<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧   

豪雨の告別式   

2008年 08月 30日

 告別式は大変な豪雨となりました。

 昨夜のお通夜は、担当税理士たちと一緒に弊社は3人で参列し、
 今日は、私ひとりが参列しました。

 ご縁戚の方々とのしめやかなお式は、胸を突くものでした。
 とても長いご病気の末ですから、
 ご親族は、可能な限りの治療を施し、
 そのお姿は、むしろ安堵に満ちて穏やかでした。

 大変なご資産家様で、弊社にお越しになったのは、
 一次相続である亡きご当主様の相続税申告後の、
 停滞していた相続税物納の解決がご縁でした。

 弊社は、最近こそ、最初からのご依頼を受けていますが、
 まだ知名度が低かった頃は、
 このような一次相続後のご依頼が多かったのです。

 一次相続でこりごりされたお客さまが、
 せめて二次相続こそは、と、
 それなりに相続のお勉強をされ、
 税理士を調べて、満を持して駆け込んでこられるからです。

 このような場合、税務調査はとっくの昔に終わっており、
 ひどく不利な取扱を甘受した修正申告書が出されてしまっていても、後の祭り。
 大変残念な思いをすることが多いのです。

 税務調査で不合理な増額(修正)申告の慫慂(しょうよう=促すこと)を受け、
 言いなりになって、修正申告をしてしまうと、
 税法上、それは納税者の確定意思による申告だとみなされ、
 あとで、異議申立をすることはできないのです。(国税通則法75条)

 ☆  ☆  ☆

 ご相続は、ぜひともご無事に、円満に、進めて頂かねばなりません。
 豪雨をつくようなご出棺をお見送りしながら、
 決意を新たにしました。

by expresstax | 2008-08-30 23:39 | 相続・贈与

賃貸不動産経営管理士登録研修、そして赤坂見附跡の昼顔   

2008年 08月 28日

 賃貸不動産経営管理士登録研修です。

 賃貸不動産経営管理士登録研修とは、次の団体が合同で設定した管理士制度です。
財団法人 日本賃貸住宅管理協会 
社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会 
社団法人 全日本不動産協会
社団法人 日本住宅建設産業協会

 テーマは、賃貸不動産の税金応用編-相続や譲渡、法人化などをお話します。

 会場の全国都市会館は、徒歩10分ほどですが、
 前回暑さしのぎに、地下歩道を行って、さんざん苦労しましたので、
 今日は、地上を行きました。
 つまり、246側へ回り、平河町の坂道を上っていきます。

 かつて知ったる会場ですので、直接講師控え室に行くと、
 主催者さんはどなたもお留守。

 テキストをみながら、のほほんと待っていると、
 講演開始直前に、わらわらと担当者さんたちが控え室に集まってきました。
 皆様、会場で待ってらしたとか。
 ごめんなさい。

 確かに、普通は、講師控え室の場所は講師には分かりませんから、
 まず講演会場の受付に顔を出し、
 そのあと担当者さんに案内されて控え室に回ります。
 ご心配をおかけしました。 

 相続税のお話は、当然10月1日からの新税制に触れざるを得ません。

 法定相続分など、宅建でやってるよ、という顔をなさっていた受講生さんが、
 思い切り真剣な顔に変わります。
 
 最新情報としてお伝えしました。

 ☆  ☆  ☆

 平河町の坂道を下りながら、赤坂見附跡の石垣や説明板をチェック。
d0054704_2432020.jpg













 
 「赤坂見附は寛永13年(1636)、筑前福岡藩主黒田忠之により枡形(ますがた)石垣が作られ、寛永16年(1639)、御門普請奉行の加藤正直、小川安則によって門が完成した。江戸城の門は敵の進入を発見する施設のため「見附」と呼ばれ、赤坂見附は江戸城の赤坂方向への出入口だった。門は明治5年(1872)に撤廃され、現在、石垣の一部が残っている。江戸城外堀跡として国の史跡になっている。東京で唯一見附の名が駅名になったところである。」
 と説明があります。

 江戸城防衛の臨界線だったのですね。

 お客さまの財産防衛の見張り役としての弊社は、
 なかなかいい立地なのかも、と勝手に悦に入っていました。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 歩道の脇には、雑草が生い茂っていますが、
 昼顔がとても、きれい。
 終盤の夏に、さわやかに花開いていました。
d0054704_24515.jpg

by expresstax | 2008-08-28 23:26 | パブリッシング

相談、相談、相談・・・   

2008年 08月 26日

 連日、お客さまからのご相談です。

 債務解決について、
 登記名義回復について、
 土地貸付について、
 自社株支配権について・・・
 
 続々と、資料を抱えて、事務所にお越しになります。
 内容はさまざまですが、
 いずれも、お客さまにとって、とても大切な問題ばかりです。

 今日は、数年前にお手伝いを申し上げたお客さまからのSOSもありました。

 頭を時間単位で切り換えて、集中して、お話を伺い、ご回答申し上げます。

 それぞれ、次のプロセスが大事です。

 まず、スタートをきること。
 それが問題解決の覚悟を決める力になるのです。

 がんばりましょう!
 

by expresstax | 2008-08-26 23:55 | お客様

パソコンクラッシュ!   

2008年 08月 25日

 昼頃、机で書類を読んでいたら、突然、ピポッ、と音。
 パソコンのデュアルディスプレーの2面とも、一瞬で真っ暗に。
 そしてリブートを求めるメッセージ。

 とうとう、パソコンクラッシュ! つまり壊れたんです。

 実は、1ヶ月ほど前にも、一度クラッシュを起こし、
 そのときは、ハードディスクのセルが壊れていることがわかり、
 救急手当てをしてもらって、何とか生き返らせました。

 そして、その日のうちに、クライアント(個別マシン)のデータを、待避バックアップ処理し、
 その日のうちに、代替機を注文しました。

 高スペックで注文した代替機が到着後、
 環境設定やソフトのインストールなどをKさんがやってくれていて、
 あとは、もう一つソフトを入れれば、といっていた矢先でした。

 旧機は、その間、だましだまし使っていたのですが、
 とうとう、今日、ご臨終いただいて(南~無~)、
 新機への乗り換えです。

 明日からは、当分、各ソフトのカスタマイズに時間を取られそうですが、
 
 それでも、今となっては、パソコンのない仕事など、亡きにも等しいと実感。

 午後いっぱい、メールも受けられず、予定表さえ見ることができない不便さは、
 これはたいへんなことだと実感したことでした。

 Kさん、そして駆けつけてくださったM先生、
 ほんとうにありがとうございました。
 
 そして、新機くん、手荒なユーザーですが、どうぞ、よろしく。

by expresstax | 2008-08-25 23:11 | 折りにふれて

我愛北京、そして鬼なすび   

2008年 08月 24日

 北京五輪が終わり、閉会式を見ていてびっくりしました。

 閉会式聖火の消えた後のエグジビションで、
 菊地圭介氏の「我愛北京(ウォーアイペィジン)」がいきなり始まったからです。

 元アルフィーの菊地氏は「女子十二楽坊」プロデューサーとして有名でしたが、
 6年前に上海に移住。
 ゼロからスタートしたそうですが、
 日本からも中国からもはみ出して、苦しんでいたようです。

 事業が失敗し、負債を抱え、2週間も食事がとれなかったときは、
 栄養失調で爪がぐにゃぐにゃになって、ギターピックが持てなかったそうです。

 今回の五輪の公式ソングの募集に数曲応募したそうですが、
 自信が持てず、最後に締切ぎりぎりに応募したのが、この「我愛北京」だとか。

 自分が作りたい歌ではなくて、

 北京市民にインタビューまでして、
 コンサート会場のノリで、歌えるように、と作ったそうです。

 とても覚えやすい曲で、
 サビの部分は、私もつい口ずさんでいました。 

 5万曲の中から、30曲だけ選ばれたとき、テレビのドキュメンタリーになりました。
 日本人はひとりだけで、
 とにかく30曲に選ばれたんだから、よかったね、と、
 そのときは終わっていましたが、

 なんと、閉会式で歌われたんですね。

 ドキュメンタリーを見ていたので、
 歴史背景もあるのに、日本人の曲を、採用した北京の懐の深さ。
 ゼロから上海でスタートしてそれが報われた菊地氏の気持ち。
 『Newsweek』の「世界が尊敬する日本人100人」のうちの一人としても取り上げられたとか。

 ほんとによかったなあ、と思ったのです。

 ☆  ☆  ☆

 エントランス前の歩道のエノコロ草などの雑草の中に、びっしりと咲いていました。
d0054704_046932.jpg















 名前を調べたら、「鬼(悪)なすび」というんだそうです。
 ナス科の花で、確かに、花の形や棘がナスと似ています。
 繁殖力が強いので、こんな名前になったのだとか。
 実はならないかな?

by expresstax | 2008-08-24 23:21 | プロフェッショナル

お客さまのご入院   

2008年 08月 22日

 お客さまがご入院なさったとのことを、

 ご紹介者様が、電話で教えてくださいました。

 弊社のすぐそばの病院です。

 たぶん面会時間になる午後、花束を持って、すっとんでお見舞いに伺いました。

 お客さまの病室は、個室、

 びっくりするほど明るいお顔で、すぐ起きてきてくださいました。

 「ほとんど誰にも知らせなかったんですよ」と、

 長年の親友だという方と、病室の大きなテレビでは、

 折しも北京オリンピックの野球。
 
 来週からの治療のお話、

 通院が始まったら、事務所にも寄ってくださるとのお話。

 どうぞお大切に、一日も早く、

 元気にお顔をお見せ下さいね。

by expresstax | 2008-08-22 23:45 | お客様

保証債務履行譲渡特例のご相談   

2008年 08月 21日

 地価下落、株価安値、金融機関の不良債権処理急増、企業倒産相次ぐ・・・
 新聞では、毎日、こんな文字ばかりが躍ります。

 そんななかで、保証債務履行譲渡特例についてのご相談のご依頼が飛び込んできます。

 自社の債務整理のために社長様が保証人として個人資産を売却して肩代わりをせざるを得なくなったものの、会社に立替分の請求もできない場合、不動産の譲渡益を非課税にして、譲渡代金をなるべく返済に回せるように、という所得税法64条特例です。

 正しくは、「資産の譲渡代金が回収不能となつた場合等の所得計算の特例」といい、保証債務履行に伴う求償権の行使不能の場合の譲渡の特例です。

 これから実行するにあたってのご相談であるのが何よりの救いです。

 肩代わりしてしまったけど制度を知らなかった。
 制度を知らずに肩代わりしたので、要件不適格で、非課税にできなかった、
 そんな声をよく聞きます。

 なんとかお役に立ちたいと思います。

 
 

by expresstax | 2008-08-21 23:36 | お仕事

エクスプレスの「寄ってたかって方式」   

2008年 08月 20日

 弊社のFさんは、今週いっぱい夏休みです。
 Fさんの担当の顧問先の社長様から役員報酬の改定について、お尋ねがあったそうです。
 Fさんのお休みは承知のうえで、でも、教えて、というわけです。
 
 電話にでた昨年入社のHさんが、即座に、定期同額給与の取扱について、答えてくれたそうです。
 ポイントを外さない的確な回答でした。
 
 そして、具体的にはFさんが出社してから相談しようということになったそうです。
 
 社長様は、電話に出たHさんが、担当ではないのに即答したことで、たいそう安心されたのではないでしょうか。
 
 これがエクスプレス水準です。
 
 Hさんは、問題点を、席に戻った上司のIさんに報告して、
 回答が適切だったか確認して、
 Fさんへの連絡データべースに記載しました。
 パーフェクトです。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 お客さまのご質問は、自社の数字に関わるお尋ねもあれば、
 一般的なことをお尋ねの場合もあります。
 
 それでも、お客さまが、ふと思いついたときに、とっさに税理士に聞きたいときがあるのです。
 あるいは、抜き差しならないビジネスの最中に、税務の確認をしたいことが出てくるものです。
 
 でも、ご連絡をいただいたそのときに、担当者は不在かもしれません。
 所長も講演中かもしれません。
 それを「担当者から折り返しご連絡します」では、遅いのです。
 
 お客さまの経営展開のうえでは、このことは、とてもとても大事なのです。
 
 お客さまの頭の中のアイディア・決断は、その瞬間に捉えて頂かねばなりません。
 ビジネス展開の最中での判断は、まさに死命を決します。
 
 即座に判断がつけば、次の瞬間には、さらに次の決断に進むことが出来ます。
 経営がスピード化できます。
   
 ☆  ☆  ☆
 
 このスピード化を生み出すのは、エクスプレスの「寄ってたかって方式」です。
 
 ひとりのお客さまに対して、担当者や所長が、単独であたるのではなく、
 全員で、寄ってたかってお世話するこのやりかたを、
 開業以来、弊社ではこう呼んでいます。
 全員が、税理士や多科目合格者以上だからできるやりかたです。
  
 だからこそ生み出せるスピードなのです。

 さらに、寄ってたかってお客さまのことを考えることで、智恵が出し合えます。
 智恵の集積をもって、お客さまに向かうことができます。
 
 エクスプレスのお客さまが急速に成長なさっている理由は、ここにもあるのです。
 
 税理士の仕事は、「後処理」ではなく、お客さまをスピード化するための「後押し」なのです。

 まさに、エクスプレスの本領発揮です。
 
 Hさん、すごいね。とても良い仕事をやったね!  

by expresstax | 2008-08-20 23:22 | 事務所

税務会計学会年次大会プログラム   

2008年 08月 19日

 税務会計学会年次大会のパネルディスカッションメンバーの打合せです。

 テーマ内容や時間配分などを、座長の柴原先生の強力な運営で、
 次々に決めていきます。

 私はといえば、中小企業経営承継円滑化法の民法特例をテーマとしますので、
 寄稿論文とディスカッションテーマも、法務担当風です。

 基調報告は、宮森俊樹先生です。
 宮森先生は、右山昌一郎先生の事務所の職員さんでしたが、
 後継者として、まさにMBO(マネージメントバイアウト
 =従業員が経営オーナーから株式を買い取ることで、会社の経営権を取得する方法)により、
 親族外承継を実行中とのことです。

 活きたケースとしてとても参考になります。

 次の締切、そしてリハーサルと、
 9月10月とスケジュールを設定します。

 がんばっていきましょう。

by expresstax | 2008-08-19 23:10 | 研究

新メンバー、スタート!   

2008年 08月 18日

 新メンバーの初出勤が始まりました。

 今日は、まず、トップバッターCさんです。

 朝から元気に、飛びきりの笑顔で、明るくスタートしてくれた パワーの新人さんです。

 自分の人生の新しいステージを、開くのは、自分自身。

 これまでの自分をがっちり踏みしめて。

 これからの自分に、きっちり賭けて。

 がんばれ! 

by expresstax | 2008-08-18 23:38 | 事務所