相続、また続々、そして柿ケーキ

 ご相続のご依頼のお客様が続きます。

 今日も、ご相続人様全員で、お越し下さいました。
 お母様とお嬢様たちです。
 お父様が、つい先月、ご逝去になったのです。
 Wさんと一緒にお会いしました。

 ☆  ☆  ☆

 初めてのご説明ですので、弊社の「相続セット」で説明を始めます。
 
 とても悲しくおつらい状況のなかで、それでも、時間は待ったなしで、
 民法上、税務上の手続きが始まります。

 まずは、タイムスケジュールをきちんと押さえて頂き、
 皆様の役割分担や、何をいつまでにやり遂げなければならないかの課題をはっきりさせます。

 揃えて頂く資料がたくさんありますが、
 それは、おいおいでよいのです。

 それよりは、相続手続きの時間割を組み、
 税金がかかるのか、かからないのか、
 民法上の手続きは、どこまで必要か、
 そして費用はいくらかかるのかなど、
 
 全体のご判断の道のりの目安を掴んで頂くことが優先です。

 全体のご説明が終わり、
 資料をお預かりし、
 課題を確認し、
 報酬のお話をして、
 次の予定を決めた頃には、
 皆様に笑顔が浮かんできました。

  ☆  ☆  ☆

 そして、何度も何度も、よろしくのご挨拶のあと、
 帰り際に、弊社エントランスのクリスマスツリーのオーナメントのチョコサンタを
 お一人ずつ、とっていただきました。

 お母様は、「なくなってしまうわ」と、
 ご遠慮なさっていたので、
 「まだたくさんありますから大丈夫ですよ。」と申し上げると、
 ようやく一つお取りになりました。

 そこで、もうひとつ同じ色のチョコを、「お父様に」と、お渡ししました。
 亡きご主人様にも供えて頂けるようにです。
 
 と、お母様が、ぽろぽろっと、涙を流されたのです。
 「みなさん、優しくしてくださって」と、
 さらに泣かれるのです。

 ご相続の民法や税法のお話に、ずっと緊張してお聞き下さっていたのでしょう。
 堰が切れたように、涙を流されました。

 大丈夫です。
 まだまだ、おつらい気持ちは続くと思いますが、
 素晴らしいお嬢様たちとご一緒に、これから力を合わせて、
 ひとつひとつ、切り開いていきましょう。

 我々が、ずっとずっと、お支えしますから。

 ☆  ☆  ☆

 先日、お客様からいただいた枝付きの柿を
 事務局のWさんが、自宅で柿ケーキにしてきてくれました。

 残念ながら写真は撮り逃しましたが、
 ほんのり甘い、おいしいケーキを、翌日事務所で切って、
 みんなに食べさせてくれました。

 こういう気持ちって、とてもとても嬉しいです。
 お客様と、メンバーと、みんなとの、心の通い合い。
 お客様のご厚意を、きちんと受け止めて、さらに活かそうとするメンバーの想い。

 こうしたメンバーの暖かい気持ちは、まさに弊社の宝物です。
 ほんとうに、ありがとう!
by expresstax | 2008-12-05 23:10 | 相続・贈与

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax