カテゴリ:研究( 44 )

 今月の社内研修は、弊社Kさんによる「ちょこっとだけ英会話シリーズ」と、
 日本税理士会連合会の「社会保障・税番号制度」マルチメディア研修です。
 講師は青木丈先生たちです。

 ホワイトボードをスクリーンにして、プロジェクタで映写しましたが、
 日税連の画面は、拡大等ができず、ちょい不便です。
 でも、これからも、所内研修で大いに活用しましょう。
d0054704_0425193.jpg
















 ☆  ☆  ☆

 港区の皆様と国立演芸場に行ってきました。
 国立劇場の反対側が演芸場です。
d0054704_0343426.jpg




















 演芸場の中は、とても綺麗です。
 思いっきり大笑いしてきました。
 笑うのも、拍手するのも、芸人さんへの応援になります。

 テレビで名の売れた芸人さんの媚びを売るかのテレビしゃべりの高座より、
 テレビ露出のない芸人さんたちの体当たりの歯切れのいい高座が、観客をぐいぐい引っ張ります。
 素晴らしい!唸ってしまいました。
d0054704_0332318.jpg 























 事務所へのお土産は、人形焼きと演芸場名入りのお酒です。
d0054704_0371292.jpg
by expresstax | 2014-11-13 23:17 | 研究
中小企業診断士資格更新の理論研修に行きました。年6時間の座学が義務付けられています。
d0054704_01015376.jpg
日程やテーマは自分で選択できます。今年は事業承継を選択しました。

講師はプロコンの事業承継専門の先生です。

このテーマでは、ともすると、税務ばかりのお話に終始しがち、それも株価対策や納税猶予で、またですか、という研修が多いのですが、さすがに実務に即したお話で、とても勉強になりました。

ちなみに、講師の先生のお話では、M&A(=会社を株で売ること)はダメ、8年間で2件しかできなかった、とのことでした。
なるほど。

☆ ☆ ☆

土曜の研修は、出席者の服装が、実にバラバラ。背広姿あり、オフスタイルあり、です。

私は?そのあとジムに直行でしたから、思い切りジム行きモードでした。f^_^;














by expresstax | 2014-10-23 23:21 | 研究
 税理士会のブロック研修に出席しました。
 東京税理士会は8ブロックにわかれ、
 弊社はこの第1ブロックの麻布支部です。
 この第1ブロックは、麹町・神田・日本橋・京橋・芝・麻布支部で構成されています。

 会場の各支部毎の受付は、日本橋支部や芝支部前は長蛇の列なのに、
 麻布支部は閑散、すぐ受付してもらえちゃったのはフクザツな気持ちです。

 研修カードを提出すると、
 受付の方に、「ゴールドカードですね!」と言われてこれもびっくり。
 税理士は年間36時間以上の認定研修を受けることが努力義務とされています。

 前年以前の認定研修受講時間が規定クリアするとゴールドカードになるそうで、
 自分は、認定研修の講師で規定時間を稼いでいるようです(講師にも認定されるんです。)。
 ほんとうはもっと、外部研修で稼がなくちゃです。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆
 
 会場の銀座ブロッサムホールという中央区立の区民会館の大ホールです。
 岩下忠吾先生の相続税の改正と相続税対策がテーマです。 

 岩下先生の講義は、20年以上前に、
 まだ自分がかけだし税理士の頃、今回とほぼ同じテーマで受講しました。
 あの頃、既に岩下先生は、相続税の大先生でしたから、
 講演での岩下節炸裂のお話しは、感無量でした。

 帰り際に麹町支部の友人とばったり。
 でも、支部のお仲間とお忙しそうで、すぐ失礼しましたが、
 久々にお顔を拝見できて、嬉しかったです。
 ありがとう。
 こんなことも、ブロック研修の楽しさですね。

 ☆  ☆  ☆

 夏の甲子園の大会、
 出身校が出場し、あえなく1回戦敗退。
 出場は3年ぶりで、23回目、それなりの出場数です。

 つまり、地元では強いけど、外に出ると弱い、という、
 お山の大将の県民気質の象徴ですね。(>_<);;

 お相手は、奇しくも、先日講演で伺ったばかりの地域の代表校でした。
 こちらが敗退してから、がんばれ~!と応援していたのですが、
 残念ながら、今日、負けてしまったようです。

 甲子園応援は、行きは、バスを連ねてドンチャン盛り上がっていきますが、
 帰りのバスでは、しょぼーーーん。疲れて寝ながら帰ってきました。
 そんな想い出も、一緒によみがえりました。

 また、明日からが、あるさ!

















 
 
 
 
 
by expresstax | 2014-08-20 23:46 | 研究
 先日、税理士会の成年後見の研修を受講しました。
 司法書士・弁護士・社会福祉士・税理士、
 そして家裁の書記官という実務家の先生たちが登壇されました。
 極めて実務に即した分かりやすく、奥深いお話ばかりでした。

 その前に、いくつかの成年後見関連の書籍を読んでいたのですが、
 その実務の具体性や意味合いについて、とても書籍ではうかがいしれない内容です。

 
 思い起こすと、自分が本を書くときに、
 なかなか活字にしにくいことというのは、多々あります。

 それと同様なことが、市販の書籍や研究書ではあるのかと思い当たりました。

 実務家にとって、書籍や専門誌で学ぶことは避けられませんが、
 やはり、人を通じてのお話に勝るものはないのだなあと思います。

 もちろん、人の放つオーラを浴びるという意味でも、直接話を聞くことは重要なのですが、
 知識レベルでも、全く違うのだと気づきました。

 ということを、ちょっと後見関係の調べ物を進めながら、
 つくづく思った次第です。

 ☆  ☆  ☆

 お客様が、弊社のクリスマスツリーのオーナメントにと、
 お土産にお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
 伊勢丹さんのメリーグリーンクリスマスのベアサンタのストラップです。

 学校の家具や森の植樹をするチャリティ「グリーンサンタ基金」なんですね。
d0054704_1194282.jpg



















 さっそくメンバーがツリーに飾ってくれました。
 そしてお客様にひとつひとつもらわれていっています。
 素晴らしいお土産、ほんとうにありがとうございます。
 今年のクリスマスが、子供達と緑の森と、素晴らしいクリスマスになりますように。
d0054704_121596.jpg























 
by expresstax | 2013-12-17 23:58 | 研究
 税理士会麻布支部研修会に参加しました。
 弊社は、東京税理士会麻布支部に所属しています。

 テーマは「大幅に見直しが行われる非上場株式に係る相続税・贈与税の納税猶予制度の概要」。
 講師は、税制改正本でお世話になっている中島孝一先生です。
 中島先生が麻布支部に来て下さるなら、これは参加しなくっちゃ!です。

 中島先生のご講演は、もう何度も拝聴していますが、
 法律にピチッと沿って、的確に明瞭に説明してくださる講義は、天下一品です。
 ゆっくりした語り口も、とても分かりやすいです。

 今日も、とても整理されたレジュメを元に講義を伺って、
 頭の中が、すぅっと晴れるようなすがすがしい気持ちになりました。

 先代が後継者に自社株の一括贈与をして全額納税猶予、
 先代が亡くなって、後継者は贈与税の免除、相続税の一部の納税猶予、
 後継者が亡くなって相続税の免除、後継ぎが相続して、相続税の一部の納税猶予・・・と、
 金額は変わりますが、相続税をジャンプをしていく制度です。

 名前から、納税猶予してもいつか納税するハメになるんだろうという誤解が多いとかで、
 条文名も、「非上場株式についての贈与税の納税猶予及び免除」と変更するのだとか。

 26年からの改正事項、
 27年からの改正事項、
 他の法律もですが、納税者有利の改正は、もっと早く施行すべきと思います。
 もどかしいですね。

 ありがとうございました。
by expresstax | 2013-11-11 23:39 | 研究
 先週の連休に行ってきた日税研軽井沢研修。
 いつもと同じ万平ホテル宿泊で、ハッピーバレーでの研修です。
 
 講師は
 財務省主税局の井上総務課長、
 新体制の政府税調会長に就任された東大の中里先生、
 政府税調特別委員でかつ税理士試験の法人税法試験委員でもある税理士の上西先生、
 そして日本税務会計学会長であり、毎年の税制改正本の監修をしていただいている平川先生と、
 豪華講師陣です。

 2日目夜のディスカッションの写真です。
 左から上西先生、平川先生、見えにくいですが中里先生です。 
d0054704_0452895.jpg


























 例のように、3日間、朝から夜までびっしりの突貫工事の研修でした。
 3度の食事も全員集合ですから、なかなかに鍛えられますが、
 全国からご参加なさった70名の先生方との交流はとても有意義でした。

 先生方、ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 2日目の食事で、同じテーブルに着かれた上西先生から、
 このブログで書いていたトリプルディスプレイのことを話題に出されてびっくりしました。
 先生の事務所でトリプルディスプレイを導入しようとなさったときに、
 ネットで調べたら、このブログがヒットしたそうで。
 ご覧いただき、光栄です。
 ありがとうございました。

 いろんな方にご覧いただいているというのがわかり、
 トンマなことばかり書いているのが、
 恥ずかしいです。。。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお中元や暑中見舞いをいただいています。
 ありがとうございます。

 いつも贈っていただく無農薬無添加のジュースです。
 元気をいただきました。ありがとうございました。
d0054704_028159.jpg 




















 お心尽くしをいただきました。
 大切につかわせていただきます。
d0054704_0284734.jpg

















 博多あまおうのアイスクリームです。
 貴重なものをありがとうございました。ごちそうになります。
d0054704_0302227.jpg




















 ツマガリのクッキーをいただきました。
 とても素敵なお花のバスケット入りです。
 お花は、事務所の棚に飾らせていただきました。ありがとうございました。
d0054704_033664.jpg





















 税務コラムを連載させていただいている協会様からお海苔をいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_0363698.jpg






























 ビールの詰め合わせセットをいただきました。
 冷やして景気をつけましょう。ありがとうございました。
d0054704_0375361.jpg
























 お心尽くしをいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_0381927.jpg
by expresstax | 2013-07-19 23:29 | 研究
 税研さんの懇話会研修に行きました。
 
 講師は、鬼塚太美先生。
 国税の現役時代に、N先生を通じて、質問させていただいたことがありました。
 とても明快で、バランス感覚のある先生です。
 それ以来ファンになっていました。
d0054704_222444.jpg






















 今日の研修は、基礎的な事から、とても丁寧なお話で、お人柄が忍ばれました。
 特定路線価の話、みなとく方式の話、譲渡費用の話、譲渡原価の話、
 気になる論点もあり、とても勉強になりました。
 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お隣に座ってらした先生が、ずっと睡眠学習。
 お仕事が大変なんだろうなあ、と
 こちらも、音を立てないようにノートをとりながら、思い出しました。

 以前、勤務税理士時代に、
 日税研の軽井沢合宿で、隣席になった、やはり事務所勤務の先生が、
 研修中、一心不乱に、講師のお話を一言一句漏らさずに、
 ガガガガっと、机が揺れるほどの勢いでノートを取っていました。
 声をかけようとすると、
 邪魔するな!という目をします。

 こんな高い費用の研修合宿に、事務所で自分だけ参加させてもらってるんだから、
 ちゃんと持ち帰る義務があるんだ!
 というお話を、後で聞いて、
 すごいなあ、と感銘をうけました。
 自分は当時、有給休暇をとって自費参加していたので、
 ある意味、のんびりしてましたから、ハッと目が覚める思いでした。(^^ゞ

 それからは、勤務税理士同士、仲良しになりましたが、 
 今は、組織再編専門事務所さんでトップに立っていらっしゃる先生です。
 栴檀(センダン)は双葉より芳し、です。

 ☆  ☆  ☆

 弊社下のビル部分の青山通り側正面には、大きなサインボードがあります。
 よく見ると、建築で使うH型鋼で、最初見たとき、のけぞりました。
 ビルデザイン自体が鉄骨のイメージですが、サインまで。。。
 ほとんど、建築オタクさんのデザインです。
 個人的には、こういうの、とても好きですが。(^^ゞ
d0054704_229416.jpg
























 と、反対側に、オラクルさんのサインボードが。
 そういえば、7月入居でした。
 メインテナントの住友電工さんは、ビル上部に電光サインを掲げていますが、
 正面サインはありません。
 オラクルさん、突っ込みますね。
d0054704_2134550.jpg














 
 

 ビルの裏側エントランスにもオラクルさんのサインが。
 ビルサインとの間隔が、微妙です。
d0054704_2201855.jpg
by expresstax | 2013-06-25 23:26 | 研究
 昨日は、日本税務会計学会の委員会と、六部門合同研究会がありました。
 委員会の出席の我々は、研究会の始まりまで、ヒマしてました。
d0054704_20201614.jpg

















 開会にあたっての、平川忠雄学会長のご挨拶です。
d0054704_2019517.jpg















 委員会出席のあと、六部門合同研究会は、
 東京国税局課税第一部企画調整官の松谷誠氏による 「国税通則法改正後の税務調査手続について」の講演でした。

 昭和37年以来の大改正で、税務調査手続の明確化や更正期間の延長、更正の理由付記の実施がその柱です。
 今日の講演では、そのうち、
 税務調査手続の明確化や調査終了時の説明責任、資料物件の預りの法律化について説明がありました。

 気づいたポイントは次の2つです。

1.改正法の開始時点に要注意。微妙に違いますね。
  
 (1)調査手続の明確化 平成25年1月1日以降開始調査から
 (2)更正期間の延長   平成23年12月2日以降に法定申告期限が到来する年度から
 (3)更正の理由付記の実施 平成25年1月1日以後の処分から

2.調査終了手続は書面で
 従来は、調査して問題なければ、「調査結果のお知らせ」(通称「是認通知」)を出してたけれど、
 改正後は、「更正決定をすべきと認められない旨の通知書」を発行する。
 
 従来は、更正や修正申告に至らないまでも、指導事項があったら、「お知らせ」は出なかったのですが、
 改正後の通知書は、指導事項があっても、発行されること。
 また、各税目ごと、年度毎に、区分して発行されること。
 
 是認にならない場合、
 つまり、間違ってるっしょ、という場合は、

 国税さんが、「調査結果の内容の説明(口頭)」をして、
 修正申告したら?と、修正申告の勧奨をして、その法的効果の説明をし、
 「教示文」を交付します。ここで、ちゃんと教えたぜよ、と納税者の署名捺印もとります。

 納税者が、いや、違っとらんぞ!といいなりにならない場合は、

 あっそう、じゃ、こっちで決めるから、文句あったら不服申立をしなさい、と、
 国税さんは、理由を附記したうえで、更正を打ちます。
 
 ☆   ☆  ☆

 ということで、手続が、文書主義、法律主義に、整備されていくのがわかります。

 ここで、思い出すのが、
 
 税務調査の後、国税さんからウンともスンとも音沙汰がなくて、
 いつの間にか、フェイドアウト(立ち消え?)した調査が、過去に何度もあったことです。

 何も言われなきゃ、何も言ってきませんね-、と、
 お客様も、ま、いっか、と、そのままにしていた時もありましたし、
 お客様のご意向により、問題なかったんなら、是認通知出してね、と突っ込んだ時もありました。

 実は、
 なぜ税務調査が途中でフェイドアウトするかといえば、

 どうも、国税職員さんは、ノルマがあって、
 調査には来たけど、どうも点数が上がりそうもない=修正申告がとれない、
 じゃ、次、行ってみようっ!ということで、放置して、

 最後に、修正申告のとれなかった納税者の調査日数を、
 とれた納税者に係った日数に混ぜ込んで、
 はい、私は、××日の調査で、××件の重課事案を上げました!としちゃうらしいんですね。

 そして、修正申告のとれなかった事案は、
 最初から「なかったこと」にしてしまう。 
 それがフェイドアウトの理由だったのだそうです。

 それなのに、後から、納税者が「あの調査の結果はどうなったんじゃ~」と乗り込んできたら、
 そりゃ、やりにくかったでしょうね。

 ☆    ☆   ☆

 でも、今回の国税通則法の改正で、こうしたフェイドアウト戦法はとれなくなりましたね。

 というより、国税さんは、
 納税者をイジめて、いくら修正申告を上げるか、ということより、
 適正申告の指導の実を挙げることに純化していく、と、
 良く解釈したいですね。

 運用はこれからですから、よく見守って行きましょう。

 ちなみに、通則法改正に合わせて、
 弊社は、税務署さんから直接連絡があった場合の対応法などで、
 お客様告知をしたりしてきましたが、

 この2年間、弊社のお客様は、税務調査はゼロ。(^_^)

 どうなるかな、と思っています。
by expresstax | 2013-01-22 23:00 | 研究
 昨日は、お役所の仕事始め。
 弊社は7日からなのですが、霞ヶ関の政府刊行物センターへ行ってきました。

 年末に気になることが出てきたので、仕事始めを待って、
 電チャリで5分の距離です。
d0054704_20434748.jpg















 政府刊行物センターといっても、民間書籍も扱っています。
 なかなか一般の本屋さんや図書館では入手できない資料を、
 とてもよく調べて、確保してくれます。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 こちらは帰りに寄った、事務所1階のとらとぴあの喫茶室。
 お正月は、お雑煮を出すのかと思ったら、けんちんうどんです。
 高齢者さんが多いので、お餅はタブーなのかも?
d0054704_2048518.jpg















 と思ったら、ちゃんとお餅いっぱいのお汁粉もありました。
 デザートにしっかりいただいちゃいました。ごちそうさまでした。
d0054704_20492514.jpg
















 とうとう年を越した、夕方の虎ノ門のヒマワリ、まだまだ、すっくと咲いていました。
 背景のイチョウ並木は、落葉して枝だけ、シルエット状態です。
d0054704_20515712.jpg 
by expresstax | 2013-01-05 21:00 | 研究
 中小企業診断士の資格を更新するには、5年間に
 5回の理論更新研修と、30日間の実務従事が必要です。
 その理論研修を、去年からタメてしまったので、今年は2回、受けなくちゃなりません。

 というわけで、今日は理論研修を受けに行きました。

 テーマは、中小企業施策と、6次産業支援。

 中小企業施策では、来年3月で切れるかもしれない「金融モラトリアム法」の受け皿になる融資制度のお話が出ました。

 6次産業というのは、農林漁業の1次産業、製造の2次産業、サービスの3次産業を、
 1+2+3、したり、1×2×3、したりして、だから、6。

 つまり、農林漁業を、単に作るだけじゃなくて、加工や流通、販売まで組み立てて、
 農林漁業の経営革新を起こそう、という、これは農林水産省さんの音頭での活動です。
 TVのカンブリア宮殿でも取り上げられてましたが、
 講師の先生によれば、あれは、ほんの少数。
 多数だったら、取り上げられないと。そか。
 6次産業って、おもしろいなあ、と聞きました。

 例年、理論研修って、半分睡眠学習だったりしてたのですが、
 今日のテーマは面白くって、勉強になりました。マル。

 ☆  ☆  ☆

 今日ではないのですが、お休みの日に、ゲンコウで煮詰まって、
 近所にちゃりぽた。

 乃木神社をお散歩してきました。
 そろそろ紅葉してないかな~、と期待したのですが、まだですね。

 虎ノ門の弊社そばの桜田通り沿いに、乃木将軍の碑がありましたね。
 乃木神社の境内です。
 結婚式があったのでしょうね。記念写真の撮影後のようです。
d0054704_1451063.jpg



















 中では、カップルが、神主さんと巫女さんからお祓いを受けていました。
d0054704_1462974.jpg
















 「よりそひ橋」とあります。
 狭い橋なので、仲の悪い同士でも、寄り添わないと渡れません。
 うーん、真理だ。喧嘩してたら、状況を厳しくすればいいのか。
d0054704_1483623.jpg
















 神社から乃木会館へ繋がる渡り廊下です。
d0054704_1495097.jpg






















 稲荷神社があって。
d0054704_1514481.jpg


















 お稲荷さん入り口のシイの木の下には、ドングリが。
d0054704_1531232.jpg
















 外苑東通りが、旧乃木邸の入り口です。
 赤坂通りの乃木公園サイドから上がって、外苑東通りへ抜けました。
 乃木会館、乃木神社、旧乃木邸、乃木公園が、一体となって、
 赤坂通と外苑東通りに交差する角にあります。
d0054704_1591078.jpg

















 乃木希典将軍宅です。
 軍人さんのお屋敷らしく、木造の、質素な建物です。
 屋根に、石造り様の煙突が見えます。真下が暖炉なのでしょう。
d0054704_1392920.jpg



















 こちらが玄関。半地下のような配置です。
 お屋敷が、山の中腹に建てられてるということですね。
 震災で損壊したので修復中、入れません、となっています。修復って時間がかかるんですね。
 1902年築で、築110年ですから、建っていることのほうが驚異です。
d0054704_212179.jpg
















 廐(うまや)です。入り口に、お馬さんの名前が書かれています。
 右に、水飲みの井戸がありますね。
d0054704_264616.jpg 



















 乃木公園の上から。赤坂通りから外苑東通りへの傾斜の様子がわかります。
d0054704_28975.jpg 
by expresstax | 2012-11-06 23:22 | 研究

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax