赤字会社の放置   

2009年 02月 04日

 保証債務履行譲渡特例適用のご相談が続きます。

 自分の借入返済のために資産売却しても、通常譲渡税がかかりますが、
 他人の保証人として、自己資産を売却し、債務の肩代わり返済した場合には、
 事故のようなものだね、と、譲渡代金をなかったものとして、非課税になります。

 当然に、厳しい要件をクリアしなければなりません。

 ☆  ☆  ☆

 主たる債務者である会社の決算書を拝見していて、いつも思うのは、

 決算も帳簿も適正に作成されてはいるのでしょうが、
 なぜ、会社が借金で火だるまになるまで、
 あるいは、火だるまになった後までも、

 何年も、何十年も、
 赤字・債務超過状態を、継続したのか。

 なぜ、経理の専門家は、どこかで肩をたたいて、

 経営のまき直しや整理整頓を、提案してさしあげないのか。

 顧問料をいただきながら、
 決算書を作るだけ、
 赤字会社を継続させるだけ。

 月次試算表を、毎月毎月、
 いくら丁寧に作っても、
 肝心のキャッシュフローが立たなくては、何にもならないじゃないですか。

 あまりに、悲しく、腹立たしく、くやしく、
 やるせない気持ちに、
 いつも、いつも、なります。

 せめて、弊社だけは、そんな仕事はやらないぞ!と決意します。
 
 がんばろう! 

by expresstax | 2009-02-04 23:07 | 提言

<< 平成21年版 よくわかる税制改... 再開発、そして桜餅 >>