金融商品の値下がりと資金確保、そしてサブノートパソコン

 昭和バブル後最安値を記録する株価。
 日本ではまだのんびりしていますが、欧米では金融危機状態。
 まだまだ底に向かうのか、それがいつ頃回復するのか、予断を許しません。

 せっかく蓄積した金融資産が、この数ヶ月で、数割も下落して、
 本来の目的である建築資金や納税資金を割り込むことになっているケースでの
 ご相談が相次いでいます。

 もちろん、弊社は税務が仕事。
 資産の運用やその回復は、その道のプロにお聞き頂くのが本筋です。

 そうはいいながらも、多くのケースを拝見してきて、
 多少の運用は、判断が付く部分もあります。

 今日は、その中で、50%利益確定フィックス法をお話ししましたが、
 もう少し前にお越しいただいて、お話しが伺えれば、
 と、考えてしまいました。
 残念です。

 ☆  ☆  ☆

 長い間使っていたサブノートパソコンが、最近、恍惚状態に陥ります。
 そうだよね~、長かったよね~、と言いつつ、
 今日は、最新型のサブノートを、渋谷の量販店で買い込んできました。
 左が最新型2008年秋モデル、
 右が旧機(パナソニックの第1号機)のともに10.4インチ、
 ともに1kgを切っているレッツノートパソコンです。

 旧機のほうが薄くてスマート。
 新しいのは、数グラム軽量ですが、厚みが増してずんぐりむっくり。
 
 パナソニックのロゴが、新しいのは、向こう向き。
 つまり、開いた状態で向こうからはまっすぐなのですが、ちと気に障ります。
 ウィンドウズOSのXPへのダウングレードからはじめます。

 出張のときは、いつも下げていった旧機君に、これでお別れです。
 これまで、ありがとう!(涙)
d0054704_1413141.jpg
by expresstax | 2008-11-10 23:22 | 提言

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax