<   2013年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

教育資金一括贈与非課税特例は、信託でなくてもOK、留学資金でもOK

 平成25年度税制改正法案が、明日閣議決定を受けて、国会に上程されるそうで、
 法案をがしがしと読み込んでいます。

 特に教育資金贈与のお問い合わせが多いので、
 今日付の事務所ニュースにまとめてリリースしました。
 ごらんください。

 税制改正大綱からだけではわからなかったのは、

1.資金贈与の方式は、信託だけでなく、
  書面契約で贈与資金をもらった子が銀行に教育資金管理契約のもと預金しておくのでもよし、
  証券会社で教育資金管理契約のもと、有価証券を購入するのでもよし、と、
  とても幅広くなっています。

2.学校等への学費や入学金の支払いを教育資金といいますが、
  どこまでとりこまれるかは、政令委任です。

 それでも、留学の学費でもOKということですから、
 これもとても広く、使い勝手がよくなっています。(^^)b

 当初贈与(信託や預金、証券購入など教育資金管理契約)の時点では、
 「教育資金非課税申告書」など、すべて金融機関で手続きすればいいので、
 贈与税申告さえ必要ありません。
 
 条文を読んでいて、
 こりゃ、税理士、要らないねぇ、という話になりました。(^^;)

 とほほ、ですが、プランニングは、もちろん、税理士にお任せください。(^^)
by expresstax | 2013-02-28 23:25 | 税制改正

改正相続税小規模宅地の減額特例の限度面積計算は法案に

相続税の特定居住用小規模宅地特例の対象が330㎡まで拡充され、
特定居住用と特定事業用は完全併用可能ということで、
最大730㎡まで8割減となります。

貸付事業用宅地と併用する場合は調整計算しますが、
入手した法案に計算式が規定されていました。

つまり、
特定事業用宅地等地積×200/400+特定居住用宅地等地積×200/330 +貸付事業用宅地等地積
  ≦200㎡

 現行法は、居住用宅地等は240㎡まで、かつ特定事業用との併用は不可、調整計算だったので、

 特定事業用宅地等+(特定居住用宅地等×5/3)+(貸付事業用宅地等×2)≦400㎡ の算式なのですが、変わりますね。

ダッシュで加筆します。
by expresstax | 2013-02-27 23:33 | 税制改正

補正予算案はソッコーで成立、税制改正法案は3月1日衆議院上程

 補正予算案は、衆議院を通過後、一気に参議院上程、
 そしてそのまま、可決成立になりました。
 おやまあ、ネジれてないじゃん! と、みんなでびっくりです。

 自民公明の与党絶対多数の衆議院を通過できても、
 与野党逆転の参議院というネジレ国会では、簡単には通らなかろう、
 その場合は30日ルール(憲法60条)発動で、衆議院決議に、と見ていたのが、
 簡単に成立してしまいました。

 3月1日には税制改正法案が衆議院に上程されるそうですから、
 この分では、テンポ早く、年度末までに、こちらも成立するかもですね。

 いつも思うのですが、
 収入原資である税収よりも、
 予算案という使い道の方が、先に成立できてしまうという、

 今年はコレとコレを買うから、
 あぁた、これだけ稼いできてね、という怖い奥様のような、

 ヘンテコリンな憲法と国会の仕組みです。

 ☆  ☆  ☆

 お客様への確定申告のご報告が続きます。

 お越しになるたび、お土産をお持ちくださいます。
 申し訳ありません。ありがとうございます。

 中村屋さんのお菓子をいただきました。
 ありがとうございました。 
d0054704_129312.jpg





















 清月堂さんの和菓子をいただきました。
 美味しくいただきます。ありがとうございました。
d0054704_1305481.jpg






















 事務所のF税理士さんの新潟のお土産、「白銀サンタ」です。
 かわいいお土産、ありがとうございました。
d0054704_1313122.jpg

















 日税さんが陣中見舞いを持ってきてくださいました。
 税理士先生方の研修講師を務めさせていただいく一方、
 顧問料の自動振替でもお世話になっている、税理士会の外郭団体さんです。
 南部せんべいを2箱も!です。
 ありがとうございました。
d0054704_1373287.jpg


















 これはお持たせで持たせていただきました。
 ウェストさんのリーフパイです。いつもの風の詩のしおりも一緒です。
 ありがとうございました。
d0054704_1411448.jpg


















 両口屋是清さんのお饅頭「よも山」をお持ちくださいました。
 お茶うけににいただきます。ありがとうございました。
d0054704_1425790.jpg
by expresstax | 2013-02-26 23:17 | 税制改正

債務承継手続き、そしてアカデミー賞受賞会場

 雪化粧の富士山がくっきり浮かぶ、晴れた朝の道すがら、

 ご相続で、銀行借入を承継される相続人様たちと、
 金融機関さんへ同道しました。
 遺言執行のお手伝いです。

 ☆  ☆  ☆

 被相続人様が遺された債務は、原則としては、相続分に応じて相続人が負担するものとされています。(昭和37年4月13日東京高裁判決)
 遺産分割の対象はプラスの財産だけで、債務は、相続開始と同時に共同相続人に移行するというのが民法の考え方です。遺言の場合も同じなのです。

 でも、実務上は、遺産分割協議や遺言で、相続債務の承継者を特定した場合、
 それが債権者(金融機関)の同意が得られれば、それも有効、として手続きをします。

 具体的には、債務承継する相続人様は、
 債権者である銀行さんと、他の相続人様に対する免責的債務承継契約を締結するんです。
 
 そのため、遺言で誰か特定の人に、借金を引き継いでもらおう、と親御様が思っても、
 引き継ぐ相続人様が金融機関の審査に通らなければ、難しいことになります。

 このあたりは、遺言を書くとき、遺産分割をするときの、最重要事項なんです。

 いつもセミナーでお話ししている遺産分割のセオリーである
 「3つのS」のうちの最初の「S」が、「債務」であるのも、
 こうした相続人だけではどうしようもない、債権者の査定を受ける必要があるからです。

 ☆  ☆  ☆

 もう、銀行さんとは、何度も折衝して、審査も余裕でクリア、書類準備は万端。
 相続人様と銀行の会議室で、
 またもや大ハンコ大会です。

 司法書士の先生も同席くださっていたので、
 抵当権登記の書類も一緒に作っていただきながら、
 書類を確認しながら、慎重に万全に進めることができました。
 それにしても、時間がかかりました。

 お疲れ様でした。
 今日はゆっくりお休みくださいとお願いしました。

 ☆  ☆  ☆

 アカデミー賞が決まりましたね。
 ここでも以前書いた映画「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイが助演女優賞ということで、
 納得してます。

 美しく朗々と歌われてしまいかねない"I Dreamed A Dream” を、
 恐怖のなかで嗚咽しながら切々と歌い上げていく姿は、
 アカデミーをも魅了したのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 会場がドルビーシアターと呼ばれながら、以前からのコダックシアターにそっくり。

 あれぇ?と思って見てみると、
 
 コダックシアターと呼ばれていた毎年の会場は、
 フィルムメーカーのコダックが2020年まで命名権を取得しながら、
 2012年1月に連邦倒産法適用申請したのは、ここでも書きました。

 その後、ドルビー・ラボラトリーズが命名権を獲得し、
 「ドルビー・シアター(Dolby Theater)」と命名したのだそうです。
 名前が変わっていたのですね。

 映画は、フィルム製作からデジタル製作に変わり、
 ドルビー社のデジタル音響技術はその象徴です。
 日本の富士フイルムさんは、昨年9月で映画フィルムの製造を中止したとか。

 栄枯盛衰です。
by expresstax | 2013-02-25 23:07 | 相続・贈与

ご相続の大ハンコ大会、そしてまた校正、校正

 ご相続人様たちが、集まってくださいます。

 遺言書があったのですが、遺言後の小規模宅地の特例改正などを受けて、
 皆様の協議で一部変更なさいました。

 その変更のための遺産分割協議書も必要でしたので、
 相続税申告書や代理権限証書だけでなく、ご捺印書類が山のようになりました。 

 大人数ですから、ご都合のつく状態で分散して集まっていただきます。
 つど、ご説明をし、ご理解をいただき、進めます。
 細かなところも、微塵も疑問を残さないように、質疑を繰り返します。

 説明が終わったら、いよいよ大ハンコ大会。
 書類を、リレーのように回して、
 居並ぶ相続人様おひとりおひとりが、
 ご自身の署名箇所・捺印箇所に記載していただきます。
 
 サインも捺印も、力を合わせて相続を成し遂げた、誇り高い証(あかし)です。
 これまでの幾多のお話合いや、迷いやとまどい、ご苦労が、実を結ぶときです。

 その思いを込めて、サインしていただきますが、
 それでも、
 書類がぐるぐる回り、お一人あたり、数十回もサインしたり捺印したり、というのは、
 大変な作業です。

 最後は、納付書をお渡しして、期限までに納付していただきます。 
 お疲れ様でした。

 あとは、我々が責任をもって提出、ご返却申し上げます。

 ほんとうに、お疲れ様でした。
 今日は、ゆっくりお休みくださいね。

 ☆  ☆  ☆

 大ハンコ大会が終わると、
 こちらは、大校正大会です。
 がんばります。。。


















 
by expresstax | 2013-02-21 23:29 | 相続・贈与

税理士先生へのご提供資料、そして麻布十番豆源さん

 確定申告を進めていますが、
 優先しているのが、税理士先生たちへのご提供資料です。

 資産関連の複雑な案件や重要な案件については、
 申告書に添付できるところまで、弊社が担当することがあります。
 ときには、申告書の該当箇所の書き方まで添付します。

 譲渡所得の内訳明細書以降とか、
 贈与の課税価格の評価額以降とか、
 あるいは意見書だけとか、
 国税さんから疑義を受けないノウハウてんこ盛りの付属資料にします。
 弊社は、復代理だったり、複数代理だったり、影武者(^^;)だったり、です。

 顧問の先生の作成なさる例年の所得の申告に、
 弊社の提供計算を、ドッキングして確定申告書を完成していただけます。
 
 事案の計算と添付資料があれば、
 そこから先の所得税や贈与税の税額計算は、そんなにご負担になりません。(^_-)b
 そこは顧問の先生にご担当いただくわけです。

 そのご提供資料の提供期限を、確定申告の税務署さんの受付開始日として、
 マキを入れてやってきました。

 何とか納品できると、ちょっとほっとします。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 麻布十番に行きました。

 担当税理士さんたちとご飯をしてから、
 事務所にお土産を買おうしまたが、
 いつもの鯛焼きの浪花家総本店さんはお休み。

 ほてほてと行くと、豆源本店さんが。
 揚げおかきを揚げてるところに感動しながら、写真をとりわすれました。
d0054704_0593067.jpg


















 お土産です。
 左が「釜なりや」という釜むし饅頭、右が揚げおかきです。
 お、「揚げたて」とありますね。
 お豆のお店で、なんでお饅頭?という質問には、
 小豆だからじゃなぁい?というQ&Aが飛んでいました。(^^)
 美味しいお饅頭でした。ごちそうさまでした。
d0054704_143541.jpg



























 

 
  
by expresstax | 2013-02-20 23:45 | 確定申告

雑誌アエラ2013年2月25日号に掲載されました。そして校正

 週刊アエラ平成25年2月25日号に取材記事が掲載されました。
 表紙は、名前で話題になっているフィンランドのユルキ・カタイネン首相ですね。 
 でも、あれれ?
d0054704_0234931.jpg



















 ☆  ☆  ☆

 いくつかの校正作業が続きます。
 編集者様にはご造作をおかけします。
 ふう。
by expresstax | 2013-02-19 23:34 | パブリッシング

がんばっているときに、そしてバンソーコ

 事務所メンバーが、お仕事で苦労していると聞きました。
 なかなか大変なようなので、
 そのままでは、メンバーがツブれてしまうのではないか、
 メンバーのためにならないのではないか、と懸念して、
 そのお仕事自体を、整理した方がよいのではないかと、相談していました。

 弊社にとっては、お仕事そのものより、
 メンバーが活き活きお仕事できることこそが、第一番に大切だからです。

 でも、直接メンバーに聴くと、
 苦労しながら、工夫し、改善を図っていたそうなのです。

 もしや!
 勘違いをしていたのかもしれません。

 メンバーのためにと、そのお仕事を整理してしまったら、
 せっかく苦労し、少しずつでも改善していこうとしていたメンバーの陰ながらの努力を
 無にしてしまうのかも、と思い当たりました。

 せっかくがんばっている状態に、水をさしてしまうのでは、メンバーのためになりません。

 気づいて何よりでした。
 さっそく方向性を、本音で、本気で、検討しましょう。

 ☆  ☆  ☆

 先週、思い切りコロんで、怪我をしてしまいました。
 こんな時期なのに、と、反射神経のニブさを、恨めしく思っています。
 頭のバンソーコ、早くとれないかな。(>_<);;

 事務所メンバーからは、
 「ヒール、高いの、よくないんじゃないですか」と言われてしまいました。
 はい、おっしゃるとうりです。(>_<);;
 低いの、さがしてきます。
by expresstax | 2013-02-18 23:58 | 事務所

レディ・ゴディバ、そしてバレンタインデー

 今日はバレンタインデー。

 世の子供たちは、手作りプレゼントを競い合い、それができないと仲間はずれになっちゃうとか。うーん、それもどうかな。

 ☆   ☆   ☆

 お客様とのお話の中で、有名なチョコレートブランドのゴディバのことを伺いました。
 実は、税金にゆかりがあると。
 ありがとうございました。

 教えていただいて、ゴディバのホームページに行くと、
 ゴディバエピソードのページがあります。
 「GODIVAの由来」
 
以下引用です。==========================
 「ゴディバ」の名は、11世紀の英国の伯爵夫人レディ・ゴディバに由来します。「ゴディバ」のシンボルマークである、馬に跨った裸婦こそが、重税を課そうとする夫を戒め、苦しむ領民を救うために、自らを犠牲にした誇り高き彼女の姿です。

 領主レオフリック伯爵とその美しい妻レディ・ゴディバの伝説は、1043年、英国の小さな町コベントリーで生まれました。レオフリック伯爵は、コベントリーの領主に任命され、この小さな町を豊かで文化的な都市へ発展させようと決意しました。

 大変信心深かったレオフリック伯爵とレディ・ゴディバは、初めに大修道院を建設しました。修道院はさまざまな宗教的、社会的活動の中心となり、この成功により伯爵の野心はますます燃え上がり、次々と公共の建物を建てては、領民から取る税を増やします。あらゆるものを課税の対象とし、肥料にまで税金をかけ、領民は重税に苦しみます。

 心優しいレディ・ゴディバは、貧しい領民にさらに重税を課すことがどんなに苦しいことか、伯爵に税を引き下げるよう願い出ました。伯爵は断りましたが、彼女は何度も訴えます。ついに議論に疲れた伯爵は、彼女に告げます。「もしおまえが一糸まとわぬ姿で馬に乗り、コベントリーの町中を廻れたなら、その時は税を引き下げて建設計画を取り止めよう。」

 翌朝、彼女は一糸まとわぬ姿で町を廻りました。領民たちはそんな彼女の姿を見ないように、窓を閉ざし敬意を表しました。そして伯爵は約束を守り、ついに税は引き下げられました。

===========================

 つまり、伯爵である夫の領民への重税策に抗議した、
 奥様のレディゴディバの勇気ある行動を讃えたのが、その由来と。
  
 そうだったのですね。 
 ありがとうございました。

 増税ニッポンで、誰がレディゴディバの役割を果たすのか、
 身につまされるお話です。

 ☆  ☆  ☆

 事務所のバレンタインデーは、代表のために、
 ケーキで景気づけ(^^ゞをしました。
 ごちそうさまでした。
d0054704_0132341.jpg
by expresstax | 2013-02-14 23:13 | 折りにふれて

国税さんからのお尋ねハガキ

 お客様のところに、譲渡のお尋ねが届きます。
 昨年中の何らかの資産譲渡があった場合に、ハガキで、この時期に送達されるのです。
 また、資産の買い受けについてのお尋ねも届きます。
 誰からいくらで買ったのか、その資金はどこから調達したのかの調査です。

 これは、お客様が資産を売却した相手先が、買い受けについて、国税に調書を提出する、
 不動産等の所有権移転登記は、法務局からデータが送達される、
 株式の売買等は、証券の異動について、源泉税関連も含めて、調書が提出される
 送金事績、換金事績、等々、
 様々なデータが、国税に集中し、一元化されることにより、
 その人が、年間どんな取引をしたかを把握されるようになっているからです。

 昨年年初あたりの取引は、
 お客様ご自身が、ともすると忘れてしまっているかもしれないことを、
 ご丁寧に国税さんから、お尋ねが届くことで、
 あ、そうだった、と思い出すことができたりします。

 この数年、これら調書データ化のスピードアップはすさまじく、
 まるで個人資産情報が、丸裸になっている様相です。
 
 国税さんのデータベース化は、怖いようでもあり、
 申告漏れがないようにあらかじめアラームを発してくれるために、安心なようでもあり、
 お客様としては、フクザツな思いでしょう。
 
 弊社では、年初にお客様宛に確定申告チェックシートをお送りして、
 お客様にご確認、ご回答いただくようにしていますが、
 それも併せて、事故のないように、確定申告を進めていきます。
by expresstax | 2013-02-13 23:21 | 確定申告


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧