<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

相続税の新物納制度-とりあえず物納から本気物納へ

 平成18年4月1日以降開始相続について、相続税の物納制度が大きく変更されたのは既報済み(本ブログ平成17年12月17日)ですが、改正相続税基本通達・理財局通達財理2640号により新たな取扱が明らかになりました。

不動産物納・自社株物納について追加情報です。

■延納・物納条件となる金銭納付困難事由と、許可限度額判定が厳格に-生活費は4.5万円/人
 相続税の延納・物納が許可されるのは、金銭での即時納付が困難な額に限られていますが、従来は、事業予定や住宅取得予定なども加味した緩やかな審査でした。

 ところが、新法では、「延納額=税額-(年間手取収入-本人と生計一親族の生活費-前年税金社保料±概ね1年以内臨時収入支出)」とされ、「物納許可限度額=納税額-金納額-延納額」です。生活費は、本人10万円/月、親族4.5万円/月。国税徴収法の規定が援用され、判定が厳格になりました。

 延納・物納予定者は預金でなく株式や不動産相続するなど、遺産分割を工夫する必要があります。

■「とりあえず物納」は、要注意!-売却後納付は、2.1%の利子税ではなく7.3%の延滞税課税に

先号のように、昨今の不動産ミニバブル状況で、物納より売却を選択するケースが増えています。
 相続税の申告期限に「とりあえず物納申請」しておいて、路線価×1.25より高い買い手があれば、物納を取り下げて延納に切替え、年利2.1%(不動産等割合が75%以上で、公定歩合0.4%の場合)の利子税を払って売却、相続税取得費加算で譲渡税申告、というのが従来でした。
 改正後は、物納の自主取り下げは、延納への切替ができず、年利7.3%(2ヶ月経過後14.6%)の延滞税課税に。延納切替ができるのは、「金銭納付困難理由がない」ことを却下理由として物納却下となった場合だけとなってしまったのです。

 したがって売却を横目に睨んだ「とりあえず物納」は延滞税覚悟で、延滞税負担してもなお高額で売却できる場合の選択です。物納は本気物納に限られます。

■審査書類期限は最長1年、要件整備の措置期限最長1年、過ぎれば物納却下、利子税・金銭納付

  物納劣後財産(賃借権設定地・法令違反・仮換地指定未了地・公道2m未満接道地・市街化区域外など)とは、他に適当な財産がない場合には、物納が認められる財産です。  

 物納不適格財産(担保付・権利争い・境界確認未了・隣地越境・無道路・共有・崖地・債務付など)は、物納却下されてしまう財産であり、1回だけ別財産で20日以内に再申請ができますが、それが不適格となれば、物納却下され、即座に利子税(平成18年中は4.1%)を含め金銭納付が必要です。
 書類提出不備には補完通知され、1年を限度に3ヶ月毎延長手続をします。当然利子税課税です。

 財務省と税務署の現地調査後、物納要件を充足するための措置通知があれば、適格財産への補正が必要です。1年を限度に3ヶ月毎延長措置可能です。いずれも納税者の整備期間は、利子税課税です。

■土壌汚染など条件付き許可-5年内回復不可能な場合の物納許可取消、更正の請求特則

 土壌汚染や地下埋蔵物の有無が明確でない場合は、条件付き許可とされ、後日5年以内に汚染や回復不可能が判明した場合は物納取消です。この場合、相続税の更正の請求ができますが、本税+利子税が莫大になる可能性大。そもそも納税困難だからこそ物納申請した相続人に過酷な仕打です。

■非上場自社株は、条件付き許可-5年以内の買い受け請求から6ヶ月以内対応を

 非上場株式は従来、買受希望者があるもののみ物納許可していましたが、条件付き物納許可を受け、5年以内の履行請求から6月以内に随意契約で1年以内(分割は5年内)に買受することが認められるようになりました。非上場自社株を分配可能額範囲で会社が相続人から直接買取れば、相続人は譲渡課税(3年半以内取得費加算可)を受けますが、物納後会社が国から買取れば譲渡税はかかりません。
by expresstax | 2006-09-30 23:27 | 耳より税金情報

O先生のカボス

 O先生からカボスをいただきました。
d0054704_0374055.jpg
 濃緑色のカボスは、先生の故郷である大分の名産なのだそうです。

 それも種なしという珍しいカボスです。

 さっそく絞って、自宅に買い置きのクリスタルガイザーのスパークリングで割ってみました。
 
 爽やか!

 身体のすみずみにビタミンがしみこむ感じです。

 絞った後は、お風呂にちゃぽん!
 
 これも良い香りです。

 みんなで分け合いましたから、今日は、メンバーの自宅で、おいしいカボス料理と、香りのお風呂の光景がひろがっているのではないでしょうか。

 O先生、ありがとうございました!

 
by expresstax | 2006-09-28 23:29 | お客様

「売上」の呪縛

 小売業のお客さまの決算のお打ち合わせです。

 もちろん会社決算申告は滞りなくすみました。

 安売りのダウンスパイラルに陥ってしまっている業界構造です。

 これではマズイと、粗利を上げるために、安売りと値引きをストップしたら、

 とたんに売上が低下しました。

 社員さんは、あわてて、安売りに戻ってしまいます。

 当然に、また粗利が低下します。
 
 固定費が増えて、利益が消えていきます。

 その繰り返しです。

 粗利確保の勇気が、継続できません。

 ☆  ☆  ☆

 なぜでしょうか。

 社員さんにとっては、売上低下=会社のマイナス、自分の評価のマイナス、なのでしょう。

 もちろん、会社の成長段階とステージによっては、利を割ってでも増販すべきときはあります。

 しかし、今はそうではありません。

 ☆  ☆  ☆

 「売上」の呪縛から解放されなければなりません。

 商売の目的は何でしょう。

 「利益」を上げることです。

 「利益」を上げて、会社のキャッシュを増やすことです。残すことです。

 問題は、「売上」ではないのです。

 「利益」です。「キャッシュ」です。

 「売上」なんか、下がっても良いのです。

 粗利の良い商品に全力を投球しましょう。

 ラクして稼げる商品、
 お客さまに「売ってください」とお願いされる商品こそが、

 会社を伸ばして、お客さまに喜ばれる商品です。

 粗利の低い商品は、自動的に売れる仕組みがない限り、もう借金と同じです。
 売上を上げて、粗利額が下がるなら、粗利額を割った時点で、シャッターを下ろすべきです。

 ☆  ☆  ☆

 さあ、堂々と売上を下げる運動をしてください。

 明日から、標語を代えてください。

 「利益」!「利益」!「利益」!

 社員さんの頭にたたき込んで貰いましょう。

 これを売って、どれだけ儲かるか、考えて売ってもらいましょう。

 利益を下げる売上は、もう要りません。

 ☆  ☆  ☆

 そのための、まず第1歩を、ご提案しました。

 「それなら、毎日できます!」

 社長様は、断言なさいました。

 「いつまでになさいますか?」

 私も突っ込みます。

 「今週中に」

 言ってくださいました。了解です。

 第1歩。

 やってみて、試して、直して、またやってみましょう。

 コンサルタントのABCを信じてやっていだいていたようですが、それだけで疲弊してしまいます。

 長い歴史があるのです。

 まずAだけで十分です。せいぜいBです。Cは要りません。

 これまでさんざんやったのですから、少しくらいうまくいかなくても、気にする必要はありません。良い兆候を見つけ出すためのチャレンジです。

 やってみましょう。

 「利益」!と、社長様のキャッシュのために。
by expresstax | 2006-09-27 23:39 | お客様

売渡請求の対象とできる一般承継

 今日のご相談は、法人の子会社さんの会社法対応への定款変更をどうしたらよいか、がテーマのひとつでした。

 会社法174条により、相続その他の一般承継による譲渡制限株式の移転について、定款で定めた場合には、相続等により譲渡制限株式を取得した者に対し、その株式を株式会社に売り渡すことを請求することができるようになります。

 会社を承継させたくないドラ息子や、アヤシイ相続人などが株主として参入することを防止できる、として、相続対策として効果が望まれています。

 ご相談のケースは、株主は親会社と取引先法人さんでした。

 それで、相続とは関係なかろう、と定款変更には、売渡請求権について盛り込まずに準備をされていました。

 が、実は、です。

 一般承継には、相続(民法896条)、包括遺贈(民法990条)、会社の合併(会社法748条)が含まれます。

 例えば、株主である会社が、窮地に陥って、「好ましからざる」会社に合併されてしまうとしたら、合併会社が、株主として登場します。その防衛のためには、一般承継者である合併会社に対して売渡請求権の発動をすることです。

 このあたりは、一般承継が「相続等」とか、「相続その他の一般承継」とくくられてしまって、わかりにくいのかも知れません。

 法人株主の場合も、売渡請求権規定を盛り込むかどうか、検討は必要です。

 ただし、以前、書きましたように、自然人の相続と異なり、合併などの場合は、必ず予めしかるべき手続きが行われますので、反対の事態が想定しにくければ、盛り込まない理由もなさそうです。
by expresstax | 2006-09-11 23:11 | お客様

スーパーひたち

d0054704_16501117.jpg



 先日の水戸出張のスーパーひたちです。

 乗り換え上野駅で、ひたちに乗るために、疾走。
 駅弁をひったくるように買って、なんとか、お昼にありつけました。

 現地滞在1時間半でご面談、往復3時間という、ちょっち難儀な行程ですが、でも、苦しんでいらっしゃるお客さまのお役に立つことができれば、なんのその、です。。。よね。

 夕方、帰社後は、相続人さまと遺産分割のお話を3時間。

 はい。タフビジネスです。(^^;;
by expresstax | 2006-09-09 23:43 | お客様

ダブル講師

 今年の11月ビルフェア12月賃貸住宅フェアで、それぞれ講演をすることになりました。

 ビル経営フェアは、不動産ソリューションフェアというそうで、日本ビルヂング協会連合会さんや、東京ビルヂング協会さん、不動産協会さん、不動産証券化協会さんなどが後援となり、堂々たるフェアに発展しました。

 これまで、毎年、どちらかの講演は担当していたのですが、両方というのは、初めてじゃないでしょうか。

 毎週ビッグサイトに行くことになります。

 資産運用にとって、税制が、どんどん複雑に悩ましくなっています。

 そんな時代に、資産所有のお客さまにご一緒して、ともに手を携えて、がんばっていく。

 今年もまた、そのためのきっかけになれればいいなあ、と思っています。
by expresstax | 2006-09-07 23:24 | お仕事

暑気払い兼新人歓迎会兼???

d0054704_1114853.jpg

 遅ればせの暑気払いと、新人さん歓迎会です。

 場所は、オペラシティタワー53階イタリアンレストランのサバティーニ。

 六本木、東京タワー、お台場が一望できる、とぉっても綺麗な夜景でした。

 左から、Oさん、そして新人のYさん、同じく新人のKさん。

 歓迎の乾杯です。

d0054704_1212721.jpg

 そして!

 Sさんの結婚発表祝!です。

 サプライズのつもりが、ちゃんと男性陣には、行きのタクシーの中でカミングアウトされていたとか。

 事務所にとって、とても嬉しいお祝いです。
 Wさん、Oさんのお骨折りで実現しました。
 ありがとうございました。

 Sさんと奥様(まだかな?)お二人の前途に、もう一度乾杯!

 ケーキをご相伴でいただきましたが、生クリームの中に小さく切ったメロンやマンゴやいちごなどが、びっしり、宝石のようにちりばめられた、とても素敵でおいしいケーキでした。

 まるで、お二人の中にある宝石のような輝きを、一緒に探し当てていくような。

 結婚のお祝いケーキに、ぴったりでした。

 サバティーニさんの、素敵なホスピタリティです。

 新人さん、よろしく! Sさん、おめでとうございます!
by expresstax | 2006-09-06 23:05 | 事務所

少額減価償却資産の経費化と償却資産税

 週刊ビル経営 税務Q&A  9月第1週号掲載です。
==========================

Q.
 資本金1千万円のビル会社を経営しています。青色申告していますので、これまで30万円未満の備品は租税特別措置法の少額減価償却資産として経費にしてきました。ところが、この制度を使った9万円のエアコンについて、償却資産税がかかると都税事務所から言われ、驚いています。なぜ課税されるのでしょうか。

A.
■少額資産の経費化

 少額資産を取得した場合、その経費化にあたって、次の取扱ができます。

1.耐用年数にわたる普通償却

2.10万円未満の少額資産の全額損金算入

3.20万円未満の3年均等償却

4.資本金1億円以下の青色申告法人・個人  が取得し事業供用した30万円未満の資産の取得価額を損金算入する租税特別措置法特例

 つまり、資本金1億円以下の青色申告法人・個人であれば、取得額により、上記4つの取扱のいずれかが選択できます。

■措置法少額資産は、償却資産に係る固定資産税の対象

 一方、地方税法での償却資産に係る固定資産税は、上記の2と3の適用を受けたものが除かれます。

 例えば、取得価額が9万円の資産なら、2の少額資産として損金経理していれば、償却資産税は非課税ですが、

 4の措置法少額資産として税務申告してしまうと、償却資産税の課税対象となってしまうのです。

 一時に法人税法での損金になることには変わりないのですが、法人税法上の根拠法令が異なることで、償却資産税の課税が変わるのです。

 この措置法少額資産の特例は、資本金1億円超の大法人には適用されませんから、償却資産についても、大法人に影響はありません。

■30万円未満の措置法少額資産は年300万円

 この特例は、取得価額が30万円未満である減価償却資産について適用がありますので、器具及び備品、付属設備、機械・装置等の有形減価償却資産のほか、ソフトウェア、特許権、商標権等の無形減価償却資産や中古資産であっても対象となります。

 ただし、平成18年4月1日以降は、年額300万円が上限となりました。

 決算期間を月25万円×月数で算定しますが、

 従来であれば、25万円のエアコンを20台同時導入しても一時に損金化できましたが、

 今後は、資産を選択してそれぞれの特例をもっとも有利になるように適用する必要があります。
by expresstax | 2006-09-04 23:44 | パブリッシング

防災セット

 防災の日です。

 今日は、事務所メンバーに、防災グッズを配布しました。

 さっそく身につけたら、なんともビミョーですが、でも、そんなこと、言ってられないんでしょう。

d0054704_21173853.jpg

 去年、Wさんから防災セットを事務所に置こう!という提案があって、

 探していたのですが、市販のものは、みんな家庭用のお米やお水とかばかり。

 それも、1人5kgのリュックとかで、どこに置こうか、と、検討課題になっていました。

 都心では、落下してくるガラスや火が、一番怖いので、ヘルメットを探しましたが、

 なかなかありません。

 今年になって、いくつか見つけることが出来ましたので、さっそく揃えることになりました。

 Oさんが丹念に探して、ホイッスルや吊し金具まで、揃えてくれました。

 ありがとうございました。

 これで、事務所で震災が起きたときは、まず防衛、

 そしてすみやかに、道が瓦礫になっていたとしても、

 愛する家族の元へと帰ることができます(かな?)。

 事務所で足止めされる場合に備えて、事務所用乾パンや水、救急用品は、会社に常置します。

 ☆ ☆ ☆

 セットの中身は、

1.帰宅セット
  バッグに収納して各自の机の下に掛けておけるすぐれものです。
 ●収納バッグ●懐中ライト●不織布マスク●持出用ナップザック(52×40cm)●単4乾電池(ラジオ用2本×1)●軍手●FM・AMラジオ●あるミック救急シート(125×225cm、敷物にも使えるが、避難時に頭と身体に巻き付け火や水や硝子の被散を防止する。)●カードケース●手巻き式携帯電話用充電器

d0054704_21241960.jpg







2.防災ヘルメットセット
 これも各自の机の下に下げておけます。

●防災用ヘルメット、●防塵用マスク、●防災用手袋1袋、●ホイッスル

d0054704_21251046.jpg

3.「帰宅支援マップ:首都圏版」昭文社

 手巻き式発電の携帯電話充電機は、普段でも使えそうですが、

 ね、なかなかでしょう?
by expresstax | 2006-09-01 23:00 | 事務所


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26
広大地評価通達の改廃パブコメ..
at 2017-06-22 23:17
固定資産の交換特例の同一用途..
at 2017-06-15 23:04
投資の利益確定、そして銀座の..
at 2017-06-09 23:21
固定資産の交換の都市伝説? ..
at 2017-06-07 23:45
借地底地の交換、そして夕焼け
at 2017-06-05 23:44
お客様からのご紹介、そしてあ..
at 2017-06-02 23:33
ご葬儀、そして赤坂氷川保存会
at 2017-05-31 23:30
Jアラート
at 2017-05-29 23:40
平成29年度版不動産税制の手..
at 2017-05-25 23:07

タグ

(458)
(423)
(390)
(381)
(337)
(273)
(270)
(238)
(211)
(201)
(165)
(160)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(73)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧