日切れ法案、そして「棚からおはぎ」

 暫定税率を巡って、税制改正議論のダッチロールが続いています。

 改正本からみで、税制改正のご質問がどさどさと集まっています。

 民主党が、法案が成立しない場合の混乱回避策として、4月1日から小売業界救済案を出すそうです。
 さすがに「日切れ法案」は、成立させるんじゃないだろうか、と思っていましたが、こうなると、はたしてどうなることやらです。

 租税特別措置法は、電車の定期券のように、「いつからいつまで有効だよ~」と適用される時限立法です。

 平成20年3月末日までとされる措置法は、ゴマンとあって、仮にそれが予定通り、可決成立して、延長されないと、適用がストップされ、かなりの影響が出てしまいます。
 
1.延長されないと増税になるもの、

 土地売買の登録免許税増税(措法72条) 
 中小事業者の30万円未満の少額減価償却資産の即時償却制度(措法67の5、28の2)
 中小企業設備投資促進税制(租税特別措置法(措法42条の6)
 情報基盤強化設備取得促進税制(措法42条の11)
 中小企業の減価償却資産の取得価額の特例(措法67条の5)
 エネルギー需給構造改革推進税制(措法42条の5)
 研究開発費の増加支出額の割増特別税額控除(措法42条の4)   など

2.延長されないと、減税となるもの、
 商業用建物の不動産取得税(地方税法附則11条の2)
 交際費等の損金算入の否認措置(措法61条の4)
 欠損金の繰り戻し還付の抑制措置(措法66条の13) など

 ね、たいへんです!

 与党も野党も、責任政党を自認するなら、しっかりしてもらわなくちゃ、です。

  ☆   ☆   ☆

 春のお彼岸に、事務所のおやつに、赤坂雪華堂さんのぼた餅をみんなでいただきました。
d0054704_0403857.jpg

















 春の牡丹餅(ぼたもち)、秋のお萩(おはぎ)、お彼岸の習慣です。

 ところが、この赤坂雪華堂さん、和菓子の老舗なのに、
 ぼた餅のことを、「おはぎ」として売ってるんです。

 なんと、もう、ぼた餅とはいわず、一年中おはぎと呼ぶんだそうです。

 ふえーっ、とビックリ。
 「じゃ、『棚からぼた餅』とはいわずに、『棚からおはぎ』って、いうのかしらん?」
 という話しになって、大爆笑。

 確かに、同じものなのに、別名って変だ、というのも分かりますが、しかし、でした。

 ☆    ☆    ☆

 中庭の桂の木がいっせいに芽吹きました。
 ここからは早いです。
d0054704_0501759.jpg
by expresstax | 2008-03-23 23:16 | 折りにふれて

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax