税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

ケツバット

 RMJ「リアルエステートマネジメントマガジン」は不動産のビジネス誌です。
 このRMJが、6月号をもって、休刊になるそうです。
d0054704_7162669.jpg
 






















 案内には、「弊社ビーエムジェーが発行しています雑誌RMJですが、6月25日発行号を最後に休刊することとなりました。
 昨年のリーマンショック以降、弊社も徐々にその影響を受け、123号(7月号、6月25日発行)をもってやむなく休刊することとなりました。」とあります。

  5月29日には、ジョイント・コーポレーションが子会社のジョイント・レジデンシャル不動産とともに東京地裁へ会社更生法の適用を申請するなど、

 不動産の世界では、現在暴風雨のさなかなのでしょう。

 この雑誌は、平成11年創刊ということですから、
 もっとも、不況の激しい時期に、
 資産流動化、不動産証券化、Jリートの流れの中で作られてきたのでしょう。
 その雑誌が、休刊ということで、現況の暴風雨の状況を伺わせて、
 とても象徴的です。

 ☆  ☆  ☆

 株価が1万円回復しても、政策によってむりむり下支えした底上げにしか過ぎません。

 裂傷を負ったビジネスは、むしろ、ブレーキを踏むタイミング、

 というより、早めのブレーキこそが重要です。

 ☆  ☆  ☆

 おりしも、夕方、
 友人の税理士先生から、契約の解除や減額請求が相次いで
 モチベーションが保てないという悲鳴の連絡がありました。

 たいへんなことです。

 ☆  ☆  ☆

 昔、体育会の特訓での制裁に、「ケツバット」というのがあったそうです。
 体罰です。

 「歯を食いしばれ~!、足を踏みしめろ~!」と先輩から怒鳴られ、
 甘んじて体罰を受けるんだそうです。

 文化系の私はへぇ~と聞いていましたが、
 
 ほんとうに、時代は、「歯を食いしばれ~!、足を踏みしめろ~!」なのかもしれません。

 楽観を許さず、今、成すべきことを、成す。

 今、目の前にいるお客様に対して、持てる力で最大の誠意をもって、
 ベストを尽くそうよ、

 友人税理士と、そんなお話をしたのです。

 ☆  ☆  ☆

 ディフェンバキアです。
 どんどん、花ができています。
d0054704_7383492.jpg
 
by expresstax | 2009-06-11 23:10 | 提言