カテゴリ:法律( 24 )

連れ子養子は養子制限カウントから除外、そしてミカンと練乳をありがとうございました。

 先日、養子さんの戸籍の取扱を書いたら、
 養子の相続権についての話題になりました。

 最近、養子様案件、多いです。

 もちろん、民法上、養子は、養親の嫡出子(実子)の身分を取得して相続権を持ちます(民809)。
 遺産分割での相続分や遺留分の計算などは、実子と同様に計算します。

 ☆  ☆  ☆

 相続税法では、相続権を持つ人数をベースに計算する規定がいくつかあります。
 
 1.相続税の課税最低限である基礎控除の計算は、3千万円+600万円×法定相続人数
 2.生命保険金の非課税金額   500万円×法定相続人数
 3.死亡退職金等の非課税金額 500万円×法定相続人数
 4.相続税の総額の計算

 これらの計算で、養子を法定相続人として計算できるとなると、
 昭和バブルの頃、養子を24人も作って、「節税」しようとした人が現われ、
 現在では、法定相続人数にカウントする養子を、
  実子がいる場合には、法定相続人数に入れる数は、1人まで
  実子がいない場合は、2人まで とされています。(相続税法15条2項)

 あ、お間違えのないように。
 養子とみない、のではなく、法定相続人数にカウントしない、だけです。

 ☆  ☆  ☆

 議論は、この先です。
 たまたま、ご相談の方のケースでは、
 その養子様は、養親様の再婚相手の奥様の、前夫様の子、いわゆる連れ子さんだったのです。
 もちろん、再婚しても、縁組しないケースもあるでしょうが、
 このお父様は、連れ子さんとちゃんと養子縁組して、他の子たちと同じようにして下さっていたのですね。
 
 子供のいる再婚の場合に、養子縁組を条件にするというのも聞いたことがありますが、
 新しいお父様、お母様の配慮ですね。

 この場合。
 相続税法では、ちゃんと手当していて(相続税法15条3項)、

 1.特別養子(実親とは縁を切った養子)
 2.連れ子
 3.再婚前の配偶者の特別養子(相続税法施行令3条の2) 

 は、完全に実子とみなしちゃう、としています。 
 血も涙もある税法ですね。(^^)

 なので、単に、お客様から「養子」と聞いても、
 それだけで、相続税法の制限対象の養子さんとは限らないので、
 よくよく縁組の事情を伺うか、
 さりげなく、戸籍謄本を取得させていただくか、
 しましょう。ね。
 
 ☆  ☆  ☆

 お客様から、確定申告の資料が、続々と届き始めました。
 
 あるお客様は、ご資料と一緒に、おミカンと、なんとコンデンスミルクを入れて下さっていました。
 つまり、隙間埋めのアンコですね。(^^)
 と、業務用とある大きなチューブには、「飯塚先生へ」と文字が。。。(@_@)
 昨年お伺いしたときに、私が「練乳大好き」てなことを言っていたとか。。。ハズカシイ
 申し訳ありません! お心遣い、ありがとうございます! m(_ _)m
d0054704_1631278.jpg
by expresstax | 2017-01-31 23:06 | 法律

養子縁組後の戸籍と相続権、そして鳩サブレ

 相続の手続でおおわらわです。

 子供のいない叔父様の養子となり、叔父様がご逝去、叔父様のご遺産を養子様が相続します。
 戸籍謄本をわらわらと拝見して。。。

 ☆  ☆  ☆

 養子が未婚者の場合は、養親の戸籍に入ることで養親と同じ氏を名乗ります。
 例えば、田中一郎さんが、山田太郎さんの養子になると、山田一郎となります。
 
 でも、養子が既婚者の場合は、養親の氏で、新戸籍を作ります。
 養親の籍には入りません。
 でも、氏は養親の氏を名乗るので、やはり山田一郎さんです。
 山田一郎を筆頭とする新戸籍になるわけです。

 そしてその新戸籍に、配偶者もズルッと引きずられてその籍に入り、同じ氏を名乗りますが、
 でも、だからといって、縁組をしない配偶者は、養子にはなりません。
 これを随従入籍というそうです。
 田中一子さんは、山田一子さんになりますが、別途縁組しない限り、
 山田太郎さんの養女にはなりません。

 そして養子の子(養子の実子ですね。(^^))がいても、配偶者と違って、一緒に随従入籍せず、
 元の、養子の氏の戸籍のままとされます。
 もちろん、養親の山田太郎さんの孫にもなりません。
 田中太くんは、田中太くんのままです。 

 ちょっとヒネって、
 山田一子さんが、佐藤吉男さんの養女となったら。
 戸籍の筆頭者の配偶者、つまり、婚姻により氏を改めている者となるので、
 この場合は、戸籍は変わらず、身分事項に縁組が記載されるだけで、
 山田一子のままです。

 そして、さらにヒネって、山田太郎さんの養子となった元田中一郎さんが、
 佐藤吉男さんの養子になれるか。

 なれるんですね~。
 その場合は、佐藤一郎さんとなり、
 また引きずられて山田一子さんは、今度こそ、佐藤一子さんになりますが。
 転養子というそうです。
 
 最終の氏をどう名乗るかで、縁組の順番も考えた方がよさそうです。

 てな、ことを解析していきまして、相続関係図を作っています。(>_<);;

  ☆  ☆  ☆

 尊敬する税理士先生から、鳩サブレをいただきました。
 どーん!と大きな缶一杯ですl
d0054704_18273099.jpg




























 鳩さんのコースターが付いていました。
 お礼の電話で、「頭から食べるか尻尾から食べるか迷います~」とお伝えしたら、
 鯛焼きじゃないんだから、と笑われました。(^^ゞ
 ありがとうございました。
 みんなでわちゃわちゃ、いただいています。
d0054704_18281454.jpg
 
 
by expresstax | 2017-01-19 23:01 | 法律

ハンコは委ねない、そしてキックオフ

 ご相続のお客様が遺産分割が完了し、名義変更を進め、
 分割協議書や相続税の申告書にご捺印いただき、
 納付書をお渡しして納税していただく、いよいよご相続も大団円です。

 と、女性のご相続人様たちが、実印を押捺する時に、
 我々に実印をお渡しになりました。
 いえいえ、ご自身で押して下さい、と印鑑をお戻ししましたら、
 びっくりなさっています。
 銀行などでは、印影が不明瞭ではいけない、と、行員さんにお預けすることが多いようです。

 ☆  ☆  ☆

 実印は、絶対に誰かに預けたり、代わりに押してもらったりしてはなりません。
 内容を確認して、ご自身で、確信をもって押すのが実印です。

 自分で押せば、文章をちゃんと読み、
 不明点は、作成者に質問し、
 不都合な箇所は、訂正を要求できるでしょう。

 印影明瞭に押すのは、慣れですから、
 自分でいつも押していれば、上手に押せるようになります。

 そうですか、と、相続人様は、
 ゆっくりと、しっかりと、見事に押して頂き、
 お互いに印影を確認なさってお喜びになりました。

 ☆  ☆  ☆

 女性はえてして、法律は苦手、契約書は難しくて、という方が多いようです。
 成人して自分の実印を持つようになっても、
 ハンコを押す場面では、人に頼り、また頼らせる専門家もいたのかもしれません。

 でも、ご相続の後、資産を承継し、活かし、管理し、発展させるのは、
 ご自身です。
 今後、ご自身やご自身の財産を守るのは、法律です。
 そして日本では、署名とハンコが、法律上のご自身そのものと扱われます。

 それは絶対に人に委ねてはいけません。
 税理士にさえ、委ねてはいけないのです。

 我々は、お側でこそ、ずっとお支えしますが、
 主人公は、お客様ご自身なのです。
 お客様が、ご自身の人生と財産の主人公となっていただくことなのです。

 ☆  ☆  ☆

 たくさんの、たくさんの大ハンコ大会でした。
 お疲れだったと思いますが、これで一段落。
 ゆっくりお休みくださいね。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 キックオフミーティングをやりました。
 このところ、ご新規の契約が立て続けで、どのキックオフがどの案件だったのか、
 ちょっと分からなくなっていますが、どうでしょう。

 久しぶりにニューオータニの鉄板焼きの石心亭さんに伺いました。
 ロゼシャンパンでガンバロー!の乾杯です。
d0054704_035511.jpg





















 石心亭さんは、ベテランのコックさんが多いのですが、
 今日は、若いコックさんが、テキパキとカッコいいパフォーマンスを披露してくれました。
 鉄板は230度だそうで、同じ方法で家庭でやっても難しそうです。
 ごちそうさまでした。
d0054704_0624100.jpg



 





















 井伊家から伏見宮家と継がれた緑溢れる庭園のお池には、
 大きな鯉、がまの穂、左下に蓮の花。
 のどかな時間です。
d0054704_0111313.jpg






























 
by expresstax | 2016-09-07 23:27 | 法律

新年明けましておめでとうございます。そしてマイナンバーでの申告とお正月湾岸チャリポタ

 新年明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 おめでたいかどうか、
 マイナンバー元年、相続税増税2年目、所得税増税3年目、消費税増税3年目でもあります。
 
 既にここにも書きましたように
 この1月31日、実際には2月1日の平成28年度償却資産の固定資産税申告が
 マイナンバー申告のトップバッターです。

 法人マイナンバー、個人マイナンバーを記載する、というのが、法律の扱いなんですが、

1.マイナンバー記載は必要か。

 東京都によれば、
「償却資産の申告が必要な方のすべてが、マイナンバーを把握しているとは限らないこと、また固定資産(償却資産)の評価額算出のための必須項目にも該当しないことから、マイナンバーの記載が無いことのみをもって、申告書を受け付けないということはありません。」ということで、

 マイナンバー記載を必須、とすることはしていないようです。

 とはいえ、記載して提出するとして、
 個人の場合は、単にマイナンバー記載だけでなく、本人確認措置が求められます。(-_-)
 申告して納税もするんだから、誰が他人の分を負担するよっ!俺は俺だぁぁ!とのお怒りを、ここではとりあえず、こらえて頂いて。。。マイナンバーを記載しなければ不要なんですが、記載すると、要求されちゃうのが、

2.個人マイナンバーの本人確認措置 です。

(1)電子申告の場合は、不要。
 はい、筒抜けですから。。。。

(2)窓口や郵便で、自分で提出する場合
 本人の番号確認資料、つまり本人の番号通知カードと運転免許証等を窓口に出すか、
 あるいはコピーを郵送します。

(3)税理士法人など代理人が提出する場合
 税理士法人は、
 ①本人の通知カードのコピー
 ②代理権限証書や委任状原本
 ③税理士法人の登記事項証明書など(。(-_-)#むーっ!) 以上郵送の場合
 ④代理人が窓口提出する場合は、提出する税理士や法人関係者の税理士証票や法人職員証

 これまで、実務上は、償却資産の申告では、代理権限証書まで提出していなかった事務所さんが多いのではないかと思いますが、これからは、マイナンバーを記載する場合は、厳格になるのかも知れませんね。。。。

 以上は、初年度だけでなく、毎年なんですと。。。(-_-)#
 償却資産申告だけでなく、所得税の確定申告を紙ベースで提出する場合も、同様です。(-_-)#

 ☆  ☆  ☆

 結局、電子申告が一番ラクチン、となりそうで、
 これも、予定通り、なのかもしれません。(`_´)#

 ☆  ☆  ☆

 気を取り直して、お正月のチャリポタ(自転車でのお散歩)報告です。
 今年は、お台場方面に出撃しました。



 昨年、6年乗り倒したアシスト自転車を買い換え、新車にしました。(^^)/
 旧車は、赤坂に来たばかりの頃、外苑前のホームセンターの開店バーゲンで、
 型落ち品を半額で買ったものです。(^^ゞ

 それに比べれば、今度の新車は、電動アシストに、ギア付き、走行距離や速度のメーター付き、
 電池は標準アシストで58km走行という最上位機種です。
 でも、この数年でアシスト自転車、ずいぶん価格がこなれていてびっくりしました。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂から、皇居のお堀端を進みます。
 白鳥が数羽水遊びしていて、一羽が飛び立ちましたが、街頭が残念です。。。
d0054704_248453.jpg





















 今年、豊洲に移転する築地市場です。
 跡地には、場外の「築地魚河岸」ができるそうですが。
d0054704_184338100.jpg



















 タワーマンション群が連綿と続きます。
d0054704_18514480.jpg






















 空き地は、これも、マンション予定地のようです。ガンガン湾岸、というところです。
 中国人投資家から縦一列爆買い、といった買われ方をしているのは、このあたりでしょうか。
d0054704_18552933.jpg
 















 ビーナスフォートに入りました。
 天井に3Dプロジェクションマッピングが展開されます。
 噴水広場の天空ドームには、宇宙儀から海洋に鯨がうねり、星の海が広がります。

 海外では、3Dでも、ホログラムが主流のようですから、日本もすぐそうなるんだと思いますが。。。
d0054704_1994391.jpg























 観覧車のイルミネーションが見えています。
d0054704_19115721.jpg
























 というわけで、観覧車に乗り込みました。
 初めて、でしたが、自宅マンションで、森ビルグループのカードが付与されてるので、
 半額くらいで入れます。
 1回転16分。夜景がとても綺麗でした。
 レインボーブリッジ、東京タワー、その横に見えるのは、仙石山タワーですね。
d0054704_19162434.jpg





















 豊洲の新卸売り市場の工事が着々と進んでいます。
 東京ガス跡地として土壌汚染問題があったそうですが、
 築地の23haから40haへと広がり、5階建て、横に桟橋が見えましたから、
 もしや、TPPでの外国からの生鮮品が海からダイレクトに陸揚げされるのでしょうか。
d0054704_19261481.jpg



















 後ろの方に、全く灯りのついていないマンションらしきものが、2棟。
 それともビルなのでしょうか。。。
d0054704_19281038.jpg


























 帰りのカレッタ汐留のイルミネーションです。

 チャリポタといいつつ、12kmくらいの行程で、食事を含めて約5時間。
 東京走行は、信号待ちだらけで、なかなか大変です。

 とはいえ、お台場周辺は、自転車専用路が何カ所かあり、ありがたいですね。
 お疲れ様でした。
d0054704_1929914.jpg
by expresstax | 2016-01-04 23:47 | 法律

ぐちゃぐちゃマイナンバー研修、そしてビルロビーのツリー

 マイナンバー法の研修会に出席してきてくれたメンバーからの報告がありました。

 でも、テキストを見ると、
 ナンか、変。

 テキストは、あちこちの省庁のマイナンバーの説明レクのコピーのつぎはぎ。
 これって、今は、違うよね、という項目がいくつもあります。

 さらに、9月のマイナンバー法改正については、
 2月段階の内閣府さんのレクが、そのまま。
 その後、改正法そのものに、改訂が施されて国会成立してるのですが。

 多くの先生方が、真剣に参加してるのに、
 こんなぐちゃぐちゃなテキストでの研修をもっともらしくやって、
 何だかなあ、です。

 ☆  ☆  ☆

 マイナンバー法と、その運用の取扱が、
 当初から、万全に練られて提示されておらず、
 二転三転しているのも、困りものですが、
 
 さらに、あちこちで行われるその研修が、
 二転三転した法律と取扱に、キャッチアップできず、
 さらに混乱の元になるとしたら、もっと困ります。

 よく注意して見ていこうね、ということになりました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルのオフィス部分のロビーのクリスマスツリーです。
 とても大きいツリーの周囲を白のポインセチアが取り囲んで、
 綺麗ですね。
d0054704_17482955.jpg























 
by expresstax | 2015-12-01 23:33 | 法律

マイナンバーの本当の提供時期、そしてキックオフミーティング

 文京区等では、マイナンバーは12月下旬までに届きます、とアナウンスしているようですが、
 マイナンバー送達は、なかなか大変なようです。

 ☆  ☆  ☆

 さて、このマイナンバーが届いたら、
 いつまでに関係部署に提供しなければならないのでしょうか。

 この点について、むしろ事業者サイドが、いつ提供を受けて良いのかの本当の時期が、
 法律を越えたところで、一人歩きしているようです。
 
 とりわけ、この年末調整時期を迎えて、
 税理士業界やシステム業界が、ビジネスチャンス!とばかりに、
 マイナンバー制度を謳って、いわば顧客の囲い込み的にマイナンバー提供取得を進めているようです。

 ちょっと整理しましょう。

 例えば、事業者が、税務目的で、マイナンバーを使用するのは、次の4つの局面です。
 提供を受けるべき時期の早い順に、書きましょう。

1.平成28年度償却資産に係る固定資産税の申告義務のある個人

 これは平成28年1月31日まで、平成258年の場合は、28年2月1日まで提出の償却資産申告に記載します。

2.平成28年分の源泉所得税についての年末調整を受ける個人

 平成28年12月の最後の給与支払時の年末調整時期

 ただし、平成28年の途中に退職等する場合は、そのとき。

3.平成28年中に法人からの家賃・譲渡対価等を受ける個人

 平成29年1月31日までの法定調書提出時

4.平成28年分所得税確定申告義務のある個人

 平成29年2月の確定申告時期

 ☆  ☆  ☆

 これを、国税庁のQ&Aでは、
 「平成27年中に『平成28年分の給与所得者の扶養控除等申告書』の提出を受ける場合であっても、
 平成28年分の給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)に記載するために、
 従業員等に個人番号の記載を求めても差し支えありません。」
 としていますが、

 ほんとうは、その次のQAに書いてあるように、
 「平成27年中に提出する扶養控除等申告書については、法令上、個人番号の記載義務はありません」
 というのが正しいのです。

 法律に基づくならば、その法律上必要な時に提供を受けるべきであり、
 あちこちでいわれているように、
 平成27年から、扶養控除申告書に記載させて集めちゃおう、というのは
 従業員や顧客のマイナンバー保管に関する漏洩等の会社のリスクを、増大させることになります。

 また、自分のマイナンバーを提供する側は、
 あまり、出せ出せモードで提供を強制される場合は、
 ちょっと一呼吸おいて、落ち着いてよく調べてみてから対応しましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 とはいえ、エスニックジョークと言われる民族性をからかった笑い話のように、
 
 つまり、海に飛び込ませようとしたら、
 アメリカ人には、「今飛び込めば、あなたは英雄ですよ」、
 イタリア人には、「美女たちも泳いでいますよ」、
 日本人には、「みなさん飛び込んでいますよ」と言えば、疑いもなく飛び込む、
 というというアレです。

 マイナンバー制度の、内容も、その目的も、思考停止させて、
 みんなで飛び込ませようとしているのは、実は、誰なんでしょうか。
 
 ☆  ☆  ☆

 事務所の仲間と、キックオフミーティングにいそいそと。
 先月の案件の完了慰労と、新しいご契約スタートのキックオフのためです。

 場所は、銀座のイタリアンオーガニックレストラン「ジャッジョーロ 銀座」さんです。
 ちょっと前に、安倍首相がイタリア大使と一緒にここでお食事したそうで、
 そりゃ、おいしかろう、というわけです。
 イタリアレストランということで、スプマンテのフェラーリで乾杯しました。
 ごちそうさまでした。(^^)
d0054704_1223518.jpg
 



















 
by expresstax | 2015-11-04 21:47 | 法律

ぼろぼろマイナンバーとデジャブ、そして虎ノ門自転車道

 マイナンバーを巡る事故が、次々に報道されています。

 やれ、厚労省の役人が業者からの収賄でお縄になっただの、
 取手市発行の住民票にマイナンバー誤印字されただの、
 
 でも、これらは氷山の一角で、これからもっともっと出てきそうです。
 
 国民番号制度の先輩国である米国では、1935年から社会保障番号制度を採用していますが、
 今年2月に医療保険会社へのサイバー攻撃で8千万人分の情報が流出、
 5月にここでも書いたIRS(内国歳入庁)へのサイバー攻撃で10万人分納税者情報が流出
 6月に人事管理局から400万人の政府職員個人情報が流出と、
 事故が続出し、問題化しているそうです。

 もともとは年金受給制度のためにとの米国の社会保障番号が、
 銀行口座開設・住宅の賃貸・携帯電話の購入などで、
 身元確認に用いられるようになってきたからです。

 そして、社会保障番号だけでなく、数多くの個人情報の流出データが解析されて、
 過去申告や資産履歴を取得することができるようになってしまったのだそうです。

 そこから、盗んだ個人番号で税務申告を行い、税金不正還付を受ける「なりすまし詐欺」や、
 悪用が後を立たないとのことで、
 
 つまり、ダイレクトに個人番号を詐取しただけでは、一見何もできなさそうだけど、
 番号化されたことで、流出した個人情報が取得しやすくなっているのが、現在の結果なのだそうです。

 アメリカや韓国では、暗証番号(PIN=Personal Identification Number)利用による保護管理などの措置が検討されているようであり、
 オーストラリアでは、日本と反対で、プライバシー保護のために国民番号が廃止され、納税者番号制度に変わり、
 その納税者番号制度も、暗証番号制度とセットにしたんだそうです。

 ☆  ☆  ☆

 日本では、マイナンバーだけでは、各手続ができず、
 番号カード+身元確認で初めて手続ができる、とアナウンスしています。(内閣官房FAQ Q5-5)

 が、リアルの場面で、個人番号カードを提示すれば本人写真付きですから、有効でしょうが、
 ネット手続の場面では、現行では、マイナンバー頼りとなりますから、
 結果的には、アメリカや韓国で招来しているような事態は避けられないように見えます。

 既に諸外国での前例があるのであれば、
 日本も当然、初期段階で、制度設計に織り込んでシステム化しなければならないはずなのに、
 どうなっているんでしょうね。

 オリンピックの新競技場問題のデジャブ(既視感)のような気がしてきます。。。(-_-)

 ☆  ☆  ☆

 所用で虎ノ門に行きました。

 右が平成25年4月まで事務所だったグランスイート虎ノ門のエントランスです。
 正面は、虎ノ門ヒルズです。
 たった2年前ですのに、懐かしいものですね。。。。
d0054704_1636928.jpg





















 虎ノ門ヒルズから外堀通りへ抜ける環状二号線旧マッカーサー通り(新虎通り?)には、
 自転車専用道があります。それも、左右にライン分けされて、自転車専用道としては画期的です。が。
 ずっと、この工事中感満載のまま放置されています。
d0054704_1722855.jpg




















 既に道路開通や虎ノ門ヒルズ再開発がとっくに終わったみたいだったのに、
 東京都再開発事務所さんのイメージ図(平成25年5月)ではこんな風になるんだそうです。
 これによれば、ほー、自転車道幅2mは、歩道と完全分離、それも並木で分離となって、
 良い感じなんですが、
 でも、ほんとに、マッカーサー通りの方もこの後、道路壊して植栽帯を作るんでしょうか。
 そして、それまでは、コーンや柵での、不細工な分離帯を続けるんでしょうか。。。。
d0054704_1783397.jpg
by expresstax | 2015-10-14 23:03 | 法律

安保関連法成立と増税

 9月19日、参議院本会議で安全保障関連法が成立。
 集団的自衛権の行使を可能、外国軍隊への後方支援、
 国際平和協力活動など、自衛隊の海外での活動の範囲や内容を拡大します。

 弁護士の升永英俊先生や久保利英明先生達が、違憲訴訟を提起しつづけて、
 でも、この結果になりました。 

 少なくとも、この法律が通ってしまった以上、日本も環太平洋だけでなく、
 国際軍事のパートを担わねばならなくなったのですから、
 当然、日本の財政負担=増税へと、義務付けられていくでしょう。

 なぜ、この数年で、無理矢理にも、マイナンバー法を通し、
 BEPS(国際税源浸食防止)税制を構築し、
 所得相続税を増税し、財産債務調書制度を作ってきたのか。 

 税理士の立場から、せめてここには、書いておきたいと思います。
by expresstax | 2015-09-24 23:02 | 法律

改正マイナンバー法成立、民法改正は延期、そして空中の擬宝珠

 改正マイナンバー法が今日、平成27年9月3日に衆議院で成立しました。
 預金・医療・自治体でのマイナンバー利用拡大を可能とする改正です。
 正しくは、「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」といいます。

 平成27年2月26日付で内閣府大臣官房番号制度担当室からリリースされた
 改正法律案(概要)<マイナンバー法改正部分>がわかりやすくまとめられています。

 特に、預金口座での利用については、
 
① 預金保険機構等によるペイオフのための預貯金額の合算において、マイナンバーの利用を可能とする。
② 金融機関に対する社会保障制度における資力調査や税務調査でマイナンバーが付された預金情報を効率的に利用できるようにする。」

 と、思い切り、税務調査利用が謳われています。

 つまり、国税通則法等を改正して、金融機関が税務当局からの照会に効率的に対応することができるよう、預金情報をマイナンバーにより検索可能な状態で管理する義務が課されます。

 口座設定時の番号記載義務付けはなく、
 本人同意でなければ、「ひもつけ」もない、という建前になっていますが、

 今回改正で、金融機関はマイナンバーのデータベース化を行う義務が生じますから、
 預金者・債務者は、金融機関からマイナンバーの告知を求められることになるのでしょう。

 預金にマイナンバーをベースに、預金等の「名寄せ」が行われ、
 課税当局が、各個人や法人の資産把握できるようになるには、あっという間なのではないでしょうか。
 
 法律附則12条4項では、施行後3年、つまり平成30年を目途に見直しして、
 所要の措置(=附番ひもづけ義務化促進でしょう)するとしていますから、
 そこまで、そしてそれからが問題です。

 法文を読んでいて気になるのは、「政府は~必要があると認めるときは、」という文言が多用されていることです。
 
 法律の改変や、施行の裁量性の政府主導が読み取れて、なんだかなあ、と思っています。

 ☆  ☆  ☆

 一方、昨日9月2日の日経新聞によれば、改正民法「民法の一部を改正する法律案」の審議は、見送りになったようです。
 安保法案の審議に吹き飛ばされました。

 ただ、論点が残っているのではないため、遅かれ早かれ、改正は行われるはずであり、
 また、改正内容そのものより、改正されている分野のご理解が経営上、大変重要ですので、
 押さえておいていただきたい項目ではあるのです。

 来週のお客様セミナーの時間配分を、どうしようかと考え中です。

 ☆  ☆  ☆

 ビルの空中中庭に大きな白い擬宝珠が咲いています。
 地上の擬宝珠はとっくに終わっているのに、
 不思議に満開、それに、大きいですね。
d0054704_0401589.jpg
by expresstax | 2015-09-03 23:41 | 法律

国税不服審判所で納税者が勝てば、そしてキスゲと紫君子蘭

 先日、ここで森トラストさんの国税不服審判所での裁決結果のことを書きましたら、
 ご質問を戴きました。
 ありがとうございます。

 つまり、こんな150億円もの税金の取り戻しができて、
 国税はむちゃくちゃ口惜しいだろうから、今度は裁判に上げて、
 次に裁判で納税者が負けたら、また納めなくちゃならないのか?
 そんな多額の税金が行ったり来たりするのか?というご質問です。

 ☆  ☆  ☆

 はい、それはないんですね。

 結論から言えば、国税不服審判所で国税さんが負けた(「取消」といいます。)場合、
 裁決を不服として、国税さんは「訴訟」に上げることはできません。

 ここで、ジ・エンド。決着です。
 森トラさんは還付を受けた税金を二度と払うことはありません。

 ☆  ☆  ☆

 このあたりの行政手続の流れって、分かりにくいかもと思いましたので、
 ちょっとおさらいしてみましょう。

 そもそも、
 税務調査で、例えば、納税者は1万円として申告していて、調査官は10万円だ、と主張した場合。

 まず、調査官は、10万円として申告しなさいよ、という
 修正申告の勧奨(かんしょう=すすめること)ができます(国税通則法74条の11第3項)。

 ここで納税者が、本当は1万円なのにぃ、と思いつつ、
 調査官の言いなりに10万円として修正申告してしまうと、
 もう、それでその件については、10万円と認めたとして、そこで終わりです。
 もちろん、差額の9万円と過少申告加算税や延滞税を払います。
 納税者が、後で、やっぱり1万円が正しいぞ、と考え直しても、後の祭り、どうにもできません。

 納税者が、修正申告の勧奨に従わず、絶対1万円です!と主張して、
 国税は、10万円だと認定しようとするならば、
 国税が、10万円として、更正(こうせい)処分を行います。
 納税者は、更正通知を受けて、差額の9万円と過少申告加算税や延滞税を払います。

 もちろん、それは納税者の本意ではありませんから、
 納税者は、更正処分を受けたら、今度は税務署長に対して2ヶ月以内に異議申立てをします。
(青色申告の場合は、異議申立てを飛ばして、直接審査請求することもできますが、
 所得税の譲渡所得や相続税申告などの場合は、まず異議申立てが必要です。)

 税務署長が、異議申立について審査して、3ヶ月以内に異議決定処分をします。

 税務署長が、おいおい、あの調査官は、とんでもないことを現場でやってるな、と判断して、
 はい、おっしゃるとおり1万円が正しいですね、と認めれば、これで解決、
 追徴された9万円+加算税延滞税モロモロ+還付加算金(遅れ利息)が戻ります、というのは条文上。

 通常、更正処分を打つときは、ちゃんと税務署の上部や国税局等の審理を経ているので、
 こんなことは、たぶん、マレなんでしょうね。

 そりゃあウチの調査官の言う通り10万円だろっ、という税務署長の異議決定だった場合、
 納税者が、そんなバカな!と思えば、
 異議決定書が届いてから1ヶ月以内に、国税不服審判所に、審査請求を行うことができます。

 国税不服審判所の審判官は、今でこそ、民間精通者もなれますが、
 以前は大半は、国税出身者だったので、
 所詮、税務署と同じ穴のムジナじゃん、などと揶揄されたものです。

 そして国税不服審判所での審判で、請求人(納税者)と国税の丁々発止の結果、裁決が下されます。

 もともと、審査請求が法律に則っていないときは、却下、つまり門前払いですね。
 税務署の処分(原処分)が正しい、となれば、棄却、
 一部は請求人(納税者)の言い分もアリだね、というときは、一部取消、
 なるほど、請求人(納税者)の言うとおりだね、となれば、全部取消、となります。

 といっても、取消になるのは、全体の8%位だそうですから、
 審査請求で、もともとの税務署の処分をひっくり返すのは、なかなか大変です。

 ☆  ☆  ☆

 さて、絶対に、1万円だ、と確信してたのに、納税者が審査請求で却下や棄却とされちゃった。
 その場合は、6ヶ月以内に、晴れて(?)裁判に「原処分取消訴訟」として上げることができます。

 反対に、審査請求人(納税者)が、審判所で認められて、原処分取消の裁決を受けた場合、
 納税者は、差額の9万円+加算税モロモロを取り戻すことができます。

 今回のように、審査請求人(納税者=森トラストさん)が、原処分取消の裁決を受けた場合、
 国税は、森トラストさんに対して、既に収納した150億円の本税と加算税モロモロを還付します。

 ☆  ☆  ☆
 
 そして! 審判所で負けた国税は、どんなにクヤしくても、訴訟を提起することはできません。

 国税不服審判所のホームページで次のように説明されています。
 「国税不服審判所長の裁決は行政部内における最終判断ですから、
 税務署長等が仮にこれに不服があっても訴訟を提起することはできません。」

 つまり、森トラストさんが、審判所で勝った=取消処分を獲得したのですから、
 これにて一件落着、となります。
  
 ☆  ☆  ☆

 と、ルル書きましたが、
 実は、弊社では固定資産税以外で、異議申立や審査請求って、1件もやってません。(^^ゞ
 
 研究会などでは、事案に対する意見書をどう書くかの助言や意見を述べたりしますが、
 弊社のお客様に関しては、全く事例がありません。
 というわけで、そこのところはよろしく、です。(^^)

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの公開空地は、キスゲの群生です。
 キスゲは、ニッコウキスゲのような黄色が多いと思いますが、
 ここのは赤や黄、ピンクととても華やかです。
d0054704_18341813.jpg























 紫君子蘭も、どんどん開きます。大輪です。
d0054704_18355424.jpg



































 
 
by expresstax | 2015-06-18 23:59 | 法律


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧