税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ロールプレイング

 税理士にとって、必要な資質のひとつは、「相手の立場に立てる優しさ」です。

 これを「ロールプレイング」といいます。
 その立場になりきって、
 相手の環境・感情・見解・行動を想定し、
 相手が解決できるようにしてあげるのです。

 この資質は、税務ではとても重要です。

 例えば、税務申告で、ある解釈の取扱をするとき、
 その取扱を審査した国税さんが、なるほど、と納得できるように、
 分かりやすく提示してあげるのも、
 その優しさのひとつです。

 調査官が、その資料を見て、どう判断し、どこに問題点を感じ、どう調査しようとするか、
 調査官の目になって、必要なエビデンス(疎明資料)や、必要な学説、必要な判例、必要な見解を、
 きちんと予め提示してあげることです。

 調査官は、わからなければ、現場に乗り込んで、当事者の挙証をとらなければならなくなります。
 そうしての審査の過程を書面で報告できないことには、
 国税さんだって、会計検査院のチェックを受けてしまうことになるからです。

 対国税だけではありません。
 
 その事案に関わる関係者の、それぞれの視点に立って、
 きちんと決着できるようにしてあげるのが、税理士の優しさです。

 その結果は、必ずや良い結果になって、お客様に反映します。

 自分が正しいと思うだけの、無防備で不親切な、脇の甘い仕事は、
 絶対に警戒しなければならないのです。

 ☆  ☆  ☆

 素晴らしい花束をいただきました。
 ありがとう!
d0054704_126265.jpg 
by expresstax | 2010-05-31 23:13 | プロフェッショナル
 以前ここでも取り上げたNHKドラマの「チェイス、国税査察官」が、先週で終わりました。

 その最終回。
 6千億円の富豪の相続を間近に、脱税屋が、相続税を消す仕掛けに入ります。

 富豪の危篤に合わせて、6千億の資産から、
 5,800億円を使って、ボリビアの石油採掘会社の株式をNY市場で購入、
 ボリビアの地元マフィアを使って、その会社の油田を爆破、
 採掘会社の株価は暴落、2,900億円だったはずの相続税が27億円に、
 採掘会社の株価はいずれ回復し、資産は復活、
 その後、換金化、という筋立てです。
http://www.nhk.or.jp/dodra/chase/special/scheme05.html" target="_blank">http://www.nhk.or.jp/dodra/chase/special/scheme05.html

 相続税の申告がむちゃくちゃ早かったり、
 あまり税理士さんが助言した様子のないドラマ展開ですが、
 それでも、現在の日本の相続税制の株式評価では、
 相続日の市場終値と、当月、前月、前々月の終値の平均の、一番低い価格で評価するので、
 刑法上、金商法上や、NYSEでの扱いはともかく、
 相続の日に、株価が暴落していれば、相続税だけを考えれば、理論上はアリ、です。

 ここで思い出すのは、イギリスの大金融ファミリー、ロスチャイルド家の相続です。

===========================引用開始
 「1949年6月30日にパリ証券取引所で一つの事件が起こりました。

 その日、何の理由もなく、
 リオ・チント・ジンク、ロイヤル・ダッチ・シェル、ル・ニッケル、デビアスという4大銘柄が、
 一斉に大暴落したのです。
 
 原因はギイ・ロスチャイルドの父エドゥアールが81歳で死去したことにありました。
 
 パリ・ロスチャイルド銀行の主だったエドゥアールとはいえ、
 この高齢で実業に関与しているはずもなく、無関係なはずだったのですが、
 彼の死去と株価は遺産相続人にとって重大な関係を持っていました。

 遺産にかかる相続税のうち、エドゥアールが保有していた株への課税は、死亡時の証券の時価によって算定されるからです。

 4大銘柄はロスチャイルド株であり、一族が持ち株の価値を暴落させることによって、
 遺産相続にかかる税金が大幅に抑えられたのです。

 翌日には、一族が買い戻し、株価はたちまち回復しました。」

================= 阿部芳祐「ロスチャイルド家」より

 いずれも、大富豪が、、自らの資金力をつかって、市場株価を操作して、巨額な相続税を回避します。
 巨大な資金力や市場操作性を有するが故に、採りうる策なんですね。

 NHKドラマは、相続税脱税スキームが、違法性バリバリなのに、
 査察官が、手を出せない風に展開していました。

 面白いテーマだっただけに、劇画調で終わってしまったのは、残念ですね。 
by expresstax | 2010-05-30 23:07 | 相続・贈与
 お客様とお打ち合わせしていて、
 辛口の助言がいかにありがたいか、のお話になりました。

 弊社のお客様は、弊社にご期待下さって、
 いつも、とても親身に、助言をくださいます。

 弊社のお客様は、社会的なお立場やご経験、ご見識に優れた方々ばかりです。

 そうしたお客様が、弊社が気づかなかった点に、細かく目を配り、アドバイスくださいます。
 そして、時には、それがとても厳しい助言であることもあります。

 でも、それは、弊社にとっては、とても幸せなことなのです。

 ダメだと見越せば、助言などせずに、黙って去っていくでしょう。
 改善の余地有り、と期待し、ご判断くださるからこその、助言です。
 言われるウチが華なのです。
 これ以上ありがたいことがあるでしょうか。

 お客様とそんなお話になりました。
 そういえば、と、そのお客様も、お取引先から、手厳しい批判や助言を受けて、
 WEBや営業方法の改善を図ってきたとのことでした。

 当初は厳しいと思えることでも、的確な批判や助言ほど、ありがたいものはありません。
 
 ほんとうに、そうしてアドバイスを受けて、
 お客様も弊社も、発展できてきたんですね、というお話になりました。

 お取引様、お客様というのは、ビジネスのお相手と言うよりは、
 ともに進んでいくパートナーであり、アドバイザーなのですね。

 かくいうお客様も、ご紹介先から、新たな営業展開が可能になったということでした。
 素晴らしい!
 過去には、大変な苦境にも立たれたお客様です。
 お客様のご事業のなによりの成長の証です。

 いいご報告がいただけて、我々も嬉しくなってしまいました。

 これからも、お互いに、切磋琢磨、助言しあい、励まし合い、
 事業を発展させていきましょう、と話し合いました。

 ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ピンクのデンファレです。
 ちょっと空気を励ましたいときに。
d0054704_02439.jpg
by expresstax | 2010-05-28 23:32 | お客様
 ご相続のお客様と、今後のお打ち合わせです。

 お菓子をお持ちくださり、
 ふと拝見すると、
 菓子箱のお熨斗が、お亡くなりになった会長様の絵になっています。

 淡いピンクのシンビジュームの水彩です。
 そこに、毛筆で、「感謝」と書いていただいています。
d0054704_1141672.jpg














 美しい絵に、
 しばし箱を持った手をとめ、
 胸がいっぱいになりました。

 会長様が、絵が好きで、好きで、
 もし、二代目として生まれて事業を引き継がなかったら、絵描きになっていたと、
 ご生前からおっしゃっていたこと。

 梗塞でお倒れになってから、三代目の現社長様達に事業を譲られ、
 会長職として、闘病なさってきたこと。

 闘病なさっていた病院にお見舞いに伺った際にも、
 絵画に溢れた院内と、屋上からの美しい緑へと車椅子でご案内くださったこと。

 以前にも、やはり美しい水仙の絵のお手紙をくださって、
 最初の退院の際に、現社長様達に抱えられるように弊社にお越し頂いて、
 また、絵を描きますね、とおっしゃってくださったこと。
  http://expresstax.exblog.jp/617088

 走馬燈のように、会長様の思い出が、駆けめぐり、胸がつかえました。

 こうして後継社長様達が、父上の思い出の絵を、
 熨斗の代わりにつけてくださったこと。
 嬉しく、ありがたく、受け止めました。

 素晴らしい会社様からご信頼いただき、お手伝いをさせて頂けることは、
 税理士として、何よりの光栄です。
 「感謝」と書いて頂いた言葉は、会長様、社長様達へ、弊社から申し上げなければならない言葉です。
 ほんとうにありがとうございます。 

 翌日、事務局さんが、この熨斗の部分を、額に入れて、
 接客室に飾ってくれました。

 シンビジュームの絵の青と同じ色の額にしてくれたのですね。

 大切に、大切に、弊社の宝物とさせていただきます。

 会長様の亡き後、さらにさらに、力を合わせて頑張っていきましょう。
by expresstax | 2010-05-27 23:56 | お客様
 事務所で議論がわき起こりました。

 地デジ対応工事費用は資産か損金か、です。

 もちろん、数年前の工事であれば、デジタルとアナログが併走して、
 デジタル工事は、より高度な画像や音響を得るための、性能アップのための工事だったでしょうから、
 これは資産計上だったでしょう。

 資産計上を唱っている議論は、よく読むと、こうしたアナログ併走時代のものです。
 また、アンテナやケーブル、調整器など、個別に見ると、資産、という判断になりそうです。

 しかし、2011年のアナログ放送廃止を目前に控えた2009年以降の工事は、
 この工事をしないならば、放送受信そのものができなくなってしまい、
 放送受信という機能を維持するためには、余儀なくされてしまう工事です。

 この場合、想起される取扱がいくつかあります。
 例えば、消費税の導入時のシステム工事は、
 全額損金とされました。

 また、排ガス規制に伴い、ディーゼル車の減少装置の設置による支出は
 修繕費として全額損金経理することが可能とされました。
 の装置を設置しないとディーゼル車を走行させることができないため、
 自動車の機能を高めるものではないという判断です。

 こうした、政策や法の改編にキャッチアップするための工事は、 
 それを行わない場合には、従前の機能を維持できないための、犠牲費用とする考え方です。

 地デジ対応工事は、益々増加するでしょう。

 事務所のなかでの、侃々諤々の議論、さあ、どちらで考えるべきでしょうね。

 ☆  ☆  ☆

 勝海舟が愛でたという樹齢150年になる大銀杏です。
 淡い緑の葉が茂り始めました。
 毎朝、仰ぎ見ながら、通ります。
d0054704_2254276.jpg












 樹の下には、勝安房邸を伝える石碑があります。
d0054704_2245287.jpg
by expresstax | 2010-05-20 23:08 | 法人税

異業種交流会?!

 お客様が、確定申告のお礼にと、お食事にお誘い下さいました。
 担当のIさんと、いそいそと、甘えてご同道しました。

 ある業界でご活躍中のお客様。
 業界のお話を、いろいろいろいろ、お伺いすることができました。

 また、我々の業界のお話も、花盛り。
 おいしいシャンパンやワインに舌鼓を打ちながら、
 
 思わぬ、異業種交流になりました。

 お話に花が咲き、遅い時間まで、お付き合い頂き、すっかり御馳走になってしまいました。

 ありがとうございました。
 これからも、お客様のお役に立てますように、頑張って参ります。
 今後とも、よろしくお願いします。
 
by expresstax | 2010-05-18 23:29 | お客様

お客様へのヒヤリング

 お客様とのご面談の際に、少しお時間がありました。

 担当のSさんが、お客様に、弊社のお仕事について、ご意見やご要望をお尋ねしました。

 先日の社内会議で、お客様にヒヤリングしていこう、ということで打ち合わせていたので、
 さっそくそれを実行してくれたのですね。

 お客様は、弊社について、とても評価してくださって、
 お陰で安心してお仕事に取り組めると言ってくださいました。

 そして、さっそくその日のうちに、弊社のお茶会などへのご要望をまとめて、
 メールをしてくださいました。

 ありがとうございました。

 こうして、お客様とキャッチボールしながら、お仕事させて頂けること、
 とてもシアワセなことだと思います。

 我々がお客様を励ましてさしあげなければならないのに、
 こうしていつも、お客様に励まして頂いてしまって、なんとも、ありがたいことです。

 心から感謝を申し上げます。

 また、お客様から、こうした感謝の言葉をいただけるというのは、
 担当のSさんが、とてもきめの細かなお仕事をきちんとして、
 さらに、自社株問題などについて、
 前向きなご報告とご提案を、つどつど、お客様にお届けしているからだと思います。
 Sさんに、日ごろのお仕事、私からも、感謝します。
 ありがとう。

 これからも、お客様に、弊社へのご意見、ご要望のヒヤリングをさせていただきます。
 そのうえで、良いところは伸ばし、改善すべきはきっちり改善し、
 もっともっとお客様のお役に立てますように、さらにもう一歩の前進に繋げていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 アークヒルズのローズフェスティバルです。
 バラの展示販売やローズガーデンの一般公開が行われます。
 去年も行きました。d0054704_1363621.jpg














 ローズガーデンは、ふだんは、近隣の森ビル居住者が上階から楽しむためのものだそうですが、
 この時期だけ、一般公開されます。
d0054704_1383328.jpg














 上のガーデンから野バラが下がって石垣を覆っています。
d0054704_1415156.jpg













 
 今年は、まだ全部が満開という状態ではありませんね。
d0054704_140926.jpg













 このイングリッシュガーデンの素朴な雰囲気が好きです。
d0054704_1423893.jpg












 なんと大きなレモンです。
 隣にいたガイジンさんが、オー、レモンツリー!と感嘆していました。
d0054704_1433082.jpg














 レモンの花です。
d0054704_1441829.jpg













 これから、バラの季節ですね。
by expresstax | 2010-05-16 23:20 | お客様
 昨年、お客様の大変多額な還付の消費税申告を行いました。
 その税務調査が先日行われ、立会を行いました。

 現在は、消費税の多額還付事案は、とりあえず還付停止、
 接触調査のうえで、適正であれば還付、という取扱体制が取られているようです。

 臨場調査では、課税売上や課税仕入について、きちんと確認され、
 お客様が、的確にご回答くださり、問題なく調査は終了。

 数日して、担当官さんから、問題ないので、調査は終了します、との連絡がありました。

 是認通知を出して下さい、とお願いしましたら、
 このほど、是認通知が、お客様のところに送られてきました。

 消費税の還付事案での是認通知は、珍しいかも知れません。

 弊社は、例年、税務調査が2件くらいずつしかなかったのが、
 例年にくらべ、今期は多いなあと感じていましたが、
 そのぶん、是認通知も、たくさん獲得できています(笑)。
 担当のKさんは、2件目の是認通知です。パチパチ。

 調査官さんによれば、今年は税務調査が多く、
 調査通知をすると、既に税理士先生が、税務調査の予定で埋まっていて、
 税務署同士のバッティングで、税理士先生の立会の確保がたいへんだとのことでした。(ビックリ)

 税金を余計に払えば、是認通知は、簡単に出るのかもしれませんが、
 それでは、税理士がスタります。
 ビタ一文、余計な税金は払わせないのが、税理士のアイデンティティです。

 最大限、税法にのっとって、お客様に有利な申告を実現してこそ、
 価値のある是認通知です。

 花丸、AAA(スリーエー)です。
 これでお客様も、ご安心ですね。

 ☆  ☆  ☆

 東京ミッドタウンのある檜町公園です。
 萩藩毛利家の麻布下屋敷の跡地が、陸軍駐屯地となり、米軍住宅となり、
 防衛庁となり、そしてミッドタウンとしての再開発。
 この歴史を、このお池は、ずっと見てきたのでしょう。
d0054704_1341923.jpg















 公園の藤棚です。
d0054704_1465030.jpg
















 見事ですね。
d0054704_1482085.jpg
by expresstax | 2010-05-12 23:15 | 税務調査
 土曜日に、NHKで、「チェイス-国税査察官」、
 また、日曜日にテレビ東京で「ルビコンの決断」の再放送をやっていました。

 「国税査察官」では、パーマネントトラベラー(永遠の旅行者=国籍を持たず逃税する人)や、
 コーポレートインバージョン(法人利益の海外親会社への付け替え)など、節税スキームが、
 かな~り、劇画チックに描かれます。

 「ルビコンの決断」では、宇都宮健児弁護士の闇金融相手の裁判が描かれます。

 それぞれ、おもしろいなあ、とみていましたが、

 ☆  ☆  ☆

 つまり、国税査察官の悩みが、不法所得に対しても、課税をしなければならないこと。
 課税の必要があれば、内偵して、課税まで持ち込むのが査察官です。
 
 ドラマでは、法律違反の風俗店を内偵しつつ、賄賂を受け取り、
 それを脱税屋のしかけたリークにより、マスコミに暴かれ、自殺に至る統括官が描かれます。

 賄賂の受け取りはともかく、
 課税がミッションである査察官が、不法行為を知りつつ、警察に通報しなかったことが、
 マスコミに取り沙汰されます。

 査察の使命と、法律遵守の二律背反のハザマに陥るわけです。

 ☆  ☆  ☆

 対して、「ルビコンの決断」で描かれた宇都宮健児弁護士。

 闇金融相手の裁判で、
 闇金から3.3億円を、被害者のために取り戻そうとして、
 そのうち1億円を、闇金グループの滞納税金充当のために、
 国税に差し押さえられてしまい、被害者に戻されるのは、その残り。

 闇金グループがスイスに隠している51億円も、国税20億円引きで戻させるとか。

 つまり、国税の徴収権は、不法所得に及ぶので、
 不法行為の被害者には、
 犯罪者への課税後でしか戻されないことに憤ります。

 ☆  ☆  ☆

 たまたま、2日連続で、国税の性(サガ)について描かれた番組。

 まさに、税金の、飽くなき「チェイス(追及)!」なのですね。。。。
by expresstax | 2010-05-11 23:00 | 折りにふれて

講演のテーマ

 7月まで講演が続きます。
 そのうちほとんどは、テーマを決めて頂いているのですが、
 ひとつだけ、未定です。
 主催者様からは、テーマは自由に決めて下さい、と言われています。

 昨年も、担当して、かなり相続税テーマで総花的なお話をして、
 とても多くの税理士先生のご出席をいただきました。

 でも、とても総花だったので、
 今年は、絞るか、テーマ変えをしたいと考えているのですが、
 主催者さんへの報告期限になっても、テーマが決まりません。
 相続関連で、何か絞るとしたら、どんなテーマがよいでしょうね。。。
by expresstax | 2010-05-10 23:59 | パブリッシング