税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

掌中の珠

 事務所の新人Kさんと先輩Iさん達です。
 Kさんのお仕事を、二人の先輩たちが覗き込んで、一生懸命、指導、指導。
d0054704_292848.jpg

















 Fさんと私は、
 「VIP待遇ですね」とか、
 「掌中の珠だよ」とか、笑って見ていたのですが、
 その光景があんまりほほえましいので、
 思わずカメラを向けました。

 遠目には、2人の先輩に包囲されてウツむいてる新人君ひとり?
 みたいですが、違うんですよ。(笑)

 掌中の珠とは、手の中の珠のように大切に大切にすることをいいます。
 がんばれがんばれ!
by expresstax | 2008-09-26 23:05 | 事務所
 配偶者の税額軽減(相法19の2、32、相規1の6、16)のことが話題になりました。
 相続での配偶者さんへの相続税優遇策です。

 ちょっとここで確認しておきましょね。

 配偶者の税額軽減額=   
    相続税の総額×①と②の少ない方の額÷全員の課税価格の合計額
① 課税価格のうち配偶者の法定相続分(1億6,000万円に満たないときは1億6,000万円)
② 配偶者の相続する課税価格


 算式ですと、ちょっとくしゃくしゃしていますが、
 これをまとめちゃうと、

 配偶者の税額軽減とは、 
 被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が、
 1億6千万円と、配偶者の法定相続分相当額の、どちらか多い額まで、
 相続税がかからない、
となります。
 それが何十億円でも、です。

 てことは、例えば相続人が配偶者さんだけで、
 遺産取得者も配偶者さんだけだったら、
 法定相続分は、100%ですから、
 相続税全額の配偶者税額軽減が適用されて、
 相続税額はゼロ、なんですね。

 とにかく、配偶者って、そもそも同世代相続なんだから、
 せめて法定相続分までの取得については、
 配偶者のその後の生活のためにを守ってあげようよ、
 だって、同世代配偶者は、どうせすぐまた相続になって、
 相続税はきちんと払うことになるんだから、
 という趣旨なんですね。

 算式で見ちゃうとうっかりしちゃうかも知れませんが、
 法の趣旨を考えれば、すっきり理解できるんじゃないでしょか。

 この「法の趣旨」って、受験参考書でも、むりくり暗記させられたと思いますが、
 実務でこそ、この法の趣旨の理解が大事なんですね。

 うーみゅ、んじゃ、相続対策っていらないのね、となりそうですが、
 おっとどっこい、実務では、そうは終わりません。
 インカムリッチ・ストックリッチのご夫婦だったら、
 単純にお相手に財産がわたって良いのか、悪いのか、なんてことだってあるんです。
 そしてそこからが、資産税の税理士の腕の見せ所。
 え、どうするの?って?
 それはお楽しみ。

 ☆   ☆   ☆

 日の落ちた夕暮れの空です。
 左にわず~かに、富士山の頭が見えています。
 と、ちょっとメランコリック、です。
d0054704_0133143.jpg
by expresstax | 2008-09-23 23:49 | 相続・贈与
 今月は、連休尽くし、
 事務所は、何せ、忙しい!です。

 法人税申告や相続税申告、相続試算のチェックが、
 チェックボックスに列を成しています。

 まずは、担当者さんが自己チェック、
 そして分担チェック者さんが、計算・論点チェックをかけて、
 私が最終論点チェックです。

 チェック者さんは、チームをまたいでたり、
 後輩が先輩のチェック、なんてのもあります。

 自分が担当しなくても、
 あっちのチームがやってたのは、こんな案件なんだ!とか、
 先輩たちが苦労していた事案をトレースして、
 自分が担当する以上の案件に関わることで、
 自分の引き出しを増やすことができるでしょう。

 場合によっては、もっとこうしたら?
 このほうが早いよ、なんて発見もあるでしょう。

 私が同じ視点で見ていては、チェックのイミがないので、
 斜めから、後ろから、ツッコミます。

 ツッコミながらも、
 担当者さんの、お客さまとのやりとりの苦労や、
 現地調査や理論構築のがんばりや、
 随所に見て取れて、
 がんばってるね!と、
 カンゲキしちゃったりしてます。

 ときには、ダメだしもありますが、
 でも、税務調査官や、ましてやお客さまに突っ込まれるより、
 百倍ラクなはずなので、
 ここはがんばって、最善を尽くしましょう。

 我々にとって、税務申告や報告書、提案書は、
 いわば、「完成商品」。

 願わくば、所長チェックのメクラ判、を目指して、がんばってください。

 ☆  ☆  ☆

 エントランスの合歓(ねむ)の木に見つけた実です。
 珊瑚(さんご)色のお数珠のようです。
d0054704_48813.jpg 
by expresstax | 2008-09-22 23:55 | お仕事
 夜は千代田区議会の政務調査審査会の委員会でした。
 審査委員の先生方と、千代田区議会の正副議長である高山先生、山田先生、
 そして議会事務局の方々と、久しぶりの審査会です。

 委員のおひとりである故湯藤新連合町会長さんの跡が空席だったのですが、
 今回、田中 康博 麹町出張所地区連合町会長さんが就任くださって、
 5人の審査委員が、再び揃いました。
 どうぞ、よろしくお願いします。

 昨年、千代田区議会については、
 我々審査委員会から中間答申をだしていたばかりでした。
 目黒区や品川区で起きた区議会政務調査費の不適切な使用について、
 ほぼ原告勝訴事件が続いていた中で、
 千代田区議会については、
 明瞭公正な政務調査が実施されているとして、
 むしろ、「千代田方式」と呼ばれて、
 全国から視察を受けるまでになっています。
 それもこれも、議会が、先駆的に、条例を策定し、審査会制度を設け、
 自らを律してきたからです。

 平成14年以来、審査会に携わった我々も、
 いくばくかでもお役に立てたかと思うと光栄です。

 昨年は、議会委員会の沖縄視察公務について不適切があり、
 該当議員先生たちは、視察費用一切を返還したという事件がありました。

 そんなことも含めて、新たに、区議会活動を、適切に進めていただこうと確認をしました。

 議会場前での、区議会議長の高山はじめ先生です。
 課題は多いと思いますが、適切な議会運営のために、ご尽力ください。
d0054704_012232.jpg 
by expresstax | 2008-09-19 23:42 | 提言

卒業証書は敗者

 事務所のみなさんがホームページに自己紹介欄の原稿を書いています。
 そしたら、学歴のことが話題に上りました。
 で、ちょっと思い出したので、書きます。

  ☆   ☆   ☆

 以前、スティーブ・ジョブス氏の卒業祝賀スピーチをここで引用しました。
 今度は、オラクルCEOラリー・エリソン氏のエール大学(アメリカの名門大学です。)卒業式で祝賀スピーチです。
 あの、超ビリオネア(=億万長者、ミリオネア=百万長者)です。

 が、実は、こちらは全くのデマで、創作なんだそうです。
 
 でも、内容がとてもクールだということで、5年前に一気に広まったんだとか。

 読んでみて下さい。

 引用元
   原文「サティア・ワイアー」  翻訳

  ☆   ☆   ☆

「エール大卒業生諸君にひとつだけ頼みがある。

今座っている席の周りをじっくり見回して欲しい。

左に座っている同級生。右に座っている同級生。
いいかね。では、 今から10年後、あるいは30年後のことを思い描いてみるんだ。
君の左の人間は、おそらく人生に失敗しているだろう。
右の人間はどうか。負け組だ。
間の君は?さて、答えが分かるかな?敗者だ。

みんなまとめてルーザーだ」

「実のところ本日私が目の前にしているのは、輝ける未来の産業を担うリーダーではない。
何千人という敗者予備軍だ」

「ムカッときたかね。無理もない。
しかし考えてもみてくれ。
何故このローレンス・"ラリー"・エリソンという、大学を一度も出たことのない男が
今こうして全国有数の名門大卒業生を前にこんな暴論をぶちかますことができると思うかね?

理由は簡単だ。このローレンス・"ラリー"・エリソン、
地上で2番目の金持ちが大学中退組で、諸君はそうじゃないからだ」

「ビル・ゲイツ、地上で1番目の金持ち…まあ、今のところはね… が大学中退なのに、
諸君はそうじゃない」

「ポール・アレン、地上で3番目の金持ちが大学中退なのに、
諸君はそうじゃない」

「マイケル・デル、番付け9位から急浮上中のこの男も大学中退だが、
諸君は何度も言うが、違う」

「はは~ん、本当に怒っているね。気持ちは分かる。
なので少し慰めの言葉を言おう。
諸君がここで過ごした4年か5年の間に培った人脈と勤勉さ、言葉セラピー、それはきっとこの先も役立つはずだ。
この人脈に絡まれて道を転げ落ちても生涯、言葉というものに癒されていく。
大学を中退しなかったが故にビリオネアになれない諸君にとってそれはとても貴重なことだよ」

「もちろん中にはスティーブ・バルマーのように
がんばって番付けの10位、11位まで駒を進める人間が
もしかしたら君たちの中からも出てくるかもしれない。たぶんね。
ま、記録の上では彼も少し遅れて院をドロップしているが」

「ここまで聞いて
“自分にはもうどうすることもできないのか”、“もう望みがないのか?”
と思っている人もたくさんいるだろう。
実はその通りで、もう手遅れだ。諸君はあまりにも多くのことを知り過ぎた」

 (以下暴言続く。最後は警備員が壇上から引き摺り下ろすシーンで幕)

  引用は、ここまでです。

  ☆  ☆  ☆

 いやはや、痛烈です。

 でも、確かに、ビリオネアたちは、青春の入口で
 生き急ぐように、コースをはずれ、
 オリジナリティに走っています。

 それに確かに、日本でも、いわゆる「学歴」だけが自慢の人は、
 18歳のときに、人生最高だったんだね、という証明にしかなりません。

 そして、いわゆる国家資格も、
 かつて、合格レベルにいたよね、という証明にしかすぎません。

 学歴だの、資格だの、経験だの、知識だの、地位だの、名誉だの、の
 過去の形にとらわれた瞬間から、
 自分自身の自由で無色透明なオリジナリティが、曇り始めます。

 知識を詰め込み、頭の中が、既成概念で満タンになってしまったら、
 そこで創造性は終わりです。

 今を、どう生きるか、
 学び、活かし、オリジナルな価値を創りつづけているか、
 果てしなく成長していけるか、
 ひとりよがりでなく、世界にどう貢献できていくか。

 その証明は、××証書ではなくて、きっと今、この瞬間の自分、なんですね。 
by expresstax | 2008-09-18 23:57 | リクルート
 弁護士の吉岡毅先生の「経営承継円滑化法の要点」についてレクチャーを受けました。
 吉岡先生は、事業承継協議会の事務局を担当されています。
 事業承継協議会は、私も会員になっています。

 気になっていたのは、経営承継円滑化法のなかでの遺留分放棄の手続きのうち、次の部分です。
====================================
円滑化法第8条(家庭裁判所の許可)
 第四条第一項の規定による合意(第五条又は第六条第二項の規定による合意をした場合にあっては、第四条第一項及び第五条又は第六条第二項の規定による合意)は、前条第一項の確認を受けた者が当該確認を受けた日から一月以内にした申立てにより、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。
2 家庭裁判所は、前項に規定する合意が当事者の全員の真意に出たものであるとの心証を得なければ、これを許可することができない。
====================================


 従来の民法上の遺留分放棄(民法1043)も、家庭裁判所の許可が必要であり、その許可には、家庭裁判所により若干の違いはあるものの、概ね、書面による確認が行われ、裁判官による審問により真意が見届けられて許可が下りるのです。
 
 そして裁判官の心証形成には、合理性と代償性が問題にされていました。

====================================
民法第1043条(遺留分の放棄)
 相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。
====================================


 そのため、今回の経営承継円滑化法での裁判所の許可に至るまでの、「真意に出たものであるとの心証」について、従来の放棄に対する裁判所確認とどう違うのか、間口が広くなるのかどうかが気になるところだったのです。

 吉岡先生のお話から、新法によっても、裁判官の心証には、従来の放棄と、特段異なることはないように受け止めました。

 ということは、うーん、新法での遺留分放棄って、そんなに順調に進むのかなあ、と心配になります。

 来年3月1日施行なので、またそこまでの流れを見ることになります。

 ☆  ☆  ☆

 私は今日から3日間、夏休みです。
 社員さんたちのほとんどは8月に夏休みをとるので、
 私はいつも、9月になってしまいます。

 でも、今年は、夏休みとはいっても、たまりにたまった原稿をしあげなければなりません。
 ほとんど多重債務者状態です。(うぅぅ)
 がんばります。。。。

 ☆  ☆  ☆


 辛夷(こぶし)の木にもっこり出てきた実です。
 見にくいですがうっすらオレンジ色で、ほんとに「拳(こぶし)」みたいですね。
 これは、いわばさなぎのようなもので、
 このあと、さなぎの中から、本当の実が現れるはずです。
 秋ですねぇ。
d0054704_1133659.jpg
by expresstax | 2008-09-17 23:29 | 相続・贈与
 アメリカの証券会社のリーマンブラザーズが経営破綻が報道されました。
 負債総額6,130億ドル(63兆7,500億円)だそうです。
 メリルリンチ証券はバンクオブアメリカに500億ドル(5兆2千万円)吸収救済されることになりました。

 「ブラックサンデー」と呼ばれるそうです。

 米国では、金融の中でも、証券会社が一番の花形で、
 いずれもエリート達が闊歩するスーパーエリート会社です。
 リーマンは日本法人も破産申請されたとのことです。
 しばらくは、この影響が出るのでしょう。
 米国保険会社AIGは格下げになりました。
 日経平均も11,609円まで下がっています。
 昨年7月末の米ベアースターンズのファンド破綻から始まったサブプライム問題。
 整理は、まだまだこれからとのこと。
 見守っていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 百日紅(さるすべり)の実です。
 どんどん膨らんで、びっしりになります。
d0054704_8143183.jpg
by expresstax | 2008-09-16 23:48 | 提言

Sさんご夫妻、来所

 8月に退社され、ご実家の税理士事務所さんに戻られた税理士のSさんが、
 奥様と一緒に来所されました。

 お土産をいただいて、近況を伺って、
 奥様(税理士さんです。)と頑張ってらっしゃる様子に感激しました。

 東京とご実家の往復で、とてもたいへんな時期だったと思います。
 お身体に気をつけて、無理のないようにがんばってください。

 事務所のみんなとエントランスで、集合写真をとりました。

 才能溢れるお二人です。素晴らしいご成功を!
d0054704_23385298.jpg
by expresstax | 2008-09-12 23:32 | 事務所
 産休中のメンバーから、突如の引越の連絡で、
 急遽、育児休業や育児休業期間の延長、育児休業手当の手続きをすることになりました。

 私はもちろんさっぱり分かりませんし、
 弊社の社会保険関係手続きをお願いしている事務所さんも、前例がないとのことで、
 急遽、調べて頂くことになりました。

 昨日は、弊社の事務局のCさんと一緒に、
 半日がかりで、書籍やネットで調べていただいて、
 さらにお役所に赴いて頂いて、
 ようやく概要を把握してもらったようでした。

 産休や育休が普及しにくい原因は、
 もちろん企業サイドのマンパワー配置の困難さにもあるのでしょうが、
 こうした手続きのわかりにくさや、手続きの手間暇と煩雑さにもあるのではないかと思います。

 とはいえ、わからないなりに、
 前例がないならないなりに、
 やっていくしかありません。

 これは、税務も同じですね。

  ☆   ☆   ☆

 今日の午後は、Wさんご本人が直接書類作成に来所。
 10ヶ月になったTくんといっしょです。
 おっきくなったね。
 それに、もう、少年の雰囲気だね。 
d0054704_084815.jpg















 しばらく遠くに離れてしまうけど、
 元気に大きくなってね!

 ☆  ☆  ☆

 スノーベリーという実です。
 スイカズラの種類なのだそうですが、ぜ~んぜん、似てません。
 でも、白くてきれい、です。
d0054704_0105114.jpg
by expresstax | 2008-09-10 23:47 | 提言
 お客さまの本社にお伺いしました。

 弊社は、お客さまを資産所有法人個人様に限定させていただいており、
 この会社様も、該当します。名にし負う素晴らしい会社様です。

 受付横のモータースポーツミュージアム。
 本物のF1フェラーリが展示されています。
 ご担当者様にも入って頂いて、弊社の担当者さんお二人と記念写真をいただきました。

 どうぞ、これからも、よろしくお願いします。
d0054704_112676.jpg














 ☆  ☆  ☆

 中庭の千日紅(せんにちこう)に、紋黄蝶がとまっていました。
 紋黄蝶を見るのは何年ぶり、でしょうか。
 いつまでも、いつまでも、舞っていました。
d0054704_142352.jpg
by expresstax | 2008-09-08 23:54 | お客様