資産税の税理士ノート

ブログトップ | ログイン

確定申告ラストワン

 税金の申告書は、申告期限まで受付が原則です。

 個人の確定申告は翌年3月15日が法定申告期限ですが、今年は、3月15日が土曜日、その翌営業日は17日というわけで、今日が申告期限でした。

=================================
国税通則法第10条 期間の計算及び期限の特例

第2項 国税に関する法律に定める申告、申請、請求、届出その他書類の提出、通知、納付又は徴収に関する期限が日曜日、国民の祝日に関する法律 に規定する休日その他一般の休日又は政令で定める日に当たるときは、これらの日の翌日をもつてその期限とみなす。
=================================

 最近は、郵便事情の発達から、信書便での郵送で、発信日の日付印が期限日までであれば、申告期限内とみなされます。

===========================
国税通則法第22条 郵送等に係る納税申告書等の提出時期

 納税申告書その他国税庁長官が定める書類が郵便又は信書便により提出された場合には、その郵便物又は信書便物の通信日付印により表示された日にその提出がされたものとみなす。
===========================

 
 通常郵便局は、午後5時で郵便受付を終了します。

 本局ですと、夜間窓口で、深夜12時までは、当日印で収受印が押されます。

 それに間に合わない、となると、各税務署入口にある時間外文書収受箱に投函することになります。

 翌日の税務職員の正規勤務開始時間までに投函しておけば、なんとか、期限内取扱OKという夜間ポストです。

 確定申告明けの朝9時頃、税務署のこの時間外ポストを見ますと、ガムテープで塞いであったりします。もう、だめだからね!というメッセージです。

 これが税務申告書を提出する最終期限、
 今回でいえば、平成20年3月18日午前8時頃?というわけです。

  ☆    ☆    ☆

 今回、弊社では、社員のみなさんが、計画を立て、進捗表に記録し、
 確認シート送付-資料確認-打合せ-申告書作成-
 チェックシート作成-チェック-所長確認-製本-お客さま報告とご捺印-
 提出用製本-所長捺印-提出-返却ファイル作成-報告書作成-という
 一連のシステムが完全に確立しました。

 特に、事務局さんを中心としたシステムの流れは素晴らしく、
 進行状況が、随時、社内メーリングリストで告知されます。
 的確に、正確に、スピードアップして、目覚ましい仕組みです。

 大変機動的かつ正確な、一糸乱れぬ展開です。

 そんなこんなでお客さまの確定申告は、なんとか完了しました。

   ☆    ☆    ☆
 というわけで、 確定申告の提出が全部完了して、

 社員のみなさんは、残業から解放されて、今日は、早々に帰宅。

 実は、それからが、最後、私自身の確定申告計算の始まりです。

 例年は、夜から始めて、先述の夜間ポスト投函常連でしたが(とほほ)、

 今年は、なんと、郵便での提出ができました。

 実に、開業以来14年、初めてのことです。(とほほ) 

 電子申告は?というツッコミも入りそうですが、それ以前のモンダイなのです。(汗)

  ☆  ☆  ☆


 メンバーのお陰で、ほんとうに弊社は進歩しました。

 さあ、明日から、また、じっくりがんばりましょう!

 確定申告の間、お客さまが、我々を、じっとじっと待っていて下さっています。
by expresstax | 2008-03-17 23:59 | お仕事