<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

相続税の最速申告、そして8月も終わり

 相続税のご申告を完了。
 実に、法定申告期限まで、2か月以上前です。
 過去、最短ですね。

 納税も、申告も、ご遺産の配分も完了。
 ご相続の手続きでは、相続関連費用を差し引いて、お手取りで受けていただきますから、
 相続人様たちに、早く代償金を受け取っていただけました。

 お疲れ様でした。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 そんなこんなで8月も終わり。
 
 それでも、朝の赤坂氷川神社の境内は、蝉時雨。
d0054704_045129.jpg


















 朝6時半からのラジオ体操と太極拳です。
d0054704_0472666.jpg




















 境内の地面のとこどどころに、穴が。何でしょう。
d0054704_049192.jpg


















 朝からの蝉時雨と、夜には、もう、虫の声。
 8月が終わります。
d0054704_0511096.jpg
by expresstax | 2011-08-31 23:37 | 相続・贈与

ヒヤヒヤの自社株評価、二要素以上ゼロの危険

 自社株=取引相場のない株式の評価方法には、
 上場同業他社の株価との比較で計算する類似業種比準価額方式と、
 会社の純財産額で計算する純資産価額方式があります。

 土地や株など含みの多い資産を持つ会社の場合、
 類似業種比準価額のほうが、相対的に低くなるので、
 加重平均計算で、
 この価格を、どう引っ張れるかが、自社株評価では、大きなポイントです。

 この類似業種比準価額の比較要素は、
 配当・利益・純資産の数値で見ます。

 そして、そのうち2つ以上について、
 直前期・直前々期、直前々々期が、ゼロ以下となると、
 さらには、直前々々期は、ゼロでなくても、
 直前々期と直前々々期との平均がゼロ以下だと、

 2要素以上ゼロの会社として、他社比較で計算するのは、不合理ですね、と、
 純資産価額だけで計上しなさい、となってしまいます。
 資産の多い会社は、株価が激増。贈与税や相続税が激増、です。

 ここで、前期赤字、前々期赤字、前々々期黒字の会社がありました。
 (赤字や黒字って、正しくは、法人税の課税所得で判定します。(^_^)b)

 あ、黒字があるから、オッケーかも、と見ていたら、
 なんと、前々期の赤字>前々々期の黒字で、
 この場合は、2年の平均を見るんです。で、ちゃちゃっと計算すると、一瞬、赤字。

 どっひゃーっ!2要素ゼロか!と、焦っていましたら、
 「特別利益と特別損失があるから、非経常利益の差し引きで、平均は黒字になるね」と
 発見。
 
 結果、類似価額の採用ができることとなり、
 下がり傾向の株価と併せて、
 最終株価は、かなり引き下がりました。ほっ。

 同族法人の場合は、配当は損金にならず、配当所得総合課税高税率のため、
 配当しないことが多いので、
 赤字会社の場合は、すぐ、二要素ゼロに転落します。
 配当がなく、利益がなく、あるのは純資産だけ、というパターンです。
 
 ふだんから、「法人は黒字!」と、強調させていただいているのは、
 こんなところにも、理由があります。

 仮に、過去赤字で二要素以上ゼロに陥っている会社様の場合は、
 がんばって、とりあえず会社の黒字化から着手していただかねば、
 話が始まらないケースもあります。
 
 もちろん、黒字が大きいと株評価も上がりますが、
 そこは、きちんと、データコントロールしていただく必要があるんです。
 経営計画って、それも、含めての計画なんです。(^_^)b 
by expresstax | 2011-08-30 23:00 | 相続・贈与

野田vs海江田決選逆転、そして外堀通りの江戸城溜池隅櫓

 野田さんに決まりましたね。
 月末で、所内業務にいそしんでいた事務所のみんなで、
 2時過ぎから、決選投票だねーと、
 日経ネットの実況中継を見ながらワイワイ。
 1回目の投票では、海江田さんがリードしていましたが、過半数に至らず。
 2回目の開票と票数計算が済んで、議長さんが、読み上げると、なんと、逆転。
 おー!

 その後のニュースを見ていると、鹿野さんが、上着を脱いで、反海江田の合図にしたとか、
 まるで、関ヶ原の戦いの小早川陣のような話しもでてきたようでした。
 うーん、関ヶ原の戦いと比べるには、あまりに小さなコップの中で、
 小学校の学級委員長を、毎年持ち回りで決めてるみたいな。。。

 でも、野田さんと決まったと言うことは、税制的には、財務省ラインで、進むんでしょうね、きっと。
 準備、進めなくっちゃです。

 ☆  ☆  ☆

 お昼のランチに、あいかわらず霞ヶ関通いをしての帰り。
 
 外堀通りの商船三井の東側、虎ノ門三井ビルの前に三角形の小公園状の場所があります。
d0054704_23582144.jpg



















 説明板が出ていて、「江戸場外堀跡 溜池櫓台(やぐらだい)」と。
 この外堀通りは、もちろん江戸城の外堀を明治になって埋めた場所ですが、
 外堀通りは、外堀そのままではなく、
 微妙にそれて、現在の文化庁や霞ヶ関が作られたんですね。
 写真にあるように、この三角地は、その外堀の内側でありながら、
 後世の道路からは、はずれたために、
 今でも、千代田区でありながら、すとんと飛び地になったのが、わかります。
d0054704_042053.jpg


















 三角地に「えいやっ!」と降りてみると、しっかり石垣の名残が。
 ここに溜池の櫓があったようです。隅櫓で現存しているのは、ここだけだとか。
d0054704_055752.jpg




















 
 文化庁と書かれた石杭がありますが、てっぺんに「+」。
 千代田区と港区の境界かな?
d0054704_0101835.jpg


















 アイフォンアプリの「今昔散歩」を立ち上げて、江戸の地図モードにすると、
 ちゃんと、位置情報で、自分の動きが表示されます。
 「今、歩いてるのは、外堀の水中だよ~」とかいいながら、
 ぽこぽこと、お散歩です。 
 d0054704_0114353.jpg
by expresstax | 2011-08-29 23:29 | 税制改正

「もめる相続もめない相続」が発売されました。

 灰谷健司さんの「もめる相続もめない相続」が、今日発売。
 角川マガジン社さんの出版で、今日から書店の店頭に並びました。
d0054704_23394557.jpg 















 灰谷健司さんは、三菱UFJ信託銀行の看板コンサルタントさん、
 相続問題のプロ中のプロ、実は税理士資格もお持ちです。

 これまでも、相続のご本を何冊も出されていますが、
 今回は、税務を盛り込んだ集大成です。
 相続の問題を、とてもわかりやすく書いていただいています。

 私は、税務の監修をさせていただきました。
 巻頭対談でも、お話させていただいています。(^^ゞ

 また、角川マガジンさんの編集のT様、ライターのA様に、大変お世話になりました。
 角川マガジンさんは、会社が、弊社と同じご町内でもあり、
 出版本を、直接、お持ちくださいました。

 おめでとうございます。
 そして、有意義なプロジェクトに参加させていただき、
 とても楽しかったです。
 ありがとうとうございました。
by expresstax | 2011-08-26 23:34 | パブリッシング

遺言は、相続とは、違うんです!

 記者さんとお話していて、遺言の話しになりました。

 誤解が多い、
 実際にどうしたらいいかわからないので、立ちすくんでいる人も多い。
 では、具体的にどうアクションしたらいいか、
 シリーズで、行こう、ということになりました。

 その中のお話で、出てきたこと。

 遺言を作る、というと、
 ご専門家のなかには、では財産目録を作りましょう、と始める。
 ありったけの財産をリストアップして、
 「正確に」評価して、
 割り振って、
 遺留分は、これくらい、
 だから最低、ひとりこれ以上、
 てな計算で進む。。。。

 何か、ヘンですね。 

 はっっ!と気がつきました。

 もしや、ご相続後の申告や手続きと、間違えているんじゃないですか?

 ☆  ☆  ☆

 起きてしまったご相続。
 遺言書がなければ、個人の遺産を調べて、リストアップして、
 では、これをどう分けましょう、というのが、遺産分割協議です。

 遺産整理業務を行う、
 相続税申告をする、といった業務の専門家なら、
 そうしてスタートしても不思議ではありません。

 ☆  ☆  ☆
 
 でも、遺言、ということは、
 ご自身は、これからまだまだがんばっていただきます。
 その先の分け方を指示するのが遺言なのですから、
 まずは、自分の、今後の人生設計が先にあり、なんです。

 だから弊社では、遺言のお手伝いをするときは、
 まずは、これまでの人生を伺います。
 嬉しかったこと、幸せだったこと、つらかったこと、悲しかったこと、
 いつ、どのように、どんなに苦労してご資産を築いてきたか、
 そして、これからやってみたいこと、やり残していること、
 お尋ねするところから、お仕事は、スタートします。

 ご自身の生涯を、振り返り、いとおしみ、確認していただくのが第一歩だからです。

 そのうえで、これからの人生と財産の方針を立てていただいて、
 それが、道半ばになったら、どうあとをお願いするか、
 少しずつ、メモにしていただきます。
 お気持ちも書いていただきます。
 それに、日付と名前とハンコがつけば、立派な遺言書なんです。
 だから執行者も指定するんです。
 それも、きちんと、見届けるように、第三者。

 財産調査っ、だの、財産目録っ、だの、公正証書っ、だのの前に、
 やるべきことがあるんです。
 でも、思い立ったら、すぐにでも、書き出せるんです。

 そうして、大切に、大切に、作っていただくのです。

 ☆  ☆  ☆

 こんなアプローチから入る遺言書作成のサポートは、
 なくなってからの財産整理や申告とは、
 似て非なる、全く別な仕事なんです。

 相続の手続きと、遺言の手続き、
 混同しないで準備していただけるように、
 道が開けるご遺言にできるように、
 すこぉし、具体的な連載にしようね、ということになりました。
 
 どうぞ、よろしくお願いします。
by expresstax | 2011-08-25 23:46 | 相続・贈与

路線価消滅!消滅!

 自社株評価、土地評価作業が続きます。

 各地の路線価図を確認していると、
 
 路線価が、バンバン、外れています。

 つまり、従来、路線価がつけられていた道から、
 路線価が消されているのです。

 行き止まり私道はもちろん、
 住宅地図で、通り抜けに見える道からも、かなり、はずされています。

 以前にも、触れましたが、路線価について、
 かなり統一的に取り扱われるようになり、チェックがかかっている様子が見て取れます。
 
 公道か私道か、
 建築基準法上の道路か、などで、チェックがかかっているのではないでしょうか。

 やった~!
 思わず声が上がります。

 だって、側方路線だった道から路線価がはずれれば、
 評価計算で、側方路線加算や二方路線影響加算など、
 加算項目を計上しなくていいからです。

 つまり、土地の評価単価は、
 角地だったら3%から8%くらいの側方路線加算、
 二路線に接する土地なら、二方路線加算、 
 三路線に接する土地なら、三方路線加算、、、と、
 利便性の高い土地として、土地評価額が、ぐんぐん上がってしまうのですが、

 しかし、脇に道があっても、路線価のついていない道であれば、
 この加算対象になりません。

 これだけでも、相当土地の評価は変わります。

 逆に考えれば、公道でもない道に接しているからといって、
 評価加算されるのでは、たまったものじゃありません。

 昔の恐竜のしっぽのような路線価が、化石のように残った状態で、
 相続や贈与の申告をしていたら、
 この加算をやっちゃってる可能性もあります。

 厳密に考えれば、税金を戻してもらえるように、更正の請求ではないでしょうか。
 付すべきでなかった路線価がつけられていたら、
 訂正を要求することはできるはずだからです。

 ☆  ☆  ☆

 路線価そのものが、昨年から今年にかけて、
 それなりに下がっています。

 適正評価をするために、
 がっちり、確認作業を進めます。
by expresstax | 2011-08-24 23:58 | 相続・贈与

講演収録

 ご依頼を受けていた講演の収録がありました。
 
 スタジオに、カメラさん、照明さん、音響さん、担当者さん、
 みなさんが集まってくださっています。

 講演台もあって、カメラに向かって、1時間、
 小規模宅地の特例について、お話をします。

 聴衆の方を対象にした講演の録画は、時々あります。
 そのときは、録画されていることは、あまり気にせず、お話ししてしまいます。

 カメラだけのスタジオ録画も、過去に何度か、やっているのですが、
 何度やっても、なかなか、慣れません。
 私は、ほんとに、話しがヘタだなあ、と思います。

 やはり、会場のお客様のお顔も見ながらのお話のほうが、楽しいです。

 とはいえ、担当者さんや、カメラさん・照明さんたちまで、
 一緒に、頷きながら、話しを聞いてくださる様子に、
 感謝感激です。

 きっと、講師が話しやすいように、
 みなさん、頷いてくださるんだと思うのですが、
 それでも、嬉しいです。

 担当者さんも、的確にサポートしてくださいます。

 ほんとうに、ありがとうございました。
by expresstax | 2011-08-23 23:38 | パブリッシング

5・6月の類似業種比準価額

 今年は、自社株関連の案件が続いています。
 そのため、類似業種比準価額の発表を、首を長くして待っていました。

 非上場の中小企業の自社株の評価は、
 その会社の純資産を時価ベースで計算する方法と、
 同業他社の成績などと比べて計算する方法を、
 どちらか取ったり、平均したり、で算定するんです。

 で、その同業他社比準の類似業種比準価格。
 類似業種といっても、上場している同業会社の平均株価と比べるんです。

 今年は、3月に東日本大震災が起き、直後、日経平均は、今年最低額を記録しました。
 なので、3月そしてその後、やはり株価が低水準だった4月の類似価格が、
 低い金額ではじき出されていました。

 でも、その後の、5月、6月の株価が公表されるのは、しばらくあと。
 どうなるだろうと、観測していました。

 と、今朝の国税庁ホームページで、6月までの類似価格が公表されていました。

 確認した業種だけですが、ベタ落ちした3月4月に比べ、
 5月・6月は、持ち直し、又は水準維持しています。

 むしろ、最近の二番底かもと囁かれる言われるドル安・米国株安を受けての下落のほうが、
 大きくなり、自社株価算定上は、有利になるかもしれません。

 でも、その数字の確認には、また数ヶ月待たねばなりません。

 引き続き、観測します。

 ☆  ☆  ☆

 それにしても、この類似価格の公表。
 8月5日付けとなっています。

 先日の被災地の申告期限延長を今年9月末とする8月5日の告示も、
 8月15日頃の掲載でした。
 
 昔から、例えば、国税庁長官通達が6月で発遣(発令のこと)されているのに、
 公表は7月だったり8月だったりしています。
 
 国税庁のホームページ掲載のタイムラグは、要注意ですね。
by expresstax | 2011-08-22 22:46 | 相続・贈与

今昔散歩

 お客様から昔の地理のお話を伺いました。
 神田は山だったけれど、家康が切り崩して、埋め立ての進めたこと。
 日比谷は、昔は海で、海岸沿いだったこと、
 ブラタモリでも紹介されていた江戸以前の東京の話しが飛び出します。
 夢中になってお話を聞いて、私が日本史専攻だったことを知ると、
 お客様はびっくりなさって、ますます、熱が入り、
 ご相談が、どこかに吹き飛びそうになりました。
 土地を見るなら、縄文時代の地形を見なくちゃ、と教えていただきました。
 今度、縄文の地図、拝見しますね。

 あるお客様は、毎日欠かさずNHKの朝ドラの「おひさま」をごらんになっていて、
 私も、毎日録画で見ているので、ドラマの進行で、あれこれと盛り上がります。
 太平洋戦争時代のこと、
 戦争に行きたくないなどと、口が裂けても言えなかったこと、
 教えていただきます。
 お話に、そのまま、お客様の人生が投影されていて、
 お話を伺っているだけで、胸が熱くなります。

 ☆  ☆  ☆

 アイフォンに「今昔散歩」というアプリを入れてもらいました。

 江戸時代、明治時代、現代と、
 同じ地図の時代を、画面で、切り替えることができます。

 虎ノ門や霞ヶ関、愛宕、芝、丸の内や京橋、
 リアル散歩と、時代の散歩、
 歩きながら、江戸・明治・現在を飛び交うことができます。

 何時間でも飽きないので、困ってしまいます。
by expresstax | 2011-08-19 23:36 | お客様

税務申告もする税理士事務所です。(^^ゞ、そしてさるすべり

 資産運用と税務対策のご相談にいらしたお客様。

 ご資産の法人化についてのご相談で、方針が決まってきました。
 次は、実行です。

 お客様から、「先生は、コンサルティングがお仕事で、申告はやらないんですよね。」
 と、戸惑ったお顔で、言われてしまいました。

 おやおや、そんな風にごらんになるんですね。

 ちゃんと、お受けしていますよ、申告。
 通常の顧問契約も、月次顧問も、税務申告代理も、税理士としての本業です。
 お任せください!

 お客様のお顔が明るくなられて、
 ご契約を進めることになりました。
 ありがとうございます。

 がんばっていきましょう!

 ☆  ☆  ☆

 最近、霞ヶ関ビルにランチに通っています。
 今日も、高温注意報。
 強い照り返しの光の中で、霞ヶ関ビル下のさるすべりが、満開です。
d0054704_0142226.jpg 
by expresstax | 2011-08-18 23:50 | 税理士


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧