<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 七転八倒して、原稿を書いてます。
 はい、ブログ、サボりました。すみません。 m(_ _)m

 と、こうしている間に、 
 平成24年度税制改正法案が国会上程されました。

 財務省のページの「租税特別措置法等の一部を改正する法律」です。

 あ、法案名は、租税特別措置法、ってなってますけど、
 ちゃんと、所得税法や法人税法の改正も入ってるんですよ。
 よーくみると「租税特別措置法『等』の」って、「等」がついてますね。
 これが、その他の法律も、ぜ~んぶ、というイミです。

 実は、税務専門誌の論稿のゲラ校正のタイミングで、ちょうど法案が出た、ということで、
 編集者さんが、あらかじめ法案を送ってくださっていたんですが、
 ホームページに、さっそく掲載されたんですね。

 でも、こうしてみていただければわかるように、
 素の、本当の改正法案って、とても読みにくいんです。
 え?見たくないって?そりゃ、そうですよね。

 「へ」を「に」に、「を」を「は」に、「マルマル」を「カクカク」に改め、
 「どうのこうの」を削り、「ああだこうだ」を加え、ってのが、延々と続きます。
 これを読み込んでいくんです。

 他の法律って、そんなにしょっちゅう改正ってないですよね。
 こんなに毎年、最近では年に3回くらい(トホホ)改正されるなんてのは、
 税法くらいなもんで、朝令暮改どころじゃないですよね。

 でも一方で、これを書いてるお役人さんもいるわけで、
 弁護士の関根稔先生流にいえば、「不思議の国のアリス」の「赤の兵隊」ですね。
 
 彼らからしたら、あらゆる他の関連法への影響や、ツジツマや、
 一字一句、水も漏らさぬように、完璧な法文にしなくちゃならないわけで、
 あげく、完璧な改正法案を作って、ミッション・コンプリート!しても、

 国会通るかどうかさえ、わかんないわけで。

 それに比べりゃ、こちらは読むだけじゃん、なんですが、
 それでも、頭を抱えながら、改正法、読んでます。。。

 肝心カナメの具体的な要件は、「政令で規定する」と政令委任。
 
 これぢゃ、わかんないじゃないか~!と。

 それに、経過措置もあるので、スミからスミまで読まないと、
 うっかりすると、ど~んで~ん返し~!もありうるので、
 気が許せません。

 税理士って、んっとに、難儀な商売です。。。
by expresstax | 2012-01-31 23:47 | 税制改正

電子申告の気持ち悪さ?

 11月決算は、昨日で全社完了。
 特に今年は、全社とも電子申告で行いますから、とてもカンタンになっています。

 さて。

 今年から初めて電子申告を選択したお客様。
 電子申告を選択するかどうか、打診させていただくと、さくっと了承。
 もう、サインも捺印もありません。
 税理士としては、要ともいえる代理権限証書への社長の捺印もありません。
 税理士の捺印も不要。

 いままで、たくさんたくさんの書類に署名していただき、ハンコを押していただいた作業、
 税理士も同じだけ署名と捺印しますから、
 社長様だけに苦労はさせませんよ、なんてお話していたのが、みんな省略。
 カンタンです。

 それはよかったんですが、でも、何だか座りが悪いです。

 今まで、決算の打ち合わせ、内容のご確認、決算説明会、
 その後の、いわば儀式的な意味も含めての、署名、捺印。
 
 これがなくなって、
 極端には、さくさくと税理士が決算申告を組んでしまって、
 さくさくと申告書を作成、
 社長様にメールで送って、OK?とばかりに、ぽーん!と、電子申告、できちゃうわけです。

 カンタンちゃ、カンタンですが、どうも。

 例えば、最悪、メールで送って、OK?と確認して、
 最低限、「OK」のレスメールをいただいて、ということでも、いいのでしょうが、
 何らかの確認のエビデンスはほしいところです。

 Anyway,
 そもそもが、定時株主総会で決算の承認を経て、という手続きがあっての税務申告ですから、
 その気持ち悪さの解消、
 考えています。
 社長様達、ご協力、よろしくお願いします。 
by expresstax | 2012-01-26 23:45 | 法人税
 最近のご質問で、
 会社負担のマイカー通勤の交通費の問題、
 法人が役員の結婚式費用を負担する問題、が連続しました。

 もちろん、税務の取り扱いは、それぞれ、法令や判例などで出ています。

 マイカー通勤の非課税規定は、ちょうどこの平成24年1月1日から、
 従来の公共交通機関利用の金額(最高10万円/月)を限度という扱いが取り外されて、
 距離対応費用(上限24,500円/月)しか見てもらえないことになりました。(所得税法施行令20の2
 平成23年度の税制改正ですね。
 
 また、法人主宰での後継役員様の結婚式費用を、会社が負担できるか、については、
 役員に対する法人のはなむけの意味で交際費とされない社葬などとの違いで、結婚式はあくまで私的行事と見られるために、その役員への役員賞与とされるのが一般的見解です。(昭和50年2月14日京都地裁判決)

 いずれも、いわゆる法人の役員や社員への現物給与=フリンジベネフィットの問題です。

 もちろん、法人サイドでは損金、受け取る社員サイドでは給与課税なく非課税、となれば、
 税務上、有利ではあります。

 でも、例えば、法人がこれらを負担して上げて、結果的に給与課税となっても、
 受ける社員さんとしては、負担は源泉課税(所得税・翌年の住民税)だけなのですから、
 全額自費負担するよりは、はるかにありがたい話しです。

 ということは、法人として大切に思う役員さん・社員さんには、
 給与課税を受けたって、損金にならなくたって、
 負担してあげる、というのも、経営の選択肢としては、アリ、ですよね。

 何でもかんでも、損金となり、非課税となり、という税務センスは大事ですが、
 非課税枠を超えるから切り捨てる、というのではなく、
 税金かかったって、見て上げたい、という、
 そもそも論で、法人と社員さん・役員さんの血の通った関係って、
 大切にしていけるって、いいなあ、と思います。

 で、じゃあ、実務上、どうするの?といえば、ね。
 あのね。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 実は、こんな議論を、友人税理士と、やってたんですよ。
 友人は、その分野のプロ。

 答えをもらう、というのではなく、わいわいやってるうちに、
 考えが整理されていきます。

 こういう知恵袋の友人は、まさに、財宝ですね。

 ありがとう!!! (^o^)/ 
by expresstax | 2012-01-25 23:04 | 法人税
 雪が積もりました。
 暖かな地域で育った自分には、ことのほか、寒さが身にしみますが、
 寒い、なんて愚痴ったら、北国の方々から、お叱りを受けますね。

 事務所エントランス付近にも、雪が。
 でも、常緑の植栽は、しっかり雪を支えています。
d0054704_137751.jpg



















 老人ホームに入居中のお客様から、お電話をいただきました。
 後継者様と連携の確定申告を、気になさっています。

 大丈夫ですよ。
 皆様、がんばってますから、無事に進めますよ、とお答えしましたら、
 安心なさったお声が帰ってきました。
 先生にお願いしているのだから、心配なんかしてないんですが、
 手を煩わせていると思うと、と、
 また、ご心配なさっています。

 大丈夫ですよ。
 ご報告に伺いますから、安心して、待っていてください。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告のご資料と、弊社からお送りした確定申告の確認シートが、
 徐々に届き始めました。
 
 受け取る都度、お電話で到着をご報告します。
 中には、昨年初めて担当させていただいて、ご無沙汰のお客様もいます。

 元気なお声の向こうに、元気なお顔が目に浮かびます。
 お互いの元気の確認と、暖かな言葉のやりとり。

 こんなお客様とのキャッチボールが、私は大好きです。

 税金は、弊社がしっかり進めますから、
 寒い雪の日。
 暖かくして、お身体大切に、お気持ちゆったりと、お過ごしくださいね。 
by expresstax | 2012-01-24 23:27 | 折りにふれて
 週刊エコノミスト2012年1月31日号は、相続特集です。
d0054704_233498.jpg



















 この、「対策編 プロがお勧めする保有資産別の相続対策」を担当しました。

・上場企業役員──都心への自宅買い替えで小規模宅地評価減の特例適用
・不動産管理の地主──土地の整理統合と相続税納税資金対策を
・金融資産家──意思能力があるうちに運用資産の保全と配分を
・一般会社員──自宅をどうするのか 遺言書を残す
・中小企業経営者──後継者の有無で変わる相続対策

 原稿からかなりデフォルメしたカットになりましたが、
 とてもよくまとめていただきました。

 ご担当いただいた編集のA様、ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 先日、ここでコダックと富士フィルムのことを書いた際に、
 ロングテールという表現を使いましたら、ロングテールって何ですか?とお尋ねいただきました。ありがとうございます。

 長いしっぽ、では意味が通じませんよね。

 ロングテールというのは、売れ筋ではなく、在庫を置きがたい「死に筋商品」をいいます。

 従来は、全商品を並べて販売個数を棒グラフにして横に描くと、
 売れ筋はダントツ高い棒グラフが並び、
 対して、売れ筋以外の商品は、年に数個売れるか売れないかで、低い棒が、横に長~く並び、
 それを繋げると、売れ筋以降は、長~いしっぽのよう。
 これがロングテールです。

 売れ筋以外の商品は、店舗に置くとしたら、到底やってられない商品ですが、
 それでも、確実に年に数回は売れる。

 ナガオカのレコード針のような絶滅危惧種のような商品もあれば、
 そもそも販売機会がレアな超高額品もあり。
 滅多に壊れない工具など、でも、とても必要。

 今では、こうした商品をロングテールと呼んでいます。

 例えばナガオカのレコード針は、絶滅するかと思いきや、がっちり残存者利益があるんですね。
 だから富士フィルムも、フィルム部門が1%になったって、それでも残してます。

 こんな風に、商品のニーズと販売機会を見ていく目が、
 こないだのPPMマトリクスには必要なんですね。

 そして、弊社がロングテールだというのは、
 資産についての税務って、総量からみたら数は少なくても、確実に必要とするお客様、
 =資産を所有し、資産回りの総合的な税務解決を強く求める法人・個人という
 とてもコアなお客様=が、いつの時代にも、確実に存在するので、
 そこにお応えする、という意味です。
 かつ、こうしたお客様へのお仕事は、
 単にそのとき売りっぱなし、ではなく、
 とても長期的なサービスという意味合いも、時間軸での長いしっぽの雰囲気、ありますよね。
 
 だから、本当は、商品というより、マーケットセグメントとしての位置づけですね。これは。
 あ、また、カタカナ言葉で、お茶濁してますか。(^^ゞ 
by expresstax | 2012-01-23 23:06 | パブリッシング
 グループ法人内で、1千万円以上の資産の譲渡をした場合、
 その譲渡益については、譲渡損益調整勘定を立てた上で、特別利益から減額のうえ、
 買取グループ法人が次に譲渡や償却を行うまで、課税を繰り延べます。

 そして、この会社の株価を算定する場合、類似業種比準価格はどうするか。

 同様に、グループ法人内での寄付金について、利益積立金額で寄付修正を行う場合など、
 同様に、評価方法が問題になります。

 質疑応答が出ていたのですね。
 「1株当たりの利益金額-譲渡損益調整資産の譲渡等があった場合」など

 理屈からいえば、非経常的利益である譲渡益の調整ですから、加味しない、
 また、買取法人が譲渡や償却により売主法人が戻入益を計上する場合も、
 これは控除して、利益金額の計算に加味しない、
 ということになります。

 そして、完全支配関係会社間寄付があった場合に寄付金を「寄附修正により利益積立金額が変動する場合の調整」では、
 法人税の規定でもう処理済みなんだから、評価上、もう調整しないんだよ、としています。

 うん、自然に考えて処理すればよし、ということになるんですね。

 制度が変わると、いろんなところで、新しく対応しなくちゃなりますから、
 んとに、頭の体操ですね。

 まあ、これは質疑応答(審理事務)として出されてるんですが、

 そういえば、この自社株(取引相場のない株式)の計算、
 こまかな端数処理だのなんだの、
 国税の書式の中の記載方法の手引きにしかないよね~、
 たかが手引きで、端数処理とか、大きな影響のある基準を決めるなんてね、
 と思っていたら、

 「相続税及び贈与税における取引相場のない株式(出資)の評価明細書の様式及び記載方法等について・平2.12.27直評23」という、
 立派な個別通達が出ていたんですね。

 すみません。(^^ゞ
by expresstax | 2012-01-20 23:05 | 自社株
 昼間、事務所ニュースを発行しなくちゃと、パソコンにかじりついていたら、
 ネットのニュースで、米イーストマンコダック社が破産申請と。
 とうとう、です。

 アカデミー賞の発表会場は、今年も同じ名前でしょうか。

 対して日本の富士フィルムは、現在フィルム部門は全体のたった1%。
 いわばロングテールで、継続させているのでしょう。

 富士フイルムは、2000年段階で、売上の2/3は写真フィルムだったそうですが、
 その年から、フィルム部門が毎年25%減となったことをきっかけに、全事業部門を洗い、
 医薬品・医療機器部門へとシフトしてきたそうです。

 そういえば、毎年受ける人間ドックを、今年はご近所の虎の門病院に予約しているのですが、
 理由は、胃カメラ(内視鏡検査)を、鼻から挿入してできる経鼻内視鏡検査ができるのが、
 虎の門病院だったからです。
 そして、経鼻内視鏡検査のドックを、どの病院なら受けられるかは、
 富士フイルムのページでわかります。
 これってつまり、経鼻内視鏡検査機の製造納品を
 富士フィルムがほぼ独占しているからですよね。

 えー、話しが横道にそれたので、もといっ。(^^ゞ

 コダックは、写真フィルム全盛時代に、選択と集中の名のもとに、
 研究部門を外部放出してしまい、その後の業態転換ができなくなってしまったとのこと。

 ここで思い出すのは、PPM=プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント。
 市場成長率とマーケットシェア(市場占有度)を相関分析する考えで、
 金のなる木とか、負け犬、の言葉を聞けば、ああ、あれか、と思いあたるでしょう。
 ボストン・コンサルティングが編み出し、市場分析を視覚でマトリクスにしてみせます。

 市場成長率を縦軸に、市場占有度を横軸に、4つに分類します。

  花形(スター)          問題児(プロブレムチャイルド)

  金のなる木(キャッシュ・カウ)  負け犬(ルーザードッグス)

 金のなる木は、市場占有率は高いけど、成長率は低。
 刈り取りをしながら、次の花形や、問題児の開発を急がねばなりません。
 負け犬は、いかに早く撤退するかに尽きます。

 コダックは、金のなる木に溺れて、
 次の花形や、成長の目である問題児の育成を放棄してしまいました。

 富士フィルムは、金のなる木から花形へと舵を切りながら、問題児にも注目していた。
 富士フィルムを名乗りながら、フィルム事業がもう1%というのは、負け犬整理の結果。

 このタイミング判断で明暗が分かれています。

 さて、われわれ税理士でいえば、
 自分の事務所の商品について、このPPMマトリクスを、どう描くでしょうか。

 昨日の歯医者様のお話を、ちょっと思い出しています。

 あ、ウチの事務所ですか?
 確信犯のロングテールです。(^_^)
by expresstax | 2012-01-19 23:48 | 経営
 ご紹介でとても優秀な歯医者の先生とお会いしました。
 といっても我々の歯の治療ではなく、税務のお仕事です。

 弊社は、従来お医者様のお仕事は、数えるほどだったのですが、
 このところ、お医者様、それも、たいへん素晴らしいお医者様との出会いを
 偶然、連続していただいています。

 とても優秀な歯医者様で、
 インプラントを初め、世界トップクラスの先進的かつ優秀な技術で、
 患者様を治療なさっています。
 無給でもいいから働かせてほしいと、
 先生のクリニックには、お弟子さんのドクターさん達まで押しかけています。

 ご自身の患者様の治療だけでなく、講演や研修会で、多くの歯医者さんたちに技術を教授し、
 ひとりでも多くの歯科医師が、新しい技術に習熟して、事故なく、
 患者様からありがとうと言われるように、とおっしゃいます。

 税務を担当させていただくことで、ぜひともお役に立てれば、と思っていた矢先、
 たまたまNHKテレビの「クローズアップ現代」を見ていましたら、
 「歯科インプラント トラブル急増の理由」を放映していました。

 インプラントが、高額で、歯科医師にとって、すぐ収益に結びつきやすいために、
 訓練もしていない歯科医師が、とびついて、
 被害患者を続出させている、という報道です。

 確かに、毎年の確定申告で医療費控除の領収書を拝見していると、
 高額な領収書の多くはインプラントです。
 中には、お口の中に、ベンツのSクラスが入っているような方もいらっしゃいます。

 収益に繋がるからといって、猫もしゃくしもインプラントになだれ込んで、
 でも、技術や検査や治療の訓練も、研究もなおざりに置き忘れられたら、
 こんな恐ろしいことはありません。死亡事故も起きているのです。

 先生のお力で、そんな事故がひとつでも減っていってほしいものです。
 
 顧みれば、税務の業界でも、似た状況はあります。

 景気が悪くなり、開業率が下がり、事業閉鎖法人が激増し、顧客のパイが減って、
 さらにどんどん変わる税制の中で、
 追いついて行けなくなった税理士さんや会計士さんが、

 法人顧問料が、月数千円を争う価格競争に突入するしているからと、
 不慣れな業務を、やみくもに受けてしまっているような痛ましい現況が、確かにあります。

 せめて、同業者同士、学びあい、切磋琢磨し合って、
 本当にお客様に信頼されるお仕事を築いて行けたら、という状況も、
 なんだかとても似ています。

 立つ地平が同じであれば、
 さらに一緒にがんばっていく意味もあるというものです。
 よろしくお願いします。
by expresstax | 2012-01-18 23:46 | プロフェッショナル
 年末、そして年初から5月頃までは、
 税務について、年中行事的に、我が業界は繁忙期となります。
 年末調整・法定調書、そして確定申告や3月決算ですね。

 特に、個人の譲渡税や贈与税申告がこの時期に一気に集中しますから、
 資産税に関わる場合、この時期は集中して当たり前。
 むしろ、この時期、ヒマしてたら、ちょっと経営上モンダイかもしれません。

 ただ、譲渡や贈与は、「売っちゃいました」とか、「もらっちゃいました」とかの
 過去処理の場合はともかく、
 譲渡や贈与の時点から弊社で関与させていただいている場合は、
 当然、その時点で、数字ベースで税額まで試算の上で進めていただいていますから、
 税務申告とはいっても、8割方は、できあがっています。

 譲渡所得は、さすがに、年末までの他の所得や所得控除関係の資料が揃わないと
 申告書作成はできませんが、
 贈与については、税務申告ソフトの申告バージョンさえリリースされれば、
 完成形になります。

 そんなわけで、弊社では、この時期に、お客様に確定申告内容についてチェックしていただくシートを作成し、申告のご依頼をいただいた方に、一斉にお送りしています。

 これで、確定申告書の用紙が、税務署からお客様に発送されるのが、
 今年は20日以降ですので、
 用紙がきたけどどうしよう、ということにはなりません。

 とにかく、早め、早め、が、事故防止、最有利申告を決めます。
 
 どうぞ、よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 桜田通りに、おや?!
d0054704_0443265.jpg


















 なんと、街路樹に実が。この時期ですから橙(ダイダイ)でしょうか。
d0054704_0453869.jpg






















 周辺は、全てイチョウの街路樹です。
 何かの配慮で、残されたのでしょうか。
 上の方だけ実が残っているのがおもしろいです。
by expresstax | 2012-01-17 23:14 | 税理士
 恒例のJRMA様の新年の総会での講演をさせていただきました。
 JRMA様は不動産経営者様の勉強会です。

 例年ですと税制改正をテーマにするのですが、
 今年は、最近のご相談で多くなっている税務調査について、お話ししました。

 オープンにできない話しもたくさんありますので、ノーレジュメです。
 弊社の、過去二十年、重課事案ゼロ、税務特例100%是認の実績の秘訣について、
 ご報告しました。
 
 レジュメがなくて大変だったと思いますが、とても熱心に聞いていただき、
 ありがとうございました。

 誇り高い税務調査対応で、税務署さんからも尊敬されながら、
 正々堂々、正面突破で後顧の憂いのないように、
 税務の実績を作り上げていただきたいと思います。

 ☆  ☆  ☆

 ようやく経済雑誌の原稿を、送信しました。
 編集者さん、ご心配をおかけしました。

 過去の掲載例と、だいぶ違うニュアンスになったので、心配しましたが、
 オッケーとのこと。ありがとうございます。

 ☆  ☆  ☆

 お年始をいただきました。
 お心遣い、ありがとうございます。

 おいしいクッキーの詰め合わせです。
 ありがとうございました。
d0054704_0291459.jpg



















 おなじみのうなぎパイを贈っていただきました。
 ブランデー味があるんですね。びっくりです。ありがとうございました。
d0054704_0305396.jpg
 
by expresstax | 2012-01-16 23:18 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax