賃貸不動産経営管理士登録研修、そして赤坂見附跡の昼顔

 賃貸不動産経営管理士登録研修です。

 賃貸不動産経営管理士登録研修とは、次の団体が合同で設定した管理士制度です。
財団法人 日本賃貸住宅管理協会 
社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会 
社団法人 全日本不動産協会
社団法人 日本住宅建設産業協会

 テーマは、賃貸不動産の税金応用編-相続や譲渡、法人化などをお話します。

 会場の全国都市会館は、徒歩10分ほどですが、
 前回暑さしのぎに、地下歩道を行って、さんざん苦労しましたので、
 今日は、地上を行きました。
 つまり、246側へ回り、平河町の坂道を上っていきます。

 かつて知ったる会場ですので、直接講師控え室に行くと、
 主催者さんはどなたもお留守。

 テキストをみながら、のほほんと待っていると、
 講演開始直前に、わらわらと担当者さんたちが控え室に集まってきました。
 皆様、会場で待ってらしたとか。
 ごめんなさい。

 確かに、普通は、講師控え室の場所は講師には分かりませんから、
 まず講演会場の受付に顔を出し、
 そのあと担当者さんに案内されて控え室に回ります。
 ご心配をおかけしました。 

 相続税のお話は、当然10月1日からの新税制に触れざるを得ません。

 法定相続分など、宅建でやってるよ、という顔をなさっていた受講生さんが、
 思い切り真剣な顔に変わります。
 
 最新情報としてお伝えしました。

 ☆  ☆  ☆

 平河町の坂道を下りながら、赤坂見附跡の石垣や説明板をチェック。
d0054704_2432020.jpg













 
 「赤坂見附は寛永13年(1636)、筑前福岡藩主黒田忠之により枡形(ますがた)石垣が作られ、寛永16年(1639)、御門普請奉行の加藤正直、小川安則によって門が完成した。江戸城の門は敵の進入を発見する施設のため「見附」と呼ばれ、赤坂見附は江戸城の赤坂方向への出入口だった。門は明治5年(1872)に撤廃され、現在、石垣の一部が残っている。江戸城外堀跡として国の史跡になっている。東京で唯一見附の名が駅名になったところである。」
 と説明があります。

 江戸城防衛の臨界線だったのですね。

 お客さまの財産防衛の見張り役としての弊社は、
 なかなかいい立地なのかも、と勝手に悦に入っていました。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 歩道の脇には、雑草が生い茂っていますが、
 昼顔がとても、きれい。
 終盤の夏に、さわやかに花開いていました。
d0054704_24515.jpg
by expresstax | 2008-08-28 23:26 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax