税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

カテゴリ:資産運用( 37 )

 年度末ですね。
 積み残しをてんこ盛り抱えて、終わります。
 だいぶ、マキを入れねばなりません。

 ☆  ☆  ☆

 マイナンバー制度が1月1日にスタートして、
 最初の年度末です。

 証券会社等から、個人マイナンバーの提供依頼書が届いています。
 個人マイナンバーを記載し、本人確認書類を送付するように、というこの依頼書。
 どうしたものか、とのご相談が続きます。

 まだ様子見、お試し感のあったマイナンバー制度が本格化していくなかで、
 まずは、よく理解し、どう対応するか、方向が必要です。

 弊社事務所ニュースでは、その1としてマイナンバー制度の概要と取扱について、
 建前論だけではない部分について、ご報告しました。

 追って、その2をご報告します。

 ☆  ☆  ☆

 今年は、赤坂御用地の桜が、早く、かつ見事です。
 周囲より温度が低いため、例年は、周辺が散る頃咲き始めるのに、
 どうしたことでしょう。
 手前の秋篠宮邸の桜まですばらしく咲きましたね。
d0054704_019290.jpg

 


























 
by expresstax | 2016-03-31 23:04 | 資産運用
 日経平均終値が14952.61円。
 ついに15,000円を切りました。
 円高が進行し、110円台まで上がっています。

 いよいよ買いに入ろうか、と思うか、
 まだまだ、と思うか、
 判断のしどころです。

 一方、GPIFの投資時価も激減していますから、
 円高株安は、年金運用や材料コストなど、多方面への影響を与えるでしょう。
 日本爆買いは、どうなるでしょうね。(^^)

 反対に、オリエンタルランドなどは、周囲が激落していてもきちんと上昇を続けていますから、
 もっと買っとけばよかった、という声も聞かれました。

 趨勢を見つつも、流されずに、
 いい銘柄を適切に選ぶ資産運用のスタンスが大事なのですね。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告のご相談やご資料をお持ちくださるお客様たちが、
 お土産までお持ち下さいます。
 ありがとうございます。

 メゾンドショコラのチョコ菓子をお持ちくださいました。
 おいしくおやつにいただきます。ありがとうございました。
d0054704_18413344.jpg




















 お取引先様が、応援にと、お花のアレンジメントを贈って下さいました。
 心がふんわり膨らむ素晴らしい春のお花です。
 ありがとうございます。
d0054704_18452219.jpg





























 お煎茶をいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_13431374.jpg

























 ご相談のお客様がお持ち下さいました。
 お心遣い、ありがとうございます。
 がんばってくださいね。
d0054704_13451211.jpg

































 確定申告のご相談と一緒に小川軒のレイズンウィッチをお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
d0054704_18514127.jpg



























 確定申告のご資料と一緒に、福砂屋のカステラをいただきました。
 ありがとうございます。おいしくいただきます。
d0054704_18533137.jpg
by expresstax | 2016-02-12 23:35 | 資産運用
 SMAP(スマップ)の解散報道が賑やかで、
 結局、独立や解散は見送り、となったようですが、
 芸能プロダクションの内側が透けて、

 人の心に、鎖は付けられないのに、と痛ましく見ています。(-_-)

 大貫剛さんという方のツイッターが挙がっていました。
 「みんな、わかったかい?
 花屋の店先に並んだ花はどれもみんな世界にひとつだけの花だけど、
 一番偉いのは、『花屋』なんだよ」

☆  ☆  ☆

 安部総理を始め、閣僚が事件の解消を、よかったとコメントしたそうです。

 この騒動の蔭で、株式市場の変動でGPIFの運用損= 「消えた年金」は2週間で7兆円突破という
 報道が、隠れてしまいました。

 GPIFとは、
 ”Government Pension Investment Fund
 (ガバメント・ペンション・インベストメント・ファンド、直訳すると、政府年金投資基金)”
 = 「年金積立金管理運用独立行政法人」が運用担当する政府のファンドです。

 日本の厚生年金と国民年金資金を管理運用するこの政府ファンドの年金資金は、
 国内外のほとんどが民間に委託され、投信で運用されています。

 いわば、国民の将来の年金原資であり、 
 投資先の半分を株式へと路線変更し、
 この数年で、運用130兆円、世界第2位の規模を誇る、とまで増大してきたのですが、 
 昨年8月以来の株価変動で、影響が始まっています。

 株価変動は、投資家からは、儲けたの損したの、の一喜一憂で済むのでしょうが、
 年金資金の損失となると、それどころではありません。

 SMAPのお蔭で、GPIFが問題にならず、国会解散問題も取りざたされず、よかった、と言ったのか、
 それとも、SMAPは2020年の東京オリンピックでの登用が内定していたらしいので、
 解散回避でよかった、のか、わかりませんが。

 それにしても、東京オリンピックには、SMAPも48歳のおぢさんたち。
 「国民のアイドル」と言われても、つらいものがありますよね。
 でも、彼らは、その道を選んだのですね。。。。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの空中中庭に残った雪です。
 雪だまりはまだまだ残っています。
d0054704_9541221.jpg
by expresstax | 2016-01-21 23:48 | 資産運用
 株価が激落しています。
 1万7千円切りも目前で、まだまだ下がりそうです。
 株式や投信で投資をなさっているお客様達は、ハラハラなさっているのではないでしょうか。

 以前からの方は、平成25年利益確定後に積み上がった値上がりが目減りして、口惜しい、
 その後に投資に入られた方は、せっかく上がったものが、戻ってしまい、とりあえず塩漬け、
 目減りはしたけど、長期投資で、積み増ししていくつもりの方には、
 下がって買えるので良い材料、と、むしろどこまで下がるか、買いのタイミング待ち、というところでしょうか。

 上がったら売り時、
 下がったら買い時です。

 昨年の弊社セミナーで、さわかみ投信の澤上先生がおっしゃっていたように、
 上がったときに、薄く売って、キャッシュポジションを確保しておき、
 下がったときに、買いに入り、原価下げを行う、という定石です。

 ☆  ☆  ☆

 日経平均やダウ平均は、ほとんどが機関投資家の、秒単位での利ざや判断で動きます。
 中国不安やイスラム問題、北朝鮮問題など、国際関係の変動や
 経済の動きに反応して、ドル平均や円相場は、ドラスティックに動くのです。
 その動きに、プライベートな資産運用を行う個人や法人が、惑わされてはいけません。

 日本の上場会社も世界経済のアオリでアップダウンしますが、
 自社のマーケットや製造サプライへの影響による変動かどうか、見極めが必要です。

 ただ、心配なのは、株式市場が険悪になると、
 企業の時価が下がると、担保評価が下がり、
 景気に悪影響が出ることです。
 特に、不動産への影響は顕著になるはずです。

 このままなら、日銀や政府が、何らかのてこ入れをするでしょうから、
 その動きう反応も見る必要があります。

 注視していきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 友人から、昨年もらっていた今年のカレンダーです。

 イラストレーターのカナヘイさんのラインのスタンプがお気に入りで、使いまくっていたら、
 見つけて送ってくれました。
 ありがとうございます。

 事務所の机の上で、和ませてくれます。
d0054704_1044266.jpg


















 このウサギとピスケ(左の鳥さん)のカップルが とてもいいのです。
 ありがとう!
d0054704_1047645.jpg
by expresstax | 2016-01-15 23:09 | 資産運用
 個人マイナンバー通知書の簡易書留の不在通知が、自宅に届いていました。

 ピンク色の、マイナンバー専用の不在通知書なんですね。
 以前お客様に見せて頂いた、昔の太平洋戦争時代の「赤紙」と呼ばれた徴兵の召集令状も
 当時は、ピンク色だったそうです。思い出してしまいました。 
d0054704_8344693.jpg

























 はい、昼間や夕方は、自宅では受け取ることができません。
 7日間、郵便局に保管してくれるそうですが、再配達は、翌々日以後となるそうですから、
 事務所への配達希望を出しましょうか。

 個人マイナンバー通知書の送状況は、この「個人番号カード総合サイト」で見ることができますが、
 12月下旬と、堂々と告知していた文京区は、11月13日で発送完了しているのですね。
 各区の姿勢が垣間見えて、面白いです。

  ☆  ☆  ☆

 事務所の防災用品の、これが一人分の1セットです。
 ヘルメットは、私はグリーンですが、各自の色が違い、遠くからでも、識別できますね。

 左からヘルメット、防炎ナップザック、ゴム付き手袋、懐中電灯、アルミブランケット、手回し充電式ラジオ、
 電池類です。災害が起きてから、帰宅するまでの必要品です。
 あとは、これに、ホイッスルと底の頑丈な靴が揃えば、各個人は完璧。
 事務所保管は、保存水、保存食、トイレセットです。
d0054704_20321699.jpg






























 防炎ナップザックに入れて、いつでもひょいっと背負えるように、
 机の下に各自、格納しています。
 一生、使う機会がないことを祈ります。(^^ゞ
d0054704_20333613.jpg
by expresstax | 2015-11-19 23:45 | 資産運用
 平成27年9月3日に成立した改正マイナンバー法では、
 マイナンバーと基礎年金番号の連結を延期し、
 年金機構でのマイナンバーでの情報提供や照会は、見送ることとされていました。

 今年平成27年5月の年金情報流出事件を理由に、改正法に修正が入ったからです。

 そもそもマイナンバー法の制定趣旨は、国民への最大の迷惑だった
 ズサン社保庁の年金問題の解決を最大の眼目としていたにもかかわらず、
 
 マイナンバー法の利用分野である「年金・医療・税金」の年金分野を外してしまいましたから、

 医療のメタボ検診や予防接種履歴の共有化という、ほぼ笑い話のような目的利用もありますが、
 目的は、正味、預貯金捕捉利用・税金利用・税務調査利用に純化されたのですね。

 国民には、そのために、制度予算と手間暇とリスクだけ負わされることになってしまったわけです。 
 発送が始まる通知カード受領にも、鼻白む人が多いことでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 その流れで、平成27年10月7日、
 日本年金機構が、「お知らせ」の中のさらに「大切なお知らせ」として、
 「日本年金機構に提出する住民票について(お願い)」を公表しました。

 つまり、年金機構ではマイナンバーの利用ができないので、
 年金関連の書類に添付する住民票には、マイナンバー記載のないものを出してね、と。

 マイナンバー制定が最も必要だと、錦の御旗に鳴り物入りで要求していた分野が、
 マイナンバーを使わないでね、と告知する、
 トホホなギャグの世界です。

 こうしてバグフィックス(ミスの訂正)を繰り返し、
 非生産的な仕事を作り出すのも、お役人さんの首つなぎとなり、
 「一億総活躍」するための雇用の確保なのでしょうか。。。と。

 ☆  ☆  ☆

 日本政府、特に国税庁は、平成の初期からこの20数年かけて、
 かつてイギリスの流刑地だったオーストラリアから国民総背番号制を、
 多国籍人種の混在するアメリカから社会保障番号制度を、研究してきましたが、

 ようやく待望の国民総背番号制度を導入できたと思いきや、
 その導入には、今の日本の行政機関があまりに未成熟としかいえない状況であることが、
 露呈してきています。

 同じ民族で北と境界を接して徴兵制のもと軍事体制を堅持せざるを得ないお隣の韓国は、
 住民登録番号制度という国民総背番号制度の先行者です。
 が、ITの大衆化が進むなかで、現行制度では本人確認が十全ではないことから、
 既に改組が始まっているそうです。

 今年平成27年5月、アメリカでも日本の国税庁にあたるIRS(内国歳入庁)の納税者データ10万人分が、
 サイバー攻撃で流出していたというのも、記憶に新しいところです。

 トホホな日本が、
 これらの国の数十年後を追うトホホなシステムの今回のマイナンバー制度を、
 2千億円の大予算をかけて強行突破で進めている状況の進行に、
 注意を払っていきたいと思います。

 ☆  ☆  ☆

 8月にホテルオークラの本館営業が終了し、
 別館だけの運営になりました。

 夜の11時頃、別館の灯りは見事に全室点灯。満室なのですね。
 写真は、中央がホテルオークラ別館、
 左と手前が全日空インターコンチホテル、右がアークヒルズタワーです。
d0054704_2015650.jpg


























































 
by expresstax | 2015-10-07 23:00 | 資産運用
 最近の新しいお客様のご相談やご契約の流れを拝見して、
 気がついたことがあります。

 日銀によれば、家計の金融資産合計が1,700兆円を突破したそうで、
 野村総研調べでは、1億円以上の金融資産を持つ世帯が101万世帯とのことで、

 先日のテレビ番組では、「中富裕層」とされるこれらの人々のパターンについて、特集していました。

1.パワーカップル
    夫婦ともに稼ぐチカラも消費力もある。

2.親リッチ
    カエルの子はカエルのパターンです。

3.デジタルシニア
    引退したとはいえ、昔のように隠居せず、情報を貪欲に取り込んで生活や資産運用を選好します。

 単純な分類ではなく、相互に組み合わさっているのが、現況なのでしょうが、
 なるほど、と思い当たります。

 1と2のパターンの方々は、過去にもいらっしゃいましたが、
 特に、特徴的なのは、3のデジタルシニアです。

 その背景は、やはり親リッチだったり、
 パワーカップルだったり、なのでしょうが、

 昔のように、専門家に何もかもお任せで、何だか分からないけど、専門家のいいなりになる、
 なんて人は、どうも、弊社にはお越しになりません。

 自分でリアルにも、ネット上にも、書籍上にも情報収集して、
 自分なりに調べ、考え、書類を作り、どんどんエクセルでシミュレートをして、
 パソコンソフトを駆使してデータベース化して、
 豊富なそれまでの自分の人生経験と照らし合わせながら
 選択肢を数え上げて、絞り込んで、
 そのうえで、専門家の門を叩きます。

 当然、専門家についても、時間をかけて調べ上げてからコンタクトをとりますから、
 初めまして、と会うときには、ほとんど弊社の内容はご存じで、
 既知の知り合いのように、お話しが始まります。

 これが、ネット社会にどっぷりしていても、むしろ情報はネットだけ、
 自分で考え方を構築するトレーニング不足の世代との大きな違いなのでしょう。

 お話しを伺うと、既にアジェンダをご準備なさって、
 こちらがご説明をしても、ご理解が早く、
 的確なご質問や意見を返してくださいますから、
 お客様とのブレーン・ストーミングを、その場で開始できます。

 こちらも、嬉しくなって、つい身を乗り出してしまい、お手伝いが始まります。

 ほんとうに、時代が変わったなあ、と実感します。

 面白い時代になりました。
 こうしたシニアの方々が、これから、さらにパワーアップして、時代を推進なさるのではないでしょうか。
 こりゃ、楽しくなるぞ、とワクワクしています。

 どうぞ、よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 それに比べて、弊社のロートルは、今年も赤坂氷川祭、ヨレヨレと元気よく行ってきました。

 台風18号の水害被災者への1分間の黙祷のあと、
 氷川神社を出発して、アメリカ大使館宿舎脇を通過、
 我々は、猩々(しょうじょう)山車を引いて、外堀通りを進みました。

 外堀通りは、完全交通規制、後ろにJTタワー、虎ノ門ヒルズが見えます。
 外人さんたちが、山車や神輿に多数参加しているのも、今年の特徴です。
d0054704_1832129.jpg





















 威風堂々、山王パークタワーやキャピトル東急ホテル前を通過します。
 お菓子屋の青野のお父さんたち老舗の親父さん達が、がんがん指揮しています。
d0054704_18334763.jpg




















 山王日枝神社を後ろに、赤坂通りへ入ります。
 このあたりからは観光客が寄ってきます。
d0054704_18375590.jpg




















 サカス前広場から、次々に各町会神輿が出発します。
 御神輿は、大きいのや小さいの、派手なのや地味なの、各町会の個性が反映されています。
 外人さんが、神輿の担ぎ手に入っていますね。
d0054704_18414657.jpg
























 我が福吉町の神輿です。大きいです。
d0054704_18424249.jpg
























 連合巡行の後は、小連合に回ります。
 我が小連合は、天狗様や神主さん達と一緒に猩々山車を引き、神輿が続きます。
 料亭前などで、「和背負い」(=わっしょい)の山車の人形昇降で気合いを入れます。
 料亭などからのお酒のおふるまいが楽しみです。
d0054704_1846414.jpg






























 最後は氷川神社に戻り、山車を格納し、修了式で三〃七をやって終了です。
 出発から、6時間。よれよれになって帰ってきました。お疲れ様でした。
d0054704_1901885.jpg
































































































 
   

 
 
 
by expresstax | 2015-09-15 23:29 | 資産運用
 先週の株式市場と為替市場の混乱が、少し回復してきたようです。
 日経平均は、平成27年8月24日に1万9千円を割り込んで、25日終値で17806.7円を付けました。
 これが、また回復してきています。
 為替相場は、一時118円まで円が上がりましたが、また円安に振っています。
 完全に回復するかどうかは、わからず、予断は許しません。
 が。

 この最近の株高で買いに入った人は、下がった!としてあわてたでしょうが、
 銘柄にもよりますが、遅くとも平成24年以前に投資した人は、まあ、様子を見よう、です。
 日本株に限れば、概ね、数十%か倍くらいまで上がっているからです。

 ☆  ☆  ☆

 投資をする人のパターンに、
 上がっから、買おう、という人がいます。
 下がっから、売ろう、
 と考えるらしいのです。

 永久に損をし続けます。
 いつまで?破産するまでです。

 また、違うパターンの人もいます。

 相場が上がると、投資なんかするヤツは、バカだ、と言います。
 そして、相場が下がってくると、ざまあみろ、と言います。

 20年にも及んだデフレ時代の体質が染みついて、現金にしがみつきます。
 他の資産に比べ、現金の価値が相対的に下がり、実質、資産減らしになっていて、
 昨日買えてた物が、インフレで、今日買えなくなっても、気付きません。
 いわゆる「ゆでがえる」です。

 ☆  ☆  ☆

 投資をするなら、上がる前です。

 伸びる資産を持ってあげて、応援します。
 上がったら、みんなが欲しがりますから、欲しがっている人に売ってあげます。
 その資金を、また、伸びる資産に投資します。
 
 伸びる資産は、良い会社、良い分野、良い国、です。
 安定して、世界的に視野広く世界経済を支える、良い会社、良い分野、良い国、です。
 いい製品を作り、良いサービスを提供し、良い利益を出し、良い配当をします。

 下がったときに、ざまあみろ、と言っている人は、損をしていることに気付きません。

 ☆  ☆  ☆

 優秀な投資家は、
 下がったら、特に、今回のように、その会社や日本経済が原因ではなく、
 世界市況の動向で、道連れで日本株が下がったような局面では、
 よしきた、出番だ、と、応援しようと、買いに入ります。
 
 遅かれ早かれ、回復するのがであれば、買い局面です。
 デフレの時期、相場が、低迷していた氷河時代は、投資の時期でした。

 ガンガン上がった今は、収穫の時期です。
 特に、平成25年末までの10%源泉分離課税時代に、一度、売却して買い戻し、
 簿価上げ(原価の引き上げ)をやっていますから、
 課税面でも、最も有利に進めています。

 ☆  ☆  ☆

 下がった局面で買いに入る、それができるのは、買い資金のある人です。

 資産運用で重要なのは、資産の配置であり、
 資産の◎分法、と呼ぶ人もいますが、
 これは、資金を、安全性・換金性・収益性などにより、基本確保資産・中期資産・長期資産に分類して、
 現預金や金融投資商品・不動産等に分散した後で、
 そこからもう一段深掘りして、さらに投資商品をどう分散するかの話です。

 投資資金のうち、一番有利な時期に、
 いつでも発動できるように確保している資金がなくては、動けません。
 基本資金・確保資金を充てるわけにはいかないからです。
 この資金をキャッシュポジションといいます。

 キャッシュポジションを取れているかどうか、が
 一番賢く動けるかどうかのポイントになるのです。

 ☆  ☆  ☆

 今回も、くれぐれも、あわてず賢く動きましょう。

 たまたま、8月上旬に、9月8日の弊社顧問先様対象のセミナーを開催を告知していました。

 さわかみ投信の創始者である澤上篤人先生をお呼びして、 
 中国やギリシャなど世界経済の変動の中での事業承継を射程に入れた資産運用について
 質疑応答中心に開催を予定しています。

 そんな中での今回投資相場の変動が勃発、
 これは世界経済のお話しと質疑応答が楽しみになりました。

 また、澤上先生ご自身が、ご子息への事業承継を成し遂げています。
 そんなお話しも、楽しみにしましょう。

 ☆  ☆  ☆

 セミナー構成は以下の通りです。
 お楽しみに!

平成27年9月8日(火) 松木飯塚税理士法人お客様セミナー

構成:
第1部「激動する世界経済の中での株式市場と承継に備えた資産運用」

    株式会社さわかみホールディングス 代表取締役 澤上篤人先生

第2部「マイナンバー制度スタートへの対応と実務」 
            松木飯塚税理士法人税理士 藤森 直子

第3部「財産債務調書制度スタートへの対応」 
        松木飯塚税理士法人代表社員税理士 松木愼一郎

第4部「民法改正と事業実務・賃貸借実務における対応」 
           松木飯塚税理士法人代表社員税理士 飯塚 美幸

 ☆  ☆  ☆

 お客様セミナーで講師デビューする藤森税理士、先日がお誕生日でした。
 おめでとうございます!
 これからも、思い切り、活躍して下さい。
d0054704_12403954.jpg
by expresstax | 2015-08-27 23:11 | 資産運用
 春、新入社員さん向けに、
 お金を貯めよう、という広告や記事が増えてると言われて、へえーっと一緒に見ました。
 驚くのは、老後資金を、今から貯めとかないと、後で大変だよ」論調です。

 うわあ、と思いましたが、
 何せ、今の20代さんは、生まれ落ちてからのデフレ世代。
 不況で、低金利で、地価が下がって、という人生しか送ってきていないんだし、
 実際、今の年金制度などでは、到底、今の高齢者さんのような給付は受けられないんだし、
 しょうがないのかぁ、と事務所メンバーと納得しました。

 でも、です。
 若いときに、まず考えてほしいのは、自分への投資なんです。

 自分に何ができるのか、どうしたいのか、
 自分のどこを伸ばすことで、自分の周りの役に立てて、評価されるのか。

 決まっていたら、そのために、
 決まっていなかったら、まずはそのリサーチに。

 そして、決めるためには、絶対妥協せずに、徹底して調べまくることです。
 調べまくるプロセスで、自分の力加減も、それに対する興味度も、周囲からの評価も
 分かってきます。

 例えば、事業、例えば、職業や業界、例えば、その分野、例えば、会社。。。

 これは、投資家が、自己資金を元手に、投資先を探す作業に似ています。
 
 でも、
 投資の基本は、自分投資です。

 自分への投資して、自分に力をつけ、周囲に役立って、
 周囲を元気にしていけば、
 利回りン%どころではない、大きな成果をもたらしてくれます。

 あまり、目先にとらわれず、じっくりと、設計しようではありませんか。

 ☆  ☆  ☆
 
 春の花は、みんな元気です。 

 事務所ビル青山通り沿いのガザニアは、陽が当たると、
 どんどん開きます。
d0054704_2064939.jpg


































 
by expresstax | 2015-05-22 23:31 | 資産運用
 選挙が終わり、日本の政治は、自公の与党の絶対多数、
 まるで、政府に白紙委任状を渡してしまったような状態になっています。

 そして、原油安と円高揺り戻しと日経平均下落で、投資市場は一喜一憂のようですが、
 今年から始まったNISAの投資も、そろそろ締切です。
 譲渡益や配当が非課税となるNISA元本100万円の使用期限といえます。
 
 お金持ちでもボンビー(貧乏(^^ゞ)でも、時間だけは平等です。

 今年のNISAは今年のうちに、というわけです。

 ☆  ☆  ☆

 また、NISAのことでお尋ねいただきましたので、
 復習の意味で、書きましょう。
 といっても、週刊ビル経営さんの今年6月30日号に掲載した記事から持ってきます。

=======================
NISAは、証券投資のレッスン

 投資とビル経営のような実物資産の経営とは勝手が違いますが、
 NISAを投資初心者のトレーニングとしてみてもよいでしょう。

 しかし、損益通算ができないことや、設定によっては配当非課税を受けられないことなど、
 注意点も多々ありますから、ポイントを押さえて設定してください。

 また法人にはこのような制度はありませんが、
 損失の場合の本業利益との通算など、個人にはない利点があります。

1.NISAとは

 日本の20歳以上の人が、年間100万円までの投資を上限として、
 5年間合計500万円までの株式や投信の配当金や分配金、譲渡益が非課税になる
 少額投資非課税制度であり、平成26年1月1日から始まっています。

 平成25年末で上場有価証券の譲渡益や配当の10%源泉分離課税制度が廃止された
 増税のバーターとして導入されました。

2.NISAのメリットとデメリット

(1)メリット

 利益に税金が掛からないことです。
 100万円投資して5年後に130万円となっていた場合、
 30万円の利益にかかる20%の税金6万円が非課税となります。

(2)注意点

①年間100万円の非課税枠の再利用不可

 一度投資したものを売却してしまうと、その投資枠を使って新たに投資をすることが出来ません。
 未使用枠を翌年以降に繰り越すこともできません。

②配当金非課税受取口座は証券会社のみ

 株式・上場投信(ETF)・Jリートの配当金分配金を
 銀行やゆうちょ銀の口座で受け取ると非課税になりません。

 証券会社の「株式数比例配分方式」を選択しての口座受取の場合ににのみ非課税となります。

 投信分配金は銀行受取でも非課税になりますが、運用手数料の確認が必要です。
 
 一度設定したNISA口座は、同年中は他の金融機関に異動できません。

③損失の損益通算・損失繰越できない

 例えばA社株の売却益30万円とNISAで設定したB社株の売却損20万円が生じた場合、
 差引で税金を負担するのが株譲渡課税の原則ですが、

 NISAの場合は、譲渡益を非課税とする代わりに、譲渡損を差引くことはできません。
 損失繰越もできないのです。

④5年経過後終了時価額がその後の取得価額

 5年経過後は課税口座に移管されます。
 その時点で損が発生していると、損益通算や損失繰越ができないだけでなく、
 その時点の価格が取得価額となります。

 100万円で投資した株が、非課税期間終了時に80万円とすると、
 80万円がその後の取得価額となり、
 その後90万円で売っても、利益が出たとして、譲渡所得税がかかるというとんでもないことが起きます。

3.NISAは健全銘柄を手堅く

 結論からいえば、
 NISAは、手堅く値上がりし、配当率の高い銘柄に継続投資することでメリットが活かせます。

 それが分かれば苦労はない、ということになりますが、
 株主優待を期待する、好きな会社の成長を占うなど、
 楽しく選ぶことを学ぶのも投資の勉強でしょう。
===============================

 ☆  ☆  ☆

 と、かくいう自分も、最近になって慌てて設定を始めました。

 やっぱり日本株かなあ、と思いつつ、
 イケイケで、入る隙間がなかったからです。
 
 投資って、大波小波の縄跳びのように、
 入るタイミングが難しいですね。

 この数日の株安で、ちょっと入り安くなるでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 ここで1句。
 税務研究会さんの川柳の優秀作品です。詠み人は新潟のスカーレットオハラさんです。

 「我が家には NISAに投ずる 金NISA(ないさ)」

 ちゃんちゃん。

 ☆  ☆  ☆

 年末進行でバタバタしながらも、
 今日は、弊社の忘年会でした。

 赤坂サカスのざくろさんで、スーパーリッチなしゃぶしゃぶをいただいてきました。
 ありがとうございました。

 A5の常陸牛だそうで、ちゃんとお肉を見せにきてくれます。
d0054704_0224610.jpg

















 アルコールもしっかりいただいて、赤ら顔モードです。
d0054704_0245182.jpg

























 こちらは事務所での打ち上げ。
 いただいていたデメルのすみれ菓子を入れたスパークリングワインで、乾杯!d0054704_0271259.jpg



















 おつまみは、これもいただいていた山梨のアワビの煮貝です。
 おいしい贅沢を、ありがとうございました。
d0054704_15192165.jpg
by expresstax | 2014-12-17 23:49 | 資産運用