してまたご質問が飛び出します。
 嬉しくなってしまいました。

 説明していると、会場からも、回答をつぶやいていただいたり、
 大変な高レベルです。
 素晴らしい!です。

 サクラ質問の出番はありませんでした。
 最後に司会者様がおっしゃったとおり、あっという間のお時間でした。

 主催者様のとてもきめ細やかなご準備と、
 参加者様の大変な熱意と、
 楽しいお時間をいただき、そのうえ、お役に立てれば光栄です。

 ほんとうに、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂見附の交差点脇、雑草の中に忽然と、ユリが咲いていました。
 夏の花であるユリが今頃、です。
 虎ノ門でも、寒風の秋から、ヒマワリが咲き続けていました。 不思議です。
 晩秋近くの路傍に、なぜ、夏の花が咲くのでしょうか。
d0054704_23182818.jpg
 

  

 
 
 
 

















 
by expresstax | 2013-10-28 23:10 | パブリッシング
 相続税調査が終了し、税務署からお客様に是認通知が送られてきました。
 是認=つまり、当初申告でオッケー!という税務署からの通知です。
 お客様が、写しを送って下さいました。
 ありがとうございました。 

 文書名は、
 以前の「調査終了のお知らせ」とは全く異なり、
 「更正決定等をすべきと認められない旨の通知書」と、
 法文(国税通則法74の11)そのまんまのストレートなタイトル、

 そして「下記の内容について、国税に関する実地の調査を行った結果、更正決定等をすべきと認められませんので通知します。」という文章に、税目と課税期間等の表。
 めっちゃ無愛想な通知書です。

 以前のように、おしまいに「今後も税務行政にご協力を」なんて文章もありません。

 納税者さんにとって、

 「更正決定等をすべきと認められない旨」という表現で、すぐさま
 「ちゃんと適正に申告しましたね、問題ないですよ、
  これで調査を終わりますよ、ご協力ありがとうございました。」と、理解できるのか、

 親切じゃないなあ、と思います。
 もちろん、通則法にしたがって、法律文書として出さなくちゃという趣旨はわかりますが。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂御用地の御苑周囲にテントが張られ、慌ただしくなりました。
 接客室のお客様と経過観察しています。(^^ゞ
d0054704_037019.jpg
by expresstax | 2013-10-24 23:56 | 税務調査

質疑の勉強会は実験

 以前からいくつか、セミナーを質疑応答方式で試していました。
 大規模ではできませんが、数十人程度なら可能です。

 プロとか、
 課題が共通でかつ、既に一定程度知識のあるお客様とか、の場合に、
 あるいは、事前知識のデコボコが激しい状態のときに、

 一方的なセミナー方式より、
 事前に質問を募集して、
 参考資料をパワポやレジュメで準備し、
 回答方式で進め、さらに質問が出たら、どんどんディスカッションします。

 ばんばん、お答えして、解決法を無手勝流で考えて、
 会場の知恵も集めます。

 もちろん即答できないこともあるかもしれませんが、
 ならば、宿題にさせていただけばいいのです。

 そんなカタチの質疑方式勉強会。

 主催者様のご理解をいただいて、
 今月と来月、やってみることになりました。

 ざっくばらばら、余裕くしゃくしゃの勉強会。
 せっかくやるなら、面白く行きましょう!!

 たっっっっくさんのご質問、お寄せ下さい。

  ☆  ☆  ☆

 そうはいいつつ、今週土曜は、台風予報。
 大丈夫でしょうか。(^_^)















 
 
by expresstax | 2013-10-22 23:52 | パブリッシング
 日経ビジネス2013年10月21日号特集「相続ショック」で、
 コメントを掲載していただきました。

 特に、円満相続への対応策として、
 ともに負担しあい、支え合い、
 大変な問題を一緒に解決していくことを最優先としていただくことについて
 掲載していただけたこと、なによりに思います。
 ご担当いただいたK様、M様、ほんとうにありがとうございました。
d0054704_028231.jpg

























 ☆  ☆  ☆

 我が家の極楽鳥の開花です。

 先日の開花以来、どんどん花弁が出てきました。
d0054704_048349.jpg 




















 すごい勢いです。
d0054704_0411939.jpg



















 あと1枚を残してほぼ完全開花です。がんばったね!!
d0054704_04283.jpg































 
by expresstax | 2013-10-21 23:15 | パブリッシング
 BSジャパンの日経プラス10でゲスト出演しました。
 
 テレビ東京の衛星番組BSジャパン、夜10時からの生放送ニュース番組です。
 その後半の、司会者・コメンテーターとゲストの30分弱のトークコーナー=トークプラスを担当しました。

 タイトルは、「他人事ではない!相続トラブル」
~2015年1月から相続税の基礎控除が縮小され相続税を支払うことになる人が増えます。今までは他人事と思っていた人も注意が必要。相続トラブルをどうすれば回避できるのか詳しく解説します~ 
 来週発行の日経ビジネス「相続ショック」との連動テーマです。

 コメンテーター日経ビジネスの金田さん、司会の小島慶子さんの鋭い展開はとてもエキサイティング、
 ありがとうございました。

 
 番組冒頭で、弊社の顧問先様と我々とのご相談状況のビデオが流されました。
 顧問先様は、顔を出して良いですよとおっしゃってくださっていましたが、
 何しろ資産家様です。番組制作会社さんと悩みつつ、
 事件や事故になったら大変と、お顔を隠しての放映になりました。
 ご理解ください。

 番組最後にゲストが手書きする「活力言」は、
 「親子で活かす財産リレー」とさせていただきました。
 一族全員の知恵と力を合わせて、問題解決を進めながら、財産形成を進め、
 その先の相続も承継も乗り越えていく力を培っていただくこと。
 そんな願いを込めて報告しました。

 
 小島慶子さんは、美人で、頭の回転が速く、とてもカッコイイですね。
 帰りに一緒に写真を撮っていただきました。
 ありがとうございました。
 もちろん、ここには掲載できません(^^ゞ。

 
 日経ビジネスの金田様、テレビ東京の関係者の皆様、
 制作会社のT様たち、ありがとうございました。





 
 












 
  
by expresstax | 2013-10-18 23:58 | パブリッシング
 先週の木曜日、不動産ソリューションフェア2013年が開催されました。
 会場は東京ビッグサイトです。
 今年は第15回とのことで、私は2000年の頃から毎年講演を担当しています。
 新聞の税務Q&Aもその頃からですね。
d0054704_20495937.jpg 































 遅れて会場入りしてしまいましたが、
 会場はびっしりの受講者さんたちでした。
 
 テーマはビル経営の事業承継。
 名義株問題など、ナーバスでありながら早期解決が望まれる問題や、
 納税猶予制度の適用可能性等、ご報告しました。
 とても熱心にお聴きいただき、ありがとうございました。
by expresstax | 2013-10-17 23:54 | パブリッシング
 こちらで何度か取り上げた相続税土地評価での特定路線価。
 公道に面していない土地の評価をどうするかの問題です。

 この特定路線価に関連して、平成24年11月23日に、次の裁決がありました。
 特定路線価による評価をしなさいという裁決のようだったので、気になって読んでみて、 
 週刊ビル経営さんの今年8月16日号のビル経営税務Q&Aでに書かせていただいました。

①申告期限前: 特定路線価の設定申請をして回答を得ていた。
②当初相続税申告: 鑑定評価で申告
③更正の請求: 広大地評価を適用
④税務署から更正: 広大地を認めるが、適用する路線価は特定路線価とすべし、
⑤審査請求: 棄却

 つまり、特定路線価を設定しながら、それを採用せず鑑定評価により当初申告をして、
 その後の広大地を巡る更正の請求の丁々発止の中で、
 広大地でやるなら、取得済みの特定路線価でやんなさいよ、とされた事例です。

 特殊な事例ではありますが、
 特定路線価をいったん設定した場合には、拘束を受ける可能性があることを示唆しています。

 特定路線価の申出は、よく検討してから行いたいところです。

 といいつつ、弊社で扱った公道に接しない土地について、
 特定路線価申請せずに行った最近の相続税申告、
 無事に是認を獲得しました。これもご報告します。

 ☆  ☆  ☆

 大型台風ということで、事務所出勤は三々五々、です。

 昨日の豪雨。西新宿は消滅しました。
d0054704_0533088.jpg





















 そして今日は台風一過。午後はよく晴れました。
 
 夜の西新宿です。
 空気が澄み切って、宝石のような夜景になりました。
d0054704_0462100.jpg
by expresstax | 2013-10-16 23:32 | 財産評価
 8月28日日経新聞、
不動産所得、目光らす税務当局 徴収強化に本腰、申告漏れや必要経費、細かく調査
 にコメントを掲載していただいていました。(日経ネットにも載っていました。)
 編集のG様、ありがとうございました。

 でも、ですね。

 弊社のお客様に、「決算内容についてのお尋ね」は、当初の1件だけで、
 その後は結局、送達されたケースはありませんでした。(今のところです。(^^ゞ)

 唯一「お尋ね」を受け取ったお客様は、実は、故人。
 つまり、準確定申告での不動産所得について、お尋ねを受けてしまっていたのです。
 準確定申告、つまり、亡くなった年の1月1日からご逝去日までの所得申告ですから、
 例年の収入経費の所得データは、激変、異常数字となっているのは当然です。
 たぶん、国税さんのデータベースから異常データとしてフラグ(旗)が立ってしまい、
 「お尋ね」送達対象者にピックアップされてしまったようです。

 しかし、ですね。

 相続人様とお尋ねに回答しても、国税さんは、
 おいちょっと!でも、了解!でも、ご協力ありがとう!でも、ないんですね。
 ウンともスンとも、言ってきません。
 納税者は、国税様に対し、回答書を提出して当たり前、というスタンスなんですね。

 相続人様から、あれ、どうなったんですか、と聞かれ、
 いや、お尋ね書の場合、通常、お返事って、ないんですよねー、と、イイワケ。
 そうなんですか、と、一般常識からはとてももっともな質問をくださった相続人様と、
 
 国税局上げての不動産所得調査といいつつ、
 なんだかねぇ、と話したものでした。

 記事への後報告です。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 元ボス、タクトコンサルティングの本郷尚先生から、
 新刊「こころの相続」をご恵贈いただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_0402667.jpg






















 「こんな本を待ってたんです!」とお礼を申し上げて、
 さっそくあれやこれやお話ししてしまいました。

 実際のご相続の現場は、
 ほとんどの相続人様が、悲しみの中で、迷いの中で、
 力を合わせ、心を合わせ、人生のかけがえのない感動さえ作りだしている場であるのに、

 本屋さんの相続本は、「相続の制度」本と
 「モメたら大変だぞ」「必ずモメるぞ」本がとても多く、
 心がカサつき、スサんでくるような気がして、
 やりきれない思いがしていました。

 不安で一杯の親御様や相続人様たちの
 励ましや乗り越える勇気になる本、そのための本がほしいなあ、と思っていたのです。

 本郷先生が、それを、ユーモアたっぷりに、さらりと洒脱に書いてくださいました。
 ありがとうございました。
 
 多くの方に、ぜひ、お読みいただきたいと思います!!
















 
 
by expresstax | 2013-10-15 23:54 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax