確定申告終盤、そして相撲部屋?   

2009年 03月 13日

 確定申告も終盤です。

 過去に案件お手伝いしたお客さまから、
 確定申告のご質問のお電話があります。

 案件の解決のあと、もう、ご自分でできますね、と
 ご親族で所得税申告していただくようになったお客さまです。

 そのお客さまが、確定申告あけに、またご相談にお越しになることになりました。

 二次相続についてのご相談ということです。

 ☆  ☆  ☆

 そうしているうちに、別な顧問先様から、ご親族のご相続の連絡がありました。
 ご遺言の準備はしていただいていて、
 ご承継に入られます。

 ☆  ☆  ☆ 

 ご資産のご相談は、世代を継いで、ずっとずっと続きます。
 
 資産の税務のお手伝いは、
 ご相続や譲渡のように、一見、単発案件のようですが、
 問題の本質は、そうではないのです。

 長いご親族の歴史と、背景を、ずっと了解させていただいて、
 さらに先を見越して、ご親族ご自身が問題解決のご判断ができるように、
 サポートします。
 
 専門家自身が、長い期間にわたって、信用を築き、
 透明で一貫性のある姿勢が求められるのは、そのためです。

 メンバーにとって、今年の確定申告業務は、
 お仕事のそんな側面も学んでもらえたのではないでしょうか。
 
 あと、ひとふんばりです。
 
 ☆  ☆  ☆

 事務所のメンバーも、残業体制です。
 この十数年、この時期に、なぜか、鰻の出前を取るのが習慣になっています。
 残業食、かつ、事務作業の連続で、
 メンバーの身体も、膨らみ気味?
 相撲部屋になる前に、確定申告が終わるように祈っています。
d0054704_14233724.jpg

by expresstax | 2009-03-13 23:13 | 提言

<< 確定申告終了待ち、そして白木蓮 特定資産買換の取得資産の選択 >>