カテゴリ:パブリッシング( 261 )

 財産ドック様のセミナー講演に伺いました。
 東京駅前の会場、テーマは、「資産対策としての法人化」です。
 
 財産ドック様は、不動産業者様の勉強会。
 この超繁忙期に、多数ご出席いただき、3人席でびっしり。
 素晴らしい熱意です。ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 本屋さんで売られている法人化の書籍は、
 起業=アーリービジネスステージとしての法人化がほとんどです。

 資産対策の必要な資産家様は、日本ではマイナリティですから、
 書籍で書かれた法人化をやると、8割がた、間違った法人化をしてしまうようです。

 そんなことから、商号(会社名)の付け方、登記目的、資本設定、
 機関設計等々、お話しをさせていただくと、
 あちこちから、えーーーっ、ざわざわ、えーーーっ、ざわざわ、と反応が返ってきます。

 既に法人化して数十年たっても、その実が上がっていない法人様が、とても多いので、
 今回は、ご聴講戴いているのが、プロ中のプロさんですから、
 バシバシとお話しさせていただきました。(スミマセン)

 また、実が上がらない原因のひとつには、
 法人化や税務を、数字でシミュレート(試算)しないことにあります。

 今回は、エクセル表を持ち込んで、その説明もさせていただきました。

 これだけ、税制改正で税率や控除率が、年々変わり、
 また数年先の税率や控除率が、税制改正で先行法制化されていく時代には、
 既存のソフトでは、とても将来シミュレートにキャッチアップできません。

 関数を使えば、エクセルなどでも随意にシミュレーションはできるのですから、
 試算やプランニング、実行後の予実管理を徹底していただくためにも、
 ぜひ、お客様のために工夫して差し上げて下さい。

 係数で考える脳とクセを作ることが、資産経営の条件なのです。

 時間延長してのお話しにもかかわらず、さらに質問をたくさんいただき、
 また講演時間後のご相談のアポイントもいただき、 
 ありがとうございました。

 たいへんな時期をがんばっていらっしゃるプロの皆様の姿を拝見すると、
 こちらも励まされます。
 お客様たちのために、がんばりましょう!

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所エントランスに、クリスマスローズがたくさん花開き始めました。
 右に赤く、左に白く咲いた花がみえます。
d0054704_13363588.jpg

























 赤い花をアップで撮りました。みんな酷寒のこの時期に、耐えるように下を向いて咲くんですよね。
d0054704_13391077.jpg
 































 
by expresstax | 2016-02-16 23:03 | パブリッシング
 今年も、日本法令さんから、「よくわかる平成28年度税制改正と実務の徹底対策」を出版しました。

 今日から大手書店さん、2月19日には、全国書店に並びます。
 今年も、日本最速版です。(^^)/
 弊社は、松木税理士、藤森税理士、飯塚が担当しました。(^^)(^^)(^^)
 d0054704_052427.jpg 




















 今年から、税理士法人おおたか様は著者代表を成田一正先生に代わり、市川先生が担当されました。

 そもそも、平成10年の法人税制大改正で、成田先生が日本法令さんの改正本を手がけられ、
 そして翌々年から資産税部分について私にお声をかけていただき、
 さらに毎年の税制改正が複雑多量になるなかで、2事務所で、毎年殺人的なお正月を過ごすことになり、
 平川忠雄先生のご監修をいただきながら、中島先生のご指導をいただき、
 税理士法人平川会計パートナーズ様に参画していただくようになりました。
 二人三脚ならぬ、三事務所四脚の、大変なプロジェクトに発展したのです。

 税制改正について、民間として解説と対策についていち早く対応、スタートしたパイオニアは、
 成田一正先生であり、
 巻頭に、平川先生中島先生に、「息の合った3つの税理士法人が」と書いて戴いたのは、
 顧みて、本当に、光栄であり、感無量です。
 心から、感謝申し上げます。 
 ありがとうございます。

 ☆  ☆  ☆

 改正法案は、2月5日に衆議院に上程され、審議にかけられ、
 3月末までには成立予定です。

 消費税軽減税率関連議論がもつれこんだようで、
 今年の改正本の校正時点では、法案が出ていませんでした。
 したがって、今年の改正本では、税制改正大綱と税制調査会や各省庁資料に基づいて書いています。
 
 新たな情報は、またここで補足していきたいと思います。
 
 顧問先様には、例年のように贈呈本をお送りしますので、
 今しばらくお待ちください。

 よろしくお願いします。
by expresstax | 2016-02-15 23:49 | パブリッシング
 税務研究会様の講演に伺いました。
 場所は、大宮のソニックシティ。関東信越局管内の税理士先生方を対象として、
 「小規模宅地の特例」について講演しました。

 年明け、各事務所さんでは、源泉税関連や償却資産関連のお仕事で忙しいさなか、
 多数ご出席いただき、ありがとうございました。

 小規模宅地の特例は、昨年からの相続税増税により、
 その適用の仕方によって、さらに有利不利の差が大きくなっています。

 ご出席の先生方の表情から、相続税実務で高いレベルの先生方と拝見し、
 準備していた条文関連よりも、実務中心のお話しをさせていただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りのJR上野高崎線でグリーン車に乗りました。
 行きの電車の車内案内でわかったのですが、何号車かわからず、移動できなかったのです。
 荷物が多かったので、帰りはしっかりとグリーン車2階席に。
 何とかとニワトリは、高いところが好き、といいます。

 在来線は、以前にも東海道線で乗ったことがありますが、
 スイカで乗れてしまうのですね。座席上のセンサーにかざすだけで、チェックインになります。
 山手線や地下鉄・私鉄には、車体はグリーンもありますが、
 グリーン車がないので、羨ましい限りです。
d0054704_1941193.jpg

















 



































 
 

 
by expresstax | 2016-01-14 23:07 | パブリッシング
 SUUMO「家とお金の大予測」に掲載されました。
 新築マンション首都圏版の特集「親子で読むマンション購入ガイド」です。
 先日、ムック「家を買うとき親と相談する本」の監修部分の再掲載です。
 ありがとうございました。
d0054704_19554380.jpg



























 「親チカ」(=子世代が親の近くで暮らす)についても触れられていますね。
 確かに、増えています。

 三世帯同居用の工事費に、住宅ローン控除や所得税優遇を認める制度が、
 平成28年度税制改正で導入されます。
 こちらは同一家屋での同居が要件ですが、
 広さや不動産の状況によっては、ムリ!という家庭も多いでしょう。

 近居だって、出産や子育て、女性の社会進出には、とても有効なので、
 近居も認めてあげればなあ、と思いますが、どうなのでしょうね。

 ☆  ☆  ☆



 
by expresstax | 2015-12-22 23:43 | パブリッシング
 リクルートさんのSUUMO「新築マンション特別別冊-
  家を買うとき親と相談する本」の税務の監修を担当しました。

 リクルートさんの無料情報誌「新築マンション」の別冊で、これも無料。
 漫画形式の楽しいムックです。
 本屋さんなどでお手にとってごらんいただけます。

 今年からの住宅取得資金贈与特例は、
 特例限度額判断基準の点で、従来の制度と比べややこしくなっていますが、
 楽しく見て頂けます。
d0054704_1765548.jpg





















 ☆  ☆  ☆

 編集の大森広司さんは、リクルートさんのSUUMOの前身、「住宅情報」時代からのおつきあいです。
 不動産の特に金融関連に強く、ALL ABOUTでもコーナーを持っておられるプロ中のプロ、
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 税制改正大綱案がリリースされていますが、未決着の消費税部分は空白で「案」とされていますね。

 いわゆる相続・贈与関連は、相続実家の譲渡3千万円非課税創設以外は、
 項目が少ないので、どう扱おうかと考えています。
by expresstax | 2015-12-11 23:03 | パブリッシング
 週刊東洋経済2015年12月5日号に掲載されました。
 特集「資産価値をどう守る? これからのマンション選び」の中の 
 「揺らぐタワマン信仰-狙われる節税策」での取材記事です。

 横浜の三井不動産さんの欠陥マンションに端を発するマンション問題を深掘りしつつ、
 これからのマンション選びにも触れています。

 先月、タワーマンションの青田買いをした友人と、モデルルーム見学等に行ってきました。
 売れている物件を見ると、とても勉強になります。
d0054704_15373595.jpg












































 夜の東京ミッドタウンのクリスマスツリーです。
 道行く人が、記念写真を撮っています。
d0054704_15552320.jpg











































 
by expresstax | 2015-11-30 23:38 | パブリッシング
 月刊税理平成27年11月号に論稿が掲載されました。 
 「会社の地方移転と税務」特集のうち、「土地建物等の譲渡と買換特例の適用」です。
d0054704_17514946.jpg





















 7月号で、地域再生法の改正に伴い改正された特定資産買換特例の九号買換特例について扱い、
 今回特集でも、地方拠点強化税制との関連や特例選択のポイント等について、書かせていただいています。
 
 特に、対象地域については、買換特例で圧縮割合適用の対象となる集中地域と集中地域以外は、
 そのまま、地方拠点強化税制では、
 集中地域=地方活力向上地域以外、集中地域以外=地方活力向上地域(いわゆる「支援地域」)と、
裏腹の関係です。

 そのため、地方拠点強化税制の判定でも、この地域判定が必要となりますから、
 7月号の補訂版として、集中地域の一覧表を掲載していただきました。

 7月号掲載以後、首都圏整備法等を深耕してその行政区域等が判明してきた地域もありますので、
 編集部さんもご協力くださって、がんばって作りました。
 なので、一覧表については、7月号ではなく、11月号を見て下さいね。(^^ゞ

 が、まだまだ不備があるんじゃないかと思いますので、(>_<)
 ご当地の先生方、ここは、こうだよ~、というのがありましたら、ぜひぜひ、お教え下さい。m(_ _)m

 ほんとうは、内閣府の地方再生推進室さんあたりで、完全版、出してほしいな~と思っています。(^^)






















 
by expresstax | 2015-10-22 23:29 | パブリッシング
 昨日のお客様セミナーに、お客様達がアンケートのご回答をくださいました。

 暖かいお言葉を多数いただき、恐縮しています。

 また、冷房の調整やテーブル脚、ケーキのご提供時間についてのご指摘は、今後の課題として次回開催時に改善させていただきます。
 こうしたご指摘をいただくことで、さらに改善していくことができます。ほんとうにありがとうございます。
 
 ☆  ☆  ☆

 一部を掲載させていただきます。

◎「長期投資は単純作業」、「生活者と企業の接点」、「ファイナンシャル・インディペンデンス」のキーワードがとても印象に残っています。日本経済を元気にするために自分も有効なカネの使い方をしたいと思いました。(K様)

◎不動産投資の金利上昇のリスクが大きいという話が非常に参考になりました。(I様)

◎さわかみさんのお話が明るくておもしろかった。(I様)

◎さわかみ先生の「対策する際、後継者、相続人への説明周知が大切」という話は、今後十分に留意する必要がある。(S様)

◎澤上さんの話、面白かったです。あれでは皆、お願いしたくなったのでは?! 先生方、お疲れ様でした。(H様)

◎澤上先生のワクワクするダイナミックなお話しを聞かせて頂きました。お金の話しでこんなに楽しかったのは久々な気がします。(N様)

◎大変面白く勉強になりました。ただ、実業家(経営者)としては、日本経済のために自ら事業を起こし、社会貢献を行うのも責務のように存じました。(T様)

◎長期投資について大変興味がありました。短期と違い自分の性格にもあっているようにも思います。ファイナンシャル・インディペンデンス目指して勉強したいと思いました。(M様)

◎激動の株式市場の最中で長期投信の良さはよくわかりましたが、人任せの投信でなく自己責任の株式投資についてのお話しを伺いたかったです。私は、株式も長期保有派です。(H様)

◎先生方のお話はていねいでわかりやす聞くことができました。1部の澤上先生のお話は少し難しかったです。(A様)

◎マイナンバー等、よくわからない問題についての解説参考になりました。さわかみ氏のお話も大変良くわかり参考になりました。(K様)

◎マイナンバー制度は支払調書作成のための番号取得と本人確認に実務上大きな障害があると思います。(K様)

◎「マイナンバー」と「財産債務調書制度」では、懐具合を探られるのが何だか気持ち悪いです。又、制度として曖昧な部分と増える作業、スッキリしません。(N様)

◎第1部から第4部まで内容説明もわかりやすく特に10月よりの「マイナンバー制度」について理解できました。はやりこの件がいろいろ考えさせられる事がありました。今後、このようなセミナーを期待しております。(M様)

◎いずれも大変参考になり、ありがとうございました。財産債務調書制度は知らなかったので驚きました。(O様)

◎個人資産の管理には興味があったので、やっぱりそうかという感じでした。今後少し考えたいと思います。(A様)

◎第四部の民法改正のお話は最低2時間はかけて聞きたかったです。契約と書類の重要性、債権取立の項は、最も関心があります。今後の自社の事業Checkに活かしていこうと思います。(K様)

◎分かりやすい説明で大変勉強になりました。賃貸借は不動産会社に任せてしまっていますが、少し内容が分かり、よかったです。今後も少しずつ勉強していきたいです。机の足が気になりました。(M様)

◎適切なテーマで、いずれのテーマも興味深い内容でした。会場等も気持ちよかったです。(K様)

◎第1部~第4部を通してすべて非常に参考になりました。いつもわかりやすい講座を開いて頂き感謝致しております。(M様)

◎どのテーマも良い講演を聞くことができました。(S様)

◎税や法の改正時、そして株価下落の経済不安の中、どのテーマも興味深く、時間がアッという間に過ぎました。貴重な講座に参加させて頂きありがとうございました。(T様)

◎法改正のご説明が趣旨・実務ともになされていて、大変参考になりました。(M様)

◎内容が豊富な割に時間配分にゆとりがあって、「食べ過ぎ感」が無いです。資料が厚いなあと思ったら、文字がすごく大きいのですね。我々老眼にはありがたいです。(K様) 

◎どのテーマも非常に興味があったものでもあったので、大変感謝しております。(A様)

◎いろいろと勉強になりました。有難うございました。(Y様)

◎今回のセミナーも盛り沢山で、世情を教えていただいて有意義でした。ありがとうございました。(K様)

◎窓のない閉鎖的な会場ではなく、上階の眺めの良い部屋でストレスなく過ごせた。(T様)

◎スタッフの皆様、いつも素晴らしい会場セッティングと運営をありがとうございます。(K様)

◎快適でした、わがまま言わせてもらえば、空調がもう少しゆるいと嬉しいです。(O様)

◎高層階からの都心と思えぬ素晴らしい背景の元、とても有意義なお話で目を開かされました。
 お茶が素晴らしいですが、タイミングが難しいですね。休憩時間にしてはどうでしょうか。(H様)

◎質問の時間帯にケーキが出てきたのはちょっとタイミングが悪かったと思います。(I様)

◎会場は各人席ゆったりして又先生方の話も良く聞こえて問題なく、とても良かったです。冷房は少し効きすぎと思います。(K様)

◎贅沢で素晴らしい会場でした。すべての講演の内容が興味深く、もっともっと長い時間でお話しを聞きたかったです。(N様)

◎とても快適でした。(M様)

◎限定された人数でとても素晴らしい会場で勉強させていただきましてありがとうございました。(A様)

 ☆  ☆  ☆

 ありがとうございました。
 
 セミナーの後、メールでさらにご感想やアイディアをお送り下さったお客様たちもいらっしゃいました。
 ありがとうございます!
 今後の弊社の業務に活かして参ります。

 また、セミナー関連以外にも、ご不明点・気がかりな点など、引き続き、お尋ね下さい。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 会場講師台に飾ったお花を事務所に持ち帰りました。
d0054704_0181869.jpg
















 メンバーが一部を別な花瓶に活けてくれました。
 花瓶は、会場での古伊万里もこのルリ金彩も、お客様のご親戚様の作品です。
d0054704_0313593.jpg
by expresstax | 2015-09-09 23:39 | パブリッシング
 弊社主催のお客様セミナーを開催しました。

 台風18号襲来とのことで、
 飛行機でお越し下さる方もいらっしゃるので、
 前日から天気予報とにらめっこしながらハラハラ、
 場合によっては、もし開催見送りなら、午前中にご連絡電話をかけまくらねば、と構えていました。
 そこまでいかなくても、ご欠席の方が続いても、やむを得ないね、と話していました。

 が!
 当日は、雨の中を、南は九州から近県の方まで、なんと全員がご出席くださり、
 感動してしまいました。
 ありがとうございました。

 第1部講師の澤上篤人先生が、会場までお越し戴くと、
 トイレは?とお聞きになります。
 ご案内しようとすると、あ、いいから、いいから、と、
 ご自分でスタスタと歩いて行ってしまわれました。
 
 その飄々とした後姿を、ふと拝見すると、
 背広の肩から背中が、びっしょりと濡れています。

 確かに、さわかみ投信様からホテルニューオータニまでは近距離には違いなく、
 タクシーでもワンメーターくらいのはず。
 でも、も、もしや、この激しい雨の中を、歩いていらしたのでしょうか。

 びっくりすると同時に、
 無駄金は使わないとして、財団を組成し、「かっこいいお金の使い方」を実践なさる
 澤上先生のスタイルを垣間見た気がしました。
 
 ☆  ☆  ☆

 第1部の澤上先生のお話は、基調報告をしていただいた後は、
 質疑応答中心で、展開しました。
d0054704_1624733.jpg





















 お客様からは、冒頭から、深く濃~いご質問が続出。
 とても活発な質疑応答となりました。

 もっともっとお聴きになりたいことが多かったことと思いますが、
 涙を呑んで、第1部終了。

 ホテル自慢のケーキを召し上がっていただいた後は、
 第2部以後、弊社メンバーからご報告しました。

 マイナンバー制度についての藤森税理士の報告です。
d0054704_16275399.jpg




















 松木税理士が財産債務調書について報告しました。
d0054704_16322471.jpg



















 第4部は、飯塚から改正民法についてご報告しました。

 最後まで、とても熱心にお聴き戴き、ありがとうございました。
 また、アンケートは、全員の方が書いて下さり、これも大感激でした。

 我々のお仕事が、
 お客様の暖かいお気持ちに支えられているんだということを、
 強く実感したセミナーになりました。

 また、メンバーが、準備をとてもきめ細かく進めてくれました。
 ありがとうございました。

 セミナー内容についてのご質問など、
 どしどし、お尋ね下さい。

 どうか、よろしくお願いします。
 ありがとうございました。
by expresstax | 2015-09-08 23:13 | パブリッシング
 不動産賃貸経営管理士研修の講演に伺いました。
 平河町の全国都市会館です。
 といっても、弊社のすぐ近くで、徒歩圏です。

 今回の受講者は、500人とか。
 別フロアで、1室はビデオ同時映像で、ということで、
 主催者様から、別フロアでも聞き取れるように、ページは2回繰り返すように、など、
 予め指示をいただいての講演でした。

 ほんとうに、管理業者様たちの受講熱はすごいですね。
 最後のコマで、それも、敬遠されやすい税金のお話しを、とても熱心に聴いていただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 猛暑が過ぎて、過ごしやすくなりました。

 通勤も通ジムも、雨さえ降らなければ、電チャリ(アシスト自転車)を使うことが増えました。

 この数年、自転車専用路が、少しずつ増えてきたことはここでも書きましたが、
 まだまだ、少ないです。
 
 そうでない場合は、色ゾーン分けされて自転車通行マークのある広い歩道の道路側が、
 自転車用とされていますが、
 道路交通法で、自転車は軽車両扱いなので、車道通行が原則なのです。

 そのため、自分は、極力車道を走行しています。

 ところが、車道の左端に、自転車通行用の白ラインがあればいいのですが、
 自転車専用路と同じに、これが、やはり少なく、
 自動車が、左路肩ぎりぎりまで寄って走っていることがしばしば。
 とても怖いです。

 また、停車車両の右ドアが、いつ開くかヒヤヒヤしながら追い越します。

 特に、歩道が広く、自転車通行マークがある外堀通りや青山通りなどでは、
 歩道を走った方がいいかとも、以前は思い、
 周囲からもそのように言われていますが、

 実は、自動車より怖いのは、歩道の歩行者なのです。

 イヤホンで音楽を聴きながら、歩く人、
 携帯電話で、ラインやりながら歩く人は、ザラ。
 ゲームやりながら歩いている人なんてのも時々います。
 
 歩行者は、
 フラッと振り返ったり、
 急に方向を変えたり、ということが頻繁に起きます。

 ほとんどエフ分のイチ揺らぎ状態で歩く歩行者の近くを走ろうものなら、
 徐行して走るこちらは、ヘタをすると、方向を急に変えた歩行者に、はね飛ばされてしまいます。

 こちらは車道側。
 万が一自転車に乗ったまま車道にはね飛ばされれば、命に関わります。

 それでも、歩行者には、交通ルールは、実質適用されません。

 それで、自転車の走行は、とにかく車道。
 どんなに怖くても、車道なら、お相手は自動車、交通ルールが適用されます。

 6車線程度の大きな道路でも、交通ルールが機能している限り、順調に走行できます。
 ルールの通じる世界であれば、最後は、ルールで判断されます。
 
 それに比べれば、歩道は、ルールの通じないカオスの世界。
 ヤクザの世界と同じです。
 そんなところで、勝負したくありません。

 ☆  ☆  ☆
 
 これは、ビジネスでも、同じことですね。

 ルールの通じない世界や、ルールの通じない人々とは、仕事をしない。
 鉄則です。

























 
by expresstax | 2015-09-04 23:16 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax