<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

澤上さんのご本

d0054704_8461717.jpg



















 さわかみ投信の澤上篤人さんからご本をいただきました。
 いつも、出版なさるとサイン入りでお贈り下さいます。
 今回も 「飯塚美幸様、2007年正月」と入れて下さいました。

 「長期投資を始めるなら50歳からが旬!」という
 団塊世代をターゲットにしたとてもタイムリーな本です。

 以前、弊社のお茶会で長期投資のご講演をいただいてから、
 さわかみファンドの資産総額はずいぶん成長しました。

 澤上さんの考え方は、大好きですので、
 ご本を拝読すると、わくわくしてしまいます。

 おめでとうございます。
 そして、ありがとうございます。
by expresstax | 2007-01-31 23:44 | プロフェッショナル

日管協さんの総会

 財団法人日本賃貸住宅管理協会さんの定期総会、場所は虎ノ門パストラルです。

 私は、この賃貸住宅管理士研修の相続税コンサルティングの講師を務めています。

d0054704_23272424.jpg

















 総会は江口正夫先生の「賃貸住宅の管理責任に関する基本動向」のご講演から始まりました。
 あらゆる責任がいかにオーナーに被さってくるかのご報告です。

 そして総会では各部報告に続き、平成19年度事業方針が決議されました。

 敷金精算ハンドブックやサブリース原契約書式集、日管協版賃貸借契約書改訂の発表が次々に行われました。いつかご報告しましょう。

 会場を変えてからは、例年の懇親会ですが、今年は、いよいよ、全宅連関連との合同化が実現できそうだ、ということで、大変な勢いでした。

 金融再チャレンジ担当大臣の山本有二先生や、国交省住宅局担当官さんのご挨拶をいただきました。

 70人から始まって、財団化、1千社突破というこの発展の原動力は、最初の70人が、とにかく勉強熱心だったことだ、というご挨拶には、感無量でした。

 北澤レディース部会会長の意気軒昂なご挨拶を拝聴しながら、ますます発展していただきたいと願いました。
by expresstax | 2007-01-30 23:25 | プロフェッショナル

先輩のお葬式

 以前の勤務先事務所での先輩が亡くなりました。
 私の入社後数年で試験合格してその事務所を独立されていきました。
 享年60歳だったそうです。
 所長がお電話くださって、今日告別式に出席しました。
 
 入社直後、ミスして先輩から「あてにならないっ」と厳しく叱られて、私がべそかいてたそうなんですが、先輩は「それで続かないなら、仕方がないっ」と語っていたとか。

 簿記2級の私が見よう見まねで法人税申告書を作って、「門前のねえちゃん、習わぬ経を読む、だな。」と言われたりとか、しつこく質問するので「なぜなぜ坊や」と呼ばれたりとか、それでも質問すると「10年早いっ」とつっかえされたり、とか。

 先輩の厳しさも厳しさですが、私も私で、平気で食いついていったのだなあ、と思います。

 もう20年以上も前の、いろいろなことが思い出されましたが、あのころの、厳しかった先輩がいなければ、私はこの道に入ることもなく、今の自分がないのは確かです。

 それなのに、ろくにお礼も恩返しもできずに逝かれてしまいました。

 若すぎるご逝去は、さぞ心残りだったろうと思うばかりです。
 先輩のぶんまで、きっちりがんばらねば、と思います。
 ご冥福をお祈りします。
by expresstax | 2007-01-24 21:51 | 折りにふれて

新年会

 今日は事務所の新年会でした。
 それも、お客さまがオーナーである銀座のお寿司屋さんです。

 お客さまは、奥様と一緒に、わざわざお店まで来てくださっていました。
 お客さまと奥様、事務所のみんなで記念撮影もお願いしましたら、笑顔で応じてくださいました。

 お客さまは、貴重なお土産まで準備してくださり、却って申し訳ありませんでした。
 ありがとうございました。

 銀座の大きなお店で、開店3年弱なのに、とても綺麗で、おいしいお寿司でした。
 ごちそうさまでした。

 今年も、一年、お役に立てますように、みんなでがんばります。
by expresstax | 2007-01-18 23:31 | お客様

岸辺のふたり

 ショートフィルムを見ました。
 自分自身の身の上ともオーバーラップして。
 胸が締め付けられて、動けませんでした。
 7分30秒の素晴らしい作品です。
 1月23日までは、ここで観ることができます。
 ぜひ。

 「岸辺のふたり」
 
by expresstax | 2007-01-17 23:03 | 折りにふれて


d0054704_2318436.jpg






















 お客さまのマンションが建ちあがりました。
 現地の新築披露と目白椿山荘での祝賀パーティです。
 写真は、マンションとシンボルツリーの楠(くすのき)です。

 楠は、常緑樹のなかでも、伸びるときは30m(!)にも達する成長木であり、樟脳の原料とされるほど、殺菌力に優れているそうです。
 また、燃えにくいために、関東大震災の際にも、楠の植えられた神社回りだけは延焼を免れたとかで、現在東京都でも、防火林として楠の植樹が進められているほど、都市計画の中では重要な樹木です。

 お客様は、楠をシンボリツリーにすることについて、イタリア語の楠=Canfora であり、英語 Camphor では、カンフル剤 を意味することから、このマンションを、住む人たちの心や体を癒し快適に過ごせるマンションとしたいこと、楠は、男の子の成長を願う木でもあるため、お孫様たちににすくすくと育って欲しい、という願いを込めたと、お話になりました。

 お客さまから楠をシンボルツリーとして選ばれたと伺ったとき、さすが!と膝を打ちました。


d0054704_23203062.jpg



















 新築祝パーティは、お客さまのご子息様達ファミリーと、工事の担当の建設会社さん、融資の銀行さん、仲介の会社さん、管理の会社さんが、それぞれ出席されました。

 冒頭のご挨拶は、ご長男様、最後は、お客さまご自身が締めくくって、これまでのご苦労と、関係者の方々へのねぎらいのお言葉をかけられました。

 特に、マンション名を決めるのに、100以上も候補を上げたこと、ご次男様のお嫁様の発案で、シンボルツリーを植え、その名前にちなんだ名称としたこと、など工夫の数々は、本当にご親族が、手塩に掛けて建ち上げた様子がうかがえて、とても感動しました。

 もう既にほぼ満室になっているのは、ほんとうになによりです。

 マンション経営は、建ちあがったときが完成ではなく、満室になり、順調に稼働し、将来プランを現実化できて完成です。

 そして、それをやり抜いていくのは、お客様と後継者さま、サポートするプロの方々です。

 その意味で、お客さまのマンションは、さすがに素晴らしいスタートを遂げられました。
 もう、法人も設立。
 お客さまのお名刺には、しっかり新会社の代表取締役の肩書きが入っていました。

 本当におめでとうございます。
 これからが、本番です。
 いっしょに、ずっとずっと、成功の道を進んで参りましょう。 
by expresstax | 2007-01-15 23:14 | お客様

初詣

 恒例の初詣に行ってきました。いつもの明治神宮です。

d0054704_21111294.jpg


















 が、例年と違い、えらい混みようで、神楽殿もびっしりでした。
 いつも、混雑を避けて敢えて遅く参拝しているのですが、今年の混雑は、世の中の勢いなのでしょうか。




d0054704_21113396.jpg

















 写真は、神楽殿への廊下と神楽殿の中から写したものです。お賽銭が飛び込んでこないよう、ネットが張られています。
 手前がお賽銭箱、参拝客がみんなこちらに向かって神妙に拝礼しているという、こそばゆい光景です。例年ですとこんな写真はとれないのですが、今年は増席の待合席からこの廊下を通るために撮れました。

 
 門松・輪飾り・去年のお札のお焚上。
 今年の社運隆昌のお札と御神酒などをいただきました。
 お守りは、今年は、社員全員に開運守り、受験生さんは必勝守りをいただきました。
 連休明けにみなさんにお渡しします。
by expresstax | 2007-01-07 21:09 | 折りにふれて
 新年明けましておめでとうございます。

 例年は今頃、青息吐息で改正本の原稿を書いていましたが、今年は、締切が年内だったために、私としては9年ぶりにお正月がやってきました。
 
 といっても、改正大綱がでてから決まったスケジュールなので、今更どこにも行けず、自宅でお正月を過ごしています。

d0054704_20352792.jpg




















 自宅のベランダにイルミネーションを飾り、カウントダウンで点灯しました。
 青のLEDです。

d0054704_20363573.jpg
















 次は、自宅玄関にまたもぶら下げた正月輪飾りです。
 なぜかクリスマスリースの名残りの金塗りの松ぼっくりもつけてます。(^^ゞ 
 
 今日、おしゃべりしていたら、クリスマスオーナメントは連年使い回して、家族の歴史として増やしてくのが習慣だけど、日本の正月飾りはお焚きあげで焼却してしまうよね、インドでも、焼いてしまうんだそうだ、と。

 うーむ、農耕民族とヘブライ民族との違いか、との話しにまで発展しました。
 農耕民族は来期の収穫に向けて、畑を平気でリセットオールクリアしてしまうけれど、砂漠の民は、そんなことできない、と。

 農耕民族だからかどうか、はともかく、少なくとも日本人は、年末になると忘年して、元旦になると「まっさら」からスタートしてしまう、神と見れば八百万(やおよろず)OK、殺人でさえ15年で時効、過去を問わないリセット思考がベースにあるのか、再出発はいつでも可能なのかも、とか。

 対して欧米人は、犯罪に時効はなく、”Cold Case(コールドケース)=迷宮入り事件”さえ、捜査の手をゆるめず、ナチ戦犯に対するように、永久追及する積み上げ思考で。唯一リセットできるのは、神に告解し、免罪されたときのみ、とか。

 ほんとでしょうか。(^^)

 新年のスタートです。
 今年もどうぞよろしくお願いします。
by expresstax | 2007-01-01 20:34 | 折りにふれて

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax