<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 今日は大晦日ということで、三崎のマグロの差入をいただきました。

 自宅の大掃除、窓ふき、てんやわんやでしたが、
 いただいた柵取りをお刺身と漬けにして、
 我が家でマグロ大会です。

 ごちそうさまでした。
 とってもおいしかったです。

 ☆  ☆  ☆

 山葵や他のお刺身の追加を、近くのOKストアに買いに行きました。
d0054704_018356.jpg
 OKストアは、飯田5兄弟(セコム・天狗・岡永など)の三男・飯田勧さんが作ったスーパーマーケットで、お店にもでかでかと「Everyday Low Price = 毎日安い」を掲げて、日本版ウォルマートと言われてるそうです。




 とても面白いスーパーで、気づいただけでも、とてもアメリカンな、というよりウォルマート的なポイントがいっぱいあります。

1.とにかく「EDLP」なので、他のスーパーが安売りするとそこまでは下げる。したがって、お客は他のスーパーと買い周りしなくても、必ず一番安く買える。

2.他店と同じか安いので、チラシをほとんど出さない。したがって、広告費を抑えて、低価格を実現する。

3.魚売り場で山葵を尋ねたら、野菜売り場まで探しに行ってくれる。
  野菜売り場で尋ねたら、きっと反対のことをしてくれるだろう。

4.店員さん全員がマスクをしている。

5.カートのまま乗れる斜行エスカレータは、床の溝とカートの車輪溝が噛み合って、上昇中もカートが動かないようになっている。設備投資をきちんとして、つまり、来店客に最大の便宜と利益を与える。

6.レジ袋は6円。段ボール箱は無料。エコバッグ持参、車で買付、の固定客志向。

7.支払は現金のみ。
 カード払いを受け付けると、事務負担が増えコスト増になる、
 そのぶん低価格を維持し、社員の給与水準を高くする、という趣旨だろう。
 御徒町の多慶屋さんと似てる。

 ということで、日経ビジネスの「2008年版アフターサービス調査」(2008年7月28日号)で、スーパー部門における顧客満足度第1位を獲得してるというのも頷けます。

 と、たまたま、今週のプレジデント誌(2009年1月12日号)に、社長の飯田さんが「オネスト・カード」のことを書いていました。

 長雨が続いた時期に品質の落ちた野菜が高値になるのをそのまま売りたくない。
 そこで、「オネスト(正直)カード」に、「長雨のため品が悪く、高価な野菜を入荷しています。天候の回復を待ってお買いあげ下さい。」と書いて、少しだけ仕入れた野菜のそばに掲示するんだそうです。

 事情を正直に伝えて、売りたくない品物を売らない。

 そしてお客様は、これを支持した、ということです。

 顧客満足度NO.1、なるほど!です。

 不十分なことがある場合、提供する側が、とりつくろったり、誤魔化したりするのではなく、

 正直に、
 あるいは、ぶっちゃけ、

 きちんと説明して、きちんと対応するほうが、よほど、気持ちの良い質の高いお仕事ができるのではないか。

 もちろん、不十分であることの開き直りになっちゃうとマズいんですが、
 オープンにお客様の理解と納得を得て、解決に繋げるには、
 良いことだと思うのです。

 マグロ大会で、思わぬ発想を得られました。

 来年のお仕事に、さっそく活かしたいと思います。

 ☆   ☆   ☆

 と、大晦日も更けてカウントダウンです。

 どちら様も、お元気に、良いお年をお迎え下さい。
by expresstax | 2008-12-31 23:30 | プロフェッショナル
 弊社は26日が仕事納め、
 27日から新年4日まで冬休みに入っています。
 
 ちなみに、弊社の場合は、休日は、原則としてお役所と一緒。
 夏休みを交代でとるのも、お役所に合わせているからです。
 税務調査通知を受けたり、さまざまにお役所対応が必要な弊社の宿命です。

 ただ、お正月は、例年、民間企業に合わせて1日程度遅れていたのですが、今年は、なぜか、お役所と一緒に5日の仕事始めになりました。
 なんせ、連休続き、なのに、お仕事はてんこもり、やるしかないじゃん、ということのようです。

 でも私ばかりはお休みともいかず、
 閉まった事務所の中で、ひとりごそごそお仕事をしていると、 
 今日は、以前お世話になったコンサルタントの先生から、お電話がありました。
 銀行さんだけでなく、今日もお仕事をしている会社様も多いようです。

 工場移転して、特定資産買換の圧縮記帳を適用する法人様のご相談です。

 大規模の売却が実現したにもかかわらず、
 経理の税理士先生が、税務特例にあまり得手でないということで、
 適切なアドバイスを、というわけです。
 
 もちろん弊社の大得意分野ですので、
 お役に立てるのであれば、なにより。

 さっそくお正月明けに、担当役員様と一緒に、弊社にお越しいただくことになりました。

 ☆  ☆  ☆

 買換や交換など、課税繰延制度は、

 個人は、対価をなかったものとみなして、
 法人は、圧縮限度額まで圧縮損を計上することで、

 課税の繰延をするのです。
========================
 法人の特定資産買換の圧縮限度額は、次の算式によって計算します。

(算式) 圧縮限度額=圧縮基礎取得価額×差益割合×80/100

(注)
1   圧縮基礎取得価額とは、買換資産の取得価額又は譲渡資産の譲渡対価の額のうちいずれか少ない金額をいいます。

2   差益割合={譲渡対価-(譲渡資産の帳簿価額+譲渡経費)}÷譲渡対価
========================

 法人は、言葉が差益割合などテクニカルタームで、わかりにくいですが、
 売価と買換取得価額のいずれか小さい方の8割を超える部分だけに譲渡があったものとして利益の課税繰り延べする、という意味で、個人も法人も同じなのです。

 ポイントは、圧縮基礎価額の設定が、買換最大利用枠になることです。

 圧縮基礎価額は、つまり、譲渡額と買換取得資産の価額のいずれか小さい額としますから、
 買換取得価額は、譲渡価額と同じか、それ以上でないと、最大利用はできません。

 先に譲渡し、後で買換資産取得する場合は、
 圧縮特別勘定を設定して、仮の取得予定額で、圧縮損算定しますが、
 これは、当然、売価以上にするのが、定石。

 それも工場移転であれば、実際の取得は、土地・建物・附属設備・機械装置・構築物等々、
 有利に対応させていくのがポイントです。

 ☆   ☆   ☆

 お仕事一区切りのあと、
 悪友と、恒例、年末の東京ツアー。

 行きたかった和田倉橋の光都TOKYOは、昨日で終わってしまったようでしたので、
 新宿サザンライトと銘打ったイルミネーションの海の新宿サザンテラスへ。
d0054704_013412.jpg


















d0054704_2111738.jpg















 新宿タカシマヤさんのイルミネーションサーカスです。
 これもまた、楽しく綺麗でした。
d0054704_017125.jpg 
by expresstax | 2008-12-29 23:40 | お客様
 税理士の友人の話しです。
 許可を得て掲載します。
 
 顧問先様がこの数ヶ月で売上が激減し、
 銀行返済ができなくなり、
 その相談が相次いでいるというのです。

 1件2件ではない、
 顧問料の見直しまでお話の遡上に上っているそうです。

 年末になって、ちょっと一息つきそうだが、ということでした。

 確かに、大企業のリストラが大きく報道され、
 下請企業の整理が当然に進み、
 消費にお金がまったく回らなくなれば、
 中小企業にはひとたまりもありません。
  
 これは、来年さらに本格化することなのでしょう。

 資産整理関連の相談が発端でしたが、
 とにかくがんばろうね!

 ☆  ☆  ☆

 弊社で、資金や資産の整理や見直し、組み替えのご相談が急増しているのは、
 こうした状況の裏返しなのだと思います。

 また、株価や不動産価格の下落状況から、
 手ぐすねひいて、価格推移を見守って、
 「買い」の体制に入っているお客様たちもいます。
 まだ待て、をお伝えしています。

 ミニバブルといわれた時期に、
 価格引上げを断行し、多額の設備更新を実施され、体制を整えて頂いたお客様は、
 比較的のんびりなさっていたりします。
 
 しかし、流れは速いのです。

 特に、55%の所得税、40%の法人税、50%の相続税は、
 利益や資産からダイレクトに流出する最大のコストです。
 この防衛は、内部見直しから可能ですから、さらに深耕していただきます。

 来る確定申告や会社決算、相続税申告では、
 収入を最大化し、コストを下げ、手元資金を厚くして、
 いかに激変に対応するかの方向を、さらに固めて頂くことになるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 12月中旬に通りかかった、
 神田駿河台道灌通りの太田姫稲荷神社です。
d0054704_11541617.jpg














 ご近所の方でしょうか、参拝されていました。
d0054704_11551656.jpg















 私も参拝し、手帳に御朱印もいただきました。
 今年1年を元気に送らせていただいたこと、
 お客様のお元気をいただけたこと、ありがとうございました。
d0054704_11555173.jpg
by expresstax | 2008-12-28 23:41 | お仕事

相を続く

 お客様がお亡くなりになられ、
 昨日はお通夜、今日は告別式でした。
 
 今年100歳を迎えられ、総理大臣や都知事から表彰を受けられた矢先の素晴らしいご当主様でした。

 1世紀という長い人生を、
 雄々しく生きられて、
 その生活の姿勢を、ご相続人様は、しかと学び、
 引き継ぎ伝えていかれるのだと思います。

 相続とは、「相=すがた」を「続(つ)ぐ」ことだといいます。

 長い人生を終えられて、
 ごゆるりと、
 こんどは、ご後継の方々を見守って頂けますように、
 お祈りしました。
by expresstax | 2008-12-27 23:32 | 相続・贈与

忘年会兼祝賀会

 忘年会兼税理士合格祝い兼税理士一部科目合格祝兼独立祝という長ーいタイトルのお食事会でした。
 今年は、いろいろな意味で、ほんとうにがんばった1年でした。

 特にメンバーの独立が連続し、その入れ替わりの新しいメンバーが育ちました。

 以前、マーケッターの神田昌典氏が、こんなことを書いていました。

===引用開始=====================
キーワード:事業が次の段階に入るときには、社員も変われば、顧客も変わる。
 
解説:
 社員がいなくなって、次に進む。お客がいなくなって、次に進む。
 逆にはならない。
 だから、社員とお客がいなくなるのは、
 常に新しい成長が近くまで来ていることのサインとなる。

===引用終わり=====================
 
 そのときは、意味がよくわからなかったのですが、
 この数年の弊社の展開から、上のことばを思い出し、
 感慨にふけってしまいました。

 この1年で、弊社の業務はずいぶん変わりました。
 でもそれは過渡期の変わり方です。

 お客様に渇望される、お客様のご成功に、本当にお役に立つ事務所として、
 来年は、弊社は、もう一段、階段を上るでしょう。

 これまでも、不思議なほどに、一段、一段、上ってきてしまいましたが、
 来年の一段は、量的な一段ではなく、質の一段です。

 歴史的な、大きな一歩になるはずです。

 特に、経済状況が大きく動いていく来年は、
 お客様をお守りし、ご発展いただくために、
 弊社のがんばりが更に要求されるでしょう。 

 それも、ただ量的にがんばっても、対処できないでしょう。
 より一段高い質での仕事が求められているのです。

 折しも、お客様のご当主様のご逝去により、
 私とFさんは、お通夜から遅れて会場に駆けつけましたが、
 南青山のレストランラマージュのおいしい食事とおいしいシャンパンをいただくことができました。

 みなさん、お疲れ様!
 ほんとうによくがんばりました!
 税理士試験合格、おめでとう!
 独立おめでとう!
 
d0054704_23463212.jpg















d0054704_23465141.jpg
by expresstax | 2008-12-26 23:43 | 事務所
 年末ということで、
 舟生さんが、お嬢様と一緒に事務所にお越しになりました。

 バラの花、シャンパン、おもしろトイレペーパー、ロスのお土産など、
 例のごとく、てんこ盛りのお土産と一緒です。
d0054704_2135913.jpg















 あまりにばたばたで、ふうふういっていた矢先でしたので、
 舟生さんとお嬢様のあったかな笑顔に、
 ふわーーっと、気持ちが軽くなりました。 
 ありがたかったです。
 ほんとに、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 先日、クリスマスチョコをお持ち頂いたお客様から、
 なんとチョコのお返しを戴きました。
 暖かい言葉の優しいカードと一緒です。
d0054704_2334278.jpg














 我々が励ましてさしあげなければならないのに、
 却って励まして頂きました。
 ありがとうございました。 
by expresstax | 2008-12-25 23:10 | お客様
 採用活動の面接で、応募者の方から、
 税務訴訟はやるんですか?
 と聞かれました。

 確かに、私は税理士会の税務会計学会の訴訟部門の委員をやっています。
 事務所案内は、税理士の業務として、出廷陳述というのも記載したりしてます。

 でも、残念なことに(笑)、未だ弊社では、
 国税に関しては、税務訴訟や審査請求はおろか、
 不服申立さえ、やったことがありません。

 税務調査があっても、そこで全て解決がつくからです。

 しいていえば、固定資産税の審査請求はそれなりにやっています。
 もっちろん、全件、決定書獲得!と引き下げ!です。

 だめだった1件は、法律がもともとそうなっていたものを、
 お客様のたっての意思で、法の不備についての審査請求を、ダメもとで提出しました。

 当然、その請求自体は却下されましたが、
 翌年、東京都が救済条例(区分所有家屋の敷地に対する固定資産税・都市計画税の減免制度)を作った、という輝かしい成果を生みました。(えへん)

 というわけで、申告納税である国税に関しては、裁判沙汰にはならないのです。
 それが弊社の方針です。

 税務調査後の、更正や不服申立等々は、いわば後ろ向きの作業。
 もし、そのような状況になったら、お客様にとっては、大変なストレスになってしまいます。

 もちろん、いわれのない否認を受けてしまったとしたら、
 それは満を持して争うべきでしょうが、

 「いわれのない否認」というのは、
 こちらの脇が締まってさえいれば、受けることはないのではないでしょうか。
 少なくとも弊社の経験ではそうです。

 つけ入られるのは、どこかにこちらの脇の甘さ、詰めのユルさがあるのでしょう。
 
 税理士先生が 「税務調査千本斬り」などを標榜するのは、
 そもそもの申告がいかがなものか、と思っているのです。

 そのようなわけで、税務訴訟は、ありません。
 応募者の方には、ご理解をいただきたいと思います。

 ☆  ☆  ☆

 と、そんなことがあって、わが尊敬する弁護士の関根先生のブログを見ていたら、

===ここから引用させていただきます。============

 租税判例の回願なんて月刊税理の付録ですが。
 平成19年下半期の判例紹介です。

 結論だけを拾い読みしてみた。
 拾い落としがあるかもしれませんが。

 34 納税者の請求を一部認容し、その余の訴えを却下した。
 48 納税者の請求の一部を認容し、その余の請求を棄却した。
 52 納税者の請求の一部を認容し、その余の請求を棄却した。
 62 納税者の請求を認容した。
 73 納税者の請求の一部を認容し、その余の請求を棄却した。
 76 納税者の請求の一部を認容し、その余の請求を棄却した。

 78件中の5件が一部勝訴で、1件が全面勝訴。

 なぜ、税務訴訟なんてことを現実的な手段として想定するのだろう。
 経営者が、事業目的に宝籤の購入をくわえるようなものだ。

  (下線飯塚)
==================引用終わり==

 ほんとに、そのとおり!です。
 
 ☆  ☆  ☆

 お客様が、クリスマスケーキを贈って下さいました。
 それも、アイスクリームのホールケーキです。
d0054704_011190.jpg

















 一見「初めての共同作業」風ですが、
 固くてなかなか切れないところを、お二人が、がんばって切ってくれました。
 写真は、食べてるとこじゃなくて、切っているところです。
 で、どっち側をとるか、でじゃんけんぽん!
 いや、オモロイ事務所です。
d0054704_022759.jpg












 切り分けて、みんなでおいしくいただきました。
 ありがとうございました!
by expresstax | 2008-12-23 23:56 | 税務調査
 「役員給与に関するQ&A」が国税庁のホームページでリリースされました。

 これまでにもQAが出されていましたが、
 さらにその確認のようです。

 定期同額給与規定(法法34)については、当初規定がガチガチだったため、
 やはり、現場の混乱が大きいのでしょう。

 これも、いわゆる「法網」のひとつではないかと思っています。

 ☆  ☆  ☆

 同族会社の場合、役員報酬は、法人・個人・資産の各税務上、
 設定には、適切なマネージメントが必要です。

 よく、役員報酬が多額で、法人が赤字、なんて会社さんの決算書が持ち込まれて、
 聞いてみると、法人が黒字になると税務調査が来るから、という
 呆れた理由だったりしていますが、とんでもないことです。

 法人は黒字。
 そうしてこそ、法人運営する意味があるのです。

 もし、法人を赤字にしてでも、役員報酬を多額に出さねばならないほど個人資金が逼迫しているなら、法人個人の資産と収益の構造体質そのものを見直す必要があります。

 ☆  ☆  ☆

 ところで、もとに戻って、
 QAの中味はといえば、

①「経営の状況が著しく悪化したことその他これに類する理由」(業績悪化改定事由)の内容
②定期給与を株主総会の翌月分から増額する場合の損金算入の可否
③複数回の改定が行われた場合の損金算入の取扱い
④定時総会で減額決議せず、その後に減額した場合の取扱い
⑤臨時改定事由の範囲-病気のため職務が執行できない場合

 です。

 概ね、具体的になっているので、よし、
 病気のときに対応したっていいよねで、でよし、でしょう。

 ただ、法人利益が低下しているときに、利益調整のための引き下げは不可、というのは、どうでしょう。
 いいよ、と書けなかっただけでしょうか。
by expresstax | 2008-12-21 23:39 | 法人税
 先週に引き続き、冬のリクルート。
 今日は、TACの合同就職説明会です。

 Fさん、Wさん、私の採用3人組が、こぉんな顔してブースでお待ちしていましたよ。
 私のVサインは写真からはみ出てます。(涙)
d0054704_073259.jpg












 一つの業界で、これだけ事務所の就職担当さんの話しを聞ける機会はなかなかありません。
 基本的に、説明会に来ているのは、
 その事務所のリクルート担当、つまり人事担当や幹部さん、あるいは、ずば抜けたルーキーさんなど成長株さんです。(中には宣伝部隊がぞろぞろ、というところもあるようですが。(笑))
 所長先生御じきじき、という事務所も多いです。

 つまり、参加してお話を聞くだけで、
 その事務所の幹部クラスの話しを聞く、
 ということは、業界の大きな流れや各事務所の進路、展望など、
 ずばずば聞けちゃうチャンスなのです。
 所長先生がいれば、直接そのオーラを浴びることもできるでしょう。
 こんなことは、一度どこかに就職してしまったら、なかなかできません。
 就職時は、そうしたリサーチの大きなチャンスなのです。

 就職するしないにかかわらず、
 どんどん席について、
 ぶいぶい質問しちゃえばいいんです。

 アグレッシブな事務所ほど、
 そうした新人さんこそ、ウェルカムなのです。

 ☆  ☆  ☆

 例のごとく、弊社の求人条件は、高ハードル。
 それでも何人かの方々が、説明を聞きにきてくれました。
 
 と、先週の大原簿記学校の説明会に参加して、
 弊社面接まで進んでいたSさんが挨拶に来てくれました。
 ほぼ内定を決めてましたから、その場で、お伝え。
 Sさんはビックリしていましたが、月曜日に事務所に来て頂くことになりました。
 どうぞ、よろしく!

 ☆  ☆  ☆

 12月なのに、満開の白梅!と思って撮りましたが、
 開花が早すぎるので、もしかしたら木瓜(ぼけ)かもしれません。
 こんどもう一度よく見てみます。
 赤坂見附の駅前歩道橋下です。
d0054704_0184447.jpg
by expresstax | 2008-12-20 23:47 | リクルート
 平成21年度与党税制改正大綱についてのまとめを弊社ホームページにアップロードしてもらいました。メルマガも、遅ればせ。すみません。

 エクスプレス情報NO.201

 24日には、民主党さんのアクションプランが決定されるそうで、いよいよ、
 税制議論も佳境に入ります。

 見守っていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 楠の実です。
 冬も緑茂る常緑樹で、聖なる樹、燃えにくい防火樹として使われますが、
 こんな黒い実がなるんですね。
 見えるでしょうか。
 場所は駿河台です。
d0054704_23404620.jpg
by expresstax | 2008-12-18 23:30 | 税制改正

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax