<   2012年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

会計基準と税務(署)基準

 ご相談をお受けしていて、
 最近、会計と税務の混乱を感じます。

 ひとつは、会計が、税務(署)基準で自主規制的に行われていることです。

 多くの中小企業では、「損金」と認められる範囲で、と
 その基準は、会社の経営判断ではなく、税務署さんの顔色判断。
 何ということでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 会社の経営上必要な役員報酬は、あくまで会計上は、販売管理費として
 費用計上します。
 会社経理での収益費用の認識は、会社の経営判断で行います。

 それが、百歩譲って、益金・損金として本当に不適切であれば、
 法人税申告上、益金算入や損金不算入として申告調整すればいいだけのこと。

 会計基準を適用する法定監査対象会社や上場会社では、当たり前のこのことが、
 中小企業の会計となった瞬間に、
 税務(署)基準に、萎縮してしまいます。
 
 時には、税務署に役員報酬を決められてしまうような、
 呆れた発言さえ聞かれます。
  
 いったい何時から国税は、日本の中小企業の人事部になったのかという話ですが、
 これは、実は、税務署さんの問題ではなく、
 中小企業の経理を指導する税理士の思想の問題です。

 そうした税理士から指導を受けて、
 身を縮めてしまっている中小企業の社長さんこそ被害者です。

 会社が、税理士が、自分の頭で考えず、
 他人や、権威や、権力に頼った思考法しかできなくなってしまったことの限界です。

 この発想を変えなければ、中小企業の自由で果てしない発展は望めないのではないか、

 ご相談をお受けしながら、
 これほど自由な今の世の中で、
 これほど不自由な世界があるのかと、
 暗澹たる思いになりました。

 会社の会計は、会社のものです。
 会社が、自社の経営判断で、きちんとした基軸を打ち立てて、
 のびのびと、前向きに、貪欲に、決定していく。
 そうして果てしなく発展する道を進んでいこうではありませんか。 

by expresstax | 2012-11-30 23:47 | 法人税  

報告書を書いたよ

 事務所メンバーが報告書を作成してくれました。
 先輩たちの意見を聞きながら、チェックを受けながら、
 工夫をして仕上げてくれました。

 処理をするのはプロではありません。
 報告をし、提案をし、深め、お客様と一緒に進むのがプロです。

 あれこれ、みんながアドバイスするたびに、ブラッシュアップされ、
 とてもいい報告書になりました。

 報告書の中に、メンバー自身で工夫した、キラッ!と光る部分がありました。
 アドバイスを具体的に実行するためのスケジュールを組んだんですね。
 まだお客様との議論ではそこまで行っていませんので、
 いったん、別紙にしました。

 面談の際、ご報告をすると、お客様が乗り気になりました。
 すかさず、メンバーは、別紙を提出。
 このスケジュールで進めましょう、という展開になりました。
 やったね。

 さらにメンバーは突っ込みます。
 おっ、と我々は横で聞きます。

 ご新規の、弊社では初めて決算を迎えたばかりのお客様に、
 弊社にご契約いただいた理由について、お尋ねをしました。 

 お客様は、資産や経理を整理して、
 後継者に橋渡ししやすいようにしたかったんです、とお答えくださいました。

 なるほど。
 次世代への想いが契約の動機だったというのは、初めて伺えたことでした。
 その役割を、今後、弊社は担います。

 そして、その役割を果たしていく上で、メンバーのお仕事の姿勢は、
 とってもGood Job(グッジョブ)!です。

 ほんとうに良い報告会を準備してくれました。
 ありがとう!
 この調子で、ばんばん成長してください。(^^)

by expresstax | 2012-11-29 23:48 | プロフェッショナル  

ご相続のご紹介、そして紅葉のカスケード

 ご紹介者様とご一緒に、ご相続のお客様とお会いしました。
 大変お立場のあるお客様です。
 お忙しい中でのご葬儀やお手続きで、お大変だったと思います。

 また、ご紹介者様、ありがとうございました。
 ご期待に違えないよう、心して、担当させていただきます。

 ☆  ☆  ☆

 今年も赤く染まった中庭のカスケードです。
 カスケードとは段差のある滝。
 中庭の水鏡の池と名付けられた池から、流れ落ちています。
 江戸城と同じ小松石で築かれた石垣です。
d0054704_1543797.jpg
















 手前はしだれ桜の葉、紅葉はモミジ。
 後ろに見えるのが衆議院赤坂議員宿舎です。
 選挙を控えて、ここの住民さんたちも、気がそぞろかも知れません。
d0054704_1571174.jpg 















 向こうは赤坂ツインタワーです。
 メタセコイアと楠の森が、境界の崖を覆っています。
d0054704_1592632.jpg

by expresstax | 2012-11-28 23:50 | お客様  

借地の無償返還契約書、そして永田町の紅葉

 お客様からご質問をいただきました。
 ありがとうございます。

 自己所有地に借地権を設定して同族の法人との賃貸借契約を締結するにあたり、
 無償返還条項を盛り込んだ賃貸借契約書を作成しようとして、
 ネットや書籍で調べたが、全く出ていない、
 どうしよう、というご質問です。

 建物所有を目的とする借地借家法に基づく土地賃貸借契約を結ぶ際に、
 借地権を設定しない取引というのは、原則として、ありません。
 借地権利金取引の慣行のある地域でありながら、
 むざむざタダで借地権を譲る地主さんはいないからです。

 同族関係者だからこそ成立する取引であり、
 少数派のレアな取引です。
 なので、ネットにも、一般の契約書雛形集などにも、掲載されていないのです。

 しかし、同族関係者間取引だからこそ、
 お手盛りの都合のいい取引を認めると、課税上不公平になってしまうと、
 税務上は、厳格な基準で運用されています。

 反対に、同族間取引であるのに、
 一般の民間同士の取引と同じように設定してしまうと、
 大変な不具合が生じます。

 こんなときこそ、
 契約書や議事録、税務署への届出書等、法的に万全なものが必要であり、
 それは弊社でご提供しています。

 お話しして、お客様が、ようやく安心なさいました。

 大丈夫です。
 完全コンプリート版をご提供しますから、
 確実な仕組みを構築していきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 霞ヶ関をチャリでポタポタ。

 紅葉の首相官邸です。
d0054704_1143237.jpg

















 議員会館と国会裏通りは、イチョウ並木が色づいています。
 枝落としされた後が生々しいです。
d0054704_1204289.jpg



















 ところどころからギンナンのにおいが。
 採集ファンがいるそうで、もう採集された後らしく、
 でも、残っているのも、ちらほらあります。
 議事堂周辺のイチョウ並木の歴史は古く、
 まだイチョウの雌雄別植される前の大イチョウなのでしょう。
 近年のイチョウの植栽は必ず雌雄別植されるので、ギンナンはできません。
d0054704_1232925.jpg
















 議事堂内部は、楠(クスノキ)など、常緑樹が多いですね。
d0054704_1272284.jpg



















 お、東京タワーの頭が見えています。
d0054704_1284586.jpg























 虎ノ門再開発の建築中のビルが見えています。
 弊社は、その足下にあります。
d0054704_1294156.jpg
















 もう空気は冬です。
 日々集合離反してヒートアップしている議員さんたちも、
 少し外の冷気にあたってみてはいかがでしょうか。

by expresstax | 2012-11-27 23:43 | プロフェッショナル  

税務調査はくる?こない? 心配なのは、ニセ国税職員

 先日、国税通則法改正に伴う先行取り組みによる税務調査の事前予告について、
 その対応法をお客様に告知したところ、
 告知をごらんになったお客様からご質問をいただきました。

 以前に弊社で相続税の申告を担当させていただいていたお客様です。
 「まだ税務調査がないけれど、今後、調査があるのでしょうか。」というご質問です。
 ありがとうございました。

 申告時点と、その後の期間の経過からみて、
 このお客様については、今後の
 税務調査(納税者を直接訪問する調査)の可能性は、大変低い旨、ご回答しました。

 とはいえ、可能性が全くゼロでもないでしょうから、
 万が一、調査予告の電話があったら、弊社ご案内通りに対応していただくように
 お願いしました。
 大丈夫ですよ。ご安心ください。

 ☆  ☆  ☆

 税務署の事務年度は、6月締めです。
 翌事務年度に入ると、資産課税第1部門によって、全事務年度の申告が整理され、
 臨場調査対象納税者を選別、その重要度の順にスケジュールされ、
 通常なら、7月から翌年6月までの間に、臨場調査が行われます。

 翌年6月までといっても、翌年2~3月は資産課税部門も、
 譲渡所得や贈与税申告での確定申告対応で超繁忙、
 その後の4~5月は、確定申告の整理でさらに繁忙ですから、
 実際に、臨場できる期間や件数は限られてしまいます。
 よほどの金融機関等への反面調査等、周辺調査に手間と時間がかかるなどして
 税務署の処理が遅れる場合は、翌事務年度に行われる場合もあるでしょうが、
 それは少ないようです。
 7月になれば、次の事務年度の事案が、続々と上がってくるからです。 

 周辺調査に時間のかかる、つまり、重要事案や複雑事案、大規模事案の場合は、
 真っ先に調査対象選定とするでしょうから、
 遅らせるということは考えにくいでしょう。

 また、重要事案・大規模事案などは、
 所轄税務署ではなく、国税局(あるいは広域税務署)の担当となります。
 この場合は、確定申告期でも臨場調査は実施しますから、遅らせることはありません。

 以上の結果、相続税申告をした後、翌々事務年度以降は、
 臨場調査の可能性は一般的に低くなるのです。
 
 ただ、繰り返しますが、
 可能性ゼロともいえないので、もしも税務署から連絡があるようであれば、
 弊社ご案内のように対応してください。
 
 また、調査可能性が低い状態で、税務署や国税を名乗る者から電話があったら、
 それは、国税をカタったニセ税務職員による詐欺犯罪の可能性が高いといえます。
 
 むしろ、このほうが問題です。
 必ず、弊社のご案内通りに応答して、万全を期してください。

 よろしくお願いします。

by expresstax | 2012-11-26 23:46 | 税務調査  

過去の資産資料の保管、そしてお布施のランチ

 今週もご相談が連続。
 ありがとうございます。

 ご相談をお受けしていて、ん、これは、と思ったこと。

 ご相談いただく際には、お客様に、
 過去の税務申告や資産関連資料をお持ちいただけるようにお願いしています。

 うろ覚えでのお話だけですと、大事な問題の判断のうえで、
 抽象的、曖昧にしかご回答できず、
 事柄によっては、トンデモないミスに繋がりがちだからです。

 ところが、過去の資産関連資料が、ご不明、
 あるいは、とても大事で大きなお取引や、大きな税務上の措置を採用したという場合の
 税務届出書の控えが散失してしまっている、
 などなど、ということがしばしばあります。

 例えて言えば、
 過去の借地権の無償返還届出書の提出の有無、
 相当の地代の改定方法に関する届出書の提出の有無、
 買換特例の適用の有無、
 消費税の課税方式の選択、
 などなどなど。

 もちろん、国税さんには閲覧制度がありますが、
 手間と時間がかかり、所轄税務署に行って、見せてもらうだけ。
 写しの交付を受けることはできません。

 ☆  ☆  ☆

 大切な書類なのに、なぜなくなってしまうんだろう?と考えてみました。

 思うに、
 その取引のときは、慎重に契約書や計算書、届出書を作成し、提出していた。
 税理士先生も、その控えを大切に、お客様にお渡ししていた。
 お客様は、大切に、法人税申告書や確定申告書等と一緒に、大切に保管していた。
 
 しばらく経って、「先生、だいぶ書類が貯まっちゃった、何年分保管しといたらいいんですか?」とお尋ねになると、
 「そうですね。7年か、10年は保管しておいてください。」とのご回答。

 そうか、じゃあ、10年取っとけばいいんだな、と、
 11年以上経過したモノは、バッサリ処分。
 その中に混じっていた、過去の大切な契約書や届出書も、あえなく処分されちゃう、という。

 そして税理士さんが交代したり、同じ事務所さんでも担当者さんが交代したら
 もう、わからなくなってしまう、という。

 そんな光景が浮かんできました。

 ☆  ☆  ☆

 書類保管の鉄則は、

 損益の資料は、年々のファイル保管でOKです。

 しかし!
 税務届出書等と、資産の資料は、
 その資産が存在する限りは、
 必ず、別途のまとめファイルに綴って、絶対処分せずに永久保管しましょう。

 弊社では、これらを「神様ファイル」と呼んで社内保管し、
 お客様には、「重要書類ファイル」を顧問契約時にお渡しして、
 逐次、そのファイルに綴っていただいています。

 ご資産を大切と思うなら、ぜひとも、大切な書類を守って上げてください。 

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお礼をいただいてしまいました。
 ありがとうございました。

 こうしたご請求以上にいただくお気持ちを、弊社では「お布施」と呼んでいます。

 どうしようか、とみんなでワイワイ、ランチに行くことにしました。

 事務所そばの智美術館内のレストラン、ヴォア・ラクテに予約して、繰り出しました。
 とてもおいしくいただきました。ありがとうございました。

 ホテルオークラへの江戸見坂を上ると端正な智美術館があります。
 1階がレストラン、地階が美術館です。
d0054704_2142658.jpg
















 レストラン入り口で。後ろは西洋館です。
d0054704_2155839.jpg
















 緑の庭園に面したレストランです。フレンチのフルコースを、堪能しました。
 お昼なので、アルコールもちょっぴり。(^^ゞ
d0054704_2162454.jpg

















 窓越しのゲストハウス。今は使っていないそうです。
d0054704_2233241.jpg



















 帰りの江戸見坂です。車が転がりそうな急坂です。
 左は日石、ケヤキの大木の黄葉が見事です。 
 右にナイジェリア大使館があります。
 日本コロムビアさんが、右手の江戸見坂森ビルに入居していました。
 赤坂4丁目の薬研坂の跡地には、今はタワーマンションが建っています。
 コロンビア通りという名前はまだ残っているのでしょうか。
d0054704_224690.jpg

by expresstax | 2012-11-22 23:34 | 資産運用  

税務調査の事前通知対応モデル問答を顧問先様へ送信しました。

 税務調査の事前通知の方法が、この10月から変わっています。
 これは、平成25年12月から実施される国税通則法改正が前倒しされる措置であり、
 9月の事務所通信で、報告していました。
 その税務調査事前通知方法について、国税さんが想定問答テキストを作っています。

 先週の社内研修で、我々もこのテキストを勉強して、
 これはお客様に個別に通知すべきだね、となりました。

 国税さんからの想定問答テキストの内容を発展させた、
 弊社オリジナル、対応モデル想定問答です。

 今日、さっそく弊社顧問先様への弊社からの「お客様連絡表」にまとめて、
 送信しました。
 郵便でもお送りしますので、届いたら、
 ぜひ、電話の前にでも貼り付けて、通知があった場合に、遺漏のないようにしてください。

 国税さんや、その他国税を名乗った詐欺集団が電話してきたときに、
 なるほど、ここはしっかりしている、と
 これじゃ、下手なことはできないぞ、と、ぜひ思わせてあげてください。(^^)

 よろしくお願いします。

 

by expresstax | 2012-11-19 23:45 | 税務調査  

税理士先生との相続税申告、そして寒風のヒマワリ

 税理士先生と、ご一緒に進めていた相続税申告のひとつが完了しました。
 
 今日は、お控えファイルをバッチリ作り、
 先生からお客様へご返却していただくばかりになりました。

 こうして、税理士先生とご一緒に進める申告。
 税理士先生からご紹介をいただいて、進める申告。
 複数の事案が進行しています。

 いずれのケースでも、資料の授受や申告の打ち合わせプロセスは、
 税理士先生に対して、オープンにしています。
 お仕事を受任した最初から、
 完成して申告して、税務調査を受けて、という最後のプロセスまで、
 全部オープンにご報告しています。

 そのプロセスの中で、契約のしかた、打ち合わせの仕方、資料のやりとり、
 財産評価の方法、財産目録や試算表、報告書の作り方、申告書の作成の仕方から、
 税務特例や複雑な事案の解決法まで、
 税務調査の対応法やその後のご親族の支え方まで、

 基礎から応用を、税理士先生に開示し、
 先生がお客様をご指導できるように、お示しします。

 次からは、この流れで、ご自身で受任し、ご自身で申告まで運べるように、
 いわば、相続税申告の、まさに実務研修を受けていただいています。

 こんな形ででも、一人でも多くの税理士先生が、
 より高いレベルで、ご相続人様たちからの信頼に応えていただけるようになれば、
 そのことで、業界が、ほんの少しずつでも、向上するようになればいいね、
 と話しています。

 そもそも、先生方が、現在のお仕事を、
 これでいい、こんなものだ、と思っていたら、弊社にご依頼になることはないでしょう。

 ご自身のお仕事に満足なさらず、
 相続人様への誠実な想いから、弊社にご依頼になっていらっしゃるのだと思います。

 その付託にお答えできるように、弊社も最善を尽くして、
 最高のお仕事を提供していきます。

 ありがとうございます。
 これからも、一緒に、がんばっていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 寒くなりましたね。
 虎ノ門のヒマワリは、寒風をついて、空に向かって花開いています。
d0054704_17521.jpg

by expresstax | 2012-11-16 23:49 | 税理士  

事件は現場で起きている

 年末に向けて、
 お客様の不動産の動きが加速しています。

 借地権買取、資産譲渡、親族間移転、過去買換物件の譲渡・・・。
 通常の売買だけでなく、歴史的に複雑な事情を抱えていた資産の権利調整や売買です。

 まるで不思議な啓示のように、
 音を立てて、動き出しています。

 フォローする我々は、持分算出、価格配分、大わらわですが、
 この期を逃すわけにはいきません。
 がんがん、追い詰めていきます。

 ☆  ☆  ☆

 情報には段階があります。

 現場で起きていることが、第一次情報、
 それがどこかで取り上げられて、新聞やネットで、事実の一部としての第2次情報、
 雑誌や本で取り上げられて、第3次情報、

 我々は、いつもその第一次情報に携わります。
 一番鮮度の高い段階です。
 あれこれ考えるより、聞いてしまう、会ってしまうのが一番です。

 新聞で見てからでは、ちょっと遅いのです。
 新聞やネットは、ある意味大本営発表です。
 でも、日本や世界での、相対的な位置づけはできます。

 本を読んでからでは、遅すぎるのです。
 でも、種々の思想や見解や哲学のフィルターを通した幅広い解釈を整理できます。
 「トンデモ」解釈だって、いわば「悪魔の弁護人」です。

 ☆  ☆  ☆

 講演や本で、評論家の話や本は、だからつまらないのです。
 人が咀嚼しきったものを並べ直して、「おしゃべくり」しているだけになるからです。
 自分は何も生まない。創らない。
 そんな人の話は、全く面白くありません。

 産みの苦しみを知らない人が、何をどう言おうが、価値はありません。

 お役人でも、課長補佐レベルの人の文章や講演は、面白いと思います。
 現場からの突き上げと、上からの政策指示の両方の現場に立ち会いながら、
 そのせめぎ合いのなかから、法律を草案していく立場からの声だからです。
 良い悪いではなく、面白いのです。

 セミナーをやる場合は、評論家を講師には呼びません。
 呼ぶなら、現場の人です。

 評論家は講演や執筆を生業(なりわい)にしているので、食いブチとして話術で話します。

 現場の人は、本業がありますから、講演を食いブチにはしません。
 話術が下手でも、その情報と、話す姿勢と世界観に、価値があります。 

 たまさか、税務に携わって、
 常に一次情報の現場に立ち会える、
 原石に触れるかのようなこんなゾクゾク感。
 手放すわけにはいきません。

 現場に身を置きましょう。
 現場に耳を傾けましょう。
 それが我々を、果てしなく成長させるのです。

by expresstax | 2012-11-15 23:19 | プロフェッショナル  

解散・年内カウントダウン、そして虎ノ門の朝顔とサザンカ

 衆議院の解散が決まりました。
 瞬間、円相場と株式相場が動き出します。
 総選挙は12月16日と。
 さて、税制改正はどうなりますか。
 
 事務所業務も、
 新しい顧問先様の決算の立ち上げ、
 相続試算など、今年の課題の総仕上げ、
 相続税申告の提出が連続、
 ばんばん売買、
 がんがん贈与・・・

 年末体制へと突き進みます。

 ちょっと風邪気味ですが、もたもたしてられません。
 
 ☆  ☆  ☆

 朝の虎ノ門、桜田通りの朝顔が満開です。

 再開発道路の瓦礫に咲き乱れていた青紫の朝顔が、
 道路際まで進出しています。

 左下の山茶花(サザンカ)は季節通り。
 朝顔とサザンカが並ぶという、とんでもない気候です。
d0054704_044120.jpg

by expresstax | 2012-11-14 23:56 | 税制改正