資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

噂の東京マガジン

 TBSさんの噂の東京マガジンさんから取材を受けました。

 テーマは、ズバリ、固定資産税の還付。

 ちょうど東京23区は、今月末が固定資産税の納期限。

 添付されている資産明細書を、しげしげとごらんになった方が、実は少ないばっかりに、
 
 固定資産税を払いすぎてるんじゃない?!
 
 というテーマです。

 でも実際には、税法上は、最大5年間までしか遡り還付されないことになっていますし、

 条例や要綱でも、10年間、

 まして国家賠償法による20年分還付は、なかなか障壁が高い、

 という番組の運び方になるようです。

 弊社では、固定資産税の還付事案は、全戦全勝。

 でも、還付は、なかなか難しいというトーンになっちゃうのかもしれません。

 番組担当者さんのお話では、識者の中には、自分で気が付かない納税者が悪い、という意見もあったそうですが、

 とんでもない話しです。

 そもそも所得法人税など自己申告の税金と違い、お役所が計算して納付書を送りつけてくる賦課課税の固定資産税です。

 もし「とりすぎ」だとしたら、その責任は、あくまでも、課税団体=自治体にあります。
 
 でも、それより何より、ミスが多いのは、固定資産税の税制そのものが、とても複雑になりすぎてしまっているのも、その原因のひとつのはず。

 通知書の見方、なども、ぜひ、番組でも取り上げてくださいね、とお願いしましたが、
 
 限られた時間のなかで、どうなるでしょうね。

 こうして、固定資産税の問題を取り上げていただけるのは、

 とても有意義です。

 番組担当者さん、がんばって番組を成功させてくださいね!
by expresstax | 2008-06-16 23:40 | パブリッシング
<< プレジデント50+ 『介護、葬... 相続、続々 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism