<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 昨今は、家庭での介護がとても難しくなっています。

 昔なら大家族で支え合うということも可能でしたが、

 長命になった現在、介護の期間が長期化し、
 家庭内の介護者が、お嫁さんや娘さんなど、人数が限られ、
 介護の交代もできないという
 過酷な状況さえ生まれます。

 80歳代の親御様を、60歳代の娘さんが看る、という光景も増えています。

 自ずから、介護施設への依存度が高まりますが、
 特別養護老人ホームは、極めて少数で、なかなか入居できるものではありません。

 勢い、特養以外の老人ホームへ入居せざるをえなくなり、
 そうすると施設側は、入居者の途中で追い出されるのではないかという懸念を消すために、
 終身利用を謳います。

 仕方なく、終身利用の特養以外の老人ホームに、入居し、亡くなった場合、
 そこが住所でしょ、とばかりに、
 相続税の小規模宅地の居住用の特例の適用が、問題視されています。

 相続税の小規模宅地の特例のうち、特定居住用宅地の特例は、
 亡くなった方の自宅敷地を、配偶者や同居親族が相続したり、住み続ければ、
 土地の評価を72坪まで8割減額できるという制度です。

 相続税での、大きな救済特例です。

 ☆  ☆  ☆

 平成22年4月移行の小規模宅地の特例制度改正により、
 そもそも、老人ホーム入居後の自宅を配偶者が相続するか、
 同居親族が相続しない限り、
 小規模宅地の特例は適用不可、ゼロ減額となっています。

 22年3月までは、入院や老人ホーム入居で、自宅が空き家になっていても、
 そこが被相続人の住所だとみられれば、
 5割減額は可能でした。

 今は、入院だろうが、特養入居だろうが、
 空き家になった自宅は、ゼロ減です。

 ☆  ☆  ☆
 
 では、配偶者が相続したり、
 同居の娘さんなどが、引き続き居住していた場合でも

 終身利用権付き老人ホームだから、自宅は居住用じゃないよね、と、
 特例を受けられなくなり、

 配偶者や同居の娘さんは、減額なしの高額な相続税負担で、
 結果的に、自宅を追われるようになるならば、

 そもそも、小規模宅地の特例の政策趣旨は、いったいどこにいってしまうのでしょう。

 介護の問題を抱えたお客様に、
 税理士は、どう説明したらいいのでしょうか。
by expresstax | 2011-05-31 23:25 | 相続・贈与
 以前、このブログで触れた畑村洋太郎先生が、今回の原発事故調査・検証委員会委員長になったそうです。

 その畑村先生が、日経ネットで、「『失敗学』から見た原発事故」というコラムを書いています。
 
 そして失敗の記憶には、法則性があり、
 「個人は3年で忘れ、
 組織は30年で途絶え、
 地域も60年で忘れる。
 歴史的な事象も300年で社会から消え、
 1200年たつとその出来事が起きたことさえ誰も知らなくなる。」としています。

 要旨は、つぎのようです。

1.田老町の新しい堤防は今回破壊されたが、昭和8年の堤防は、原形をとどめている、
 新しい堤防は、海に向かって真正面に建設されたが、
 昭和8年の堤防は、斜めに建ち、津波の圧力を、逃す設計となっていたからだ。

2.田老町の古い水門は、あえて電動とせず、手動で開閉され、今回も機能したが、
  福島第1原発は、ほとんどの電源が津波で失われ、
  原子炉を冷却できなくなり、事故となった。

3.安全性の実現手段は、危険を回避する「制御安全」と、
  事故が起きても、安全に機能する「本質安全」がある。

4.原発事故は、スリーマイルは、人的なヒューマンエラー、
  チェルノブイリは、いったん制御が外れると元に戻らない発散系エラー、
  福島第1原発は、津波という自然現象による事故、
  今後は、テロによる事故、
  偶然に2つの失敗が重なる事故が、考えられる。
  これらに対処すべし。

 ☆  ☆  ☆

 「アウトオブコントロール=制御不能」になる事態を、どこまで想定し、
 防ぎ、それを、進歩の糧としていけるか、
 プロの仕事の仕方として、参考になります。

 ☆  ☆  ☆

 事務所で花火大会のお話を、ワイワイとやっていて。

 東京湾花火大会は、中止になったけど、
 隅田川の花火大会は、やるそうで。

 もともと隅田川の花火大会は、全国の花火大会の発祥だそうで、
 
 「江戸ではコレラが猛威を振るい多数の死者を出した暗い世相の中、
 将軍吉宗が死者の慰霊と悪霊退散を祈り両国大川(隅田川のこと)の水神祭りを催し、
 それに合わせて大花火を披露し、これが隅田川川開きの花火の起源になった」のだそうです。
 (Wikipediaから)

 慰霊が発祥であれば、花火もよさそうなんですが、
 夜の節電による電車地下鉄の混乱防止から、
 対応が分かれるのも、仕方ないのかもしれないですね。

 かと思うと、我が出身地静岡では、安倍川の花火大会は、
 3月にいったん中止を決めながら、開催へと、さくっと方向転換。

 いやあ、さすが静岡気質。
 柔軟というか、日和見というか、是々非々というか。(笑)
 家康様の隠居地の、面目躍如です。
 

 
by expresstax | 2011-05-30 22:48 | プロフェッショナル
 西に東に、忙しい日でした。

 お昼から、宅建試験などでおなじみ財)不動産近代化流通センターさんの
 30周年記念の「未来につながる不動産コンサルティング」と
 「地域を元気に!マスター」の表彰式です。
 市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷に、不動産コンサル試験関係者としてお呼ばれしました。

 大森国交省建設流通政策審議官や審査委員長の堺屋太一氏の挨拶や講演、
 そして立食の懇親会です。
d0054704_23261739.jpg



















 堺屋さんが、日本が大きな打撃を受けたのは、明治維新と敗戦と、東日本大震災だ、として、
 明治維新と敗戦では、日本は、復興を遂げてきた。
 こんども復興していかねば、という趣旨のお話をされました。

 仙台で、光のページェントを企画してきた不動産のプロが大賞受賞しました。
 神戸のルミナリエのように、復興の象徴となってほしいとの趣旨でしょう。

 懇親会では、評議員の先生たちとご挨拶でき、
 とても光栄でした。

 ありがとうございました。

  ☆  ☆  ☆

 夕方は、神田の菅納先生の事務所で、
 日本税務会計学会の今年の年次大会の打ち合わせです。
 チームアサクラのもとで、サンドバッグ菅納を囲んで、
 守田先生の仕切りで、
 自分たちもリングネームを考えなくちゃ、なんてお話をしながら、
 報告の骨子を組み立てました。

 終わってからは、菅納先生お勧めのイタリア料理店で、
 ワインボトルを開けながら、ごはん。
 「またホームページに載せるんでしょう」と言われながら、
 はい、載せちゃいました。(^^ゞ
d0054704_2327193.jpg


















 菅納先生は、数少ない国税不服審判所審判官経験者、
 安藤先生は、国税出身の大変な理論家、
 朝倉先生は、審判所と丁々発止しながら、判例データを構築、
 すさまじい先生方と、
 審判所や国税さんの裏話のあれやこれやあれやこれやあれやこれやに花が咲きました。

 とても楽しかったです。
 ありがとうございました。
by expresstax | 2011-05-26 23:13 | プロフェッショナル
 相続税対策をテーマの講演を、
 目白の椿山荘で行いました。
 ペガサスという大きな会場に、たくさんの受講者が参加してくださいました。

 税制が、未定のままで、しかし、法が決まろうか、見送りになろうが、
 いずれの時期にか来る増税には備えなければなりません。
 
 そのためには、防衛ではなく、キャッシュフローを生みだし、資産を厚くする財産改善です。

 法人化も含めてお話しし、とても熱心にお聞きいただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 椿山荘は、緑溢れて、とても素晴らしい季節を迎えていました。
d0054704_022421.jpg














 21日から蛍のイベントが始まっているそうですが、
 もう、初蛍が飛来したと、告知されていました。

 清らかな自然の水にしかこないという蛍が、
 この東京の真ん中に、
 いつの時代までも、飛んでほしいと思います。
by expresstax | 2011-05-24 23:40 | パブリッシング
 打診をいただいていたご相続について、
 週末、ご相続人様にお集まりいただき、訪問をしました。

 お休みの日でないとご参加できない方もいます。
 ご相続のお打ち合わせは、法人税などと違って、
 お休みの日や、平日でも夜間が、多くなります。

 贈与や譲渡は、そうでもないのですが、
 ご相続は、集まっていただく関係者様が多いからです。

 初夏のような風のわたる応接室で、
 初めてお顔合わせさせていただいた相続人様たちに、
 ご相続のスケジュール、手続き、申告までの分担体制、連絡体制、
 ご説明しながら、順次、決めていただきます。

 最初にコンタクトをとってこられた相続人様からのご紹介で、お伺いしますので、
 初めてお会いする他のご相続人様からは、
 この税理士は何者ぞ、という不安が、必ずあるだろうと思います。

 場合によっては、相手方の相続人の紹介税理士は、相手方に有利に動くのでは?という
 疑念さえ持たれてしまうケースもあるようです。

 これまで、弊社で担当したご相続では、おかげさまで、そうした事例はなかったのですが、
 それでも、初めての相続人様にお会いするときは、
 余計なご不安を抱かれることのないように、慎重にお話をさせていただきます。
 そして、我々の人となりを、しっかり見ていただきます。

 民法や相続税法、不慣れな言葉が多く、
 粗々の資料から算定した相続税の試算表をもとに、見込みの税額もご報告しましたから、
 たいへんだったと思いますが、
 長時間のお打ち合わせを、
 とてもよく進めてくださいました。

 最後に、弊社とのご契約について、報酬のお見積と契約の内容についてのご説明をしますと、
 その場で、全員様のご了解がいただけました。

 ありがとうございます。

 税理士が、全員の相続人様と、まず信頼関係を築くこと、
 これがお仕事のスタートなのです。
 この第一歩が大切です。

 安心しました。
 素晴らしい、ご一族様です。

 次回の打ち合わせの日程も決めて、着手することになりました。

 心して、進めて参ります。
 ありがとうございました。

 ☆ ☆ ☆
 
 先日、お花見で、愛宕神社に行って、
 「命の守り笛」をいただきました。
d0054704_23552692.jpg



















 愛宕山頂上は、西郷隆盛と勝海舟が、眼下の江戸の街をみながら、
 江戸城の無血開城を決めたとされますが、

 発祥は、徳川家康建立以来、
 防火・防災の神様なのだそうです。

 大震災後、ときどき黒塗りの車が並んでいますから、
 企業さんが、お参りにきているのではないでしょうか。

 「この命の守り笛」は、ストラップになっていますが、
 ちゃんと、笛としての役目を果たします。

 映画「タイタニック」の零下の北海で、
 どんなに体力が落ちても、吹き鳴らして助けを求めることができたように、
 ホイッスル(笛)は、災害対策用品としては基本です。
 社員さんの防災品にも、入れていただいていました。
 
 生涯、鳴らすことがないように願いたいものですが。

 左のストラップは、以前、お客様からいただいたお守りの水晶です。

 最近取り替えた携帯電話アイフォンには、これらストラップがつけられません。
 家の旧ガラケーにつけたままですが、
 これでもお守りになってくれているでしょうか。 
by expresstax | 2011-05-23 23:06 | 相続・贈与
 お客様から顧問契約の正式依頼のご連絡をいただきました。
 ありがとうございます。

 ご相談、ご提案、を繰り返して、資産改善に着手していただいていました。

 大変なご資産ですので、当然、数十年の関与の先生がいらっしゃいます。

 途中、顧問の見直しのお話が上がりましたが、
 それは、当然そのままに。
 長年お世話になってきた先生なのですから、
 むしろ、可能な限り、大切にしていただけるように、お願いをしてきました。

 顧問が誰か、ということは、大事なことではありません。
 要は、資産改善ができ、ご一族が発展していける体制作りができればよいのです。

 弊社からの提案で、お客様が実行され、
 それを顧問の先生のご指導のもとに、おまとめいただけるように、流れを組みました。
 弊社は、徹頭徹尾、黒子(くろこ)に徹することでお願いしました。

 でも、結果的に、ご親族のご意向で、顧問の交代の話しになってしまいました。
 難しいものです。

 ご当主様が、先生に、これまでのご指導について、
 丁寧な感謝のお手紙を書かれたそうです。
 ご親族が、礼を尽くして、ご挨拶に伺われたとのことでした。
 
 こうして委嘱(顧問)の交代になりました。
 光栄ではありますが、申し訳ない思いです。

 こうまでしていただくのですから、
 我々は、最大の努力で、お客様の最大の成功をお支えしなければなりません。
 責務は重大です。
 
 ☆  ☆  ☆

 久しぶりの東京タワーのダイヤモンドヴェールです。
d0054704_0535872.jpg
by expresstax | 2011-05-20 23:23 | お客様
 お客様と今後の資産運用のご相談です。

 お客様は、年収にこだわっていらっしゃいました。
 
 銀行から融資を受ける場合などに、ご自身の年収の証明である納税証明が、
 それなりの金額でとれなくちゃ、というご心配です。

 お客様は、当分、ご資金を潤沢にお持ち、
 キャッシュがさらに、定期的に潤沢に入ってくる仕組みもつくりました。
 この後、第2弾、第3弾の資産投資も可能なお立場です。

 にもかかわらず、納税証明のご心配。

 では、考えてみてください。

 日本で、「ほんとうの」お金持ちの人って、いくらくらいの所得だと思いますか?

 お客様は真剣なお顔になりました。

 ☆  ☆  ☆

 お金持ちには、2種類あります。

 フローリッチ(収入が高額でお金持ち)と、
 ストックリッチ(資産が高額でお金持ち)です。

 日本のフローリッチさんは、フォーブズに名前が並ぶような、
 今をときめく事業家の名前が続々と挙がるでしょう。

 でも、ストックリッチさんは?

 代表的なのが、鳩山元首相の母上です。

 メディアでさんざん報道された数字によれば、
 石橋家から相続されたブリジストン株1200万株から、
 年配当だけで3億円を受け、
 それを、ご子息である元首相たちに、「贈与」してきたわけですね。

 では、あの母上の確定申告書で、この配当は申告に上っているかといえば、
 母上はブリジストン株主のなかでは、5%に至らない株主ですから、
 現在の制度上、10%源泉分離課税の対象。
 確定申告不要なのです。

 他の所得がないと仮定すれば、申告さえ不要となります。

 じゃ、その母上を、金融機関が、与信しないか、
 それはありえないでしょう。

 そして、その母上より、もっと納税のないストックリッチさんは、
 日本にもっともっといます。

 納税証明をもってきなさい、その数字が低かったら、融資しませんよ、
 なんて金融マンがいたら、
 あまり上顧客を持っていない金融マンでしょう。

 とは、いいすぎかもしれませんが、
 でも、そうなのです。

 自信を持ってください。
 そして冷静に、判断し、決めることです。

 ☆  ☆  ☆

 とはいえ、今後のご自身の収入・所得をどのように設計していくか、
 大切な問題ですので、
 じっくり決めていきましょうね。
by expresstax | 2011-05-19 23:14 | 資産運用
 相続税増税や、法人税減税の流れの中で、
 資産法人化が、進行しています。

 法人が資産を所有し、資産運用を、法人がダイレクトに進める方法です。

 ただ、土地を法人が持ってしまっても、負担が大きいので、
 土地は個人オーナーが所有し、建物は、法人が所有します。
 
 このような所有関係になると、個人オーナーの土地を法人が借りて建物所有をするので、
 必然的に、土地の賃貸借関係が生じます。

 この賃貸借関係の税務上の手当をきちんとしなければなりません。

 ☆  ☆  ☆

 昨日、印紙税のことを書きましたが、印紙のお話は、
 この土地の賃貸借関係整備の過程での問題です。

 建物賃貸については、印紙税は非課税なんですが、
 土地の賃貸借契約文書は、これが印紙税の課税対象なんですね。

 土地の賃貸借契約=借地権の設定、なので、
 印紙税の課税文書として、
 印紙税額の一覧表の第1号の2文書「土地の賃借権の設定に関する契約書」に該当するんです。

 じゃ、いくらの印紙を貼るのか、といえば、
 記載金額は、そこに書かれている地代の額ではなく、
 賃借権設定に関して地上権や借地権の対価=借地権利金などの額をいいます。

 したがって、権利金のやりとりがあり、記載されていれば、その額で課税されますが、
 権利金のない、無償返還を約した契約の場合、
 地代しか記載されていない文書の場合、

 別表一の1の2「契約金額の記載のない契約書」となり、「一通につき二百円」
 を貼付することになります。

 そこで200円印紙が活躍する場面が登場したというわけです。

 所得税・相続税対策として、法人化・資産法人化が、どんどん進行しています。

 ☆  ☆  ☆

 お客様と3月決算の打ち合わせをしていて、
 iPhoneの話しで盛り上がりました。

 帰りに、先日から使い始めたiPhoneのカバーを買ってきました。
 目立つでしょ。(^^ゞ 
d0054704_041124.jpg
by expresstax | 2011-05-18 23:55 | 不動産

印紙を換金するには?

 お客様とお電話で、契約書の収入印紙のお話になりました。
 
 印紙なら、あるある、いっぱいある、とのこと。

 ? と、おたずねすると。。。

 ☆  ☆  ☆

 取引で、収入印紙を買ったんだけど、1万円、余計に買いすぎたことがわかった。

 買った郵便局に行ったけど、換金はできず、印紙に交換することならできる、という。
 1万円の印紙など、当分使い道がないので、200円印紙50枚に代えた。

 それでも、当分使い道がないので、
 金券ショップに行ったら、1割手数料、と言われて、口惜しいから、50枚のまま持ってる、

 たくさんあるから、いくらでも持って行くよ、と。

 50枚の印紙を抱えて途方に暮れていらっしゃるお客様のお顔が目に浮かびます。

 ☆  ☆  ☆

 印紙って、そもそも国税なんですね。

 だから、税務署に行けば、換金してくれそうなものなのですが、
 それはできないのです。

 税務署は、印紙を売っているのではなく、 
 印紙税という納税を受けるのですから、納税以外はできないんです。

 では、便法。(^_^)b

 たとえば、建物賃貸借契約のように、印紙税非課税の契約書に、
 1万円の印紙を、ぺたん!と貼って、
 どうどうと消印して(これが大事、消印することで、「納税」になります。)、
 どうどうと、税務署の納税窓口に持って行きます。

 そうすると、印紙税の「過誤納」(=納め過ぎ、納め誤り)として、
 超過分を全額現金還付してくれるんですね。(^_^)v

 これは、
 過去の契約書を見直して、多すぎの印紙が貼ってあったら、
 その契約書を持って税務署に行けば還付してくれるのと、同じことです。

 ☆  ☆  ☆
 
 でも、今から、「でっちあげ」の契約書に、200円印紙を50枚も貼って、
 さらに消印するのは、ちょっと。。。

 50枚の印紙をもういちど、1万円に代えて、というやり方もないわけではないでしょうが、

 ちびちび、使っていきますよ、と、
 お客様、電話の向こうで苦笑い、なさっていました。

 印紙、いっぱい使うくらい、
 いっぱい、稼いでいきましょぉ! というオチになりました。
by expresstax | 2011-05-17 23:23 | 税務手続き
 税理士先生からのご紹介とのことで、
 お知り合いのプロの方がお見えになりました。

 その方ご自身も、一級建築士のお立場です。

 初めてにも関わらず、とても興味深いお話をいろいろ伺うことができました。
 そして、これからも情報交換をということになりました。
 ありがとうございます。

 また、ご紹介くださった税理士先生は、
 これまで、ずっと弊社のことをごらんになっていて、
 もったいないほどに評価してくださって、
 ご紹介くださったとのこと。
 ありがとうございます。

 ぜひ、こんど、ご挨拶をさせてください。

 ☆  ☆  ☆

 ほんとうに、いろいろなところで、見てくださっているのですよね。
 こうしてご覧いただいていることを考えると、
 責任重大、です。(>_<);;
 がんばりますね。p(^_^)q

 ☆  ☆  ☆

 今週は、3月決算のお打ち合わせシリーズです。

 例年の法人様。
 今年、初めて担当させていただく新規の法人様。

 がっちり決算と、
 収益の仕組み作りで、
 がんがん進みましょう!(^o^)/
by expresstax | 2011-05-16 22:36 | プロフェッショナル

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax