カテゴリ:相続・贈与( 234 )

 

ご葬儀、そして赤坂氷川保存会

 先日のこと、顧問先様のご当主様がお亡くなりになりました。
 お通夜、告別式と参列しました。

 ご葬儀は、ご自宅で執り行われました。
 最近は、葬祭場でのご葬儀がほとんどですので、
 ご自宅でのご葬儀に出席するのは、とても久しぶりのことでした。
 ご自宅も、お庭も、とても広いからこそできることです。
 
 お取引先やロータリークラブ、地元のご近隣様など、
 多くの方々が、葬儀の裏方を務め、参列なさいました。

 暑い日でしたが、森のようなお庭の緑は濃く、庭の葉陰を渡る風は涼しく、
 長い治療の末でのご当主様を、静かに、厳かにお見送りしているようでした。

 ご縁をいただいて、
 後継者様の育成や、ご資産の改善に取り組んでいただいてきて、
 今では、立派に後継体制ができました。
 
 それでも、これからは益々の重責が、ご遺族にかかってきます。

 今後も、我々がお側で、精一杯お支え申し上げて参ります。

 必ずや、ご当主様に、安心していただけるように、頑張って参りましょう。
 どうか、ご当主様も、一緒に見守って差し上げて下さい。

 心より、ご冥福をお祈りします。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂氷川山車保存会の定時総会がありました。
 昨年の本祭についても、報告されました。
 10年に及ぶ保存会の成果が確認されました。

 平成29年度の事業計画の決議を経て、
 懇親会に入りました。

 ちょうど、NHKの朝ドラでも、赤坂の洋食屋さんが舞台になりそうで、
 ますます赤坂の歴史が元気になるといいですね、と話しました。
d0054704_1213260.jpg

by expresstax | 2017-05-31 23:30 | 相続・贈与  

老人ホーム入所後相続の小規模宅地特例添付書類、そしてお誕生日

 平成26年1月以後、
 自宅住まいから老人ホームに入所して、
 介護保険を受けるために、ホームに住民票を移し、
 その後、自宅に戻れずに、ホームで亡くなった場合でも、

 亡くなる直前に、要介護認定又は要支援認定、障害者認定を受けて、
 その老人ホームや施設が、老人福祉法等に適格なホームだった場合、
 住んでいなかった自宅敷地も、特定居住用宅地等として、
 330㎡まで8割減額する、という特例が適用できるようになっています。

 ☆  ☆  ☆

 それまでは、特養でなくっちゃ、とか、
 老人ホームで生活できる設備があるんだから、
 生活の本拠地は老人ホームであって、自宅は既に居住用ではない、
 だから、老人ホームに入所後亡くなった場合は、もはや自宅敷地は居住用宅地ではない!として、
 自宅敷地の減額特例が適用できなかったりしてました。

 でも、
 いくら被相続人が老人ホームに入っても、
 自宅がある限りは、本人にとって自宅がまさに自宅であり、

 病院で息を引き取ってから、帰る家は、老人ホームではなく、必ず自宅であり、
 ご遺族は、「お父さん、帰ってきたよ、帰ってきたよ」と、
 泣きながら、亡骸を自宅へと運ぶのだと、
 最後の最後に戻るところが、本当の自宅だと、
 日本税務会計学会で吠えたりしていたら、(^^;ゞ

 唐突に、平成25年度税制改正で、老人ホーム入所後相続でも特例適用オッケー、と、
 コロリっと法改正されました。

 ☆  ☆  ☆

 ということで、老人ホーム入所後に亡くなられたお客様の相続税申告で、
 ご自宅に特定居住用宅地の特例を適用するに際して、
 相続税の申告書に次の書類を添付することになっています。

1.住民票の写し
2.被相続人の戸籍の附票の写し
3.介護保険の被保険者証の写しや、要介護・要支援・要障害支援区分の認定書写し
4.施設入所時の契約書の写しなど、法適格施設であることの証明書類

 このうち、問題は、3の介護保険被保険者証の写し(租税特別措置法23条の2第8項三号ハ)です。
 
 弊社のお客様の場合は、以前から口をすっぱくしてお伝えしてあったので、
 大丈夫だったのですが、
 
 そもそも、介護保険証や健康保険証等は、施設入所時に、施設に預けてしまうんですね。
 そして亡くなられた後、施設から返されると、すぐ自治体に返納することになっているんですね。

 したがって、一連の手続が済んで、
 さあ、相続税申告の準備を、と思ったときには、
 介護保険証は返納してしまって手元にない、

 じゃ、万一、返納してしまっていて、
 自治体で再発行してもらうには、と念のために問い合わせてみました。

 某M区では、再発行は不可、
 介護度や期間を表示した認定情報として開示を行うそうですが、
 「自己情報の開示請求書」を、相続人全員の同意書と一緒に提出しなければならない、
 んだそうです。

 したがって、仲の悪い家族だと、この証明書が取得できないということになるのでしょうが、
 区の担当者さんによれば、「そうしたケースもありました。」とのことです。(゜ロ゜ノ)ノ
 
 このことについては、税務研究会税理士懇話会の資産税事例検討会で、
 講師の先生が、お話しになっていたことでしたが、
 証明書の再取得が、これほど面倒だ厳しいとは、知りませんでした。

 もちろん、退所した老人ホームに掛け合って、コピーが保管されていれば、それでもいいわけですが。

 仮に、要介護認定等を受けていたことを明らかにする書類を添付できず、
 でも、事実として要介護認定を受けていた、という場合の国税の取扱は、まだ未知数です。

 まずは、老人ホームに入所してホームに介護保険被保険者証等を預ける時点で、
 必ずコピーを自宅に確保しておく、
 ということですね。

 どうか、ご注意下さい。

 ☆  ☆  ☆

 
 先日、代表のお誕生日。
 メンバーが用意してくれたそれぞれの好きなお菓子で、ハッピーバースデーです。
 おめでとうございます。(^o^)/
 d0054704_046612.jpg

 
 

 
 
 
 
  
 
 

by expresstax | 2017-05-22 23:47 | 相続・贈与  

ご相続人様へのご報告、そして空家の菖蒲と紫蘭

 ご相続のお客様を訪問しました。
 相続人様全員お集まりいただき、
 相続税のご報告と納税資金の相談がテーマです。

 弊社の財産調査の結果をご報告書と、財産目録と資料でご報告しながら、
 相続税の試算をお伝えします。
 試算は、何パターンにもなります。

 複雑を極める論点が錯綜しているため、
 よくよくご理解を戴かねばなりません。
 そのうえで、早期に遺産分割を、同時並行で、納税資金の準備を進めていただきます。

 長い歴史のご家系を守っていきたい、という点で皆様のお気持ちは一致していらっしゃいます。
 問題は多く、大変ですが、力と心を合わせて、解決していきましょう。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 空家になってしまっているお客様のお土地に、
 鮮やかに開いていた菖蒲です。
 もう手を入れて戴くこともなかなか難しいでしょうに、けなげに、しかし凜として咲いています。
 住まわれていたご親族様の面影が伺えるようで、
 思わず、カメラを向けてしまいました。
d0054704_2134743.jpg




























 庭の別な隅には、紫蘭の花が満開でした。
 美しいです。
 頑張れ!!
d0054704_2163593.jpg

by expresstax | 2017-05-12 23:35 | 相続・贈与  

銀行を騙った詐欺?ではないかも、そして夜景

 昨日、ご相続のお客様から伺った銀行を騙った詐欺の話。

 ここで書いた後、あれ?と、思い直しました。

 昨日は、ご相続人様たちが、詐欺、と強調してらしたので、
 そのようにお伺いしてしまったのですが、

 もしや、電話をしてきたのは、本当の銀行マンで、
 実は、銀行さんの「遺産整理業務」の営業だったのかも、と、
 ハタと思い直しました。(^_^;)

 銀行さんの遺産整理業務とは、
 遺産を調査して財産目録を作成、遺産分割協議書作成の手伝い、名義変更などの業務をいい、
 各銀行とも、グループの信託銀行等と提携して、行っているようです。
 その報酬は、1億円以下で遺産額の1~2%、最低100万円等と、
 確かに、それなりに高額です。

 その説明を電話でお聞きになったお母様が、早とちりなさった可能性もあるかも、です。

 昨日は、金融機関が自宅に押しかけて名義変更を行うなど、絶対にありません、と、
 大文字で書いてしまいましたが (^^ゞ

 もし、遺産整理業務の営業さんであれば、
 電話のお相手は、本物の銀行マンさんでしょう。
 ごめんなさい。 m(_ _)m

 ご相続を巡ってのビジネスが、
 いささか混戦模様になって、
 なかなか大変なものだなあ、と思ったのでした。

 ☆  ☆  ☆
 
 夜、自宅マンションのスカイラウンジに、
 残業食帰りのワンショットに行きました。(^^ゞ
 夜の11時までやっています。

 ずいぶん久しぶりに上りましたが、
 メニューが増えて、ホールインテリアがオシャレになっていたり、
 工夫されていました。(^^)

 東京タワーの左に、ライトアップされたベイブリッジが見えます。
 東京タワーの右は仙石山森タワー、手前がアークヒルズです。
d0054704_2194020.jpg 






















 こちらは、ティーキューブ、六本木グランドタワー、六本木ヒルズ方面です。
 もう夜の11時近いのですが、
 まだ煌煌とした灯りの中で、お仕事が続いているようです。
d0054704_2212790.jpg




















 

by expresstax | 2017-05-10 23:23 | 相続・贈与  

銀行を騙った詐欺、そしてありがとうございました。

 ご相続のご相談のお客様にお越し戴きました。
 準確定申告をようやく完了し、
 まだまだ相続手続が続きます。

 と、遺されたお母様のところに、
 大手M銀行K支店を名乗って電話があったそうです。
 曰く、預金の名義変更が必要だ、名義変更にはお金がかかるので、
 ついてはお宅に伺いたい、と。

 その銀行とお父様とは取引がなかったそうで、
 たまたまその場で対応せずに、やり過ごすことができたそうですが。

 こんな詐欺があるのですね。
 お嬢様たちのお話しをうかがって、我々もビックリしました。

 ☆  ☆  ☆

 もちろん、金融機関が自宅に来て名義変更手続をしたり、
 そのために高額な手数料を取ったりすることは、絶対にありません。
 必ず本店の相続センターなどが一括受付して、郵便や窓口でのみ対応します。

 それにしても、不慣れな相続について、
 高齢の奥様がまことしやかに説明を受ければ、
 うっかりお金を渡してしまう、ということもありそうです。
 
 オレオレ詐欺も、
 役所や税務署や金融機関などを装って、
 手口、語り口もますます巧妙になっています。

 今後の対応策も、お話しさせていただきました。

 これからもいろいろなことがあるでしょう。
 そんなときは、連絡を密にして、
 力を合わせて、お母様とご資産をお守りしていきましょう。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 税理士先生から、走り新茶をお贈りいただきました。
 やわらかく、でも鮮やかな香りを贅沢にいただきました。
 毎年、ほんとうにありがとうございます。
d0054704_2404562.jpg



















 お客様からお土産にいただいたバウムクーヘンです。
 ありがとうございます。
 連休中のお仕事の合間に、美味しくいただきました。
d0054704_2434447.jpg



























 産休明けにメンバーのKさんが事務所に贈ってくれました。
 大変な時期に、却ってお気遣いをいただいて、ありがとうございます。
 とてもおいしいどら焼きでした。
d0054704_253637.jpg




























 お客様をご訪問した際にお土産をいただきました。
 鈴屋さんの栗甘納豆です。
 お気遣いを、ありがとうございました。
d0054704_2545434.jpg































 ご相談のお客様がお持ち下さったKIHACHIさんのウェハースのお菓子です。
 さっそくおいしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_257144.jpg




































 松木代表のツーリングのお土産、四国のハタダ栗タルトです。
 ご無事なご帰還、おめでとうございます(^^)。
 贈っていただいた新茶で、おやつにいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_2595847.jpg
 
 

by expresstax | 2017-05-09 23:23 | 相続・贈与  

相続税の新たな課税層と弊社のお客様、そしてシルエットの富士山

 先日、弊社の相続税申告が増えて、というお話しをしましたら、
 「やはり、基礎控除が下がったために、
 申告するようになった人が増えているんですか?」と聞かれました。

 ☆  ☆  ☆

 相続税は、平成27年1月1日以後亡くなられた人は、
 それまで5千万円+1千万円×法定相続人数 だった非課税枠(基礎控除)が、
      3千万円+600万円×法定相続人数に、下がり、
 相続人が2人だと、課税対象遺産4,200万円で、相続税申告しなくちゃいけなくなる、という
 「相続税の大衆課税時代」になったと言われます。

 ☆  ☆  ☆

 確かに、平成28年12月15日に国税庁が発表した「平成27年分の相続税の申告状況について」によれば、
 全死亡者129万人のうち、相続税のかかった人は10万3千人で平成26年の倍増、
 課税割合は8.0%で、平成26年の4.4%から激増、
 そして納税額も、5千億円増加しています。
 
 でも、被相続人ひとりあたりの課税価格は2億400万円から1億4,126万円に減少
 税額も、2,473万円から1,756万円に減少、
 というところを見ると、

 確かに、申告義務あり、として増加した人達4万6千人は、
 非課税枠が下がって、新たな課税層といえるでしょう。

 全国平均で8.0%ですが、
 東京国税局(東京・千葉・神奈川・山梨)管内では、12.7%に上っています。
 平成26年では、7.5%でした。

 東京都だけのデータは出ていませんが、
 東京23区内のデータが出れば、もっと大きな数字になるでしょう。  
d0054704_20111189.gif
 















 ☆  ☆  ☆

 でも。
 弊社に限れば、旧制度で非課税枠以下だったけど、
 新制度だから申告義務が生じた、という方は、
 実は、一人もいらっしゃらず、
 全員、旧制度でも課税対象だった方達です。
 
 つまり、相続税増税を、ストレートに受けているお客様たちです。

 5千億円増加した納税額の、主な負担者は、
 新たに課税された人ではなくて、
 元々課税対象で、
 基礎控除が下がって、適用限界税率が上がって、
 税負担が激増してしまった方々です。
 
 このお客様達に、なんとか、お力にならねば、と
 がんばっています。

 ☆  ☆  ☆

 とてもよく晴れた夕暮れ。

 執務室の窓の左端に、
 丹沢の山々の向こうに、富士山がシルエットで、現れました。
d0054704_20344796.jpg











 
 

by expresstax | 2017-02-03 23:14 | 相続・贈与  

ご相続、そして赤坂プリンスクラシックハウス

 関与先様のお母様が亡くなられ、第一回目のお打合せをしました。

 長く、お母様やご家族の確定申告に関わらせて戴き、
 老人ホームの入所の際にも、小規模宅地の特例の取扱の改正を確認しながら
 ゴーサインを出させていただいたりしていました。

 長い人生を、ゆったりと終わられ、見送られたご相続人様たちにも、
 おつらい中にもご安心のご様子が伺われました。

 これからお手続が始まります。
 手を取り合って、進めて参りましょう。

 ☆  ☆  ☆

 時々行く、紀尾井町ガーデンテラス内の赤坂プリンスクラシックハウスです。
 1階のレストランでは、カジュアルな食事もできます。

 以前ここにも書いた、旧李王家東京邸が赤坂プリンスの旧館「旧グランドプリンスホテル赤坂旧館」として使われ、
 紀尾井町テラスとしての全面建て替えに伴い、曳き家され、
 結婚式場バンケット専門としてリニューアルされました。

 ホテルはザプリンスギャラリー東京紀尾井町、
 ビルは紀尾井町タワー、
 ショップ部分は紀尾井町ガーデンテラスと、
 「赤坂」を止めて元の住所の紀尾井町を名乗っていますが、
 このクラシックハウスだけは、名称に「赤坂プリンス」を残しています。
d0054704_1758382.jpg


















 こんな真冬に、バラ園のバラたちが、きちんと咲いています。
 大変なお手入れでしょうね。
d0054704_17594274.jpg


























 

by expresstax | 2016-12-26 23:31 | 相続・贈与  

相続税申告のご依頼、そしてクリスタルツリー

 今日ではないのですが、相続税申告のご依頼をいただきました。

 友人の税理士先生からのご紹介でしたが、
 既に、他の税理士先生や事務所様ともご面談なさって、
 また相続人様ご自身での申告も検討なさってのご面談でした。
 
 他の税理士先生と競合するのは、弊社の本意ではありませんので、
 お話しを伺い、相続の方向性や申告のポイントやなど、お力づけをさせていただきました。
 
 お帰りになってその日のうちに、弊社に依頼したいとのご連絡をいただき、
 受任させていただくことになりました。
 ありがとうございます。

 その後、ご実家にお伺いし、ご相続人様全員とのご面談もいただきました。
 遺されたお母様を中心に、支え合い心配し合い、素晴らしいご家庭です。
 
 もちろん手続は多々ありますが、
 皆様の支え合いがあれば、必ず無事に進むことができます。
 選んで戴いた甲斐のありますように、我々も精一杯力を尽くします。
 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所執務室から、紀尾井町テラスが妙にキラキラ見えていました。
 ランチに行ってみると、クリスタルツリーという名前の大きなツリーです。
 風雨にさらされる場所にありながら、ひとつひとつがクリスタル。
 ゴージャスですねぇ。
d0054704_17162011.jpg





















 アップの写真です。
d0054704_1801125.jpg





































 
 

by expresstax | 2016-12-22 23:19 | 相続・贈与  

シックス・ポケットとシックス・デット、そして港区政70周年

 事務所メンバーのFさんが、親御様とお舅様とお姑様の介護のお世話で、
 ご自身のご実家とご主人のご実家を駆け回っています。
 とても大変で、ご自身が身体を壊しやしないかと、ハラハラ拝見しています。

 シックスポケットという言葉があります。

 自分の父と母、父方の祖父と祖母、母方の祖父と祖母、
 お正月がくると、6人からお年玉がもらえちゃう世代、
 これをシックス・ポケット(=6つのお財布)といいます。

 この子が育つと、今度は、
 自分の父と母、父方の祖父と祖母、母方の祖父と祖母
 それぞれが老齢介護の身となると、
 その孫には、6人のお世話が降りかかってきます。
 お嫁さんの立場には、なおさらです。
 これを、シックス・デット(Six Dept=6つの負担)といいます。

 50代過ぎると、このシックス・デットの適齢期に突入します。
 多少の社会保障も焼け石に水。
 お仕事にも制限を受け、経済的にも、精神的にも、肉体的にも、
 相当の準備が必要です。
 
 ☆  ☆  ☆

 港区さんから、港区政70周年のチョコボールをもらっちゃいました。
 おなじみ森永のチョコボールです。
d0054704_1471857.jpg

















 裏をひっくり返すと、「森永製菓株式会社も港区の仲間として歩んでおりますクェッ!」と、吹き出しが。
 「泳げる美しい海に」なんて旗も掲げています。
 そういえば、田町駅前に、森永さん、ありましたね。
d0054704_1411921.jpg
































 もう一枚、もらったチラシは、「マイナンバー制度に便乗した詐欺に注意」、の政府広報でした。
 なんだかなあ、の事例が載っています。
d0054704_14141072.jpg































 

by expresstax | 2016-11-01 23:00 | 相続・贈与  

台風、そして赤坂氷川祭と吉宗公

 台風16号は、無事通過でしょうか。
 
 九州まで遺産分割協議にいらした相続人様から、
 何とか、台風は逃れたと、ご連絡をいただきました。
 ありがとうございます。
 お帰りまで、お気をつけて、お願いします。

 ☆  ☆  ☆

 今年は赤坂氷川祭の本祭、当たり年でした。

 お天気が心配だったのですが、
 我々の山車巡行日は、晴天でした。

 9月16日金の宵宮神輿の巡行から始まって、18日神幸祭の本祭まで、
 赤坂は完全交通規制、お祭一色になります。

 さらに今年は徳川吉宗公300年とかで、17日は吉宗公まで登場するとあって、
 と言っても暴れん坊将軍の松平健さんだそうですが、
 赤坂氷川山車保存会会員の弊社も、17日に、勇んで参加しました。

 我々が引いたのは日本武尊(ヤマトタケルノミコト)山車です。
 九州討伐の際に、美少女に扮して忍び込み、熊襲建の兄弟を誅伐したそうで、
 衣を被っています。カラクリが立ち上がると、かなりの身長です。
 左の山車は、猩々(ショウジョウ)です。
d0054704_0343792.jpg
























 配られた保存会のてぬぐいとパンフです。
 去年までは、お茶とおにぎりも配布され、
 その前は、マキシムのお弁当が配布された年もありましたが、
 お祭りがメジャーになるに従って、手薄く(?)シンプルになりました。
 てぬぐいは、毎年新しいデザインです。
d0054704_02515100.jpg


























  今年は弊社メンバーのMさんも参加。
ハチマキを巻くのに苦労していたら、美しい赤坂芸者さんが手伝ってくれました。おー。
d0054704_0141866.jpg
























 上手くできないと、さらに師匠らしい方が交代してやってくれました。おー。
d0054704_0162359.jpg



























 Mさんの勇姿です。どやっ。
d0054704_0194674.jpg 




















 登場しました。松平健さん、もとい、吉宗公、です。(^_^)
 手前の女性のお小姓さんは、お馬さんのおシモのお世話係みたいです。(^^;;;
d0054704_0552411.jpg

by expresstax | 2016-09-20 23:24 | 相続・贈与