税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

樹々のこと

 現地調査のとき、
 同行の事務所メンバーから、
 「先生は、木のこと、詳しいですよね。」
 と聞かれました。

 うーん、ブログでも、書いてるし、
 写メもとるし、ね。
 確かにね。好きだよね。

 静岡の田舎出身だし、
 育った頃は、まだまだ野山がふんだんにあったし、
 実家の亡父は、庭石に入れ込んで作庭までやってたし、
 背景はあったかもしれないけれど、

 実は、木々のことを教えて下さったのは、お客様なんです。

 地主様やオーナー様、社長様のご自宅って、
 必ずというほど、広いお庭があって、
 そこに、四季折々の植栽をしつらえていらっしゃるものです。
 
 そのお客様たちから、
 折々に、名前や季節の手入れを教えて頂いているうちに、
 自分も、覚えてきてしまったというのが理由です。

 ☆  ☆  ☆
 
 日本という国は、
 緑したたる高天原の四季の国でありながら、
 都市の行政のありさまは、
 緑については、
 悲惨なほど、貧困、
 グリーン化政策など、
 まだまだ付け焼き刃です。

 現在の都市の緑は、
 民間の開発会社や地主さん、不動産オーナーさんの、
 民間努力がなかったとしたら、
 おそらく、壊滅的に貧しい状況になるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 法人であれ個人であれ、不動産オーナーさんが、
 植栽の健全な維持のために、
 年間、どれだけの莫大な資金を掛けているか、
 行政は、全く理解していないのではないでしょうか。

 街の美観への貢献に対して、
 その資金負担を考えれば、
 補助金を出したってよさそうなくらいなのに、

 それどころか、
 ちょっとしたお庭でもあれば、
 相続税財産評価では、庭園として評価に算定せよ、的な圧力をかけることさえあります。

 もちろん、お客様達は、そんなことはおくびにも出さず、
 土地を守る者の務めとして、
 淡々と、手間をかけ、お金をかけ、緑を守っていらっしゃるのですが、
 その維持費の記録をみるにつけ、
 たいへんだなあ、と思ってしまうのです。

 そんなお客様のお気持ちへのシンパシーから、
 覚え始めた木々の名前なんです。

 ☆  ☆  ☆

 お客様のところに伺ったら、
 ぜひ、言ってさしあげて下さい。

 「丹精されていますね!
 すばらしいですね!」

 それが資産税の税理士の感覚なのです。
by expresstax | 2009-04-28 23:14 | お客様