相続税改正報道、そしてプチ多摩川花火大会   

2008年 07月 27日

 23日の朝日新聞朝刊1面トップに、相続税の取得者課税方式の記事が掲載されました。

 また今朝の日経では、事業承継円滑化法の省令内容が書かれていましたが、課税価格の減額のように書いてます。日経記者は、理解できていないようです。

 ご覧になっていた方が多く、お客さまからの質問が続いています。

 これからは、こうした報道が増えるでしょう。

 国税さんから、各プレスに、極力報道すべしと、指示が出ているのでしょう。

 来年3月に国会を通る法律を今年10月1日から施行して、納税者から、また憲法違反を言い立てられるのを回避する策のようです。

 つまり、10月1日施行は、相続税の納税猶予制度導入という、一見減税導入に見せて、
 取得者課税方式と抱き合わせの増税措置を、同時導入するということではないでしょうか。

 注意して見守っていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 土日は原稿書きでカンヅメです。
 
 通りかかった多摩川べりで、なんと、プチ花火大会。
 数人の通行人の人たちと、かぶりつきで見ちゃいました。
d0054704_0264747.jpg















 大きい尺玉もあがりました。
 素人さんでは無理でしょう。

 8月の多摩川花火大会の予行演習かしらん?
 花火職人さんの実務研修かしらん?
 高島屋のレストランから彼女さんに見えるように、アニバーサリーイベントかしらん?
 とかとか、
 想像しちゃいましたとさ。(^^) 

by expresstax | 2008-07-27 23:33 | 相続・贈与

<< 従業員5人以上、3年以上継続実... リフォームフェア、そして舟生さんの桃 >>