売り止め

 新年のスタートを切ったとたん、あちこちから、確定申告や顧問のご依頼が相次いでいます。

 ずっとお世話になっているあの会社様から。
 ずっと以前にご相談いただいていたあの方から。
 顧問先様からぜひにとご推薦をいただいた方から。

 申し訳ありません。

 今年の受任は、もう、3月まで、スケジュールが満杯です。

 急遽、メンバーの増員体制を敷きましたが、それでも、いっぱいいっぱいになっています。
 これ以上は、却って無責任になってしまいます。
 既存のお客様への品質は、絶対に守らねばならないからです。

 いわゆる「売り止め」状態です。

 申し訳ない、と心の中で手を合わせながら、お断りをしています。

 じゃ、待ちますから、今回だけ、どちらか紹介してください、とまで言って下さいます。
 では、心当たりをあたりましょう、とお答えしましたが、正直、途方に暮れています。
 
 本当に、本当に、本当に、申し訳ありません。

後日談:
  結局、お世話になった会社様は、流れから、お受けすることになりました。
  歯切れの悪い受任で、申し訳ありませんでした。
  でも、精一杯、がんばります。

by expresstax | 2006-01-06 23:18 | お客様  

<< 「東大生が書いたやさしい株の教... 徹夜 >>