税務研究会特別事例研究「遺産分割」福岡会場、そして押しチャリ   

2017年 10月 10日

 税務研究会さんの「遺産分割」テーマでのセミナーの第2回は福岡会場です。
 吉本覚先生が、遺産分割と税務の関連についての事例を丁寧に解析して下さいます。

 吉本先生と東京以外でご講演に同道するのは初めてです。
 
 小規模宅地の特例について、
 質問にいらした先生から、
 申告期限後の通則法にもとづく更正の請求が可能かどうかについて、
 吉本先生のお説通りに、認められたという事例が報告されました。
 こうした事例が伺えると、嬉しくなります。

 会場のご出席の先生方から、活発なご質問をいただき、
 休憩中や終了後も多数のご質問をいただき、
 とても良い講演となりました。
 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演の後、博多駅から吉本先生と税研担当者様と広島駅へ向かう予定でしたが、
 なんと、エスカレーター事故に巻き込まれ、自分だけ遅れていくことになってしまいました。
 でも、なんとか追いついて、明日の打合せをすることができました。

 ほんとに、人生、何があるかわかりませんね。
 ご心配をおかけしましたが、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 博多天神の地下街入口に、面白いサインがありました。
 「おしチャリ」とあって、自転車を押している人の絵です。
 右上の福岡市の旗にも、
 「自転車と歩こう」「ここは『押し歩き』推進区間です。」とメッセージが。

 歩道を走行する自転車と歩行者の事故が、全国で多いのでしょう。
 平成27年6月からの道路交通法改正で、
 自転車は原則、車道、歩道走行時は徐行、が守られなければ罰則もあります。

 ただ、ここでも何度も書いているように、
 自転車の車道走行を認めない、あるいは妨害する自動車が多いので、
 それもぜひに、バシバシ取り締まっていただきたいですね~。(^^)
d0054704_043798.jpg 

 













 

by expresstax | 2017-10-10 23:29 | パブリッシング

<< 税務研究会特別事例研究「遺産分... 地積規模の大きな宅地の評価通達... >>