<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

大晦日の消費税の届出?そして東京タワー

 大晦日を目前のご相談です。

 これまで免税事業者だったけど、平成20年に大きな設備投資をするから、その消費税の還付を受けるためには、この年末に届出を出さなくちゃいけないんじゃないか、ただし設備投資後は、ずっと課税事業者になるんだけど、というものです。

 消費税は「預かった消費税-払った消費税」の差額を納めるのが原則です。
 そのために、消費税の課税事業者であれば、例えば、「その年の課税の売上1千万円に払う消費税50万円-設備投資1億円に払う消費税が500万円=▲450万円還付」が可能ですが、免税事業者の場合は、そのままでは消費税と無関係。従って還付もなし、となっちゃうために、免税事業者でも、あえて消費税の課税事業者になることを選択しちゃうという方法があります。

 でも、このケースの場合、方法は2つです。
1.設備投資後は、いずれ課税事業者(課税売上高1千万円以上)になるのだから、余計な手続きをせずに、平成22年から粛々と消費税を納税する方法。
 平成19年までは課税売上高1千万円以下なので、平成21年はどんなに課税売上があっても、消費税納税はないからです。
 
2.事前に課税事業者となることを選択して、平成20年は消費税還付を受ける方法。
 ただし、そのままなら払わずに済む平成21年消費税を払うことになります。
 
 この判断基準は、設備投資額の消費税と、20年21年の課税売上高の消費税のどちらが大きいか、に係ってきます。
 
 そして設備投資額の方が大きいぞ、と2を選択するとして、年間計算をしたら、平成20年分の設備投資後の課税売上高が増えるほど、還付消費税は少なくなります。

 つまり、消費税還付額を最大化するためには、課税売上高を最小化する必要があります。
 
 消費税には、3ヶ月や1ヶ月に、課税期間を区切ってもいいよ、とする課税期間短縮規定(消費税法19条)がありますが、これを使います。

 もちろん、そんな手間暇をかけることと、課税売上高の額による還付効果のコストパフォーマンスを検討する必要があるのは言うまでもありません。
 
 今回の場合は、課税期間短縮が有利なので、どうせ課税期間短縮するなら、あえて、大晦日にばたばた手続きをしないで、設備投資の直前で手続きをする方がよかろう、という結論です。

 以上、年末のちょいとしたどたばた相談、ひやひやの対応でした。
 だって、今やっておいた方がいい、という可能性だって大大大なのですから。
 スリルとサスペンスの人生です。税理士って。
 
   ☆   ☆   ☆

 というわけで、大晦日。
 悪友と、ふらりふらりとちょっと東京の匂いを感じに、出かけてきました。
 まずは、汐留コンラッドホテル。これは私の希望です。

 事務所の内装のモデルを見てみようというのです。

d0054704_1110132.jpg


 そして、東京タワー。

d0054704_054039.jpg



























2007年最後の東京の夜景と、ライトアップされた東京タワー、タワシタのレストランGARB Pintinoのおいしいイタリアンでの今年最後の食事を満喫してきました。

 では、どちらさまも、お元気に、良いお年を。

by expresstax | 2007-12-31 23:37 | 耳より税金情報  

仕事納め

 仕事納めの最後の日です。

 平成19年最後のご相続のご紹介のお客様を、ご紹介者様と一緒に訪問し、お話を伺いました。
 年明けからさっそく着手させていただくことになりました。

 午後は、社員のみなさんが大掃除しているときに、お客様のお見舞いと、お正月の準備。
 お正月の準備は、事務所の鏡餅や門松の買い出しです。

 まだまだ移転祝いの花鉢の溢れるエントランスに、お鏡を飾ってもらいました。
 受付電話と同じに、お花に埋もれて、探さないとわかりません。(笑)

 そして、ドア脇に門松。

 赤坂をかけずり回って捜し当てたお花屋さんでも、輪飾りはないそうで、お花屋さんが、柳の枝と南天をつけてくれました。

 そして、華道の心得のあるHさんが、見事に柳と南天で、とても素敵な門松にしてくれました。

 ガムテープが艶消しになってしまっていますが、まあ、例年のご愛敬です。

d0054704_2339161.jpg















 夜は、銀座に繰り出して、忘年会兼IさんOさんの遅ればせの新人歓迎会、Oさんの早めのお誕生祝いでした。
 もう、お二人とも、お仕事大活躍の頼もしい戦力です。
 そしてお誕生日のOさん、おめでとうございます。

 場所は、道場六三郎さんの銀座ろくさん亭です。

 みごとなふぐコースを堪能しました。
 軍資金の一部は、お客さまからのお歳暮の商品券。
 おいしく使わせてただきました。ありがとうございました。
 幹事のIさん、お疲れ様でした。ありがとう!

 ふぐは、「河豚」と書きますが、「河豚ちり」は、なんと読むか、なんて楽しさもついてきました。(笑)

 写真は、今年、税理士試験の科目合格を果たしたHさん、Oさんのお二人です。
 特にHさんは、2科目一括合格で、一気にリーチです。
 おふたりとも、おめでとう!
 d0054704_2349394.jpg















 今年は、贈与や譲渡、自社株対策などのお仕事の集中、事務所移転などなど、とてもとても大変だったけれど、この「大変」を乗り越えた経験は、きっと弊社の大きな財産になるでしょう。

 みんなとてもがんばったね!!!
 ほんとうにお疲れ様でした。

 そして、来年も、元気に楽しく、お客さまのために、がんばりましょう! 

by expresstax | 2007-12-28 23:35 | 折りにふれて  

オニキスからアラバスタへ

 事務所はあいかわらず、アンダーコンストラクション、工事中です。

 いやはや、いったいいつになったら完成するのか、ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂みたいになっちゃいそうです。(おおげさ)

 というわけで、今日の業者さんとの打合せ。
 
 エントランスのサインボードに、光を通すオニキスの石盤にするつもりでしたが、
 石材が間に合わないのだそうで、急遽の業者さんのご提案。

 なんと、オニキスに替えて、アラバスタ石盤に光を通すという案です。

 うーん、アラバスタといえば、弊社の渋谷事務所のエントランスの壁灯がまさに、アラバスタ。

 スペインでとれた世界で唯一光を通す石ということで、素敵な陰影を醸して、
 渋谷事務所の雰囲気をつくってくれていました。

 個人的には、とても好きな石だったのです。

 これをなんと、この永田町事務所のエントランスの正面に配します。

 例えば、こんな風になるというモデルは、汐留のコンラッドホテルでした。

d0054704_11131837.jpg


 2006年のグッドデザイン賞の建築・環境デザイン部門 / 建築デザイン賞 を取得した竹中工務店の作品です。
 
 当初意図していたオニキスとは、若干イメージが変わるかもしれませんが、
 でも、これでまた、事務所完成まで一歩進んでくれそうです。

by expresstax | 2007-12-27 23:57 | 折りにふれて  

財務省「平成20年度税制改正の大綱」

 前回ご報告した平成20年度与党税制改正大綱。
 民主党が追いかけて12月18日、大綱を出しました。 
 ①租税特別措置(租特)の抜本見直しを進める一方で法人税率を引き下げる。
 ②寄付税制を大幅に拡充し、公益事業を担う団体への寄付に関して所得税額の40%を上限に税額控除できる措置の新設、などが報道されています。

 一方、翌12月19日、財務省が「平成20年度税制改正の大綱」を決定。

 これは、財務省ベースの国税のみの改正大綱ですが、「の」が入っているのが特徴(笑)。
 そして、自民・公明税調との協議済みの与党大綱のベースになっています。
 民主党さんの税率引き下げなどは、匂いも入っていません。(税調議論には載っていたんですけどね。)

 もちろん来年3月の国会の流れを見なければならないというものの、1月には税制改正要綱が閣議決定されていくことを考えれば、大筋、与党大綱で進むということでしょう。

 というわけで、取り急ぎ、税制改正本の原稿書きにハッパを掛けています。

 ☆    ☆    ☆

 そんな中でも世の中はクリスマス。
 
 赤坂見附の弊社事務所ビルの入っている赤坂東急プラザと
 お向かいのベルビー赤坂のクリスマス・イルミネーションです。
d0054704_0344198.jpg














 もうひとつは、有楽町マリオン。
 正時のオルゴール人形です。
d0054704_0354160.jpg















 メリークリスマス!

by expresstax | 2007-12-24 23:24 | 耳より税金情報  

■平成20年度与党税制改正大綱-事業承継税制と相続税増税■

 エクスプレス情報194号です。

by expresstax | 2007-12-17 23:42 | 耳より税金情報  

移転祝い、ありがとうございます。

 移転のお祝いの鉢植えで、事務所が埋まってしまいました。

 エントランスはもとより、奥まですごいことになっています。
 お花屋さんより、たくさんありそうだね、とみんなで感激しています。
 ほんとうに、素晴らしいお祝いを、ありがとうございます。
 深く感謝します。
 そして、お花に託されたお客さまのご期待を胸に、頑張って参ります。
d0054704_0431080.jpg















d0054704_0432468.jpg















d0054704_0491065.jpg

by expresstax | 2007-12-15 23:42 | 折りにふれて  

官報組、税理士試験合格おめでとう!

 今日は、税理士試験の合格発表日でした。

 税理士の国家試験では、5科目の合格科目が必要なのですが、弊社では、3人の社員さん、
もうじき3年生のFさん、2年生のYさん、今年入社の1年生のIさんが、今年夏の試験で最後の1科目にチャレンジし、その発表待ちでした。

 朝から、ちょっとそわそわ。ちょっと心配。
 そんな状態で、官報をチェック。
 税理士試験の最終合格者は、当日の政府官報に名前が掲載されるのです。

 なんと、3人とも、
 見事に官報合格者名簿に登載されていました。
 これは快挙です。

 威風堂々の写真です。
d0054704_0575993.jpg














 おめでとう!
 お仕事をしながらの受験と合格達成は、困難の連続だったと思います。
 でもそのハードルを乗り越えた経験は、これからの税理士としての人生を進む上で、大きな自信と誇りになるでしょう。

 特に、Fさんは、お仕事で立派に担当責任を果たしながら、弊社の研修担当も併任して、かつ、国税3法(法人・所得・相続)にきちんと挑戦して、結果を出しました。
 後に続く後輩たちの大きな励みとなるでしょう。

 そして、ようこそ、プロ税理士の世界へ!
 新しい業界と時代を創っていく仲間がまた生まれました。

 これからも一緒にがんばっていきましょう。
 そして、今日はゆっくりと、奥様とご両親とご兄弟と、目標達成の美酒を味わって下さい。

by expresstax | 2007-12-14 23:33 | 事務所  

平成20年度税制改正速報-事業承継税制は21年度から!?

 明日13日に、与党税制改正大綱が決定され発表される予定です。
 その一部を先行してお伝えします。

■事業承継税制は21年度から-相続税抜本改正と一緒に納税猶予制度として

 期待されていた事業承継税制は、21年度から相続税課税方式の抜本改正と合わ
せて、5年間チェックを基準とする納税猶予制度として導入されます。
 
 具体的には、平成20年10月施行予定の「事業継続円滑化法」と足並みを揃えて、
それ以降の税制適用になる見込みです。
 
 制度適格となれば、発行済み議決権株式総数の2/3の8割の評価減となりま
すが、個人資産の管理等を行う法人などは排除されます。
  
■土地売却の登録免許税の1%軽減税率は平成21年3月まで1年延長

 平成20年3月で期限到来する軽減税率は、1年間延長され、その後漸増します。
 
                 現行  平成21年4月~ 22年4月~
 土地売買所有権移転登記     1%    1.3%    1.5%
 土地所有権信託登記       0.2%   0.25%    0.3%
 
■証券税制

 1.譲渡所得
   (1)上場株式等譲渡の軽減税率 現行10%  平成20年12月で廃止
                        本則20%課税に
   
   (2)市場特例措置 平成22年末まで 500万円以下は10%適用
   
 2.配当所得課税
   (1)上場株式等配当の軽減税率 現行10%  平成20年12月で廃止
 
   (2)少額配当の軽減措置
              平成22年末まで 100万円以下は10%適用
              
 3.譲渡損失と配当の損益通算制度
   
    申告方式  平成21年度から開始
    特定口座の場合は、早くても平成22年度から

■相続税の営業権評価は、利率・企業者報酬等見直しへ

 低金利のあおりで高額評価されるようになってしまった法人の営業権評価は、
標準企業者報酬と基準年利率の見直しにより適正化される予定です。
          現行             改正後
          
 (1)企業者報酬 利益金額5千万円 報酬850万円  2,500万円
            1億円    1千万円  4千万円
            5億円    5千万円  1億円
            
 (2)基準年利率     2%            5%

■続きと詳細は、大綱発表後に!

by expresstax | 2007-12-12 23:57 | 耳より税金情報  

新事務所、オープン!

 と元気に書きましたが、

 実は、まだプレオープン状態。

 というのは、エントランス・接客室・執務室・・・、つまりほとんどが未完成なのです。

 これから、接客室の拡幅・短縮、照明補強、エントランスのオニキス石板の設置など、
課題が待ちかまえています。

 今日は、まず全員の執務室の机の配置と書籍の書棚への整理を完了。
 倉庫への分類書類の搬入と整理、
 静脈認証入退室管理の各人の静脈登録や入退室の練習、
 テンキードアの暗証番号の割り振り、などなど、やることはいっぱいあります。

 ハラハラしたINETの接続やファックス設定も滑り込みセーフでできあがりました。
 Kさん、ほんとうにお疲れ様でした。
 膨大な量の書類を整理してくれたSさん、Iさん、Oさんもたいへんでした。
 税目別書籍分類の議論、頼もしく聞きました。
 ガテン系と言って涼しい顔で重い書籍をひょいひょい持ち上げてくれたYさん、かっこよかったです。
 事務所のBGMにと、モーツァルトをCDに自分で編集してきてくれたFさん、大感謝です。
 最後まで、エントランスをはじめ事務所全般をとてもとても綺麗に整えてくれたHさん、その素敵なセンスとタフネスさに、脱帽しました。
 移転プロジェクトチームのIさんとIさん(笑)、ほんとうに大変でした。

 まだまだ大変ですが、メンバーのみなさんの素敵な才能と力をとても頼もしく感じました。
 ほんとうに素晴らしい仲間です。
 ありがとうございました。

 また、お客さまたちから、続々とお祝いのお花や鉢植えが届きました。
 ほんとうに本当にありがとうございます。

 ご期待に違うことのないよう、精一杯、がんばります。
 今後ともよろしくお願いします。

d0054704_052413.jpg















d0054704_052188.jpg

by expresstax | 2007-12-10 23:38 | 折りにふれて  

お礼参りと挨拶参り

 いよいよ事務所引越の日。

 事務局のIさんと渋谷事務所で待ち合わせ。
 引越業者さんと、打合せ後、渋谷で時間待ちです。
 段ボールの山・山・山です。もうこれで見納めだね、とちょっとしんみり。

d0054704_0195169.jpg
















 とりあえず、渋谷の金王神社に、長年渋谷でお世話になったお礼参り(?)。
 以前は、あまりこうしたことはしなかったのですが、地の神様へ、お礼です。
 
d0054704_0171925.jpg















d0054704_0165988.jpg















 そしておもむろに、真北へ移動。北参道の銀杏並木の銀杏吹雪です。
d0054704_0185591.jpg














 その後、ずずーーっと、東に、永田町へ。
 お客さまから方位について、アドバイスをいただいたためです。

 そして赤坂東急プラザの新事務所での業者さんとの打合せのあと、
 よろしく赤坂、の挨拶参りで、赤坂日枝神社へ。

d0054704_0291655.jpg














 西参道の石段をふうふう上ってみると、なんと、エスカレータで社務所や本殿のある頂上まであがれてしまうことを発見。境内には金髪の子供達、手水舎はセンサーでご聖水が出てきます。
 渋谷の金王神社が鄙びて見えてしまうほど、日枝神社は大変な偉容。
 祈念碑からこれらの設備は、バブル期の再開発にあったとわかりましたが、渋谷と赤坂の格の違いさえ感じてしまいました。

 としてこうして、新事務所の引越は完了(、したはず。。。)。

 Iさん、元気に頑張ってくれました。
 ほんとうにありがとうございました。(私はへとへとになりました。;;;)

by expresstax | 2007-12-09 23:13 | 折りにふれて