休日出勤

 三連休の1日目は、 ぶっとおし7時間の遺産分割協議の立会でした。
 2日目は、別なご相続のお客さまの、こちらは、相続税の試算報告会でした。
 最終日は、相続アドバイザー協議会の講演で講師を務めました。

 講演は別として、連休・土日というのは、ご相続案件でのヤマがぶつかりやすくなります。

 ご相続人様は、お勤めの方もいらっしゃれば、ご遠方にお住まいの場合もあります。
 そうした方々が集まって頂くには、連休というのは、格好の日程です。
 お勤めの方の場合は、夜間でのお打合せというのもよくあります。

 お休みをとってくださる方もいらっしゃいますが、それにも限度があります。
 それで、土日や連休や夜間というのが、資産税のお客さまの対応時間になりがちです。

 もちろん弊社は、週休二日制、営業時間は9時5時です。
 ですから何とかして平日昼間に、と計画しても、土日や連休や夜間ということになります。

 会社経理対応の会計事務所であれば、こんなことはないのでしょうが、これは、いわば、資産税事務所の宿命でしょう。

 今回1日目の遺産分割協議に、担当税理士のSさんは、大丈夫です、といって、休日出勤で、がんばってくれました。その仕事への熱意に、頭が下がります。 

 協議は、ご説明を申し上げながら、確認事項を積み重ねて、進みました。
 円満なご相続が、最も成功できる相続です。

 お話し合いは、財産の分割をするためだけでなく、それにより、相続人様同士が、より理解しあい、信頼をさらに深めるための場です。
 お互いを思いやり合い、率直に語り合い、労り合いながら、ご一族の将来を決めていく場です。
 
 皆様と、Sさんのがんばりが、実を結ぶように、慎重に進んでいきたいと思います。

by expresstax | 2006-11-05 23:02 | 相続・贈与  

<< 平成19年は、類似株価・都市部... 小規模宅地の減額特例の二度使い >>