平成21年度税制改正法、成立

 平成21年度の税制改正法案が、今日、3月27日、成立しました。

 今年も、参議院では、否決でしたが、 
 税制改正法は、憲法59条の衆議院での2/3以上の賛成による再可決で、成立。(下記参照)

 国民にとって、これが幸せかどうかは別として、与党にとっては、当初のシナリオ通りです。

 平成21年税制改正本は、与党案どおりで書きましたから、ちょっとホッとしました。

 ☆  ☆  ☆

 これで、一気に、新税制が走り始めます。

 特に、法人税関連、住宅関連、不動産関連、金融投資関連など、減税策一色の、今年の改正です。

 1月1日に遡及適用されます。

 長期保有土地の1千万円特別控除や、先行取得土地の課税繰延制度も、遡及適用です。

 この新土地税制は、今年3月の納税通信に解説しました。
 
 購読者は、税理士先生がほとんどでしょうから、PDFにおとして、
 
 どこかで掲載しましょう。

 ☆  ☆  ☆ 

 弊社の春のお茶会のときに、ご出席のお客さまが、いみじくもおっしゃいました。

 「100年に一度の危機なら、100年に一度のチャンスですね。」

 そう。その通りです。

 スタートです。
===============================
第五十九条  法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
○2  衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
===============================

by expresstax | 2009-03-27 23:41 | 税制改正  

<< 六本木アートナイト、そして雪柳 確定申告ご検討書作成続々、そし... >>