新連載

 ぎょうせいさんの月刊「税理」での新連載の第1回目を脱稿しました。
 連載は、その名も、「相続税の小規模宅地特例~落ちてはいけない 落とし穴!!」です。

 さらに、あろうことか、所長の私と、事務所職員F君の会話方式で、というリクエストです。

 ホームページの社員紹介ページをごらんになったのか、
 編集者さんから、「F君」(実名)で、設定されてましたので、
 うーん、ウチでは、社員さんを「君付け」では呼ばないんだけどな・・・と思いつつ、
 とりあえず、そのまま原稿を作りましたら、Fさん本人から、泣きが入りました。
 「軽いですよ~!」

 はい、確かに、「F君」のキャラを思い切り、軽くして書いたのは私です。
 Fさんは、事務所でも、一番の、超超まじめさんなのです。

 編集者さんにそのことを伝えました。

 優秀で真面目なFさん実名バージョンと、
 優秀だけどちょいカルの違う名前バージョンと。

 そしたら、名前を変えて、軽く行く方を、編集者さんは選択。
 職員君の名前は、「ヤマダ君」になったそうです。(笑)
 
 それで、私とヤマダ君のアイコンを、今、デザイン中なのだとか。

 はてさて、どんなアイコンができてきますやら。

 またFさんから泣きが入らないことを祈ります。

by expresstax | 2006-11-22 23:02 | パブリッシング  

<< 唐津先生 平成19年は、類似株価・都市部... >>